新卒就職できなかったらどうなる?今取るべき行動と大学卒業後の選択肢

このページのまとめ

  • 卒業までに就職できなかった場合、「進学」「就職留年」「既卒」などの道がある
  • 既卒は新卒よりも採用ハードルが上がるものの就職できないわけではない
  • 既卒の就活は「なぜ在学中に就職できなかったのか」という質問に対策しておく
  • 就活がうまくいかなくても「もし就職できなかったら…」と考え過ぎるのはやめよう

新卒就職できなかったらどうなる?今取るべき行動と大学卒業後の選択肢の画像

「就職できなかったらどうなるの…?」と不安に感じている方は多いでしょう。
不安を感じるのは、今の就活が思いどおりに進んでいないのと、就職できなかった場合の未来を知らないことが原因。このコラムでは、新卒で就職できなかった場合の選択肢と、就活を効果的に進めるために試せる対処法をご紹介します。「自分なりに努力してもうまくいかない」とお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。



 

新卒で就職できなかったら終わりではない!

新卒として就職できなかったとしても、決して終わりではありません。落ち込まず、次の行動に移りましょう。
人手不足に悩んでいる企業は多く存在しているので、新卒で就職できなくてもまだチャンスはあります。

卒業までに就職できなかった場合の6つの選択肢

就職しないまま大学を卒業した場合、以下のような選択肢があります。
今回の就活で正社員になれなかったとしても、道はいくつかあるので安心してください。

1.大学院やほかの学校で学び直す

大学院へ進学したり、ほかの大学や専門学校へ入学し直したりして、学業を続行します。
就職できなかった人に限らず、「まだまだ学び足りない」という理由で学業の続行を選ぶ人もいるでしょう。学業を続ける場合、気をつけたいのは費用面。学費や交通費といった通学費用が追加で必要になるため、事前によく考えておく必要があります。

2.資格取得の勉強をする

自分が志望する業界・職種に活かせる資格であれば取得するのも良いでしょう。
資格を取得する本来の目的は就活のためではなく、自身の成長や就職後の活躍といった先を見据えたもの。就活を行ううえでプラスになると判断できる場合は、資格取得に向けた勉強をしてみるのも一つの手です。

3.就職留年して就活を続行する

就職留年して、新卒として引き続き就活を続けます。
就職留年をするには、「あえて単位を落とす」「大学の制度を利用する」「休学する」のいずれかを選ぶことになるでしょう。ただし、あえて単位を落とすのは印象が悪いもの。そのうえ、翌年度も学費を支払う必要があります。休学する場合は相応の理由が必要。就活失敗を理由に申請するのは難しいでしょう。
そのため、大学に「卒業延期制度」や「就職留年制度」といった制度がある場合は、それを利用するのがベター。費用はかかりますが、制度を利用したほうが安全といえます。

4.フリーターや派遣社員になる

生活のためフリーターや派遣社員などになり、正社員以外の雇用形態で働く人もいます。
年齢が若いうちは、アルバイトや派遣社員などでも、生活に十分な費用が稼げるでしょう。後々正社員を目指す場合も、アルバイトや派遣社員の経験が活かせる可能性もあります。

5.起業する

学生時代に経営の基礎を学んでいたといった一定の下地がある場合、自分で起業する方法もあります。
起業は「就職して人の下に就くのは向いていない」「自分の実力を試したい」という人には適した働き方です。とはいえ、資金の面など乗り越えなければならないハードルは高いため、卒業後すぐの実現は難しいでしょう。

6.既卒として就活を続行する

卒業してからも就職活動を続ける場合は、既卒扱いになると覚えておきましょう。大学を卒業後に新卒採用は受けられないので注意が必要です。
ただし、学校を卒業して間もない場合は、新卒扱いになる可能性も。既卒の就職活動については、次項で詳しく解説していくので、既卒として就職活動を考えている方はぜひご覧ください。

▼関連記事
就職できる気がしないと思ったらどうする?原因と対策



 

既卒での就職活動が不利になるとは限らない

既卒での就職活動が不利になるとは限らないのイメージ
既卒の就活は、新卒に比べると不利になるイメージもありますが、それほど気にする必要はありません。どうしても心配な方は、以下の既卒の就職事情をチェックしてみてください。

新卒採用に比べて採用ハードルがやや高くなる

既卒になると、新卒採用に比べて採用ハードルがやや高くなり、「新卒時より厳しい」と感じる人はいるでしょう。
既卒は、中途採用に応募するため、ライバルには社会人経験や即戦力となりうる能力を持った人がいるからです。そうはいっても、既卒の就職は別段難しくなるとは限りません。

年齢が若い既卒にはチャンスが多い

若い人材が不足している業界・職種など、既卒を積極的に採用している企業は多く、就職のチャンスは十分にあります。
さらに年齢が若いうちは、経験や能力よりも人間性や成長を見る「ポテンシャル採用」が一般的。企業によっては新卒と同等扱いとなる場合もあり、既卒の採用ハードルはそれほど高くないといえるでしょう。

▼関連記事
人生の末路を嘆くのは早い!就活失敗をバネにする方法



 

既卒の就職活動で押さえる3つポイント

この項目では、就活で押さえるポイントを紹介します。以下の3つのポイントを押さえるのが、就職成功への近道。既卒の就活は、新卒時の就職活動と同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。

1.過去の就活を振り返って反省点を見つける

過去の就職活動を振り返り、「なぜ内定がとれなかったか」という原因を分析しましょう。
「就活を始めるのが遅すぎた」「業界や条件を絞りすぎていた」「応募書類を見直さなかった」「面接対策を疎かにしていた」など、失敗の原因を探ってみてください。

2.視野を広げて求人を探す

就職活動がうまくいかない要因の一つに「エントリー企業を絞りすぎている」というのがあります。
エントリー企業を絞ると、それだけ選考突破の確率も下がってしまうもの。特に、大手企業や有名企業は倍率も高いため、そこに集中してエントリーした場合は選考突破が難しくなるでしょう。
「大企業ばかり応募していた」「数社しかエントリーしなかった」「業界や条件を絞り込み過ぎていた」など、心当たりのある方は、視野を広げて企業を探してみることをおすすめします。

3.「なぜ在学中に就職できなかったのか」の質問対策する

既卒の場合、面接で「なぜ在学中に就職できなかったのか」を問われる場合があるため、しっかり対策しておきましょう。
理由を述べるときは、嘘をついてまで自分を良く見せようとする必要はありません。
就職できなかった理由を正直に述べ、反省点や卒業後の取り組み、努力についてアピールしてください。

▼関連記事
既卒になったら人生終了?ウワサの真相は!?



 

就活が不安なときの3つの対処法

就活が不安なときの3つの対処法のイメージ
新卒として就活中、「就職できなかったらどうしよう…」と不安になった際は、下記の対処法を参考にしてみてください。

1.後悔するのは就活が終わってからと心得る

うまくいかなければ不安になるのは当然といえますが、後悔するのは就活を終えてからにしましょう。
応募書類が通らなかったり、面接で落とされたりするなど、就活が思いどおりにいかないと、「あのとき◯◯しておけば良かった…」「人生のレールから外れてしまう…」というマイナスな気持ちで頭がいっぱいになることも。自分を追い詰めたり人と比べたりするのは逆効果なので、まずは落ち着いて現状を把握することが大事です。

2.今の就職活動を見直してひたむきに取り組む

今の就職活動を見直し、あきらめずに一つひとつ取り組むことが大切です。
たとえば、以下のような点を見直してみると良いでしょう。

・応募先企業に合った書類になっているか
・面接官の視点(求める人物像)を意識できたか
・筆記試験対策もしっかり行ったか
・面接対策は万全だったか
・身だしなみや言葉づかいのマナーは守れていたか

中でも特に気をつけてほしいのは、企業側の視点を意識すること。
面接では、「会社にマッチする能力・人柄なのか」「正社員として働く覚悟や意欲があるのか」などをチェックされます。自分らしさを伝えるとともに、会社とどのようにマッチするかを説得力のある言葉で伝えられるように練習しておきましょう。

3.就職エージェントを活用する

「卒業までに時間がない」「1人での就職活動に自信がない」という場合は、新卒向けの就職支援サービスを活用してみるのがおすすめです。
特に就職エージェントでは、就活アドバイザーのアドバイスを受けながらの就活が可能。応募書類の添削や面接対策なども行っている場合があります。就職エージェントに興味のある方は、Webサイト上で探してみると良いでしょう。

▼関連記事
就職に失敗しそう!今すぐ逆転するための方法とは



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。