就職に有利な資格、実際どれくらい評価されるの?

このページのまとめ

  • 志望する業界や企業で役立つ資格は評価される
  • TOEICで求められるスコアは600点以上が目安
  • 経理や財務担当を目指すなら日商簿記
  • 不動産、建築、金融業界では宅建が役に立つ
  • パソコンスキルを証明するならMOS、ビジネスマナーなら秘書検定

履歴書には資格欄がありますが、就活では何かしらの資格を持っていた方が採用されやすくなるのでしょうか?
今回のコラムでは、多くの学生が疑問に感じる「資格は就職に有利か」という問題に迫ります。
役立つ資格の具体例もまとめたので、ぜひご覧ください。

資格があると就職に有利なのか?

資格が就職に有利かどうかは、その資格が志望する業界や企業で活かせるか否かによります。例えば運転免許を持っていても、内勤の事務職を受けるならあまり意味はありません。
反対に、英語を使う外資系企業ではTOEICのハイスコアがあると一定の評価を得られます。
資格を通して身につけた技能が入社後の仕事に役立つ時、資格は有利に働くと考えれば良いでしょう

ただし、新卒採用では最初からスキルが求められることは少なく、どちらかというとその人の人間性や志望意欲、会社との相性、ポテンシャルが評価されます。
ですので就活では資格ばかりを頼りにするのではなく、資格を含めた幅広いアピールが必要
資格自体だけでなく、資格をとろうと思った動機や勉強の過程を説明することで、向上心や熱意を伝えられます。

次項から就職で役立つ資格の例を紹介するので、ご参考にしてください。

▼関連記事
資格なしでも就活で勝つための心構えは?

英語力なら「TOEIC」

英語力をアピールするなら、やはり代表的な資格はTOEICです。最近はグローバルに事業を展開する企業が増えているので、TOEICは受験して損のない試験といえるでしょう
受ける企業にもよりますが、一般的な企業で評価されるスコアは600点から。外資系やエアラインなど、業務で英語を使う企業であればさらに高いスコアが求められ、TOEICスコアで足切りをするケースもあるようです。
就職後も、国際部門配属や海外赴任、海外出張の条件に一定のスコアが求められることもあり、そういった企業では英語は欠かせないスキルとなります。英語を使う仕事を希望するなら、就活中も語学の勉強を続けて入社までにさらなるレベルアップを目指しましょう。

幅広い業界で役立つ「簿記」

「簿記」とは、企業の経営活動を記録・計算し、経営成績や財務状況を明らかにする技能のこと
資格としては日本商工会議所による「日商簿記」が有名で、学んだ知識は経理や財務の仕事に役立ちます。
レベルは3級から1級まであり、3級は初歩的な商業簿記や青色申告書類の作成などができるレべル。ビジネスパーソンの基礎知識が学べ、経理以外の職種でも評価する企業が多くあります。
2級は財務担当者に必須といわれ、高度な商業簿記や工業簿記、財務諸表から経営内容が理解できるレベル。1級は公認会計士や税理士の登竜門といわれますが、新卒採用では3級があれば充分評価されるのではないでしょうか。

不動産といえば「宅地建設取引士」

宅地建設取引士、略して宅建は、不動産取引の専門知識を証明する資格。不動産の売買をする際には必ずお客さまへの詳しい説明が必要ですが、その際に重要事項を説明できるのは宅建の資格を持つ宅建士だけです。
不動産会社では事業所の規模に応じて決められた数の宅建士を置かなければならないため、宅建は不動産業界で常にニーズの高い資格。もちろん入社後に資格取得すれば問題ありませんが、資格があることで不動産業界への適性や熱意がアピールできるかもしれません。
また、大手の建設会社では物件の販売事業を手がけているところもあり、建築業界でも宅建は役立ちます。銀行や信用金庫においても融資業務には不動産の知識が必要になため、金融業界でも宅建をアピールできるでしょう。

パソコンスキルを証明する「MOS」

MOSとはマイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(Microsoft Office Specialist)の略で、ワードやエクセル、パワーポイントといったマイクロソフト社製品の使用スキルがあることを証明する資格です。
試験レベルは、ワードとエクセルでは「スペシャリストレベル(一般)」と「エキスパートレベル(上級)」の2つで、受験するソフトを普段から使っている人はエキスパートレベルからチャレンジするのがおすすめ
パワーポイントとアクセス、アウトルックはスペシャリストレベルのみになります。
マイクロソフト社のアプリは多くの企業で使用されており、業務中にパソコンに触る仕事であれば幅広く役立てられるでしょう。

ビジネスマナーが身につく「秘書検定」

正式名称を「秘書技能検定試験」といい、電話対応や冠婚葬祭、ビジネス文書作成、来客対応など、ビジネスのさまざまなシーンで役立つマナーや対応を学べます
秘書検定では感じの良い挨拶や振る舞い、言葉遣いを学べるので、検定で身につけた対応を就活の面接で活かすことも可能です。社会人に求められる常識を学生のうちに学ぶことは、自信につながり就活に良い効果を及ぼすかもしれません。
検定は3級、2級、準1級、1級があり、3級は高校生の受験者が多いよう。2級は3級より場面設定が複雑になり、準1級は中堅秘書レベルの内容です。1級では上司の行動を先読みしてサポートする上級秘書としての資質が問われます。

今の時代に欠かせない、IT関連資格

近年さまざまな業界がIT技術を導入しており、IT業界でなくてもIT知識が求められる時代になりました。
ここでは、IT業界を目指す人もそうでない人も知っておきたいIT系資格をご紹介していきます。

ITパスポート

ITパスポートは通称「iパス」と呼ばれる国家試験で、ITを利用する全ての社会人と学生に役立つ知識を学べる資格
「IT化が進む社会で活躍するパスポート」という意味合いを持っており、大学や高校でITパスポートのシラバスに沿った授業が行われたり、企業での人材育成に活用されたりしています。

基本情報技術者

IT業界への入門資格として知られる基本情報技術者。こちらもIT業界だけでなくIT化が進む多くの企業で評価される国家資格ですが、ITパスポートより一段レベルアップした内容で、情報セキュリティやデータベースなど幅広い知識を取得できます
学んだ内容はシステム開発やIT基盤の構築などで役立つでしょう。

応用情報技術者

受験者には基本情報技術者の合格者や現役のシステムエンジニアが多く、コンピューターとITに関する応用レベルの知識・技能が求められます。
情報システム系、ソフトウエア系企業への就職で有利に働くでしょう。

以上、就活に役立つさまざまな資格をご紹介しましたが、参考になる情報はあったでしょうか。
もし、「資格がなくて自信がない…」「資格が活かせる就職先を探している」という方がいましたら、キャリアチケットのアドバイザーに話をしてみませんか?
就職エージェントのキャリアチケットでは、経験豊富なアドバイザーがカウンセリングを行い、希望や適性に合った求人をご提案。応募書類の添削から面接対策の指導まで一貫してサポートいたしますので、1人での就活が不安な方も安心です。
サービスは全て無料なので、ぜひお気軽にご相談ください!

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!