就活の軸とは?探し方のコツや具体的な方法を例文付きで解説

このページのまとめ

  • 就活の軸とは、「働くうえで譲れない自分なりの基準」になるもの
  • 就活の軸を考えるときは、自己分析や業界研究、企業研究が欠かせない
  • 就活の軸は、すべての企業にあてはまるものは避けよう

就活の軸とは?探し方のコツや具体的を例文付きで解説のイメージ

「就活の軸って何?」「必ずあったほうが良いの?」と疑問を持つ就活生もいるでしょう。就活の軸は自分なりの基準であり、相性の良い仕事や企業を探すために欠かせません。軸を持たずに就活をすると、迷いが増え、ミスマッチが起きやすくなります。

この記事では、就活の軸を探すコツや具体例をご紹介しています。面接で就活の軸について聞かれた場合の答え方もまとめているので、チェックしておきましょう。

就活の軸の考え方について相談したい

   
目 次

就活の軸とは働くうえで譲れない自分なりの基準のこと

就職の軸とは、「仕事選びや企業選びにおける譲れない基準」のことです。

就活生が就職の軸を定めるには、自分のやりたいことや理想とする姿をよく知る必要があります。就活の軸をいくつ持つべきか具体的なルールはありませんが、「興味や関心」「強みや性格」「やりがいや働き方」の3つの視点で考えるのがおすすめです。

実際のところ、自分の求める条件が完璧にそろっている企業と出会うのは難しいかもしれません。そのなかでも、できる限り就活の軸に沿った企業を選ぶと、自分が思い描いているキャリアを築きやすくなります。

就活の軸の重要性については、「就活の軸がない人へ|設定するメリットや見つけ方を解説」でも解説しています。

就活の軸は、大学3年生の3月までにはある程度イメージしておくのがおすすめです。

内閣府の「令和4年度学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査 調査結果 報告書(56p)」 によると、就活におけるエントリーシートの提出時期は大学3年の3月がピークでした。

就活におけるエントリーシートの提出時期のグラフのイメージ

引用:内閣府「令和4年度学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査 調査結果 報告書(56p)

エントリーシート提出までには就活の軸を決めて、提出できるようにしておくと良いでしょう。

エントリーシートを最初に提出した時期については、大学3年生の9月以前と回答している学生が3割近くいます。

エントリーシートを最初に提出した時期のグラフのイメージ

引用:内閣府「令和4年度学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査 調査結果 報告書(56p)

これは、インターンシップ時にエントリーシートの提出を求める企業が多いからでしょう。インターンシップに参加する場合、大学3年生の夏ごろにはエントリーシートが必要になるので、その時期に向けて作成してみてください。

また、選考スケジュールの早期化や多様化も進んでいます。志望企業がどのようなスケジュールで動いていても対応できるように、早めに就活の軸を定めておきましょう。就活の軸さえ決まっていれば、エントリーシート作成はもちろん、企業選びや志望動機作成にも役立ちます。

「就活の軸」を最初に定める理由については、「就活の軸ってどんなもの?定める方法とは」も参考にしてください。

参照元
内閣府
令和4年度学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査 調査結果 報告書

就活の軸の考え方について相談したい

   

就活の軸にはどのようなものがある?具体例を紹介

就活の軸は、職種や仕事から選ぶ人もいれば、労働環境や条件から選ぶ人もいます。正解はないので、自分なりの軸を探してみましょう。

ここでは、就活の軸にはどのようなものがあるのか、具体例をまとめました。

職種や仕事内容

営業職や事務職などの職種や、仕事内容も就活の軸の一つです。職種や仕事内容であれば軸が決めやすく、該当する企業も探しやすいでしょう。

たとえば、「コミュニケーション能力を活かして営業で活躍したい」「人と関わる仕事がしたい」などが職種や仕事内容を就活の軸にする例です。

まずは、「自分がどのような仕事に就きたいのか」「何を成し遂げたいのか」から考えると、イメージが湧きやすいでしょう。

企業の社風や雰囲気

企業の雰囲気が自分に合うかどうかで選ぶ就活生も多くいます。どの企業であっても同僚と協力して働くので、社風や雰囲気、人が合うかは重要です。

たとえば、「明るい職場で働きたい」「チームワークを重視する環境が良い」などを就活の軸にできるでしょう。どのような雰囲気であれば、自分の力を発揮できそうかで考えるのがおすすめです。

企業理念

企業理念が自分に合うかどうかを判断材料にするのも、一つの考え方です。企業と自分の考え方が一致していれば、仕事を進めやすく、モチベーションも上がるでしょう。

企業理念については、会社のWebサイトや採用ページに書いてあるのが一般的です。ミスマッチ防止にもつながるので、企業理念と合うかどうかで企業を選ぶこともおすすめします。

労働環境や待遇

「残業が少ない」「ワークライフバランスへの取り組みが行われている」など、労働環境や待遇を就活の軸にするのもおすすめです。働きやすい環境は、成果の出しやすさにもつながります。

面接では待遇について触れないようにしよう

企業を選ぶ際に、給与や待遇を軸に選ぶのは問題ありません。しかし、面接での回答として、給与などを伝えるのはマイナス評価につながります。

「給料が良いから」「休みが多いから」などと正直に答えると、仕事への意欲が低いと思われてしまうかもしれないからです。

面接で就活の軸を聞かれた際は、実際には待遇面で選んでいたとしても給与や休日については触れず、別のことを答えるようにしましょう。

就活の軸の具体例25選

具体例として就活の軸をいくつか紹介します。自分の考えに近いものがあるか、チェックしてみてください。

・人と関わる仕事をしたい
・関わる人を笑顔にしたい
・顧客を喜ばせたい
・顧客の問題を解決したい
・顧客と信頼関係を築きたい
・コツコツと集中できる仕事をしたい
・尊敬できる人と働きたい
・海外で活躍したい
・専門知識を活かしたい
・将来性のある業界で働きたい
・社会のためになる仕事をしたい
・日本を活性化させたい
・腰を据えて長く働ける会社が良い
・実力主義の現場で早く成長したい
・地域に密着した仕事をしたい
・チームワークを大切にしながら働きたい
・人をそばで支える仕事をしたい
・複数の業界と関わる仕事をしたい
・自分の強みや長所を活かせる会社で働きたい
・スキルを伸ばせる仕事をしたい
・周囲と協力して規模が大きい仕事をしたい
・結果が数字で表れる仕事をしたい
・人とコミュニケーションを取る機会が多い仕事をしたい
・責任のある仕事をしたい
・やりがいのある仕事をしたい

就活の軸は、業界や職種、業務内容、働き方など、さまざまな視点から考えられます。志望動機のように、特定の企業ごとに対する内容である必要はないので、自由度が高く考えやすいです。

企業選びのポイントになる視点については、「『会社選びのポイントは何ですか?』の正しい答え方とは?例文つきで解説」も参考にしてください。

就活の軸の考え方について相談したい

   

就活の軸を定める6つのメリット

就活の軸を決めておくと、ミスマッチを防止できたり、選考で一貫性のあるアピールができたりするメリットがあります。ここでは、就活の軸を定めて就活を行う6つのメリットを解説します。

1.入社後のミスマッチを減らせる

就活の軸を決めておけば、企業とのミスマッチ防止につながります。企業選びの基準が明確になり、イメージだけで就活を行うケースが減るからです。

就活の軸を持たずに就活をすると、イメージや目についた一部の条件だけで企業を選んでしまうこともあります。企業全体を見ていないので、「イメージと違った」「デメリットの方が多かった」などと感じるケースも出てきます。

ミスマッチがあると、ストレスを感じ、場合によっては早期離職につながってしまうでしょう。同じ職場で長く働くためにも、就活の軸を明確にして、自分に合う企業を選ぶのが大切です。

2.効率的に就活を進められる

就活の軸を決めれば、自分に合う企業と合わない企業が分かりやすくなります。判断基準があるので、効率的に就活が行えるでしょう。

就活の軸が決まっていないと、選択肢が多く、どの企業を選んで良いのか分かりにくくなります。一方で、「営業職が良い」「チームで成果を出す仕事がしたい」などの就活の軸があれば、多くの選択肢から企業を絞れるでしょう。

就活は「企業研究」や「書類対策」「面接対策」などやることが多いので、効率的に進めるのが重要です。就活の軸を決めて、企業選びをスムーズに行いましょう。

3.面接で聞かれたときに困らない

就活の軸を定めておくと、面接対策にもなります。就活の軸は、面接でよく聞かれる質問の一つだからです。

ただし、就活の軸は面接直前に決めるのではなく、企業を探す段階で考えておくのがおすすめです。そうすることで、「なぜこの業界を選んだのか」「なぜこの企業で働きたいのか」など、志望度の高さが伝わりやすくなるでしょう。

4.将来のキャリアプランが明確になる

就活の軸を明確にしておくと、就活だけでなく入社後に仕事をするうえでも役立ちます。就活の軸に沿って将来のキャリアプランを描いておくと、そのために必要な行動が明確になり、モチベーションの向上にもつながるはずです。

たとえば、「入社したらどのように活躍したいのか」「どのような経験を通して、どうステップアップしていきたいのか」など、具体的に想像することで、強みを活かしてなりたい自分に近づいていけるでしょう。

5.一貫性のあるアピールができる

就活の軸を定めると、企業に対して一貫性のあるアピールができます。

就活の軸に沿って履歴書やエントリーシートを作成したり、面接官からの質問に回答したりできれば、企業側に一貫性のあるメッセージを伝えられるでしょう。就活の軸が定まっていると、自己アピールに説得力が生まれ、企業からの高評価にもつながりますよ。

6.内定を獲得したときの判断基準になる

就活の軸があれば、内定を獲得したときに「承諾するかどうか」の判断がしやすくなるでしょう。

特に、複数の内定を得た場合の企業選びに悩む就活生も少なくありません。しかし、就活の軸を判断基準にすることで、より自分の価値観に合った企業選びができます。

就活の軸を決める目的については、「就活の軸ってなに?自分に合う就職先を見つけるコツ」も参考にしてください。

就活の軸の考え方について相談したい

   

企業が就活の軸について質問する3つの理由

ここでは、企業が就活の軸を聞く理由を解説します。企業が知りたいことを網羅できているかどうかを意識して、就活の軸を考えてみてください。

1.応募者の価値観を知りたいから

企業は、就活の軸に関する質問を通して、応募者が働くうえで重要視していることを知りたいと考えています。応募者の価値観と自社の企業理念がマッチするかどうかを見極めるのは、採用活動の目的の一つといえるでしょう。

就活の軸が定まっていないと、企業選びの基準や価値観をうまく伝えられず、採用担当者に「志望度が低い」と評価されてしまうかもしれません。

2.社風に合う人材かどうかを確かめたいから

企業が就活の軸について質問するのは、応募者が自社の社風に合う人材かどうかを確かめる意図もあります。

企業によって、社風は異なります。社風に合わない企業に入社すると、周囲とうまく馴染めなかったり、スキルアップできなかったりするなど、早期離職につながりかねません。

そのため、企業は就活の軸を聞くことで、応募者が自社の社風に合っているかどうかを判断しています。

3.意欲を持って長く働いてくれるか判断したいから

働く意欲がどれほどあるかを判断したいときにも、企業は就活の軸を尋ねるでしょう。企業は採用活動において、できるだけ長く働いてくれる人材を求めています。

特に、新卒採用はポテンシャル採用と呼ばれ、即戦力になるスキルや経験よりも、就活生の将来性を高く評価する傾向があります。

働く意欲や仕事に対する熱意がなければ、長く働き続けるのは難しいでしょう。

企業にとって就活の軸が重要な理由については、「就活の軸とは?成功に導く考え方と伝え方」も参考にしてください。

就活の軸の考え方について相談したい

   

就活の軸を見つける4つのステップ

ここでは、就活の軸を見つけるために実施したい4つのステップを紹介します。自己分析や業界研究を行い、就職で何を重視するのかを考えてみましょう。

1.自己分析を行う

就活の軸を探すために、まずは自己分析から始めるのがおすすめです。自分が就職に何を求めているのかが分からなければ、軸が定まりません。

たとえば、次のような質問から自分について探ってみましょう。

・自分は何をすることが好きか
・得意なことは何か
・強みは何か
・長所や短所は何か
・どのような環境で活躍できるか
・仕事に何を求めるか

すでに興味を持っている仕事がある場合、「なぜその仕事に興味があるのか」を深掘りしていくのもおすすめです。とにかく自分について深掘りを行い、自己理解を深めましょう。

自己分析の方法は、「自己分析とは?おすすめのやり方と8つの注意点を解説」も参考にしてください。自己PRや志望動機を考えるうえでも欠かせない作業なので、必ず行いましょう。

2.業界研究や企業研究で情報を集める

業界研究や企業研究を行い、「どのような業界があるのか」「どのような企業があるのか」を知ることも重要です。知識が増えると選択肢が広がり、就活の軸を決めやすくなります。

業界研究を行えば、自分が知らない業界に興味が生まれ、エントリーにつながることもあります。また、企業研究から新しい仕事内容や職種を知り、自分に合うものが見つかることもあるでしょう。

情報が多いほど、働くイメージがしやすくなります。世の中には、日常で見かけない仕事や企業も多いので、業界研究や企業研究に力を入れるのがおすすめです。

業界研究の進め方は「業界研究のやり方とポイントを詳しく解説!自分に合った仕事を見つけよう」、企業研究の進め方は「企業研究とは?目的や手順を解説!ポイントを押さえて就職成功を目指そう!」の記事で解説しているので、合わせて参考にしてください。

3.将来のビジョンや目標を考える

「将来どのような仕事をしたいか」「達成したい目標はあるか」などから、就活の軸を決めるのもおすすめです。業界研究や企業研究を行えば、具体的なイメージが湧いてくるでしょう。

仕事内容だけではなく、「リーダーとして成果を出したい」「社長を目指す」などのように、役割や立場から考える方法もあります。また、「土日は必ず休む」のように、ライフスタイルで考えるのも良いでしょう。

将来のビジョンや目標が明確になると、希望する条件や価値観が分かります。

4.就職で重視するものを考える

就職するにあたって、何を重視しているのか考えるのもおすすめです。大事にしている条件や考え方は、あらかじめピックアップしておきましょう。

たとえば、「英語を使う仕事がしたい」という目標も、就活の軸になります。海外出張のある企業、海外に支店がある企業を探せば、就活の軸に沿った企業選びができるでしょう。

難しく考えずに、自分の希望から就活の軸を決めるのもおすすめです。譲れない条件がある場合は、その条件を就活の軸にしてみてください。

就活の軸の考え方について相談したい

   

就活の軸が決まらないときにできる対策

就活の軸が決まらずに困っている場合は、インターンシップに参加したり、企業説明会に参加したりするのがおすすめです。また、就活エージェントなどに相談しても良いでしょう。

ここでは、就活の軸が決まらないときに実施したい対策をご紹介します。

インターンシップに参加する

インターンシップに参加して、どのような企業や仕事内容があるのか詳しく知りましょう。実際に仕事を体験できる企業もあり、就職に対するイメージがしやすくなります。

就活の軸が決まらない就活生に多いのが、「仕事について分からない」「働くイメージが湧かない」といった悩みです。このような悩みを解決するには、実際に仕事を経験してみるのが一番でしょう。

もし、仕事内容が合わない場合でも、「△△の職種や仕事以外にする」のような軸ができます。避ける条件を決めるのも大事なので、インターンシップを通じて自分に合う条件、合わない条件をはっきりとさせておきましょう。

インターンシップについて知りたい場合は、「インターンシップとは何か?特徴や選び方などをご紹介!」の記事を参考にしてください。実際の仕事を体験したい場合は、長期で業務を体験できるサマーインターンがおすすめです。

企業説明会に参加する

企業説明会に参加して、企業や仕事について情報を得るのも大切です。情報が増えるほど、就活の軸も決めやすくなります。

社会にはイメージの湧かない企業や仕事も多く、分からないことが多いと判断できません。特に、BtoBの業界や企業は日常では目にしないので、自分から情報を探すのが重要です。

企業説明会であれば、担当者に直接質問できる場合もあります。Webサイトや採用ページに記載のない情報が入手できるので、積極的に参加すると良いでしょう。

企業説明会の探し方や参加方法については、「企業説明会の種類や見つけ方は?参加時の注意点や質問の悩みについても解説」の記事を参考にしてください。

他己分析を行う

他者から見た自分の長所やスキルを参考にして、就活の軸を決める方法もあります。客観的な意見を聞けば、自分では気がつかない新しい視点が得られるでしょう。

たとえば、「チームメンバーが困っているときは、いつでも助けてくれる」と他者に評価されたとします。この場合、チームで行動する仕事や企業が向いていると考えられますよね。

就活の軸に置き換えると、「チームプレーの企業を優先する」「個人主義の企業は避ける」などにできるでしょう。他者の意見からは貴重なので、積極的に意見をもらってみてください。

企業を比較してみる

企業同士を比較し、自分の考え方や希望する条件を探す方法もおすすめです。「A社とB社であればどちらが良いのか」で答えを出せれば、何を基準に企業選びをしているのかが分かるでしょう。

たとえば、「給与は下がっても、年間休日が多いB社が良い」となれば、休日を重視していることが分かります。また、「残業は多いけど、仕事のやりがいが欲しい」と思う就活生もいるはずです。

企業を比較し、どちらが良いかを考えれば、自分が重視する条件が分かります。いくつか比較をすると、企業選びの軸が見えてくるでしょう。

自分の短所から考える

長所や強みではなく、短所から就活の軸を探す方法もあります。優先して選ぶ軸ではなく、選択肢から外す軸を考えるのも効果的だからです。

たとえば、「新しいアイディアを発想するのが苦手で、企画力がない」が短所だとしましょう。この場合、「デザインなどのクリエイティブ職は就活の軸から外したほうが良い」と考えられます。

向いている仕事を探すだけではなく、向いていない仕事は選択肢から外すのも大事です。短所を分析して、選択肢には選ばない条件も考えてみましょう。

就活エージェントに相談する

自分だけでは就活の軸が見つからないと感じたら、就活のプロに相談するのがおすすめです。就活エージェントであれば、就活生の状況に応じて適切なアドバイスをしてくれます。

また、就活の軸だけではなく、自己分析や企業研究などに関してもアドバイスしてもらえるのがメリットです。就活全体のサポートをしてもらえるので、これから就活の軸を探そうとしている方も安心できます。

就活エージェントのキャリアチケットでも、就活の軸を探すサポートを実施しています。自分一人では考えがまとまらないと思ったら、ぜひ相談してくださいね。

就活の軸の考え方について相談したい

   

面接で就活の軸について伝える際のコツ

面接で就活の軸について聞かれる場合、結論から伝えると好印象です。分かりやすく内容が伝わるように、工夫しましょう。

ただし、就活の軸で答えるのを避けたほうが良い内容もあります。ここでは、面接で就活の軸について答える場合のコツを解説します。

結論から答える

就活の軸について聞かれたら、「私の就活の軸は△△です」のように結論を伝えましょう。結論から伝えた方が、面接官が内容を理解しやすいからです。

補足説明やエピソードから伝えてしまうと、「結局、何が軸なのだろう?」と思われてしまう場合も。内容がよくても、伝わらなければ評価されません。

結論のあとにエピソードを伝えれば、話の流れを理解しやすく、説得力も増します。就活の軸に限らず、面接では結論から話すことを意識しましょう。

理由を裏付けるエピソードを伝える

就活の軸を伝える場合、理由を説明するためのエピソードを忘れないようにしてください。軸にする理由が伝わらなければ、評価されにくいからです。

たとえば、「人と関わる仕事をしたい」だけを伝えても、面接官からすればなぜなのかが分かりません。
「接客のアルバイトをした際に、お客さまからの『ありがとう』という言葉がモチベーションになった。これからもたくさんの『ありがとう』がもらえるように、人と関わる仕事で活躍したい」などのようにエピソードがあれば、面接官も納得できます。

エピソードがあると説得力が増すだけではなく、内容にオリジナリティが出ます。自分にしかないエピソードを探し、盛り込んでみましょう。

就活で伝えるエピソードを探すコツについては、「学生時代に頑張ったことがない…エピソードの見つけ方や例文を解説」の記事でも解説しています。

企業と関連性のある内容にする

就活の軸で伝える内容は、応募企業と関係があるものを選びましょう。企業に関係ない軸を伝えても、評価してもらえません。

就活の軸が企業と合わないと、「ミスマッチが起きる」「すぐに離職するかもしれない」とマイナスに働く場合もあります。就活の軸が志望企業で実現できるかを考えて、伝えるようにしましょう。

どの業種にもあてはまる内容は避ける

どの業種や仕事にもあてはまる内容を伝えても、アピールにはなりません。抽象的な就活の軸になっていないか、確かめましょう。

たとえば、「仕事を通して成長したい」のような内容は、どの企業でも共通します。志望企業ならではの解答でないと、使い回していると思われる可能性もあるでしょう。

抽象的な内容になってしまう場合は、業界研究や企業研究をもう一度行ってみてください。また、インターンシップへの参加や、OB・OG訪問を行い、より企業について学ぶのもおすすめです。

OB訪問の実施方法については、「OB・OG訪問のやり方とは?流れやマナー、注意点を知ろう」の記事で詳しく解説しています。

就活の軸の考え方について相談したい

   

就活の軸を聞かれた場合の答え方の例

ここでは、就活の軸を聞かれた場合に、どのように答えれば良いか例文をご紹介しています。就活の軸ごとに回答を紹介しているので、参考にしてみてください。

「顧客の問題解決をしたい」を軸にする場合

私の就活の軸は、顧客の問題を解決できる仕事に就くことです。

大学のゼミで、グループワークをうまく進められなかった経験があります。そのとき、進捗状況をLINEグループで報告して共有するなど、自分なりに工夫してメンバーと接したところ、メンバーから「△△のおかげで話し合いがしやすくなった」と言われました。

この経験から、私は問題を解決することで人の役に立ちたいと思うようになりました。そのため、自身が関わった広告で顧客の悩みに寄り添い、問題解決に向けたサポートができるこの業界に就きたいと考えています。

「関わる人を笑顔にしたい」を軸にする場合

私の就活の軸は、関わった人を笑顔にできる仕事に就くことです。

私は大学時代に4年間、レストランで接客のアルバイトをしていました。料理を提供するときやお客さまが帰るときに見せてくれた笑顔が、仕事のやりがいにつながっていました。

このような経験から、関わった人の笑顔を近くで見ることのできるサービス業界に就きたいと考えています。

「相手に寄り添う仕事をしたい」を軸にする場合

私の就活の軸は、相手に寄り添って支えとなれる仕事をすることです。

高校3年生のとき、大学選びに迷って、学校の先生に相談した経験があります。当時、先生がとても親身になって寄り添ってくれたからこそ、後悔のない学生生活が送れています。この経験を通して、私は寄り添って支えてくれる存在のありがたさに気づきました。

私自身も仕事の紹介を通して、親身になって相手に寄り添える人材業界に就きたいと考えています。

「人々の生活を支える仕事がしたい」を軸にする場合

私の就活の軸は、人々の生活を支える仕事に就くことです。

日本には震災や台風といった自然災害が多く、当たり前の日常が送れることの大切さを実感する場面があります。去年の台風では、自宅が停電し、とても不安な気持ちで夜を越しました。

この経験から、私は人々の日常における「当たり前」を守り、社会に安心感を届けられる仕事に就きたいと考えています。

就活の軸の回答例については、「就職活動の軸はどう作る?決め方のコツや面接での回答例をご紹介」も参考にしてください。業界ごとに紹介しているので、志望企業が決まっている方にもおすすめです。

就活の軸の考え方について相談したい

   

就活の軸を決めきれずに悩むあなたへ

就活の軸を考えても、なかなか決まらないこともあるでしょう。業界や仕事内容、企業など選択肢が多く、どのような軸で就活を行うのか迷ってしまいますよね。

しかし、就活の軸が決まっていないと就活本番に間に合わず、エントリーに苦戦してしまうこともあります。もし、自分だけでは決めるのが難しいと感じたら、就活エージェントに相談してみましょう。

就活エージェントのキャリアチケットでは、就活の軸を決めるのに欠かせない自己分析や業界研究、企業研究の進め方をサポートいたします。自信を持って企業にエントリーできるように、アドバイスをします。

もちろん、エントリーシート対策や面接対策など、内定獲得に向けてのサポートも充実しています。就活での悩みを抱えている方は、ぜひご相談ください。

就活の軸の考え方について相談したい

   

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。