看護学生が知っておくべき自己PRの作成ポイントとは?3つの例文で解説

このページのまとめ

  • 看護学生が自己PRを書く際は、志望する病院・施設が求める人物像に合わせた内容にする
  • 自己PRは結論から書き始め、看護学生生活で得た学びを具体的に述べると良い
  • ほかの看護学生とは違う、オリジナル性のある自己PRが印象に残りやすい
  • 自己PRと志望動機との違いを知っておくことで、自分の強みを的確に訴求できる

看護学生が知っておくべき自己PRの作成ポイントとは?3つの例文で解説のイメージ

看護師を志望するにあたって、自己PRは採用を左右する大事な項目です。実際、自己PRの書き方に悩んでいる就活生は多いでしょう。
効果的にアピールするポイントを知っておくことで、スムーズに自己PRを作成できます。このコラムでは、ほかの就活生に差をつけられる自己PRの書き方のコツを解説。サークル・看護実習・ボランティア活動と、エピソード別の例文をご紹介します。

自己PRから何を見ているのか

自己PRを通して採用担当者が見ているポイントは、「どのような人なのか」というシンプルなもの。看護学生の武勇伝を聞きたいのではなく、長所や人間性を知りたいのです。
だからといって、看護職に関係のないことを書き連ねても自己PRにはなりません。
自己PRは「求める人物像にマッチしているかどうか」の判断材料になるため、看護師として活躍できる題材をピックアップしてPRするのが効果的です。

自己PRの基本構成とは

自己PRでは、「読みやすく簡潔な文章を作ること」がとても大切。どれだけ優れた能力や人柄を持っていても、ただ闇雲に強みや学生時代のエピソードを書き出しては、要点が分かりづらい自己PRになってしまうので注意が必要です。
内容が同じでもどの順番で話を展開していくかによって、読み手が受け取る印象は大きく変わるもの。以下の3つのステップで書いていくと、スムーズに作成できます。

・結論
・エピソード
・まとめ

冒頭で結論を述べるのがポイントです。結論から書き出し、その後に具体的なエピソードを盛り込むと説得力のあるPRになります。
また、自己PRにおける「締めの言葉」は印象を大きく左右する重要な要素です。最後のまとめでは、「病院に貢献したい」「看護師として活躍したい」という前向きな意欲をしっかりアピールするようにしましょう。

▼関連記事
就活になぜ必要?企業が自己PRを求める理由と対策

看護学生が自己PRを書く時の3つのコツ

まずは、自己PRを書く際に意識しておくべきポイントを以下にまとめました。

1.具体的な体験・経験から得たエピソードをアピールする

自己PRは抽象的な話を書き連ねるよりも、具体的なエピソードが1つあるほうが印象に残ります。
ピックアップする内容は看護研修や委員会、ボランティアなど、看護に直結する経験でなくても大丈夫。印象的な経験からアピール内容を考えた方がインパクトもありますし、根拠のあるエピソードを示すことで説得力も高まります。

2.今までの学びを仕事にどう活かしていくかを伝える

ただ事実を述べるのではなく、「経験から得た強みが看護の仕事でどのように役立つのか」という部分をしっかりアピールすることが大切です。
採用担当者が自己PRを通して知りたいことのひとつは、病院が必要としている特徴を持っているか否かという点。志望先で実現させたいことを記載するのも好印象です。

3.長所は入社後のイメージが湧くように具体的に書く

自己PRは文章を読んだだけで、どんな長所を持っているのかが相手に伝わるように書く必要があります。「看護師としてどんな風に活躍できるか」「貴院にマッチした人材であること」を面接官にイメージしてもらいやすいように伝えることが重要です。
人間性も病院が求める人材とマッチすれば立派なアピールポイントになります。事前に求人情報などで、志望する病院がどのような人物を求めているのかをリサーチしておくと良いでしょう。

▼関連記事
自己PRが書けない!エピソードを見つけるコツとは?

看護学生が自己PRを書く時に注意すべき5つのポイント

次に、自己PRを書く際に気をつけるべきポイントについて解説します。

1.自己PRと志望動機を混同させない

自己PRと志望動機を書く際にありがちなのが、どちらも似たような内容になってしまうことです。各々で伝えるべきポイントが違うため、2つを混合させてしまうと質問の意図を汲み取れない人だと判断されかねません。
そうならないためにも、あらかじめ自己PRと志望動機との違いをしっかり理解しておきましょう。

自己PR

自分をアピールして売り込むためのもの。
今後の活躍をイメージさせる具体的なエピソードを伝え、自分の強みを的確に訴求する項目です。

志望動機

シンプルに志望した動機を伝えるためのもの。
応募先を選んだ理由の説明、就職後に何をやりたいのかを明確に伝える項目です。

したがって、自己PR欄ではこれまでの経験を通じて得た強み、看護感や仕事への思いなどを具体的に述べましょう。

2.ネガティブな表現は避ける

「看護師として仕事をしていくのは不安ですが、成長できるように頑張ります。」など、マイナス評価につながる表現は避けたほうが良いでしょう。
ネガティブなイメージが先行してしまうと、採用担当者に「看護師として本当に働けるのかな」と思わせてしまう可能性が高いです。

3.抽象的なフレーズは控える

自己PRでは抽象的な表現を使わずに、できるだけ具体的なエピソードを入れることが大切です。たとえば、「バイトの経験があるので、忍耐力には自信があります。」のみでは全体的に具体性が足りないため、読み手がイメージしにくくなっています。
文章を読んだだけで、どんな強みを持っているのかが伝わる文章に仕上げるのが望ましいです。

4.社会人として致命的な弱点は書かない

「丁寧な言葉づかいが苦手」「口が重い」などの短所を伝えてしまうと、社会人として致命的な欠点があると判断される恐れがあるので注意が必要です。
思わぬところでマイナス評価を受けないためにも、ビジネスマナーの基本を理解しておきましょう。

5.文章に一貫性を持たせる

自己PRを書く際、長所とエピソードに一貫性を持たせることが重要です。
たとえば、「楽天的な性格なので、仕事においても慎重に行動できます。」といった文章では、楽天的な性格と慎重な行動できるという2つの主張にズレがあり、何が言いたいのか伝わりません。
文全体を見直す時には、それぞれの整合性を確認するようにしましょう。なお、自分で分からないと感じた場合は、1度ほかの人に読んでもらうのもおすすめです。

内容別!看護学生向け自己PRの例文集3選

看護学生が参考にできる自己PRの例文を、以下にアピールポイント別でまとめています。

サークル活動を自己PRに書く場合

「私の強みは傾聴力であると考えています。大学入学時から所属しているテニスサークルで、私は文化祭の実行委員を担当していました。
文化祭に関わる全メンバーの意見を聞きまとめながら、提案や改善策を指示していました。メンバーからでた前向きな意見をきちんと汲み取れているのか、新しいアイデアを形にできているのかと不安に思うことも多かったのですが、最終的にみんなが納得する楽しい文化祭をつくれたことが嬉しかったです。
御院に入職したあとも傾聴力を発揮し、チームワークを大切にしながら活躍していきたいと思っています。」

努力・行動したプロセスを具体的に述べることで、「周りに積極的に働きかけていく真摯な姿勢」が伝わり、あなたが感じた困難について面接官が共感しやすくなります。
印象に残りやすい自己PRにするためにも、「結果を出すためにどんな努力をしたのか」という部分はしっかり伝えるようにしましょう。

看護実習経験を自己PRに書く場合

「私の長所は周りを明るくする笑顔です。私はどんなときもポジティブな気持ちに切り替えることができます。
看護実習では患者様との関わり含め、初めてのことばかりで悩むこともありましたが、常に笑顔で接することを心がけていました。その結果、患者様から「頑張ってね」「ありがとう」といった言葉を掛けていただくようになり、少しずつですが自信につながりました。
なによりも笑顔で過ごしていることで、自分自身が元気になれたり、明るい気持ちになることができました。この強みを看護師になってからも活かして、どのようなときも笑顔を絶やさず、穏やかな対応を心がけたいと思います。」

大事なのは「あなたの長所が仕事でどう役立てられるのか」を伝えること。ただ長所をアピールするよりも、将来に向けた話をすることで、「今後の可能性」に希望が持てる自己PRにできます。

ボランティア活動を自己PRに書く場合

「私の長所は、思いやりを持って行動できることです。私は、大学入学時から老人ホームでボランティア活動をしていました。はじめは慣れないことばかりで戸惑いもありましたが、どんなときも笑顔を絶やさず、自らダブルチェックをするようにしていた結果、施設スタッフの方や入居者様から信頼を寄せることができました。また、最後の日には手作りの寄せ書き色紙をいただけたことも嬉しかったです。御院に入職してからも、どんな事も疎かにせず、丁寧に向き合って取り組んでいきたいと思います。」

「ホスピタリティ」は、医療従事者を目指している人に求められる要素の1つ。例文のように業務上必要となる要素を調べ、それを長所としてアピールするのも効果的です。
採用担当者から高い評価を得るためにも、「自分の強みや長所が志望する病院・施設にマッチするのか」という観点で自分を売り込むと良いでしょう。

▼関連記事
自己PRでボランティア経験を伝えるコツ!行動力や積極性はアピール可能?

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする