志望動機書の書き方はどうする?テンプレートやポイントを解説!

このページのまとめ

  • 志望動機書とは、志望理由をまとめた書類のこと
  • 志望動機書で採用担当者の心をつかむには、企業が求める人物像を知ることが大切
  • 志望動機書の作成方法は、手書きでもパソコンでもOK

志望動機書の書き方はどうする?テンプレートやポイントを解説!のイメージ

「志望動機書はどうやって書けばいい?」「どんな内容が必要?」などと悩む就活生もいるでしょう。就活では履歴書やエントリーシートに加えて、志望動機書の提出を求める企業もあります。書き方を学び、必要な場面に備えて準備しておきましょう。

この記事では、志望動機書のテンプレートや書き方を解説しています。評価される内容にするためにも、書き方のポイントをおさえておいてください。

志望動機の書き方について相談したい

   
目 次

志望動機書とは志望理由についてまとめた書類

志望動機書とは、応募先の企業を志望する理由についてまとめた書類です。「なぜその企業を選んだか」「なぜその職種を志望するのか」などの志望動機を記載します。新卒選考でも提出を求められる機会があるため、書き方を知っておきましょう。

志望動機書の特徴は、履歴書や職務経歴書に書く志望動機よりも、より詳細に記載できる点です。入社意欲をアピールできるいい機会のため、充実した内容にしてください。

志望動機書を書くには、志望動機を作っておくのが欠かせません。「就活を乗り切る!志望動機の書き方と例文」を参考に準備を進めておきましょう。

志望動機の書き方について相談したい

 

志望動機書が就活で重視される理由

志望動機書が就活で重視されるのは、志望度の高さや企業へのマッチ度を確認するためです。評価される志望動機を考えるためにも、どのような点が重視されているのか知っておきましょう。

志望度の高さを確認するため

志望動機書からは、就活生の企業に対する志望度が見られています。企業は志望度の高い就活生を採用したいと考えているからです。

具体的には、「企業に対する理解の深さ」「入社意欲や熱意」で判断されているので覚えておきましょう。もし、企業に対する理解が進んでいない場合には、企業研究を行うのが重要になります。

企業研究の進め方を知りたい就活生には、「就活を円滑に進める「企業研究」って? ポイントを解説!」の記事がおすすめです。

会社の社風や業務にマッチするか確認するため

志望動機書では、会社の社風や業務に合う人材かどうかも確認されています。志望動機がよくても、企業とあわなければ早期退職につながってしまうからです。

採用担当者は志望動機書を通して、「入社後に従業員とコミュニケーションをとれるか」「業務に必要な能力を持っているか」などを見ています。企業の求める人物像を把握し、企業にあわせたアピールができるように準備しておきましょう。

志望動機の書き方について相談したい

 

志望動機書のフォーマットやサイズ

志望動機書は、履歴書や職務経歴書とは違い、決まったフォーマットはありません。企業から指定がない場合、自分がアピールしやすいように作るのがおすすめです。

ただし、サイズについては読みやすいように、A4サイズ1枚でまとめてください。手書きの場合はA4のレポート用紙、パソコンの場合はA4のコピー用紙で作成するといいでしょう。

手書きで作成する場合

志望動機書を手書きで作成すると、入社意欲が伝わりやすいのでおすすめ。手書きの場合は、採用担当者に人柄が伝わり、好印象になりやすいともいわれています。

しかし、手書きで志望動機書を書く場合、時間がかかるのはデメリット。また、誤字脱字は最初から書き直しになるため、手間が増える問題もあります。

応募する企業の社風にあわせて、手書きで書くかPCを使うか選択するといいでしょう。

PC入力の場合

PCを使えば、誰でも読みやすい志望動機書が作成できます。読みやすさは採用担当者からの評価も上がるので、文字のきれいさに自信がないならPCでの作成もおすすめです。

また、作成したデータを保存でき、他の企業で志望動機書の提出が求められた場合に活用できるのもメリット。IT企業やPCを使う企業などでは、PCスキルのアピールにつながります。

履歴書や職務経歴書などの応募書類については、手書きかPC入力かは迷いやすいポイントです。もし、どちらにするか迷った場合には、社風や組織風土によって書き方を選択しましょう。

履歴書や職務経歴書などの応募書類の書き方については「就活の応募書類は添え状でレベルアップをしよう!書き方のコツや例文を紹介」をぜひ参考にしてください。

メールで送る場合はPDFで送信する

志望動機書をメールで送る場合は、ファイル形式をPDFにしておきましょう。PDFであれば、他者に内容を変更される心配がありません。

また、PDF形式の場合、印刷しやすい点もメリット。紙で志望動機書が必要になる場合でも、すぐに印刷できます。

ExcelやWordで作成した志望動機書も、PDF形式に変換可能です。企業に送る際は、PDFに変換してから送信するようにしてください。

志望動機の書き方について相談したい

 

志望動機をわかりやすく伝えるための構成

志望動機をわかりやすく伝えるためには「志望理由」「エピソード」「ビジョン」の順番で構成を作るのがおすすめです。構成それぞれのポイントについて解説するので、確認しておきましょう。

志望理由

志望動機の書き出しは、志望理由から始めます。結論から伝えれば、このあとの内容がわかりやすくなるためです。

書き出しは、「私が貴社を志望する理由は△△です」「私は△△に魅力を感じ、貴社を志望しました」のように伝えます。簡潔にわかりやすく、結論から伝えるように心がけてください。

志望理由の書き出しについては、「志望動機は書き出しを意識しよう!好印象を与える書き方を解説します」の記事でも詳しく解説しています。

志望理由の根拠になるエピソード

次に、志望理由を裏付けるエピソードが必要です。志望理由の根拠が明確であれば、採用担当者も納得できる内容になります。

自分しか経験していないオリジナルの内容にしましょう。自分の経験や人柄と、企業の価値観が合うようなエピソードを選ぶのも大切です。

伝えるエピソードがうまく見つからない場合は、「就活で自分のエピソードはどう伝える?伝え方のコツや注意点を解説」を参考に探してみましょう。

入社後のビジョン

最後に、入社後にどのような人材を目指すか、ビジョンも伝えるようにします。「どのような業務に就きたいのか」「どのような目標を達成したいのか」などを明確にしておきましょう。

入社後のビジョンが明確であれば、採用担当者もあなたがどのように活躍するかを想像しやすくなります。活躍がイメージできるほど評価も高まりやすいので、ビジョンも伝えるようにしてください。

志望動機の書き方について相談したい

 

志望動機書を作成する際のポイント

ここでは、志望動機書を作成する際のポイントを解説します。志望動機書の書き方次第で意欲の伝わりやすさも変わるため、参考にしてください。

記入欄の8割以上を記載する

志望動機書の記入欄は、8割以上を目安に書くようにしましょう。空白が多いと、やる気がなく、採用意欲が低いと思われてしまいます。

文字数については、企業の指定に従いましょう。特に指定がない場合、A4用紙1枚あたり、800字程度が目安になります。

「御社」ではなく「貴社」を使う

書類に志望動機を書く場合は、「貴社」を使いましょう。面接では「御社」なので、使い分けができるように覚えてください。

また、銀行は「御行」と「貴行」、組合は「御組合」と「貴組合」などのように、応募企業によっても呼び方が変わるので気を付けてください。

「弊社」は、自分の会社を社外に伝える際の呼び方です。就活生の間は使わないので、間違わないようにしてください。

御社と貴社の使い分けについては、「間違えやすい「御社」と「貴社」、例文付きで解説します!」の記事でも解説しています。

読みやすくわかりやすい文章にする

志望動機書は、読みやすく、わかりやすくを心がけてください。字のきれいさや丁寧さはもちろん、大きさや筆圧なども注意しましょう。読みやすい文章にするためには、改行も重要です。

また、修正ペンや修正テープの使用も避けてください。修正箇所が多いと、雑に書いていると誤解されてしまうからです。

基本的に、書き間違えた場合は一から書き直すことになります。手間がかかるので、誤字脱字がないように、下書きをしてから清書するのがおすすめです。

志望動機書や履歴書の訂正方法は、「履歴書は二重線で修正して良い?正しい訂正方法を詳しく解説!」の記事も参考にしてください。

志望企業ならではの志望動機を伝える

志望企業ならではの内容にすることが、評価されるためには大切です。企業の目指す方向性と違っていたり、入社後のビジョンが志望企業では達成できなかったりすると、「企業研究ができていない」と評価が下がってしまいます。

また、どの企業にも共通してしまう志望動機にも注意しましょう。特徴のない志望動機では、「ほかの企業でもいいのでは?」と思われてしまい、入社意欲が伝わりません。

なぜその企業を選んだのかが、明確に伝わるようにしてください。

自分の強みと企業の求める人物像をあわせる

アピールする強みは、企業の求める人物像にあわせましょう。企業の求める人物とずれていれば、せっかくの強みも評価につながりません。志望企業にあわせられるように、アピールできる経験や強みは複数考えておきましょう。

企業が求める人物像については、企業のWebサイトで公開されている場合もあります。見つからない場合は、企業説明会やOB・OG訪問で聞いてみるのもおすすめです。

強みの探し方は、「「強み」ってどうやって見つければ良いの?簡単にできる「強み」の発見」で解説しています。志望動機作成前に、実践してみてください。

志望動機の書き方について相談したい

 

志望動機書で気を付けたいNGポイント

志望動機書では、「自己紹介をしてしまう」「給与や待遇ばかり言及している」などの内容は、マイナスにつながります。NGポイントを解説するので、ミスのないようにチェックしておきましょう。

給与や待遇面についての志望動機は避ける

「給与がいいから応募した」「休みが多いのが魅力」などのように、給与や待遇についての志望動機は避けましょう。仕事に対する意欲が低いと思われてしまいます。

志望動機では、仕事への意欲や入社後の目標を伝えるのが大切です。給与などの条件面を英雄に志望しても問題はありませんが、会社に伝える内容ではないので気をつけてください。

「学ばせてもらう」のように受け身の志望動機は避ける

「学ばせてもらう」「成長させていただききたい」のように、受け身の志望動機はマイナスの印象を与えてしまいます。主体性がなく、自分から行動できない人物と思われてしまうからです。

学ぶ意欲を伝える際は、「新しい経験を通して学びたい」「知識やスキルを積極的に吸収したい」などのように、自発的な表現に変えてみましょう。成長意欲を伝えるのはプラスなので、伝え方だけ気をつけてください。

自己PRや自己紹介とは区別する

志望動機書を、自己PRや自己紹介に使うのはNGです。質問の意図が理解できていないと判断されてしまいます。

志望動機は、企業を志望する理由です。自己PRは強みや長所のアピール、自己紹介は自分の情報についての紹介のように、それぞれ質問の意図が違います。

意図を理解して答えられるように、志望動機作成前にそれぞれの違いについて確認しましょう。自己紹介の基本と、自己PRとの違いなどを「自己紹介の基本的な項目とは?自己PRとの違いや注意点を例文つきでご紹介」で解説しているので参考にしてください。

消費者目線の志望動機にならないようにする

志望動機では、消費者目線の経験で、感想を伝えないようにしましょう。消費者の立場で考えるだけでは、仕事での成果にはつながりません。

たとえば、「商品が好きだから応募しました」「サービスがいいと感じました」だけ伝えてしまうと、志望理由には物足りません。「入社後に、真剣に仕事ができるだろうか?知っている企業だから応募したのだろうか」などと思われてしまいます。

志望理由にするのであれば、「愛用している商品であり、この商品をより大勢の人に販売したい」「よりいいサービスを提供できるように努力したい」などのように、自分の目標を盛り込みましょう。

志望動機の書き方について相談したい

 

志望動機書の例文とテンプレート

ここでは、志望動機書の例文とテンプレートを紹介します。
志望動機書

2023年4月1日

△△ △△(氏名)

この度は、貴重な機会をいただき、ありがとうございます。
志望動機をまとめさせていただきました。よろしくお願いいたします。

【志望動機】
私は昔から貴社のブランドに興味があり、自分もブランドを広めるために役立ちたいと考え、志望いたしました。

貴社のブランドは着る人をワクワクさせるだけでなく、ノベルティやカタログなど、販促活動でも顧客を引き付けている点に魅力を感じております。また、仕入れや卸など、すべての業務を自社内で行っている部分にも惹かれ、私も自分のアイディアを活かして商品化したいと感じました。

大学時代に培ったアルバイト経験もあり、接客やコーディネートには自信があります。将来は本社の企画部や広報部など、マーケティングに携わる事業部で活躍したいです。

以上

志望動機書の書き方に決まりはないので、自由に作成して問題ありません。自分の思いや意欲をアピールできるように工夫してください。

志望動機の書き方について相談したい

 

志望動機書や提出書類の作成に悩むあなたへ

志望動機書をどのように作ったらいいか、悩む就活生も多いでしょう。どのように自分の経歴や強みを表現すれば、企業から興味を持ってもらえるのか、考え込んでしまいますよね。

志望動機書の作成に悩むのであれば、キャリアチケットの活用がおすすめ。就活支援サービス「キャリアチケット」では、志望動機書の作成に悩む就活生をマンツーマンでサポートしています。

自己分析から企業研究まで、志望動機書作成に必要なステップをアドバイス可能。就活をなにから始めていいかわからない場合も安心してください。あなたらしさが伝わる志望動機書を作成して、内定を獲得しましょう。

志望動機の書き方について相談したい

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。