自己PRは何を書けばいい?就活で評価される自己PRの書き方

このページのまとめ

  • 自己PRは「企業が求める人材にマッチしている」ことをアピールするために書く
  • 自己PRには「経験」「強み」「仕事での活かし方」を書く
  • 自己PRに何を書くかわからない人は自己分析から始めてみるのがおすすめ
  • 自己PRは何を書くか内容も大事だが、読みやすさにも配慮すべき
  • 何を書くか悩んだら、企業のニーズを確認する

自己PRは何を書けばいい?就活で評価される自己PRの書き方のイメージ

自己PRに何を書けばいいのかと悩んでいる就活生は多いのではないでしょうか?このコラムでは、自己PRに書くべき内容と、その書き方について紹介します。また、内容以外に気をつけるべき「読みやすさ」にも触れていますので、参考にしてください。効果的な自己PRを書くためのステップや例文を見ながら、自分なりの自己PRを書いてみましょう。

履歴書の自己PRは何のために書く?

自己PRは「企業が求める人材にマッチしている」ことをアピールするために書きます。学生は社会人経験がないため、「学生時代の経験」「経験の中で活かした強み」「強みを仕事にどう活かしたいか」を書いて、企業が求める人材といかにマッチしているかをアピールしましょう。

自己PRに書く内容は?

自己PRには自分の強みを裏付けるための具体的なエピソードを書きましょう。面接官はエピソードを元に「企業が求める人材にマッチしているか」を総合的に判断します。

学生時代の経験

学生時代に経験した部活やアルバイトなどのエピソードを具体的に書きましょう。「特別な経験がない」「印象的なエピソードがない」と悩む方が多いようですが、大事なのはあなたの価値観や考え方が伝わることです。「なぜそのような行動を取ったのか」「その経験から何を学んだのか」に重点を置き、学生時代の経験を振り返ってみましょう。

強み

学生時代の経験で強みをどう活かしたかを書きましょう。「私の強みは◯◯です」と伝えるだけでは分かりにくく、評価されない可能性があります。エピソードの中に強みを活かした行動や、周囲の人から言われた言葉などを交えて、アピールする強みの信憑性を高めましょう。

強みを仕事でどう活かしたいか

アピールする強みは企業が求める人材とマッチしている必要があります。どんなに素晴らしい強みであっても、企業のニーズに合っていなければ評価してもらうのは難しいもの。入社後に活躍できそうだと思ってもらえるよう、自分の強みが仕事にどう活かせるかをアピールしましょう。

▼関連記事
どんなアピール要素を盛り込む?自己PRの書き方

自己PRの書き方ステップ

この項では、自己PRをどのように書き進めたら良いのかを説明します。何から書けば良いのかわからないという方は参考にしてください。

自己分析をする

自己分析をして自分の長所・短所や価値観を洗い出し、自己PRでアピールする「強み」を見極めましょう。これまでの経験を振り返り、モチベーションが上がるパターンや、失敗したときの対処法などを書き出してみるのがおすすめです。

他己分析をする

自分の長所・短所を複数の人にヒアリングし、客観的に自分を分析しましょう。他己分析によって、自己分析では気づかなかった自分の特性を発見できることがあります。主観的になりがちな自己分析の修正にもつながるため、ぜひ他己分析を行いましょう。

具体的なエピソードを書く

自己PRにはアピールする強みの根拠となる、具体的なエピソードが必要です。エピソードの内容によって強みの説得力が決まります。自分の強みが最も伝わるエピソードを選び、あなたがどのような人なのかが分かるように書きましょう。

入社後にどう活かせるかで締める

最後に、自分の強みが仕事でどう活かせるかを書きます。最後を「入社後の活かし方」で締めると、面接官が「自社でどのように貢献できるか」をイメージしやすくなるため効果的です。

▼関連記事
自己PRの内容は内定を左右する!書き方や注意点を例文つきで解説

読みやすい自己PRにするためのコツ

自己PRは内容だけでなく、読みやすさにも気を配る必要があります。せっかく内容が良くても、読みにくいと最後まで読んでもらえない可能性も。内容以外の理由で落とされることがないよう、レイアウトや誤字・脱字、文字数への配慮も忘れないようにしましょう。

レイアウトに気をつける

自己PRを一目で分かりやすくするために、レイアウトに気をつけましょう。文章がダラダラと続き、要点が分かりにくいレイアウトでは内容が伝わりにくくなります。「段落分けをする」「箇条書きを利用する」「強調したい文字に下線を引く」などの工夫が有効です。

誤字・脱字に注意

自己PRでは誤字・脱字に注意しましょう。自己PRに誤字・脱字が見られると、「ビジネスマナーが守れないのでは?」と不信感を抱かれてしまう恐れもあります。また、誤字・脱字が複数箇所に見られる場合は、入社意欲が低いと判断されることも。特に、事務や経理などの正確性が求められる職種を志望する際は注意が必要です。自己PRは最後に一通り見直し、できれば第三者にチェックしてもらいましょう。

文字数を意識

読みやすい自己PRにするため、文字数を意識しましょう。小さい文字がびっしりと詰まった自己PRは読みにくく、相手への配慮がないと思われてしまいます。また、簡潔にまとめる能力がないとマイナス評価にもなりかねません。一方で、文字数が少なすぎると入社意欲が低いと見なされる可能性があります。指定の文字数、または記入欄の7~8割程度を目安に書きましょう。

▼関連記事
学生必見!自己PRの書き方を例文つきでご紹介

自己PRの例文

このコラムで述べた「自己PRの目的」や「書くべき内容」を踏まえた例文を紹介します。最初に結論を書き、次にエピソード、最後は仕事での活かし方という流れで書くと良いでしょう。

「行動力」をアピールする自己PR例文

「私の強みは『行動力』です。私は大学2年の時に海外インターンを経験しました。私は将来、国内だけでなく世界をマーケットにした仕事がしたいと考えています。そのために必要なことは『語学力の向上』と『視野の拡大』だと思いました。その2つを効率的、かつ実践的に習得できる方法が海外インターンだと考え、南アフリカ共和国のベンチャー企業で働くプログラムに参加しました。インターン先では積極的に意見を述べることで多くのフィードバックを受け、自分の常識とは違う考え方・やり方に触れることが視野の拡大につながりました。また、日本語を使わない生活が2ヶ月続いたことで語学力も向上しました。この経験から、失敗を恐れずに行動することが目標達成のためには重要であることを改めて学びました。また、大きな挑戦は自信となり、次の行動につながることも実感しました。この強みはスピードが求められるビジネスにおいても活かせると考えております。」

自己PRは「学生時代の経験」「経験の中で活かした強み」「強みを仕事にどう活かしたいか」の3点を押さえて書きます。行動に至ったプロセスと、経験から学んだことも大事なポイントです。最後は「仕事での活かし方」で文を締めると、面接官が入社後の貢献をイメージしやすくなります。


▼関連記事
新卒なら知っておきたい履歴書の自己PR欄の書き方!作成のポイントと例文で解説

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!