就活の軸はなぜ必要?面接で説得力のある回答をする方法と具体例

このページのまとめ

  • 就活の軸とは就職活動をするにあたって自分が最も重視する基準や価値観のこと
  • 企業が就活の軸を問う理由は、企業と応募者の相性を測るため、明確な仕事選びの基準があるかを知るため
  • 就活の軸を考えるには、自己分析と企業研究が必須の作業
  • 就活の軸を聞かれたら、結論から話すこと、企業との共通点を含めることを意識する
  • 就活の軸の例を確認しながら、自分なりの軸を考えてみよう

これから就活をする方、「就活の軸」はもう決めましたか?
就活の軸は、自分に合った企業を見つけて納得できる就職を叶えるのに必要なものです。面接で聞かれることも多いので、選考対策として回答を用意する必要もあります。「まだ決めていない」「そもそも就活の軸って何?」という人は、ぜひコラムをご覧ください。
就活の軸を決めるメリットや具体的なつくり方、例文をご紹介いたします。

 

そもそも就活の軸とは?

就活の軸とは、就職活動をするにあたって自分が最も重視する基準や価値観のこと。志望する業界や職種、企業を選ぶときや、志望動機を考えるときの指標となります。
就活の場において、自分がやりたいことは何か、どのように働きたいのかといった価値観を考えておくことは非常に大切。
就活の軸が定まっていないと自分にマッチする業界や企業がどのようなところなのか分からなくなり、企業選びの段階でつまずいてしまうことがあります。面接で掘り下げられるケースも多いので、早いうちに就活の軸を定めておきましょう。

また、就活の軸と混同されやすい志望動機についても少し触れておきます。
志望動機とは、応募先企業で働きたい理由のこと。採用の場では、その企業ならではの動機であるかどうかが1つの評価基準になります。応募書類や面接で志望動機を問われたとき、就活の軸をそのまま志望動機にしてしまう人がいますが、これは間違い。
就活の軸は、他の企業でも言えるようなざっくりとした内容であることが多いので、志望動機としては不十分と判断される場合があります。

どうしても間違えそうな人は、「就活の軸=就職活動全体を通じて言えるもの」「志望動機=応募企業それぞれに対して用意するもの」と覚えておくと良いでしょう。

就活の軸の例

人と関わる仕事がしたい
関わった人を笑顔にしたい
顧客を喜ばせたい
顧客の問題を解決したい
コツコツ集中できる仕事がしたい
尊敬できる人と働きたい
海外で活躍したい
専門知識を活かしたい
将来性のある業界で働きたい
社会のためになる仕事がしたい
日本を活性化させたい
実力主義の現場で早く成長したい
地域に密着した仕事がしたい
チームワークを大切にしながら働きたい

こうしてみると、就活の軸には実にさまざまなものがあることが分かります。
志望動機のように、特定の企業に対する内容でなけでばならないというものではないので自由度は高めです。とはいえ、面接などで答えるとマイナス評価になりやすい内容もあります。後ほど触れますので、最後までご覧ください。

▼関連記事
どう答える?就職活動で重要な就活の軸

 

企業が就活の軸を質問するのはなぜ?

書類選考や面接で企業が就活の軸を質問するのには、大きく分けて2つの理由があります。

1.企業が求める人物像と応募者の相性を測るため
採用の場における企業側の視点は「入社したら長く働いてもらいたい」「仕事は意欲的に取り組んでほしい」というもの。
企業と応募者の価値観が合わない場合、モチベーションが保てないばかりか、長く仕事を続けるのが難しい恐れがあります。極端な例ではありますが、「チームワークを大切にしながら働きたい」という就活生が「個人成果主義」の会社を受けても、ミスマッチと判断される可能性が高く、良い評価には結びつきません。
企業は自社との相性が良い人材を見極めるため、就活の軸を確かめてきます。

2.明確な仕事選びの基準を持っているかを知るため
企業は学生が就活の軸、つまり企業選びの明確な基準をもって自社を選んでいるのかを知ろうとしています。
就活では、「とりあえず有名だから受けておく」といった理由で志望企業を選ぶ学生も多いもの。企業としては、イメージだけで自社を受ける学生や、闇雲にエントリーしてきた学生、自社への入社意欲が低い学生は不採用にしたいのが本音です。
何となく企業を選んでいる学生はやはり入社後のミスマッチを起こしやすく、「イメージと違った」と早期退職に至るリスクが高め。
企業は就活の軸を通して学生の企業選びの基準や意欲を確かめ、長期に渡って自社に貢献してくれる人材かを見極めています。

▼関連記事
就活の軸はそんなに大切?企業側が聞く意図と見つけ方

 

就活の軸を定めるメリット

就活の軸を定めることは、就活生側にとっても以下のようなメリットがあります。

企業選びの判断基準ができ入社後のミスマッチが防げる

学生にとっても、就職先とのミスマッチは避けたいもの。しかし、就活の軸がないまま何となくのイメージや目についた一部の条件で企業を選ぶと、入社後に「イメージと違った」ということになりかねません。
就活では、自己分析通して自分の適性や価値観を見極め、そのうえで企業選びの基準(就活の軸)を決めるとミスマッチを防げます。

効率的に就活を進められる

就活の軸が明確になると、自分に合う企業・合わない企業が迷わず判断できるようになります。そうすると、闇雲にたくさんの企業にエントリーすることがなくなり、就活を効率的に進められるように。
ただ内定を得るだけであれば、就職の軸は決めずに多くの企業を受ければ良いでしょう。しかし、就活で本当に大切なのは、自分に合った企業に就職すること。そのためにも、就活の軸を意識した企業選びが大切になります。

面接で聞かれたときに困らない

就活の軸とそれに類する質問は面接で度々聞かれます。あらかじめ就活の軸を自分の中で言語化しておくと、面接で聞かれたときにスムーズに回答できるでしょう。
先ほど就活の軸と志望動機は違うとご説明しましたが、全く方向性がずれているのも問題です。両者に矛盾が生じると「軸がぶれているのでは?」と思われ熱意が伝わりません。面接準備の段階で、内容が一貫しているかチェックしておきましょう

 

就活の軸の作り方

就活の軸を定めるには次のステップで考えるのがおすすめです。

自己分析を徹底する

自分の価値観をよく知らなければ就活の軸は決められません。
まずは自己分析を徹底し、自分の価値観を洗い出しましょう。自己分析の方法は色々ありますが、一番簡単なのは過去の経験を掘り下げる方法。自分の過去の経験を振り返りリストアップした上で、そのとき感じたことや学んだことなどを書き出します。なぜ努力したのか、どのように解決したのかなど、具体的なエピソードがあれば一緒にメモしておきましょう。そこから、自分の好きなこと・嫌いなこと、長所・短所、得意なこと・苦手なことなどを探し、自分が重視する価値観を考えます。

業界・企業研究をする

業界・企業について知ることも、就活の軸の設定に必須。業界や業務内容についての知識がゼロでは、自分に合った仕事を考えることはできません。
業界や企業によって、仕事内容や求める人物像は異なります。それぞれのニーズを理解するとともに、自分がどんな仕事に興味があるのか、将来どんな仕事を成し遂げたいのかを考えてみましょう。

企業へアピールできる内容を整理する

自己分析や業界・企業研究が終わったら、就活の軸になりそうなものをいくつかリストアップしてみましょう。その中で、企業にアピールできるものとそうでないものを分けます。企業にアピールできないものは、企業の規模や待遇面といった直接仕事に関わらない内容です。選考でアピールすると、マイナスイメージを与えてしまうことがあるので、就活の軸にするのは避けたほうが無難でしょう。

就活の軸の設定はこのようなステップで考えるのがおすすめです。1つに絞れない場合は、多くても3つ程度にとどめましょう。

 

面接で聞かれたときの回答のコツ

面接で就活の軸を聞かれたときは、どのように回答するのが効果的なのでしょうか?
ここでは回答のコツと注意点をまとめました。

待遇や給与を軸として答えない

面接では仕事への意欲を伝えるのが基本。待遇や給与、勤務地などを就活の軸として答えると、意欲が伝わらず、マイナス評価になっていまいます。
大企業を目指す就活生も多いですが、企業規模だけを軸として答えると、「仕事内容は何でもいいの?」と思われることに。自己分析や企業研究が足りないと判断され、入社後のミスマッチを心配されてしまうでしょう。

結論から話す

どんな回答にもいえることですが、面接の質問に対しては必ず結論から話し出しましょう。最初に結論を言い切ることで、聞き手はその後の話の内容を想像でき、全体の流れが理解しやすくなります。
「私の就活の軸は〇〇です」と端的な結論を述べた後で、詳しい理由やエピソードを説明しましょう。

企業との共通点を含める

基本的なことですが、就活の軸が応募先企業に当てはまっているか充分注意してください。例えば、「語学力を活かして働きたい」といっても、応募先の業務が全く語学力を必要としないのであれば、「なぜうちを選んだのだろう?」と思われてしまいます。
今のは極端な例ですが、企業研究を怠ると、就活の軸が応募企業に当てはまらないミスが起こりがち。面接までに企業研究を行い、企業の事業内容や理念に自分の就活の軸が当てはまるか確認してください。

全ての業種で言える軸は答えない

「仕事を通して成長したい」といった全ての業種でいえる就活の軸は、そもそも就活の軸になっていないといえます。
就活の軸が具体的にならないのは、自己分析もしくは業界・企業研究の不足が原因であることがほとんど。業界・企業研究は企業のWebサイトや書籍を見るだけでなく、インターンやOB訪問をすることでよりリアルな情報が得られます。

 

就活の軸の例文

ここでは、いくつかの就活の軸の例文をご紹介します。

インフラ業界志望者の就活の軸

私の就活の軸は、人々の生活を支える仕事に就くことです。日本には震災や台風といった自然災害が多く、自分自身も当たり前の日常が送れることの大切さを実感することがあります。去年の台風の際は自宅が停電になり、とても不安な気持ちで夜を迎えました。
そのようなことから、私は毎日の生活の「当たり前」を守り、社会に安心感を届けられる仕事に就きたいと考えています。

旅行業界志望者の就活の軸

私の就職の軸は、学生時代の海外経験を活かして働くことです。私は学生時代に、ヨーロッパの各国を旅して、語学力を磨き、異国の文化に触れてきました。帰国後も海外のニュースに関心を持って情報収集し、旅行中にであった友人とやりとりして、現地の事情について理解を深めています。
社会人になったら、今までの海外で得た経験や現地の知識、そして海外に対するアンテナの高さを活かして働きたいです。

接客業志望者の就活の軸

私の就活の軸は、人との触れあいです。私はこの3年間飲食店でアルバイトをしており、お客様の喜ぶ顔が仕事のモチベーションにつながることを実感しています。何人かのお客様からクレームを受けたこともありますが、その時もどうすればサービスを改善できるか考ることを、仕事の面白さと捉えられました。
貴社でも、お客様の声を聞くことを大切にし、お客様の目線を取り入れたサービスを考えていきたいと思っています。

 

就活の軸がブレてしまったときは

就職活動を進めているうちに、就活の軸がブレてしまうことがありますが、これはよくあることです。ブレてしまった場合は、就活の軸を改めて定め直しましょう。人の考えは経験とともに変化していくもの。当初の設定とずれてきたと感じながら、そのまま何も対処しないでいるのは良くありません。「就活の軸を簡単に変えてしまっていいの?」と思うかもしれませんが、自分の考えが変わった理由を把握しておけば問題はありません。

とはいえ、自分で定めた就活の軸に対して自信を持てなかったり、どのようにアピールをすればよいのか悩んでしまったりする人は多くいます。
就活の軸が何なのか分からなくなったり、第三者のアドバイスが欲しくなったりしたときは、就職エージェントを活用するのがおすすめ。エージェントではあなたの現状をヒアリングし、プロの視点で最適なアドバイスをしてくれます。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!