自己PRと志望動機は何が違うの?企業に伝わる書き方のコツと例文

このページのまとめ

  • 自己PRと志望動機には明確な違いがある
  • 自己PRでは「自分の強みを応募企業でどう活かせるか」を伝える
  • 志望動機は「自分がなぜ応募企業を選んだか」を伝える
  • 自己PRと志望動機は企業のニーズを意識して作成する
  • 自己PRと志望動機には一貫性を持たせる

自己PRと志望動機の違いに悩み、なかなか作成できないという方もいるかと思います。どちらも就職活動で必要な項目ですが、改めて問われると戸惑ってしまうかもしれません。そんな時は、情報収集から始めてみるのも1つの手だと言えるでしょう。このコラムでは、自己PR・志望動機それぞれの意味を理解し、内定につながりやすい書き方をご紹介します。

自己PRと志望動機は違う内容にする

自己PRと志望動機には明確な違いがあります。それぞれの内容を以下にまとめました。

自己PRでは「自分のスキルや経験で企業にどう貢献できるのか」を伝える

自己PRは、経験やスキルに裏づけされた自分の強みを企業に伝える項目です。入社後の活躍を期待できる人材だと企業に印象づけることができれば成功だと言えるでしょう。大それたことでなくても、自分が懸命に身につけてきたこと、乗り越えてきたことを具体的に書き出してみてください。自分の持つ技術や経験は企業で活かせるとアピールすることが重要です。

志望動機では「入社の決め手や入社後に実現したいこと」を伝える

志望動機は、入社したいと思う理由を企業に伝える項目です。志望動機を通して、採用担当者は応募者の熱意や企業への理解度を見定めようとしています。自社へのこだわりを持つ応募者であれば、入社後も意欲を持って業務に取り組むと考えられるためです。企業に関するリサーチは充分に行い、理念や方向性をしっかり理解しておくように努めましょう。また、入社後に実現したい自分のビジョンも伝えて、積極性をアピールすることも必要です。

自己PRの書き方

ここでは、自己PRの書き方についてご説明します。

企業のニーズに沿った強みで相手の興味を引く

自己PRは、自分の経験やスキルが企業のニーズに合っているかが重要になります。企業の求める人物像に合致していると判断されれば、内定の可能性も高まるためです。活かせる資格や際立った経験は積極的に記載しましょう。そのような経験やスキルを思いつかないという方は、忍耐力や協調性といった人間性をアピールする方法も有効です。具体的なエピソードや過程も説明すると説得力が増します。また、自分のスキルや経験を企業でどう活かせるか伝えることで、より相手に響く内容になるでしょう。入社後のあなたを想像しやすくなり、企業の関心や共感へとつながるはずです。

▼関連記事
例文あり!就活を乗り切る自己PRの作り方

志望動機の書き方

次に、志望動機の書き方についてご説明します。

志望理由を明確化し企業を納得させる

志望動機を書く上で常に心に留めておきたいことは、「なぜこの企業に入社したいのか」ということです。相手に「この応募者は他の企業でも問題ないのでは」と思わせてしまう内容では、動機として不十分だと言えます。就職活動では、何社も応募することはあり得ることでしょう。しかし、どの企業でも通用してしまう志望動機では他の就活生に埋もれてしまう可能性があります。同じ企業は1つもないと考えて、個別の企業に合わせた志望動機を作成しましょう。
方法として、企業のHPから求人資料まで、得られる情報にはできる限り目を通すことをおすすめします。自分で見つけた企業の魅力や特徴を志望動機と関連づければ、真実味のある内容になるはずです。また、自身の入社後のビジョンをしっかり書くと、前向きな姿勢のアピールにつながって入社への熱意が伝わりやすくなるでしょう。

▼関連記事
志望動機が書けない!悩んでいるあなたにコツをご紹介

自己PRと志望動機につながりをもたせることが重要

ここまで、自己PRと志望動機の違いや書き方について説明してきました。それぞれの意味を理解した上で押さえるべきポイントがあります。それは、自己PRと志望動機につながりを持たせるということです。
極端な例ですが、自己PRに「単調な作業を黙々とこなせる」と書いてあるのに、志望動機には「企画力で会社に貢献したい」と書いてあったとします。この場合、企業は応募者の人物像をイメージしにくくなってしまいます。たとえ、自分の認識では一貫性がある内容だとしても、他者から見るとつながりが分かりにくいということもあります。自分の文章が相手にどのように伝わるかを想像しながら作成しましょう。

自己PRと志望動機の例文3選

実際にパターン別の自己PRと志望動機の例文をいくつかご紹介します。ぜひ参考にしてください。

1.アルバイト等で経験のある業種に応募する場合

・自己PR
私は、学生の頃にファミリーレストランで2年間働いていました。
その期間の実務経験と、身につけた柔軟な対応力が私の強みです。
レストランには幅広い層のお客様が来店されるので、マニュアル通りの動きをするだけでは全てのお客様に対応できませんでした。
私は天候に応じたホール内の環境整備やお子様連れの座席などに常に気を配っていました。
メニューだけでもお客様によって食事量や調味料のご希望があり、状況に応じた対応が必要でした。また、季節のおすすめやアレルギー食材を把握しておくことで、お客様に聞かれたらスムーズにお答えできるよう努めていました。そうした接客を続けていく中で、お客様から「ありがとう」と言って頂けることが増え、今はこの業界で働くことにやりがいを感じています。経験で得たスキルを活かし、お客様が再度来店したくなる接客を心がけ、貴社に貢献したいと考えております。

【ポイント】
・自分の経験やスキルを述べている
・スキルが身につくまでの過程や工夫を具体的に説明している
・仕事の成果を明確に伝えている
・自分のスキルを企業で活かせることをアピールしている

・志望動機
何度か貴社のレストランを利用するうちに、自分もいつかここで働きたいと思うようになりました。スタッフの方々の洗練された身のこなしと細やかな気配りによって、毎回幸せな時間を過ごすことが出来たためです。私も接客を通じてお客様を幸せにしたいと考え、貴社を志望いたしました。「お客様の視点に立ち、最高の空間を提供する」という企業理念も私の目指すものです。
学生時代の経験を活かし、できるだけ早く現場に慣れ、即戦力になれるよう努めます。学ぶ姿勢を持ち続けて、より良いおもてなしをお客様に提供できるよう成長していきたいと考えています。

【ポイント】
・自分が感じた応募企業の魅力を伝え、志望理由を明確化している
・志望業種への熱意が伝わる内容を含んでいる
・入社後のビジョンを持っている

2.未経験の業種に応募する場合

・自己PR
私は人と関わる仕事が好きで、学生時代に営業職のインターンシップに従事していました。
自分の強みは、その経験から培ったヒアリング力だと思います。
インターンシップでは強引な営業活動は行わず、お客様の声に耳を傾ける姿勢を大切にしていました。会話中のふとした一言や表情にも注視し、疑問に感じたことはお客様にできるだけ聞くように心がけました。その結果、お客様が求めていた以上のサービスの提供につながり、お客様満足度で1位を頂くことが出来ました。人とのコミュニケーションが欠かせない介護という現場でなら、その経験を活かせると考えております。貴施設のご利用者様はもちろん、そのご家族や他職種の方々とも信頼関係を築いていけるよう努めます。

【ポイント】
・志望業種に合った経験やスキルを選んでいる
・仕事への姿勢や客観的な評価を盛りこんでおり、説得力がある
・企業担当者が応募者の経験に期待したくなる書き方ができている

・志望動機
祖母の在宅介護の経験が、この業界に興味を持ったきっかけです。昨年祖母は他界しましたが、介護士さんやケアマネジャーさんには大変お世話になりました。家族だけでは戸惑うことも多かったので、その存在が有り難く、介護という仕事の必要性を実感いたしました。今度は私が介護で悩む方々の力になりたいと思っております。
貴施設は「ご利用者様を尊重した介護」を理念に掲げており、私もそのような介護に携わりたいという思いから志望いたしました。地域の理解が得られるような介護施設を目指して、交流イベントを盛んに行っている点も魅力です。
インターンシップで培ったコミュニケーション力を活かして、ご利用者様に寄り添った介護ができるよう努力いたします。将来的には、介護福祉士の資格取得にも積極的に取り組んでいきたいと考えております。

【ポイント】
・志望動機が明確で受け手が納得しやすい
・未経験業種を志望する理由に具体性がある
・入職後のポジティブなビジョンが描けている

3.経験したインターンシップやアルバイトの数が多い場合

・自己PR
私は今まで、「人と接すること」にこだわって仕事をしてきました。人と関わることが好きで、店舗販売や個人営業、内勤営業でのアルバイト経験があります。それぞれの現場で異なる客層に触れ、営業のすべを身につけられたことが私の強みです。
個人営業や内勤営業では主にアポイント業務を任されていました。始めは思うようにいかず苦労しましたが、慣れた手法に固執せず、相手のニーズに応えるアプローチやトークの仕方を工夫し続けました。結果的に、どちらもアポイント成立件数の1位を記録することができました。
法人を相手とする貴社におきましても、経験で培った自分の分析力とプレゼンテーション能力を活かして即戦力になりたいと考えております。

【ポイント】
・バラバラに見える経験に一貫性を持たせている
・様々な職場での経験に基づいたアピールポイントを押し出している
・スキルを裏づけするような実績を伝えている
・企業に即戦力になる人材だと印象づけている

・志望動機
私にとって営業職は、ずっと従事していきたいと思える職業です。いくつかのアルバイトを経験してきた中で、より大きな事業を通して多くの人の生活課題に取り組める法人営業に興味が湧きました。
貴社の新しい事業は、人々の暮らしを便利にすると確信しております。貴社の目標である「人を喜ばせる」は自分の営業活動の原点であり、私もそのサービス拡大に携わりたく志望いたしました。今までは様々な営業経験を積むため複数のアルバイトを経験しましたが、今後は一つの場所に長く在籍することで、自身の能力を高めたいと考えております。
これまでの経験を活かし、相手が求めていることの本質を見極め、その需要に応えることで信頼関係を構築してまいります。顧客の課題解決に向けて邁進し、貴社に貢献したいと考えております。

【ポイント】
・志望動機が前向きで説得力がある
・志望企業に長く勤めたいと意思表示している
・ビジョンが一貫しており、企業に安心感を与える

応募者の自己PRと志望動機には企業側も期待と関心を寄せています。これらの項目は企業に自分をアピールできる良い機会だと考え、妥協せずに取り組む姿勢が大切です。じっくり自己分析を行うとともに企業への理解を深め、自分なりの文章を書けるように努めましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!