保険会社に就職するには?業務内容やメリット・デメリットを解説

このページのまとめ

  • 保険会社は金融業界に属する
  • 保険会社では、営業や資産運用などの職種がある
  • 保険会社に就職するメリットは、給与水準が高いことなど
  • 保険会社に就職するデメリットは、ハードな業務で離職率が高いことなど
  • 保険会社に就職するには、企業研究と金融に関する知識が必要

保険会社に就職するには?業務内容やメリット・デメリットを解説のイメージ

安定したイメージから就活生に人気の保険会社ですが、実際の業務内容をよく知らない人も多いのではないでしょうか。このコラムでは、保険会社の業務内容や、取り扱う商品の特徴を説明します。さらに、保険会社に就職するメリットとデメリットもご紹介。保険会社への就職を検討している就活生は一読し、業界理解を深めてください。

保険会社とは

保険会社とは、名前のとおり「保険」という商品を開発・販売する会社のことを指します。
保険会社は2種類あり、1つは一般企業と同様に「株式会社」という形式をとっている会社、もう1つは保険業界特有の「相互会社」という形態の会社です。相互会社は非営利法人のため、利益を追求する株式会社とは違った雰囲気があるでしょう。

金融業界に属する

保険会社は総務省が定める日本標準産業分類において、金融業とともに「金融業、保険業」という分類をされています。金融業には銀行や証券会社が含まれており、保険業界とは違う分野を扱っていることを押さえておきましょう。

保険は大きく分けて3種類

保険商品は、その内容によって3種類に分類されています。近年は、第3分野の需要が高まっているようです。

第1分野:生命保険

人の生死を基準に保険金の支払を決める生命保険で、第1分野といわれています。すでに加入している人が多いうえ、少子高齢化が進んだことにより市場規模が縮小していて、新規契約が難しい商品です。生命保険を販売する際には、心疾患や肺炎などさまざまな病気の発生リスクや治療期間、費用など幅広い情報が求められます。

第2分野:損害保険

モノに対する保険が、第2分野といわれる損害保険です。
損害保険の半数以上は自動車保険で、そのほか、地震保険や傷害保険など日常生活の万が一に備えた保険商品も取り扱います。損害保険を扱うには、事故や保障に関する専門知識が必要です。

第3分野:そのほかの保険

医療保険や介護保険、がん保険など、第1分野にも第2分野にも属さない保険商品を第3分野といいます。これらは「生きるための保険」ともいわれており、死亡後に保険金が支払われる生命保険とは対照的に、病気の治療など生存中に保険金が支払われることが特徴です。こちらも、生命保険同様、多数の病気について詳しい知識が必要になります。

参照元
総務省
日本標準産業分類(平成25年10月改定)(平成26年4月1日施行)-分類項目名

▼関連記事
保険業界とは?扱う商品の特徴と職種を解説

LINE友だち登録をする

保険会社の主な6つの業務内容

保険会社の業務内容を解説します。多くが学部学科不問として募集していますが、中には専門知識を要する業務もあるので注意してください。

1.営業

個人や法人に向けて、自社の保険商品を販売する仕事です。保険は高額なため、簡単には契約がとれませんが、その分やりがいを感じられる仕事でしょう。

2.資産運用

保険加入者から預かったお金を運用して、利益を生む仕事です。保険会社では、顧客から保険料として預かったお金を投資や融資に使っています。投資計画や財務状況の分析を行うこともあるため、経営や統計を専攻していた学生が有利になることもあるようです。

3.アクチュアリー・ファイナンス

会社によって呼び方は異なりますが、保険商品の開発や評価、リスク管理を行う部署が存在します。数学的や金融工学、確率統計といった専門知識が必要です。

4.マーケティング

保険商品を開発するための市場調査や、広告宣伝を担います。営業やコールセンターなど顧客と直接関わる部署からニーズを聞き出し、新たな商品の開発やブランディングを行う仕事です。

5.契約関連

保険を契約しようとする顧客の審査を行ったり、保険金を支払ったりする仕事があります。すでに病気を持っている人が保険に入ることは、保険会社にとってはリスクです。契約内容が妥当かどうか、審査が必要になります。また、保険金を支払うとき、契約内容に沿って適切な金額を支払うよう査定を行う部門です。

6.IT戦略

自社のサービスをより良くするため、システムの開発や運用を行う仕事もあります。保険契約をスムーズに行うためのシステムや、膨大な顧客データを管理するためのシステムなど、さまざまな社内システムの開発・運用に携わる仕事です。

▼関連記事
就職先として人気の高い保険会社!営業の苦労と魅力とは?

保険会社に就職する3つのメリット

保険会社に就職するメリットは、ほかの業界に比べて給与が高いことです。また、海外で働ける可能性もあり、海外志望のある人にはメリットといえるでしょう。

1.給与水準が高い

厚生労働省の調査によると、男性の1ヶ月の給与(全年齢計)は、金融業・保険業が最も高く461.7千円となっています。先述のとおり金融業も含んでいるので一概にはいえませんが、保険会社の給与は比較的高いといってよいでしょう。
また、同調査によると大学卒の初任給平均は約21万円ですが、保険会社では初任給を23~25万円程度に設定している会社もあるようです。

2.営業職はインセンティブ制度があることも

営業職の場合、獲得した契約数が給料に反映されるインセンティブ(歩合制)を導入している企業もあります。頑張って実績ができれば、それだけ給料がアップするため、モチベーションも高く維持できるでしょう。

3.海外事業への挑戦も

国内市場が縮小傾向にある保険業界では、海外へ事業を展開する会社も多いようです。海外には、日本と違って保険加入者数が少ない国も多いため、国内の需要の低下を見込んだ各社は次々に海外進出を進めています。保険業未開拓の地で働けるため、やりがいを感じられるでしょう。

参照元
厚生労働省
令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況

令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給

▼関連記事
平均年収の高い業界はなに?新卒の学歴別初任給も紹介!

LINE友だち登録をする

保険会社に就職する5つのデメリット

一方、保険会社ならではのデメリットもあるので紹介します。

1.離職率がやや高い

厚生労働省の調査により、金融業・保険業の離職率は入職率よりも高いことが発表されています。ほかの業界と比べて飛び抜けて離職率が高いわけではありませんが、入職率より離職率が高いため残った在職者に負担がかかっている可能性も。人の出入りは激しいことが予想されます。
よくある離職の理由は以下のとおりです。

・営業で、ノルマをきつく辛く感じた
・書類のチェックなど単調な業務ばかりで成長を感じられない
・顧客からのクレーム対応など、ストレスが多い

就職する際には、こういった理由で離職する人が多いことも頭に入れておきましょう。

2.実力主義

メリットでインセンティブ制度を紹介しましたが、逆にいえば実力主義ということです。実績がある人は良いですが、頑張っても実績が出せなければ出世や昇給は難しくなると考えられます。安定を求める人には向いていないでしょう。

3.休みを取りづらい

特に、個人を相手にした営業の場合、顧客が休みの日に営業をするため、土日に働かなくてはいけないことも。近年は有給休暇や育児休暇の取得に前向きな企業が多くなっていますが、昔から続く老舗企業など、休みを取りづらいと感じる雰囲気の職場も多いようです。

4.市場は縮小傾向

少子高齢化が進む日本では、保険を必要とする働く世代が減っており、国内の保険需要は少なくなってきています。特に、生命保険の需要は下がっていて、安定したイメージが崩れていく恐れも。新しい分野に積極的に参入している企業でないと、将来経営が厳しくなる可能性もあるでしょう。

5.知識や能力に加えて体力も必要

営業職の場合、1日で複数の営業先を回ることもあるため体力も必要です。営業先では当然ながら、病気や事故のリスク、保険商品などさまざまな専門知識が求められます。業務に取り組むかたわら、日頃から勉強を重ねて知識をアップデートしていかなくてはいけないので、体力と知力の両方が必要となるハードな仕事です。

参照元
厚生労働省 2019年(令和元年)雇用動向調査結果の概要

保険会社に就職するためにできること

この項目では、保険会社に就職するためにできることを紹介します。

業界研究・企業研究を行う

まずは、保険業界について理解を深めましょう。先述のとおり、保険会社には株式会社と相互会社があります。保険の営業というとノルマがきついイメージもありますが、利益を追求しない相互会社ではそこまでノルマがきつくない可能性も。会社の特徴を理解することで、自分に合った働き方ができるでしょう。

資格を取得する

金融や保険にまつわる知識を勉強できる資格を取得することがおすすめです。
保険会社の新卒採用では、ほとんどの職種が学部学科不問で募集されています。入社前から必要な知識はありませんが、金融や経済の知識は活かせるはずです。ファイナンシャルプランナーや簿記の資格を取得しておくと、就職後も役に立つでしょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。