営業希望の人は必見!志望動機は種類を見極めて

このページのまとめ

  • 営業は「売る対象」「商品の種類」「手法」で種類が分けられる
  • 種類に合わせて志望動機を考える
  • 営業に求められるスキルは「ヒアリング力」「提案力」など

「外回りをして商品を売る人」というイメージの営業ですが、実はその中にも様々な種類が存在しています。当然ながら、営業の種類によって求められるスキルは異なります。志望動機を作成する際には、営業の種類に沿った内容で作りましょう。

そのためにはまず、営業職について理解を深めることが必要です。こちらのコラムでは営業という仕事の概要と、志望動機の作り方について紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
 

営業職の種類について

先に述べたように、営業職には種類があります。主には「売る対象」「商品の種類」「手法」の3点で判別されます。項目ごとに説明していきましょう。

売る対象が「個人向け」か「法人向け」か

まず最初に、営業は売る相手によって「個人営業」と「法人営業」の2つに分類されます。商品を売る対象が一般の消費者である場合は「個人営業」、会社間での取引や法人に向けて商品を提案する場合は「法人営業」となります。

商品は「有形商材」か「無形商材」か

また、扱う商品が「有形商材」か「無形商材」かという点でも住み分けがあります。簡単に説明すると、「有形商材」では自動車や住宅などの形あるもの、「無形商材」では保険、広告、金融などといった、形のないものやサービスを指します。

代表的な営業手法

営業手法としては主に「新規開拓」と「ルートセールス」が挙げられます。

「新規開拓」とは文字通り、新たな顧客を開拓して売上を伸ばすことです。俗に言う「飛び込み営業」などはこれに含まれます。直接オフィスに足を運ぶこともあれば、電話からアプローチをするテレアポ営業など、手段は様々です。

「ルートセールス」とはすでに契約関係にある顧客に、新たな提案を持ちかける手法です。定期的に顔を出して新商品を進めたり、別の発注の必要性を問いかけたりなど、顧客との信頼関係があった上での営業となります。

自分に合った営業職を見極める

同じ営業職でも、種類によってアプローチの方法は変わります。

例えば、個人営業であればコミュニケーション力が高く、相手を選ばす打ち解けられる人が向いているでしょう。また、有形商材を扱った営業の場合、実物を提供できる訴求性の強さがある反面、詳細な商品知識や他社に負けない説得力が必要です。反対に、無形商材を扱う場合は、商品が目に見えない分、お客様が何を求めているのかを引き出す「ヒアリング力」が重要になります。

このように、それぞれで求められるものが違ってきます。新規開拓は苦手だったもののルートセールスには適正があった、売り込む商材が違ったら成果が上がった、などの例もあるので、まずは自分の適正に合った営業職を探しましょう。
 

どの営業職にも共通して求められるスキル

先程種類に応じて必要な能力は異なる、と説明しましたが、どんな営業職にも共通して求められるスキルがあるのは事実です。ひとつひとつ見ていきましょう。

ヒアリング力

コミュニケーション能力はどんな仕事においても大切ですが、においては特にヒアリング力と提案力が重視されます。ヒアリング力とは、相手の話によく耳を傾け、ニーズや引き出す力のことです。「お客様が何を求めているか」ということを話の中から汲み取り、的確に要望に応えることで、お客様との間に確固たる信頼関係が生まれます。そう考えると、営業では「聞き上手」な人ほど有利かもしれません。

提案力

また、どんなに良い商品であっても、相手にそれが伝わらなければ意味がありません。営業はまず最初に、売ろうとしている商品が何の役に立ちどんなメリットがあるのか、説明する必要があります。

このとき、「お客様の立場になって」話せているかがポイントになります。お客様には業界のトレンド、売れ筋傾向、他社の価格帯などの前知識がありません。それを踏まえた上で、商品の良さを分かりやすく伝える提案力が必要となります。

対応力

営業は商品を売るだけでなく、お客様と会社をつなぐ役目も担っています。営業の一挙手一投足が会社の評価となると言っても過言ではありません。トラブルが合った際には、「会社」を背負った上での判断が求められます。どんな状況、どんな相手であってもきちんとしたコミュニケーションを取り、臨機応変に立ち回れる対応力が求められます。

結果を受け止めるメンタル

スキルというよりは性格や性質の話となりますが、営業職に就く場合は自分の結果を受け止められるメンタルの強さも必要です。営業職は成績が一目瞭然となりますし、会社によってはノルマが課され、その成果でお給料が決まる場合もあります。ダイレクトに結果が出る職種ということを踏まえ、志望を検討しましょう。
 

営業職のやりがいも知っておこう

「営業職ってプレッシャーが重そう」と感じられることが多い営業職ですが、もちろんやりがいやメリットもあります。下記で紹介していますので、参考にしてみてください。

達成感を実感できる

営業の成績は販売個数であったり売上であったり、数字に表れます。「先月よりも◯個売れた」「売上が◯%アップした」などと具体的に見えてくるため、達成感を実感できることが特徴です。

「来月はさらに◯件の契約を取る」などのように目標も設定しやすいので、常に向上心を持って仕事に取り組める良さがあります。また、社歴よりも実績重視の企業であれば、数字の伸び次第で昇進や昇給の機会に恵まれる可能性が高いことも魅力です。

顧客から感謝される

営業はお客様との距離が近い分、直接感謝される機会が多いです。「あなたに頼んで良かった」「提案してくれてありがとう」と言ってもらえることで、努力が苦労が報われる実感を得られるでしょう。

相手が喜ぶ姿を見ると「もっと頑張ろう」「またいい商品を提案しよう」とモチベーションにも繋がります。「人の役に立っている」と実感できる喜びは、営業ならではと言えます。
 

志望動機の例文を紹介

最後に、志望動機の書き方を紹介しましょう。下記の例文を元にポイントを説明していきます。

志望動機例文①

--------------
私は大学2年生の頃からケーキ屋で接客のアルバイトをしています。
アルバイトではお客様の気分や好みに合わせ、おすすめの商品を紹介する時間を楽しく感じております。
また、お客様に再来店していただけたとき、「美味しかった」とお言葉をいただけたときの喜びは格別です。

この経験から、お客様に喜んでいただける仕事に就きたいと考え、貴社を志望いたしました。
貴社に入社いたしましたら、アルバイトで得たコミュニケーション能力を活かし、お役に立ちたいと考えております。
-------------

上記は営業に必要な「コミュニケーション能力」をアピールしたパターンです。この場合、経験に基づいたエピソードを含めると説得力がアップします。

志望動機例文②

--------------
私は、貴社が日本で初めて開発した◯◯という商品を、より多くの人に届けたいと思い志望いたしました。
◯◯は私自身が求める商品でもありました。
欧州ではポピュラーなため、日本への輸入を求める声が多かったものの、なかなか導入の兆しが見えず歯がゆく思っておりました。
そんな中、国内でのニーズをいち早く理解し実現する貴社に感銘を受けました。

そして、まだ◯◯を知らない人にも、この素晴らしさを伝えていきたいと考えました。
貴社に入社いたしましたら、商品への理解を深め、貢献いたします。
-------------

こちらは商品を売りたい気持ちを重視した志望動機です。企業への理解度やリサーチ力をアピールできます。

その他、キャリアチケットでは志望動機の添削なども行っています。営業職への知識や理解を深めたい人は、ぜひ一度ご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!