企業の分析OK?就活は会社を知ることからスタートしよう!

このページのまとめ

  • 企業研究が必要な理由「企業のニーズを把握する」「自分に合う企業かを見極める」「志望動機に説得力を持たせる」の3つを理解してから作業を進める
  • 集める情報は大きく分けて「企業情報」「事業内容」「環境・制度」「採用情報」の4つ
  • それぞれの情報について掘り下げて収集しておくと、後の分析にも役立てやすい
  • 分析は、競合との比較、自分の理想像とマッチしているか…などの視点で行うと志望企業を選びやすくなる
  • 情報源は、公式発信、メディア発信、体験型、とそれぞれあるが、得られる情報の質や特徴が違うので、就活の状況に合わせて使い分けること

企業研究でつまづいている方はいませんか?
就活の準備工程ですが、「膨大な情報をどう整理すれば良いか分からない」「そもそも何を調べて分析するべきなの?」など、お悩みを抱えている方もいるようです。

そこで、当コラムでは企業研究の必要な理由、基本的なやり方やコツをまとめてご紹介。情報収集から分析までの基礎を理解して、志望企業についてしっかり研究しましょう。
 

企業研究が必要な理由

「なんでやるのかな?」と思いながら行う企業研究は、実りの少ないものになりがち。企業研究の必要性を理解して、納得感を持ちながら準備を進めましょう。

企業研究には主に以下のような役割があります。

・企業のニーズを把握する
・自分に合う企業なのかを見極める
・志望動機に説得力を持たせる

まず挙げられるのは、企業のニーズを知るため。基本情報から、企業の方針、求める人物像などについて理解することは、自分と企業がマッチしているかを見極める材料になります。

企業のことをよく理解しないまま志望先を決めてしまっては、履歴書や面接で志望動機を伝える時に苦戦することも。志望動機は企業側が採用を決める判断材料の中でも、重要視している項目です。入社意欲や説得力の感じられない志望動機で選考を突破するのは難しいでしょう。

また、企業研究を十分しないままの就活は、ミスマッチや短期離職の原因になりやすいのも事実。ゴールは内定を獲得することではなく、自分の適性に合う仕事でキャリアを築くことです。

短期離職したら一巻の終わり…というわけではないですが、キャリアプランを慎重に考え、やりがいのある仕事に就くためにも、企業研究は大切な準備工程と言えるでしょう。
 

 

企業研究で調べる事柄

分析に必要な情報を集めるのが企業研究の第一段階。どのような情報を集めたら良いのかまとめました。

企業情報

代表取締役、企業理念、設立年度、資本金、事業所の所在地など、企業の概要を表す情報を指します。
各事柄について掘り下げた情報も集めておくと、どのような経緯を辿って今の企業になったのか、という点が明確になるのでおすすめです。
例えば、代表取締役のプロフィールだけでなく、著書やブログがあれば必ずチェックを。経営方針の輪郭がハッキリしやすく、自分とマッチするのか判断する材料になります。

事業内容

企業が取り扱う商品やサービスがどのようなものかを調べましょう。
単純にその中身だけでなく、対象となるクライアントやユーザー、販売方法など、さまざまな角度からの情報を集めておくと、より理解が深まるだけでなく、競合との比較もしやすくなります。
複数の事業展開をしているのであれば、どの事業が利益の基盤なのか、新規に展開したいのはどの領域なのかという点も調べておくと良いでしょう。企業の強みや、将来的な展開を読み解くヒントになります。

環境・制度

社員がどのような環境下で働いているかは、自分の働きやすさにも繋がるため、よく確認しておきたいところ。
最低限、評価・教育関連制度、休暇制度、福利厚生などの情報は把握しておきましょう。こちらの情報についても一つひとつの事柄について掘り下げるのがベター。例えば、教育制度1つにしても、階層別研修だけなのか、職種別に特化した研修を導入しているのかで、だいぶ印象が異なります。
休暇制度や福利厚生についても自分のライフプランと照らし合わせて、フィット感がある制度内容か確認しましょう。

採用情報

採用情報の確認は応募前に誰もがすることですが、企業研究の段階で情報を整理しておくと良いでしょう。募集職種、勤務条件、選考プロセス、提出書類などの情報をまとめておくことで、応募や他社との比較もスムーズに行うことができます。
また、勤務条件は給与、勤務地、勤務時間、休日など、入社後の自分をイメージする上でも重要な情報です。自分が理想とする働き方と乖離していないか、しっかり確認しましょう。

▼関連記事
就活を円滑に進める「企業研究」って? ポイントを解説!

企業の分析ポイント

集めた企業の情報を基に、どのような角度から分析をすれば良いのかまとめました。

・情報カテゴリごとの特徴
・競合との違いや業界内での位置づけ
・理想像との比較

まず、前の項目でご紹介したとおり、集めた情報はいくつかのカテゴリに分けられます。そのカテゴリごとに企業がどのような特徴を持っているのかまとめておくことで分析もしやすくなるでしょう。

業界や企業自体の将来性も企業選びに必要な情報の1つ。特徴を会社ごとに挙げておくことで、競合との違いや業界内での立ち位置も浮かび上がってきます。

選考では「なぜ他社ではなくうちなのか」という点が必ずと言っていいほどチェックされるのも事実。志望動機を問われた時に説得力のある回答をする意味でも、他社との比較ができていることが大切です。

また、先程の項目でも少し触れましたが、自分の理想に近いキャリアプランを描ける企業なのか、という視点で分析するのも必要なこと。自己分析や将来的なキャリアと比較して、かけ離れた特徴を持つ会社を選んでいないか確認しましょう。

これまで説明したポイントに沿って企業研究用のノートを作成することで、履歴書作成や面接対策にも役立ちます。
おおまかに「企業発信の情報」「自分が分析した情報」「働いている人から得た情報」という3つの切り口で項目を整理してみると、検討する際に分かりやすくなります。

次の項目でご紹介するソースごとの特徴を理解して、情報を整理してみてください。

▼関連記事
企業研究のポイントを押さえて就職成功を目指そう!
 

 

企業研究に使う情報源

情報収集はさまざまな手段で行いますが、それぞれ得られる情報の特徴が異なります。自分の必要に応じて利用してみましょう。

公式発信

・コーポレートサイト
・会社パンフレット
・公式SNS、代表の書籍

メディア発信

・各種メディア、ネット
・業界地図
・業界や職種の関連書籍

体験型

・会社説明会
・OB訪問
・インターンシップ

公式発信の情報はその名の通り、オフィシャルなものですから信頼性が高い情報を得られるのが特徴。企業研究の基盤とも言える情報ですから、公式発信の情報については必ず確認しておきましょう。

メディア発信の情報は公式で発信されたものを基に、独自の視点で分析した情報が得られるという点が大きなメリット。自分1人では限界のある情報収集に広がりを与えてくれますが、頼りすぎないのがポイントです。

体験型は実際に自分が会社と接点を持って得た情報なので、鮮度が良いという点が特徴。特にインターンシップでは実際に仕事の一部を通して、企業のことを理解するため、より入社後のイメージが湧きやすいでしょう。

また、体験系で言うと「企業の商品やサービスを利用してみる」というのも1つの手。もしBtoCの商品やサービスを提供している企業について知りたいなら、可能な範囲で実践してみてはいかがでしょうか。
自分が実際に体験して得た情報は、面接対策にも活かしやすいでしょう。


企業研究は就活の基礎となる大事な工程です。自己分析と同様にゴールがないものですが、区切りを付けながら志望企業について丁寧に調べましょう。

もし企業選びに不安を感じているなら、就職支援サービスのキャリアチケットに相談してみませんか?
キャリアチケットでは、あなたの条件や適性に合わせて、優良企業170社以上からご提案可能です。

年間3,000人以上の就活相談実績によって蓄積してきたノウハウを活かして、求職者一人ひとりのお悩みに応じてアドバイスします。お気軽にお問い合わせください。

▼関連記事
企業研究ってなに?シートを作成して効率よく行う方法

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする