就職活動の基礎!自己PRの作り方とポイントを例文付きで解説

このページのまとめ

  • 自己PRでは企業にマッチする人柄や強みをアピールする
  • 企業が求める強みを明らかにし、エピソードには客観的な内容を入れる
  • アピールしたい強みは「結論→具体的なエピソード→入社後にどのように活かすか」で論理的に伝える

履歴書や面接でも必ず聞かれる自己PR。いざ、「あなたの強みについて教えてください」と言われても何を伝えたら良いかわからない就活生もいるでしょう。今回は自己PRのポイントや作り方を解説するとともに、すぐに使えるパターン別の例文をご紹介します。効果的なアピールのコツを身に付けて内定につながる自己PRを作成しましょう。
 



 

目 次

採用担当者が自己PRを聞く理由とは

採用担当者は自己PRを通してどのようなことを知りたいと思っているのでしょうか。
履歴書や面接で自己PRを聞く理由は就活生の人柄や人間性が企業にマッチしているか、強みや能力が企業が求めているものとマッチしているかを判断するためです。
まずは、採用担当者が自己PRを聞く意図を理解しましょう。
 

人柄や人間性が企業とマッチしているか

よく、学生時代に部活動で全国大会出場していた経験や留学経験がなく、自分をアピールする経験がなくて困っているという相談を受けます。ただし、企業はそういった目立つエピソードを求めているわけではありません。

新卒はポテンシャル採用のため、過去の経験やスキルよりも、人柄や価値観を評価されます。面接官は、その企業の理念やビジョンに共感し、同じ方向を向いて頑張ってくれる人材を採用したいと思っています。企業研究と自己分析を交互に行い、企業の求める学生像とマッチしている強みを見極めてアピールすることが大切です。
 

強みや能力が企業が求めるものとマッチしているか

企業にとって入社後に活躍してくれそうな人材、あるいは自社に利益を生み出してくれそうな人材だと思ってもらうことが重要です。応募職種に必要な強みや能力を持ち合わせていることを伝えましょう。
ここでは簡単に職種別で求められる強みをご紹介します。
 

営業職

「目標に向かって努力し、成果を残せるか」「顧客に合わせたコミュニケーションができるか」などの強みをアピールすると良いでしょう。

営業職と聞くと体育会のイメージを持っている方も多いと思いますが、それには理由があります。体育会学生は目指している大会や目標としている順位などが明確であり、その目標達成のために計画的に練習をしています。その行動こそが営業で求められる「目標に向かって努力し、成果を残すこと」の強みの根拠となるエピソードになるからです。
 

接客販売など

「消費者やお客様など直接コミュニケーションできるか」「協調性があるか」、印象としては「明るさや笑顔で話せるか」などをアピールしましょう。

直接消費者と関わることになるため、コミュニケーション能力だけでなく、明るさや笑顔の有無は重要なポイントです。その点、自己PRでもアルバイトの経験などで接客経験がある場合はコミュニケーションをアピールするのではなく、「一人ひとりのお客様の要望に合わせたコミュニケーション」というように具体的に示しましょう。

 

エンジニア(IT、インフラ、ものづくりなど含む)

「柔軟に変化にも対応しつつ、物事を進める履行する力」「他者と協力して物事を完成させる力」などをアピールするとよいでしょう。
エンジニアは1人で黙々とパソコンや機械にずっと向き合っているわけでなく、チームやプロジェクトのメンバーと協力して1つのプロジェクトを完成させます。そのため、個人プレーだけでなく、組織やチームの中で自分の役割を発揮し、物事を完成させられるかは重要な要素になります。

さらに、顧客や取引先からの変更があった際には修正や変更しつつ、計画通りの納期に間に合わせる必要もあるため、柔軟に対応しつつ、計画を変更して物事を履行できる力も必要とされています。


▼関連記事
ESや面接の要!自己PRの役割と考え方のコツ

学業、サークル、アルバイト…就活のESで使える自己PR例文集!



 

効果的にアピールできる自己PRのポイント

効果的にアピールするためには、まずは採用担当者が自己PRを聞く理由を理解することが重要であるとわかりました。そして、自己PRを作るときは、企業が求めている強みを明らかにしたうえでマッチする強みやエピソードを選ぶのがポイントです。以上のことを踏まえたうえで、エピソードの選び方や作り方のポイントを解説していきます。
 

企業が求めている強みを明らかにする

企業の採用ホームページなどに書いてある求める人物像や応募要件を見れば、採用人物像は大体把握できます。どんなに自分の経験や能力が素晴らしいものであっても、企業が求める能力と異なる部分を押し出してしまっては、効果的なアピールとはいえません。

効果的に自己PRをするためにも、企業のHPで求める人物像を調べたり、説明会でどんな社員が活躍する傾向にあるかを聞いてみましょう。さらに、同じ企業でも職種が違えば、アピールすべき点も異なります。OB・OG訪問や、社員インタビューなどをもとに、それぞれの職種で活躍している人の強みや志向性を理解しましょう。

また、その企業のビジネスモデルや入社後に任される仕事内容を理解することも大切です。たとえば、人材業界では「人材紹介」「人材派遣」「求人広告」「人材コンサルティング」など、同じ業界でも異なったビジネスモデルでサービスを展開しています。4つの分野すべてを担う企業もあれば、いずれかを担っている企業もあります。そこで、適切な自己PRを作成するためには自分が志望している企業はどの分野に属していて、具体的にはどのような仕事内容なのかを理解し、入社後に自分がどう活躍できるかを伝える必要があるのです。

 

エピソードには客観性を取り入れる

「私の強みは〇〇です」と伝えるだけは、採用担当者からすると「本当にそうなの?」と納得できません。そのため、エピソードは必ず強みの根拠も盛り込むようにしましょう。入社後のイメージが湧きやすくなり、説得力のある自己PRとなります。

たとえば、計画性をアピールしたい場合、「新聞部での活動では完成までの期間から逆算して中期的な到達目標を設定することで、携わった記事は完成期間に一度も遅れることなく、発行していた」など、実際に計画的に行動したことを書くと、たとえほかの人と同じアピール内容であっても自分の強みがどういったものなのかを明確に伝えられます。

 

ポイントは2点

他者評価などの客観的な内容を盛り込むこと
強みを活かしてどのようなことが実現できるのかイメージできる具体的な内容を入れること


▼関連記事
新卒なら知っておきたい履歴書の自己PR欄の書き方!作成のポイントと例文で解説

ESの自己PRを作成するコツとは?例文付きでポイントや注意点を解説!



 

効果的にアピールできる自己PRの構成

効果的にアピールできる自己PRのポイントがわかったところで、次に自己PRの構成について見ていきましょう。自己PRの構成は主に次の3つに分かれます。
 

結論として自分の強みを述べる

「結論ファースト」はよく聞くワードだと思いますが、自己PRでもまずは結論から「私の強みは〇〇です」と書きましょう。ここで注意したいのが、決して端的に伝えることが良いわけでなく、自分の強みを明確に簡潔に伝えるということです。

たとえば、リーダーシップをアピールしたい場合、「私の強みはリーダーシップがあることです」と伝えるだけでなく、「私の強みは周囲の意見も受け入れながら、チームをまとめるリーダーシップ性です」というように、具体的にどんな強みなのかわかりやすく書きましょう。
 

結論の根拠となる具体的なエピソードを入れる

次にアピールしたい強みの具体的な根拠を示しましょう。「私は相手に合わせてコミュニケーションを取ることができます」と書かれているよりも、「私はファミリーレストランでのアルバイトで老若男女さまざまなお客様を接客していた経験から、相手に合わせたコミュニケーションを取ることができます」と書かれているほうが説得力が増しますよね。

これまでの経験の中で自分の強みが発揮された経験を具体的なエピソードとして入れましょう。
 

強みをどのように活かしたいかで結ぶ

最後に自分の強みをどのように企業で活かしていけるのかを明らかにしましょう。採用担当者は学生の強みを理解した上でその強みを自社でどう活かしてくれるのか、どのように活躍してくれるのかといったところに関心があります。ポイントとしては漠然と「強みを活かして、貴社に貢献したいです」と伝えるのではなく、「強みを活かし、お客様のニーズにマッチしている商品を提供することで顧客、さらには貴社の売上に貢献したいです」など、誰に対して、どのように強みを発揮したいのかを表明しましょう。

▼関連記事
自己PRは構成が大事?効果的にアピールできる書き方と例文



 

エピソード別!すぐに使える自己PRの例文3つと作成ポイント

ここからは自己PRの例文をエピソード別でご紹介します。今回は「ゼミ・研究室」「部活動」「アルバイト」の3つのパターンに分け、それぞれポイントも交えながら説明していきます。
ぜひ、参考にしてください。
 

ゼミ・研究室

私は強みは困難なことでも他者と協力して根気強く取り組み続ける忍耐力です。ゼミでは学生目線で企業の課題解決のための提案を行うプロジェクトに取り組んでいました。具体的にはアミューズメントパークにおける女性比率3割ほどの来場者を半年間で2倍以上の7割に増加させるといった内容でした。そこでゼミのメンバーと役割分担をし、女性の来場者数が少ない原因を調査するチームと、女性の来場者数を向上させる施策を考えるチームに分かれ調査をしました。SNSや大学でのアンケートを活用したところ、「周辺地域の治安が心配」「女性が楽しめる施設が少ない」といった原因が明らかになりました。そこで、施策としては最寄り駅からの案内板を設置しましたが、始めの1カ月で成果は出なかったため、メンバーで手分けしてほかの女性客から人気のあるパークの特徴を調査し直しました。パークの運営者と協力し、新たにパーク内の飲食店で女性が好みそうなインスタ映えするデザートの開発や写真映えする撮影スポットの設置などを行いました。さらに、気軽に検索や拡散ができるSNSを使ってデザートや撮影スポットで撮影した写真などを投稿することで認知度を高めていきました。その結果、プロジェクト開始から5カ月目で来場者数は全体の6割になり6カ月目には目標であった7割を達成することができました。この強みを活かして、入社後もチームメンバーと協力することで困難な顧客の要望を最大限反映できるよう、調整に努め、完成まで導いていきたいと考えています。

 

ポイント

今回はゼミ・研究室で発揮した強みをエンジニア職で活かす場合の例文です。ポイントとしてはエンジニア職の場合、1人で作業するだけなくプロジェクトのチームメンバーやお客様との商談など他者と協力することが必要になるという働き方を理解しており、自己PRにも盛り込んでいる点です。エンジニアであればお客様の要望や変更に合わせて柔軟に対応する能力が求められるので、一度挑戦し、難しくても根気強く挑戦し続ける姿勢もアピールできます。

 

部活動

私は目標達成のために目標から逆算し、自分のやるべきことを着実に進めていく推進力があります。大学では未経験ながらにも卓球部に入部し、目標としていた関東大会3位入賞を果たすことができました。未経験から入部したため、着実に成長するために監督と3年間の育成プログラムを考えました。特に1年生の始めは技よりも体の使い方などフィジカル面を整えることに注力しました。基礎体力など身に付けたうえで技術力を磨くために、先輩にみずから声をかけてフィードバックをいただいたり、練習中や試合中の動き方を動画に収め、振り返りに活用したりしていました。さらには、Youtubeで観た経験者の練習方法やポイントを自分たちの練習でも積極的に取り入れました。その結果、大学2年生では関東大会出場を果たし、3年生では3位入賞という当初の目標を叶えることができました。貴社の営業職として入社した際は、自分に与えられた責任を果たすために顧客のニーズを理解し、どのようなアプローチであれば購入につながるかを学びながら、着実に成果を出せる人材に成長したいと考えております。
 

ポイント

今回は部活動で発揮された強みを営業職で活かす場合の例文です。ポイントとしては、強みである「推進力」がどのようなものであるかを具体的に示すことができている点です。入社したあとにどのような強みをどういった形で発揮できるかがわかりやすいですね。また、関東大会3位入賞といった具体的かつ、誰が見てもわかる客観性がある点も伝わりやすいポイントです。

 

アルバイト

私の強みは相手の気持ちや感情に寄り添い、柔軟に対応できることです。大学時代は飲食店のホールスタッフとして3年間働いていました。接客業ではお客様や状況に合わせた対応が求められることが多く、日々の業務の中で強みを発揮することができました。私が所属する店舗は利用客の年齢層が幅広く、ご老人やお子様連れのご家族などが頻繁に訪れていました。そのため、足が不自由な方であれば入り口から近い席へ案内し、お子様連れのご家族の場合は個室のような席へ案内し、相手の気持ちや状況を考えて接客していました。また、お客様から声掛けされる前にお子様用のお皿を用意し、自分がしてもらったら嬉しいなと思うような行動を心がけていました。その結果、店長からは接客態度を褒められ、お客様からも「〇〇さんの接客は気持ち良いね」「子供たちがいても安心して食事できたので、また来ます」といったフィードバックをいただけるようになりました。この経験を活かし、貴社でもお客様の気持ちに寄り添い、お客様のニーズを把握することで適切なサービスを提供していきたいと思います。
 

ポイント

今回はアルバイトで発揮した強みを接客業で活かす場合の例文です。ポイントとしては強みをどのように発揮していたかを具体的な業務内容を例に説明している点です。飲食店のアルバイトで培った強みを接客業で活かすとなれば、今回のようにアルバイトでの具体的な行動を盛り込むことで、実際に入社したときのイメージができ、アピールにつながりやすいでしょう。


自己PRでは「自分はこういったことができます」「自分を採用したらこういったメリットがあります」と採用担当者に理解してもらうことが重要です。今回紹介したポイントを踏まえて、自己PRを作ることでより伝わりやすい自己PRができるはずです。ぜひ、この記事を参考に作ってみてください。

本記事の執筆者

平林亜美(ひらばやし・あみ)

学生時代は体育会チアリーディング部に所属し、全国11位。学部間留学として、マレーシアに留学し、国際関係学を学ぶ。若手にも裁量がある企業で多くの人々と関わり合いながら、自分自身を成長させたいと考え、「どこでも、誰とでも働ける人材となる」を軸に就活し、レバレジーズに入社を決める。現在は、新卒人材紹介サービス「キャリアチケット」でキャリアコンサルタントとして学生の支援を行う。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。