面接で何をアピールする?自己PRのコツ

このページのまとめ

  • 自己PRは企業にアピールするチャンスであるが、苦手に思う人も多い
  • 企業は自己PRを通して人柄や自社との相性、プレゼン能力などを見ている
  • 自己分析と企業研究をした上で、応募先企業で活かせる強みをアピールすることが最も効果的
  • 抽象的な表現が多く、まとまりのない話はアピールポイントが伝わりにくい

面接とは、企業が就活生と自社の相性を見極める場。また、就活生にとっては、志望する企業に自分をアピールできる場でもあります。
しかし、「何をアピールしたら良いかわからない」「目立った長所やアピールできるほど大きな経験がない」など、「自己PRが苦手」だという人も多いようです。

当コラムでは、自己PRの目的や効果的なアピールのコツなど、自己PRについて解説。
自己PRに苦手意識のある方は、こちらのコラムを読んで克服しましょう。

 

24卒の就活について相談したい

 

自己PRの目的とは

何をアピールするべきか分からない、アピールできるような長所や経験が思い付かない、という方も多いようです。
そこでまずは、企業側がなぜ自己PRを求めているのか、目的を知りましょう。
企業は自己PRを通して下記のようなことを判断しています。

・学生の人柄
・自社との相性
・自社で活かせそうな仕事の能力
・入社意欲
・コミュニケーション能力
・プレゼン能力

企業側が自己PRによって就活生の何を見ているのかを理解できれば、何をアピールすれば良いのかが分かりやすくなるでしょう。

▼関連記事
面接の自己PRではなにを伝える?企業が求める内容とは

 

24卒の就活について相談したい

 

効果的な自己PRとは?

企業が面接の自己PRで見ている点は上記の通りですが、さらに効果的にアピールするためにはどうしたら良いのでしょうか?

自己PRでは、応募先の企業で活かせる強みをアピールすることが最も効果的です。
そのためには、自分を知るための自己分析と企業を知るための企業研究が必要不可欠と言えるでしょう。自分がどのような人物か知らなければ企業にアピールすることは難しいですし、企業を知らなければどのような強みが必要なのか判断できません。

また、自己PRでは、自分の強みや経験のなかから、企業の求める人物像にマッチするものをピックアップしてアピールすると良いでしょう。
自己PRをする際の流れとしては、最初に結論(強み)→裏づけとなる具体的なエピソード→仕事でその強みをどう活かせるのか述べる、というものが基本的です。だらだらと話をしてしまうと、要領を得ないものになってしまいます。

自己PRに使うエピソードは華々しい経験や成功体験ではなくても良く、失敗談でも構いません。
企業は実績そのものではなく、物事に対してどのように取り組んだのかという姿勢、失敗から何を学んだのかが大切であると考えているからです。

▼関連記事
自己PRで長所をアピールする大事なポイントは?やり方や例文もご紹介

 

24卒の就活について相談したい

 

こんな自己PRは響かない!

上記とは反対に、面接官にあまり響かない、アピールポイントが伝わにくい自己PRについてもご紹介します。

抽象的な言葉が多い

経験を話す際に「一生懸命頑張った」「努力した」などの言葉を使う人が多いですが、具体的にどのように頑張ったのか、どのような工夫をしたのかを説明しましょう。そのほうが分かりやすく、強みが伝わりやすい表現と言えます。

話にまとまりがない

前述したように、だらだらと長く話しても要領を得ず結論の分からない話になってしまいます。
また、自己PRのなかに強みが複数あって、要点がぼやけた話になっている場合も注意。色々な強みを詰め込んでもどれが1番のアピールポイントなのか分からず、結局は面接官の印象に残りにくい自己PRになってしまうでしょう。
自己PRに盛り込む強みは1つに絞るのが無難です。

▼関連記事
自己PRの悪い例から学ぶ!就活で失敗しない自分のアピール方法とは

 

24卒の就活について相談したい

 

自己PRに悩んだらキャリアチケットに相談を

自己PRが苦手、何をアピールすれば良いか分からない、面接でいつも失敗してしまう…このようなお悩みをお持ちの方は、第三者に相談してみることもひとつの手段です。

キャリアチケットは新卒に特化した就職支援サービス。カウンセリングから面接対策、あなたに合わせた求人のご提案など、専任のアドバイザーが幅広く就職活動を支援します。
ほかにも、就職活動に関するお悩み相談なども実施。就活でお悩みの方は、ぜひキャリアチケットにご相談ください。

 

24卒の就活について相談したい

   

本記事の監修者

淺田真奈(あさだまな)

大学時代は接客のアルバイトを3つかけもちし、接客コンテストで全店1位になった経験をもつ。新卒では地方創生系の会社に入社をし、スイーツ専門店の立ち上げからマネジメントを経験。その後、レバレジーズへ中途入社。現在はキャリアチケットのアドバイザーとして、学生のキャリア支援で学生満足度年間1位と事業部のベストセールスを受賞し、リーダーとしてメンバーのマネジメントを行っている。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。