テレビ局とは何が違う?番組制作会社の仕事内容

このページのまとめ

  • 番組制作会社とは、テレビで放送する番組を制作する会社
  • テレビ局は、制作された番組の編成をしたり、スポンサー探しをして契約したりするという点で番組制作会社とは違う
  • 番組制作にはアイデアや倫理観が必要なため、クリエイティブで誠実に物事と向き合い、コツコツ作業できる人が向いている
  • 番組制作会社は学歴や経歴が問われず、未経験やアルバイトから就職する人もいる
  • テレビ離れにより、インターネット番組やプロモーション事業などのメディア活動で収益を得ていく方向性の企業が増えている

テレビ番組が好きという理由で、テレビ業界に就職したいと思っている人もいるでしょう。テレビ業界というとテレビ局に絞りがちですが、「番組制作会社」も就職先の選択肢としておすすめです。
番組制作会社とは何をする会社なのか?テレビ局とは何が違うのか?番組制作会社の将来性や向いている人などをご紹介します。

 

番組制作会社とは?

テレビ番組は、テレビ局が自局で制作し、放映スケジュールを組んで放送していると思っていませんか?
実は、そのケースはあるものの、現在テレビで放送している番組のほとんどは番組制作会社が制作しています。
番組制作会社は主に番組制作を事業とし、テレビ局に依頼された内容で番組を制作したり、自社で制作した番組をテレビ局に売り込み契約してもらったりするのがメイン業務です。
テレビ局が大株主となっている番組制作会社では、そのキー局系列で放送することを前提に制作していますが、特定の局とのコネクションがない場合は、各局の番組を幅広く手掛けています。

企画から撮影、録音、編集、音響効果、MA(マルチオーディオ)まで数多くの仕事が関わる番組制作。
番組制作会社内で制作することもあれば、テレビ局を派遣先として局内で番組制作を行う体制を敷いている会社もあるようです。

現在、番組制作会社の数は多く、限られた番組枠を勝ち取るのに競争率が高まっている傾向に。
低予算で高い視聴率が見込める魅力ある番組を制作することが求められるため、常にアイデアが鍵となっている業界と言えるでしょう。

 

テレビ局との違い

テレビで放送する番組のほとんどは番組制作会社が作っていることが分かりました。
では、テレビ局は何をしている会社なのでしょうか?
テレビ局の仕事は、放送事業がメイン。
番組編成をしたり、視聴率やその見込みをもとにスポンサーとなってくれる企業を探して売ったりするのが主な仕事となっています。先に挙げた、番組制作会社への番組制作依頼も重要な業務。番組制作会社はテレビ局からの企画をもとに番組を制作するため、企画出しでどのような方向性の番組を放送したいのか明確に示します。

テレビ局の数は限られているため、番組制作会社のように市場内の競争率は高くありません。
しかし、スポンサーとなってくれる企業を見つけるには、番組の視聴率を上げて広告収入が見込めることを示す必要があります。
テレビ業界でのスポンサーとは、番組の広告主として番組制作のための出資を行う企業のこと。出資をする代わりに番組内で企業・商品・サービスに関連するCMなどを流してもらい、視聴者がその商品やサービスを購買することによって利益を得ます。
多額の出資をする以上、番組内でのCMを通して利益を得られることが明確にならなければ、簡単にスポンサーになる決断はできません。
テレビ局は、企業に対して、どのような魅力のある番組で、どれくらいの視聴率と広告収入が見込めるのかなどを明確にし、営業をしなくてはならないということです。
番組制作会社には予算やクオリティへのこだわりが求められますが、テレビ局には番組内容や数字と向き合い、アピールしていかなければならないという厳しさがあるでしょう。

 

制作会社に向いている人

番組制作というと、色鮮やかなセットに囲まれて働いたり、芸能人と接したりと華やかなイメージを持つ人もいるかもしれません。
しかし、華やかさだけに惹かれて選択するのは要注意。
どの仕事にも言えることではありますが、番組制作ならではの厳しさがあることも把握し、自分に合っているかどうか確認してから就職活動を行うのが賢明です。
どのような人が番組制作会社で働くのに向いているのでしょうか。

クリエイティブな人

テレビ番組を作るのが好き、アイデアを出すのが好き…というように、クリエイティブなことが好きな人が向いています。
番組を制作するには、企画出しやより番組を良く見せるためのアイデアが常に必要となりますし、ロケや取材、編集などに追われて密なスケジュールの日々が続くことも。
アイデアのきっかけを掴むために、日常的に仕事目線で物事を見てしまうという人もいるようです。
オン・オフのメリハリをつけたい人にとっては、厳しく感じる環境かもしれません。

コツコツした作業が好きな人

番組制作会社に入社しても、すぐに自分のやりたいことやスキルを発揮できる環境に配属されるとは限りません。
最初はアシスタントとして配属されるケースが多く、撮影のための各種申請やリサーチなどがメイン業務となることも。
地道な作業も苦にならず、コツコツと頑張っていける人が向いているでしょう。

倫理観のある人

メディアによる情報操作、悪意のある印象づけは、近年問題視されている部分。
番組を作成するにあたっても、倫理観のある内容かどうかが問われるでしょう。
倫理観のある番組を制作し視聴者の信頼を得るためにも、公平な目線を持ち、モラルのある行動が取れる人物であるかが重要視されているようです。

番組制作会社に就職すれば、常にアイデアを生み出し、より良く見せるための工夫をしていかなければなりません。
番組制作に興味を持った方であれば、それほど負担に思わない部分だと言えますが、このことを踏まえて、もう一度自分に適性があるか考えてみましょう。

 

番組制作会社に就職するには?

テレビ局に就職するには、ある程度の学歴・資格・経験が必要であることが多いよう。
倍率もかなり高く、就職先としては難関というのが世間的な認識と言えるでしょう。

その一方で、番組制作会社では学歴・資格・経験を問わない傾向が。
これはその業務上、知識や経験よりも、人の意識を惹きつける豊富なアイデアなどを重視しているからと言えます。
業務の進め方としても、マニュアルベースではなく、臨機応変に対応できることの方が重要視される業界と言えるでしょう。
未経験やアルバイトから就職し、現場になくてはならない存在に成長する方も多いようです。

 

制作会社の今後

スマホ市場拡大の影響を受け、若者を中心にテレビ離れが加速している現在。
テレビが視聴されない影響でCMが見られる機会が減ったことが、売上の下降・スポンサー離れに繋がっています。
番組制作会社はもちろん、テレビ業界全体の将来性が気になる人は多いのではないでしょうか。

近年ではテレビ離れ及びインターネット・SNSの普及の背景を受け、番組制作会社ではテレビ局に依存しない事業展開をする会社が増加。
インターネット番組やWebプロモーション事業などを展開し、テレビ以外でのメディア活動でも収入を得ているようです。

「テレビ業界は将来性がない」と安易に判断せず、現在どのような方向性で活動を行っているのか、企業のWebサイトを見て調べておくと良いでしょう。

気になる業界の情報を詳しく知りたい、自分がどんな仕事に適性があるか確かめたいという就活生は、キャリアチケットをご利用ください。
キャリアチケットでは実際に訪問したことのある企業のみの求人を扱っており、各種業界・企業についてインターネット上では得られないリアルな情報を入手することが可能。お気軽にお問い合わせください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!