就職活動で求められる自己PRとは?作成のポイントと例文

このページのまとめ

  • 就職活動における自己PRでは自分の人間性やスキルを企業に売り込む
  • 就職活動では応募企業のニーズに沿った自己PRを作成する
  • 自己PRの内容は数値や他者の評価を盛り込み客観性を保つ
  • 就職活動の自己PRでは1つに絞った自分の強みをアピールする
  • 基本的な作成手順は「結論→エピソード→企業への貢献意欲」が鉄板

就職活動では履歴書やエントリーシートで自己PRの記載を求められます。企業の目に留まるような自己PRにしたいけれど書き方が分からないという就活生もいるでしょう。就職活動における自己PRは、企業の採用担当者が納得できる内容かどうかが重要です。
このコラムでは、自己PRの作成ポイントやパターン別の例文をご紹介します。効果的にアピールできる自己PRの書き方を学び、内定につながるような文章を作成しましょう。
 

就職活動における自己PRの意味とは?

自己PRは就職活動において避けては通れない項目の1つです。履歴書やエントリーシートには自己PRの記載欄が設けられていますが、どのようなことを記入すれば良いのでしょうか。
まずは、自己PRを通して企業にアピールできることは何かを知りましょう。

採用担当者に自分の人間性を知ってもらう

自己PRでアピールできることの1つに人間性があります。新卒の就活生は社会経験での実績を持ち合わせていないため、入社後の活躍に期待できるかどうかが重要です。企業は自己PRを通して応募者の人間性を見極め、自社の風土にマッチするか、仕事を任せられる人材かをチェックします。
「自分には特別な実績が何もない」と消極的になる必要はありません。自分が本来持っている人間性を深堀りし、仕事にどう活かせるかを明示してアピールにつなげましょう。

企業に自分のスキルや能力を売り込む

応募職種に沿うような資格やスキルを有している場合は、積極的にアピールして自分を売り込みましょう。認知度の高いTOEICや簿記などの資格はもちろん、アルバイト経験で得たスキルもアピールポイントになります。たとえば、「事務職を経験し、ワードとエクセルを使いこなせる」「ホテルのスタッフとして接客マナーを学んだ」などの経験を通じて身につけた能力です。
企業に即戦力になりそうな人材だと判断されれば、内定も出やすくなります。
 

人事を説得できる自己PRのポイント

やみくもに自分の長所を主張するだけでは、相手の心は掴めません。企業が求める人物像を意識しつつ、説得力のある文章にする必要があります。以下に挙げるポイントを意識しながら作成し、アピール力の高い自己PRにしましょう。

応募企業のニーズに沿った強みをアピール

自己PRでアピールする内容は応募企業のニーズに合ったものを選びましょう。企業側が求めているのは、自社の業務内容を理解したうえで遂行できる人材です。たとえば、接客業を志望しているのに事務的スキルがあると自己PRしても、相手の納得は得づらいでしょう。むしろアピールポイントがずれていると思われ逆効果です。
マイナスのイメージを持たれないためにも、自分の応募職種の特性や企業のニーズを理解したうえで、自己PRを作成するよう努めましょう。

客観性を取り入れた内容で相手を納得させる

自己PRはできる限り客観的に書くよう心がけましょう。採用担当者は応募者の知り合いではありません。応募者の根拠のない長所をアピールしても相手を説得することは困難です。アピールポイントを証拠づける具体的な取り組みや他者からの評価、数値などを掲示して自己PRにリアリティを持たせましょう。

アピールのポイントは1つに絞る

アピールできるポイントは多い方が評価されやすいと思う就活生もいるでしょう。しかし、1つの自己PRに要点が複数あると採用担当者が混乱し、応募者の意図が伝わりにくくなってしまう可能性も。結果として、人物像が分かりにくいと採用を見送られてしまうことも考えられます。相手の理解を得るにはアピールするポイントを1つに絞り、関連するエピソードを入れて内容を深める方法がおすすめです。
 

受かる自己PRを作る際の基本的な3つの手順

自己PRを書く際の手順を知り、相手に伝わりやすい文章を作成しましょう。ここでは基本的な3つの手順をご紹介します。

1.最初に結論として「自分の強み」を述べる

まずは、結論から書き出しましょう。最初に結論を記載すれば、採用担当者が文章の意図を汲み取りやすくなります。文章はできるだけシンプルにして、「自分の強みは~です」などと短く端的に書きましょう。

2.結論を証拠づける「エピソード」を組み込む

次は、明示した結論に説得力を持たせる「エピソード」を組み込みます。たとえば、「資格取得のために毎日7時間の勉強を半年間続け、一発で合格した」「テレアポやホテルの案内係を経験し、対人スキルを身につけた」など、取り組んだ内容について具体的に述べましょう。また、成果として客観的な数値や評価も加えると、より説得力のある内容になります。

3.最後は「仕事で強みをどう活かしたいか」で結ぶ

最後は、「自分の強みを入社後にどう活かしたいか」を示して文章を締めると良いでしょう。自分の強みを論じるだけでは、入社への意欲や自身を採用する企業側のメリットを伝えられません。応募企業と自分の強みを紐づけて、相手が共感できる自己PRにしましょう。

▼関連記事
例文あり!就活を乗り切る自己PRの作り方
 

就職活動で使える自己PRの例文3選と作成ポイント

以下は実際に就職活動で使えるパターン別の例文です。作成のポイントも参考にしながら、自己PRを書いてみましょう。

例文1:アルバイト

私の強みは企画・提案力です。
在学中はクレープ屋で3年間アルバイトをしていました。私が入った当初はスタッフの士気が低く、お店の売り上げは芳しくありませんでした。そこで私は、店長と他スタッフの許可を得て売り上げデータの収集を行い、月ごとの売れ筋結果をランキング化したポスターを作成し、店舗に掲示しました。また、各スタッフに推しクレープを持つことを提案しました。
すると、ランキングを参考にクレープを買うお客様が増え、スタッフは自分の推しクレープを上位に入れようと積極的な接客を行うようになりました。結果的に、半年後には前年比130%を達成することができたため、今ではこの月間ランキングの作業はマニュアル化されています。
貴社におきましても、より効果的なサービス展開を企画し実行していくことで、売り上げに貢献していきたいと考えております。

【ポイント】
・結論から述べていて採用担当者に意図が伝わりやすい
・エピソードの取り組み成果が数値を用いて客観的に書かれている
・入社後の展望が結論と紐づいているため企業の共感を得やすい

例文2:部活動

私には最後まで物事をやり通す力があります。
10年間サッカーを続けてきましたが、朝や放課後のチーム練習を休んだことは一度もありません。もともと持久力が足りず、試合に出ても最後まで走り抜けない欠点もあったため、高校からは筋トレやランニングなどの自主練習も毎日2時間行いました。自主練習では、目標回数やタイムを日毎に高めてステップアップを図ることで、能率的なトレーニングができたと思っております。その成果として、試合の後半でスタミナが切れなくなり、最後までチームをサポートできるようになりました。大学3年生のときには全国大会で3位に入り、優秀選手として表彰もされています。
この粘り強さを営業職でも活かしたいと考えております。各顧客の課題解決に向けて辛抱強く取り組み、相手との信頼を構築できる人材として貴社での仕事を全うしたいです。

【ポイント】
・「やり通す力=仕事で頑張り抜ける人材」と捉えられアピール力が高い
・結論を裏づけるエピソードが具体的で説得力がある
・仕事で「強み」を活かしたいという企業への貢献意欲を示している

例文3:ゼミ・研究

私の強みはチームワーク力と基礎的なプログラミング言語を習得していることです。
大学では情報システムのプログラミングを研究していました。C言語やJavaなどの基礎知識を身につけるとともに、仲間たちとチームを組み、教授の課すテーマに沿ったシステムの開発も行いました。システム開発は、メンバー同士の意見をすり合わせることが難しく、最初はなかなか作業が進みませんでした。私は問題点を明確にする必要があると考え、全員の意見を集約したテキストを作り、チームメイトに配布しました。個人差のある内容を浮き彫りにしたことで、チーム内での意見交換が活発になり、生産的な話し合いにつなげられたと自負しております。最終的にはチーム全員が納得のいくシステムを開発でき、教授からも高い評価を得られました。
貴社においても、身につけた知識を活かして仕事に邁進したいです。周囲とコミュニケーションを図りながら、クライアントの要望を満たす開発を行い、貢献していきたいと考えております。

【ポイント】
・応募職種にマッチした知識や経験を選んでいる
・内面も打ち出すことで採用担当者が応募者の人物像を描きやすい
・企業が応募者に即戦力を期待できるようなアピール内容になっている

就職活動における自己PRは、自分自身を企業に売り出すためのチャンスです。企業のニーズに沿った自分のアピールポイントを見つけて、採用担当者の目に留まるような文章の作成を目指しましょう。
 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!