就活がわからなくなってきた原因とは?対処法も解説

このページのまとめ

  • 就活がわからなくなってきた人は、自己分析で自分の強みを見直そう
  • 就活がわからなくなってきたら、自分の価値観をもとに就活の軸を考えよう
  • 自分に合った仕事を見つけるには、幅広い業界や企業を調べ視野を広げるのが効果
  • 就活がわからなくなってきたら、就職以外の進路を考え心に余裕を持とう  

「就活がわからなくなってきた…」という人は多いと思います。「やりたいことが見つからない」「就活に意味が見いだせない」など、人によって理由はさまざまでしょう。
就活がわからなくなったときは、自分について考えるチャンスです。自分の強みや価値観を軸にすれば、将来の選択肢が見つかりやすくなります。このコラムでは、就活がわからなくなる原因と対処法を詳しく解説。自分のペースで就活し、内定を目指しましょう。



 

就活がわからなくなってきた4つの原因

やりたいことが見つからなかったり、選考に参加するのに疲れたりすると、就活がわからなくなる傾向にあります。
下記で、考えられる原因をみていきましょう。

1.やりたいことが見つからず方向性が定まらない

自分が何をしたいのかわからないと、就活の方向性が決まらずモチベーションが下がる傾向にあります。最初からやりたいことがなく、「どこでも良いから入社したい」という人もいるでしょう。「やりたいことがあったけど、就活するうちにわからなくなった」という人も多いです。
いずれにせよ、明確な目的がなければ就活はスムーズに進みません。どこを受けて良いかわからず、行動量が落ちる原因になるでしょう。

2.自分の強みが分からず適性を判断できない

自分の強みがわからないと、自分に向く仕事もわからず、合わない企業ばかり受ける傾向にあります。結果として不採用が続き、就活自体がわからなくなる人も。
自分の強みが不明なままでは、魅力的な自己PRはできません。自分について言語化できないため、採用担当者に仕事への熱意をアピールできないでしょう。

3.選考に疲れ就活に嫌気がさした

選考に参加するのに疲れ、日本の就活システムがわからなくなる人も一定数います。
日本の就活は、説明会への参加やOB・OG訪問、面接対策などやるべきタスクが多いのが特徴です。エントリーした企業の分だけ履歴書やESを書く必要があり、就活に嫌気がさすことも。
特に人見知りの人や緊張しやすい人は、面接に対して苦手意識を持ち、選考自体が嫌になる傾向があります。

4.不採用が続き自信がなくなった

不採用が続くと自分に自信が持てなくなり、就活に意味を見出せなくなります。特に手ごたえを感じたのに不合格だった場合、何を信じて良いかわからなくなるでしょう。
また、面接官から「あなたのやりたいことは他社でも実現できますね」などと指摘され、就活の方向性を見失う人も。自分がやりたいことに自信が持てなくなり、就活がわからなくなる人も多いといえます。

▼関連記事
就活できる気がしない!選考が通らない原因を探り自信を取り戻そう



 

就活がわからなくなってきたときに取り組みたいこと

就活がわからなくなってきたときは、原因を踏まえて対処することが重要です。
下記で、具体的な方法を確認しておきましょう。

自己分析で自分について理解する

自己分析で自分の価値観や強み、やりがいを感じることを見つけておきましょう。自分について知ることは、説得力のある自己PRや適性の高い企業選びにつながります。
自己分析は就活初期に1回だけ行うのではなく、何度も繰り返すのがおすすめです。考え方や価値観は、就活を進めるごとに変化するもの。悩んだときこそ自己分析して、今の自分について理解を深めてください。

就活の軸をもとに働きたい業界や企業を選ぶ

自己分析をもとに就活の軸を作り、自分が働きたい業界・企業を選びましょう。
「やりがいを感じること」「好きなこと」を基準に、「やりたい仕事」を見つけるのがポイント。「〇〇の仕事がしたい」と思ったら、「どうしてその仕事なのか?」「自分の強みを仕事にどう活かせるか?」と具体的に考え、志望理由を明確にしてください。
OB・OGなど社会人に相談し、対話をとおして考えを整理するのもおすすめな方法です。

視野を広げて幅広い業界や企業をチェックする

やりたいことがない人は、今までチェックしていなかった業界や企業、職種を幅広く調べ、選択肢を増やしておきましょう。ただ知っている業界・企業から何となく選んでも、説得力のある自己PRや志望動機は作れません。
興味のアンテナを軸にして、幅広い選択肢からやりたい仕事を見つけてください。
興味のある企業には積極的にエントリーし、選考に参加するのがおすすめ。場慣れすることで苦手意識がなくなり、就活をスムーズに進められるでしょう。

企業研究を徹底し「どうしても入社したい理由」を作る

就活がわからなくなったときは、企業研究を徹底し「どうしても入社したい理由」を明確にするのがおすすめ。説得力のある志望動機を作ればモチベーションがアップしますし、面接で質問されても慌てる心配がありません。
企業研究では、「応募先企業の業界内での立ち位置」「同業他社との違い」「求める人物像」などを調べるのがポイント。「自分の強みを活かして仕事にどう貢献できるか」を説明できれば、強力なアピールになるでしょう。

就職以外の進路も考え気持ちを楽にする

「将来の進路は就職だけではない」と考え、気持ちを楽にするのもおすすめです。
人によって個性が違うように、「新卒で就職」だけが進路ではありません。研究したい分野がある人は、大学院に進む道もあります。海外留学をして、語学を勉強する道もあるでしょう。
将来の選択肢はいくらでもあるので、自分を追い詰めないことが大事です。

他人と比較せず自分のペースで就活する

内定が決まるタイミングは人それぞれのため、他人と比較せず自分のペースで就活しましょう。
周囲との差を気にしていると、自信を失う恐れも。就活は自分の将来を考える期間で、自分自身と向き合うものです。周囲の状況に巻き込まれそうなときは、意識的に距離を取ると良いでしょう。

就活から離れてリフレッシュする

就活にストレスを感じたときは、休息時間を作ってリフレッシュしましょう。趣味を楽しんだり、心行くまで眠ったりして好きに過ごすのがおすすめです。
休むことで思考がリセットされ、現状を俯瞰で見られる可能性があります。リフレッシュしたら気持ちを切り替え、前向きに就活に取り組みましょう。

就職エージェントに相談してプロの意見をもらう

就職エージェントに相談して、プロの視点からアドバイスをもらうのも一つの手。
就職エージェントとは、プロのアドバイザーが内定獲得に向けてサポートしてくれるサービスのこと。就活に関する相談に乗ってもらえるほか、ESの添削や模擬面接といった手厚いサポートも受けられます。カウンセリングをもとに適性に合った仕事も紹介してもらえるので、1人で就活するよりも効率的に内定がもらえるでしょう。

▼関連記事
内定ゼロでも挽回できる!チェックすべきポイントとは



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。