保険会社の志望動機、書き方のコツは?業界知識と例文も紹介

このページのまとめ

  • 保険会社は「生命保険(第一分野保険)」「損害保険(第二分野保険)」「第三分野保険」の3つに分かれている
  • 保険会社は「営業」「企画・開発」「事務」などの仕事がある
  • 志望動機を書く前に「なぜ保険業界を選ぶのか」「志望する企業の何に惹かれたのか」を明確にする
  • 志望動機をまとめるときは(1)冒頭で簡潔に理由を伝える(2)具体的な根拠を示す(3)活躍がイメージできるように結ぶ

保険会社は就活市場で需要が高く、志望者は例年後を絶ちません。そんな保険業界を志しているものの、「志望動機に自信が持てない」という就活生は、このコラムをチェック。
ここでは志望動機を効果的に仕上げるポイントについて詳しく解説しています。保険会社の種類や業界の特徴を押さえて、ライバルを一歩リードする内容を目指しましょう。



 

保険会社の種類は大きく分けて3つ 


保険会社は「生命保険(第一分野保険)」「損害保険(第二分野保険)」「第三分野保険」の3つに分類されています。それぞれ事業内容について下記にまとめました。

生命保険(第一分野保険)

生命保険は「死亡」「病気」「怪我」など「人のリスク」に備えた保険を扱い、「第一分野保険」と称されています。加入条件や支払う保険料は商品によって異なり、各社で豊富なラインナップを揃えています。
生命保険会社の場合、支払条件を満たした際に給付される金額は契約時に前もって提示されます。こういった形態を「定額給付保険」と呼び、加入者からの保険料徴収スタイルは10年以上に及ぶ長期積立型が一般的です。
また、生命保険会社は契約によって得た加入者からの保険料を資金とし、長期運用することで安定した利益を生み出しています。

損害保険(第二分野保険)

損害保険は「第二分野保険」と呼ばれ、地震、火災、交通事故などによる損失を補う保険です。「予期せぬリスク」への備えを需要とし、万が一のときにも加入者の生活を保障することで「安心」を共有。顧客のライフステージ・ライフスタイルに合わせ、さまざまなサービスを展開しています。
損害保険会社の給付は、事故や災害による実質的な被害のみを補う「実損てん補の保険」となります。保険料の支払いも1年単位で契約更新することが多く、物によっては旅行時など一定期間のみ適用される商品もあります。

第三分野保険

生命保険会社と損害保険会社、両方の商材を扱えるのが「第三分野保険」です。主に医療保険、介護保険、傷害保険、がん保険などを扱います。
以前は第一分野と第二分野がお互いの領域に参入することは認められていませんでした。そのため、これまでは外資系の保険会社が独占状態にあった分野です。
しかし近年では規制緩和を受け、日本の保険会社も子会社化することで第三分野への進出が可能になりました。



 

保険会社の仕事内容


次に、保険会社の主な仕事について紹介します。項目ごと下記に詳細をまとめました。

営業

営業は保険業界の中心的な職種です。主な業務内容は商品の販売による新規顧客の獲得と、加入者のアフターフォローとなります。
過去、生命保険会社は「生保レディ」と呼ばれる女性たちの活躍により、目覚ましい成長を遂げました。この背景から、現在でも生命保険会社では個人営業チャネルが主体となっています。
対して、損害保険会社は代理店やショップでの販売が営業の最前線。もともと購買意欲や関心を持っている人への売り込みになるため、個人での訪問営業に比べてぐっと効率的です。
また、獲得した顧客に対して、近況確認や新規商品の提案をしながら、既存顧客の維持に努めることも営業の役割となります。

商品・開発

社会が変容していくにつれ「生活のリスク」に対する価値観も変化します。そのため、保険会社では新たな商品の企画・開発することも大切な仕事。顧客や時代のニーズを的確に読み取り、新商品を展開していくことで、競合との差別化を図ります。

事務

事務職は外回りの多い営業に代わり、資料の作成や書類申請の整理などを行います。基本的には営業のフォローを中心とした地道な業務が多いです。
目立った活躍ではありませんが、事務の的確なサポートがあってこそ営業はスムーズに仕事ができます。背後に回ってカバーを行う、企業になくてはならない存在です。

▼関連記事
やっぱり営業は大変?保険会社が扱う商品や仕事内容



 

志望動機を書く前にするべきこと


志望動機を書く前に、「なぜ保険業界を選ぶのか」「志望する企業の何に惹かれたのか」を明確にしましょう。
自分なりの志望動機を導き出すヒントは、会社と自分がどんな点で結びついているのかを探ること。そのためには、業界・企業研究と自己分析を進める必要があります。
まずは保険業界の特徴や、志望企業と他企業の違いや共通点を浮き彫りにしてみてください。その上で、自分のどんなところがその会社の役立つかを考えます。大切なのは、採用担当に「他業界や他社でも言えること」と感じさせない要素を見つけておくことです。

▼関連記事
就活における業界研究のポイントや、情報源などをご紹介!



 

志望動機をまとめるときのコツ


実際に志望動機を作成する際には、下記の3点を意識して取り組んでみてください。内容が整理されて、伝わりやすくなります。

(1)冒頭で選んだ理由を簡潔に伝える

まずは保険会社を選んだ理由について、簡潔に結論を述べます。他社との比較や自分の経験談から話を始めてしまうと、結論にたどり着くまでが長引き、もっとも伝えたい「動機」が受け手に伝わりにくいです。

(2)志望動機の具体的な根拠を示す

次に、志望動機の根拠となる具体的な理由を語ります。きっかけとなった出来事や、自分のキャリアビジョン、他社との比較要素など、「その企業でなくてはならない理由」を述べましょう。

(3)入社後の活躍がイメージできるように結ぶ

最後に志望動機の総括として、「貴社で◯◯を活かし、△△に取り組みたい」と入社意欲の高さをアピールします。企業は自社に貢献してくれる人材を求めていますから、入社後の活躍がイメージできるように結ぶと好印象に繋がるでしょう。

▼関連記事
面接官を惹き付ける志望動機とは?回答例とNG例を合わせて紹介



 

保険会社の志望動機の例


まとめとして、ここまで紹介した書き方のコツを踏まえた例文を以下に掲載しています。構成の流れをチェックしてみてください。

例文

私は、「人々の安心な暮らしを守りたい」と考え、貴社を志望いたしました。
私が生命保険会社を目指したきっかけは、父の事故です。
父が全治1ヶ月の怪我をした際、保険のおかげで経済的な不安を感じることはありませんでした。
また、「いざというときのために、私達が居ます」という担当者の言葉が、とても心強かったことを覚えています。

大学ではボランティア活動に励み、世の中にはサポートを必要とする人が大勢いることを知りました。
そこでは「安心」を保証することで、人々はとても豊かに生きていけるという学びを得ました。

入社後はこの経験を活かし、貴社の「家族のサポーターになる」という経営理念を実現していきたいです。

▼関連記事
生命保険会社の志望動機!2つの例文でポイントをチェック


保険会社の志望動機について理解は深まったでしょうか。もし、「まだ不安が残る」と感じているようなら、この機会にキャリアチケットまでご相談を。キャリアチケットは新卒者を対象とした無料の就職支援サービスです。

あなたの就活状況に合わせ、エントリーシートや履歴書、面接のコツやポイントをレクチャーいたします。まずはお気軽にご連絡ください。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。