就活で使える自己PRの極意と例文

このページのまとめ

  • 自己PRからポテンシャルや企業との相性が評価される
  • 自己PRをつくる前に企業が求める人物像を理解する
  • 根拠となる具体的なエピソードを入れる
  • 強みは1つに絞って結論から書き出す

自己PRはどんな企業でも求められる、就活で必ず攻略しておきたい項目です。
今回のコラムでは、企業が自己PRを重要視する理由と、効果的な自己PRのつくり方をお教えします。
例文も掲載しているので、自己PRに悩んでいる人必見です!

就活で自己PRが大切な理由

就活中はどの企業でも必ずといって良いほど自己PRを求められます。自己PRは志望動機と並ぶ定番項目であり、内定を目指すなら対策は必須。
回答の自由度が高いため、自分を売り込むチャンスです。

企業が自己PRを求める主な理由は、「学生のポテンシャルを知りたい」「人柄を知りたい」「自社との相性を知りたい」というもの。
新卒はキャリアがないため、中途のように仕事の実績や実務的なスキルで評価することができません。そこで企業は自己PRを通して、「この学生は入社したらどんな風に活躍してくれそうか」をイメージします。
自己PRからは学生の人柄や価値観、考え方を知ることもできるので、企業にとっては学生を知る大切な材料になるのです。

また、自己PRからは学生と会社の相性もチェックされます。例えば、営業職の募集に対して「行動力がある」というアピールをする学生がいたら、「次々と新規開拓してくれそう」という期待が持てます。
反対に、その職種や企業の風土に合わない自己PRをすると、それが強みであっても評価が下がる可能性が。
例えばチームワークを求める企業で、「スタンドプレーが得意で何でも自分で判断できる」と言っても、「うちには合わないな」と思われてしまうでしょう。

自己PRに悩んだ時は、「入社後の活躍が想像できる内容にすること」を意識してください。

▼関連記事
自己PRの例文をポイント付きで解説!効果的に伝えるコツとは
 

 

企業に響く自己PRのつくり方

企業に「この学生は違う」と思わせる自己PRにするには、どんな点に気をつければ良いのでしょうか?
そのポイントを見ていきましょう。

企業が求める人物像を理解する

ご説明したとおり、自己PRでは企業が求める性質や強みをアピールすることが有効です。企業のWebサイトや会社説明会、OB訪問などから情報収集し、「どんな人材が求められているか」を把握しましょう。
強みがいくつかある場合、その企業で最も役立てられる能力をアピールしてください。

具体的なエピソードを入れる

いくら「私の強みはコミュニケーション能力が高いことです」とアピールしても、客観的な裏づけがなければ信じてもらえません。強みを示す時は必ず裏づけとなるエピソードを入れ、誰が聞いても納得できる内容に仕上げましょう。
エピソードの書き方に迷ったたら、以下の流れを参考にしてください。

〈エピソードの流れの例〉

なぜその活動をしようと思ったのか
 ↓
どんな困難にぶつかったのか
 ↓
課題に対してどう対処したか
 ↓
行動した結果はどうだったか
 ↓
一連の経験から何を学んだのか
 ↓
その経験を入社後どう活かせるのか

強みは1つに絞る

志望度が高い企業ほど、あれもこれもとアピールしたくなるかもしれませんが、アピールする強みは多くて2つ、できれば1つに絞りましょう。
強みが多いとかえって印象に残らなかったり、要点がぼやけて「結局何が言いたかったの?」と思われたりする恐れがあります。
企業が求める人物像を自分なりに把握し、最も効果的だと思える強みを伝えてください。

結論から書き出す

「私の強みは○○です」という風に、結論から述べることで相手に伝わりやすくなります。冒頭で簡潔に結論を述べた後、具体的なエピソードを説明していきましょう。

▼関連記事
自己PRは構成が大事?効果的にアピールできる書き方と例文
 

就活に使える自己PRの例文

ここではアピールしたい強み別に例文をご紹介するので、話の流れを参考にしてください。

リーダーシップ

私の強みは周りを引っ張るリーダーシップです。
大学では登山サークルの部長をしていますが、行き先や1日の計画を決める時は必ず全員の意見を聞き、自分だけの考えで方針を決めないように意識しています。意見が割れた時は双方が妥協できる案を考え、なるべくメンバー全員が納得できる結果になるよう努めています。その結果、私が部長になってからは毎月の登山に参加してくれるメンバーが増え、皆で楽しく活動できるようになりました。
この経験を活かして、入社後は周りの意見に耳を傾けながらプロジェクトを進めていきたいと思います。

向上心

私の強みはどんな状況でも自分の興味分野を追求し、能力を高めようと努力することです。
私は昔から国際的な仕事に興味があり、高校時代から英語の勉強に力を入れてきました。大学では語学留学をする予定でしたが経済的な理由で叶わず、それなら日本でできることをしようとオンラインで海外の人と会話し、留学生を支援するボランティアサークルでの交流を通して、語学や異文化についての理解を深めました。
入社後は今までに身につけた語学力、そして何事にも納得できるまで取り組む向上心を活かして、貴社に貢献していきたいと思います。

継続力

自分が決めたことを途中でやめないことが私の強みです。
中学から始めたマラソンは高校、大学と週3日以上続けており、毎年走るフルマラソンのタイムは年々良くなっています。また、大学1年生の頃から趣味のプログラミングを題材としたブログを毎日更新し、今では毎日300人以上の人がアクセスしてくれるようになりました。
物事を継続することの凄さは、小さな積み重ねが大きな成果につながり、自分を成長させてくれることです。
社会人になったら仕事においても継続を大切にし、成果につなげていきたいと思います。


自己PRの例文をご紹介しましたが、自分オリジナルの文章が書けそうでしょうか?
自己PRは誰もが驚くような実績や、人に自慢できるような経験がなくても大丈夫。日々の行動や感じたこと、日常の中でのちょっとした能力を自分の言葉で伝えれば、立派なアピールになります。

▼関連記事
自己PRの書き方例を紹介!アピールポイント別の例文つき

「自己PRに使える強みがない」
「自分が考えた自己PRに自信がない…」
そんな方は、新卒支援のキャリアチケットでプロのアドバイスを受けてみませんか?
キャリアチケットでは専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、就活の不安を解消します。
また、ご希望や適性をもとにしたプロ目線での求人提案をするので、1人で就活するより効率的!
応募先が決まったら、書類の添削や模擬面接で内定までをバックアップいたします。キャリアチケットを使った場合の選考通過率は、1人で就活した場合の1.39倍。
相談だけのご利用も歓迎しているので、ぜひお気軽にご登録ください。

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする