企業研究はどこを見る?就活で押さえるポイント!

就職活動でよく重要だと言われるのが「企業研究」です。 しかし、なぜ企業研究が必要なのか?具体的に何を調べれば良いのか?どうやって研究するのか?など、分からないことも多いでしょう。 ここでは、企業研究が必要な理由や調べるべき項目、研究の方法などを解説しています。

 

目次

なぜ企業研究が必要か

そもそもなぜ企業研究をすることが必要なのでしょうか?

企業研究を行う目的のひとつは、数ある業界や企業の中から、自分とマッチした企業を見つけるためです。

企業の良い面や悪い面、事業内容、業界での位置づけ、社風などをしっかり確認することで、入社後のミスマッチ、早期離職のリスクを下げることができます。
逆に企業研究が不十分のままだと、入社後に「この会社は自分には合わない」「こんな仕事なんて聞いていない」など、ミスマッチに繋がりやすくなってしまうでしょう。

ふたつめの目的は、質の高い志望動機を練るため、入社意欲や熱意を具体的にするためです。

企業のことをよく知らないままでは、どの企業にでも通じるような、よくある志望動機しか作れません。
企業研究をすることで、競合他社ではなくなぜその企業なのか、自分がどの点に惹かれているのかが明らかになります。それをもとに志望動機を作成すれば、説得力のあるものになるでしょう。

▼関連記事
就活を円滑に進める「企業研究」って? ポイントを解説!
 

 

企業研究で調べる項目

企業研究をする目的が理解できたところで、次はどのようなポイントに注目して企業研究を行うべきなのかを見ていきましょう。

・企業情報
代表、資本金、所在地、従業員数など、企業の基本情報は知っておきましょう。
企業理念にも目を通せば、その企業の価値観や求める人物像などを把握できる可能性も。

・事業内容
企業情報と並んで必ず頭に入れておきたい情報です。
BtoBとBtoCの違いや事業展開の仕方などを見て、企業の強みを知りましょう。

・業界内での位置づけ、強み
事業内容からその企業の規模や業態、販売対象などを読み取ることで、業界内での位置づけを把握します。
これによって他社との違いや強みも見えてくるでしょう。

・社風
その企業の職場の雰囲気や年齢層、チームを尊重するのか個人の裁量が大きいのかなど。
この社風が自分にとってマッチしない企業で長く働き続けるのは、難しいと言えるでしょう。

・勤務条件
採用情報などに記載されています。
給与や休日、勤務時間、福利厚生など、働く上で大切な情報です。

▼関連記事
企業の分析OK?就活は会社を知ることからスタートしよう!
 

 

どんな手段で調べるのか

企業研究で確認するべき項目は多くあります。
では、どんな手段で調べたら良いのでしょうか?

・会社説明会
企業が合同や単独で行ったり、大学で開催されたりする説明会には積極的に参加しましょう。
実際に働いている社員に会うことができ、同じ企業を受けるかもしれない周囲の学生の雰囲気も感じられます。

・企業Webサイト
企業のサイトでは企業情報や採用情報などが確認できます。
企業がアピールしたい点、求める人物像なども分かるので、必ずチェックしましょう。

・OB訪問
説明会や企業サイトでは分からない現場の生の声を、一対一で聞くことができます。
公的な場では聞けない話もできるかもしれませんが、質問はあらかじめまとめておくなど、失礼のないように気を付けましょう

・業界地図や専門誌
いくつか出版されている業界地図や、そのほか企業情報の掲載された書籍なども参考になります。
業界における位置づけや他社との違い、人事や採用担当者には聞きづらい情報なども載っており、複数社を比較するには便利でしょう。

▼関連記事
企業研究ってなに?シートを作成して効率よく行う方法
 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする