経営学部では何を学ぶ?学生に人気の就職先とは

このページのまとめ

  • 経営学部では、組織の経営理論について学ぶ
  • 経営学部で学んだ知識はあらゆる業種で活かすことができる
  • 経営学部生に人気の進路は、銀行、商社、公務員など
  • 経営学部に人気の資格は、公認会計士、簿記、中小企業診断士など
  • なかなか就職先が決まらない時は、視野を広げて就活をしてみる

今回のコラムでは、経営学部の学習内容や就職先について詳しく解説していきます。
進学やその先の就職に迷っているという方は、ぜひ内容を参考にしてください!

 

経営学部とは

経営学部とは、企業をはじめとする組織の経営理論を学ぶ学部。数々の国立・私立大学が経営学部を設置しており、学部がなくても経営学科やそれに類する学科を置く大学もあります。
経営学は企業を構成する人、金、設備、情報といった経営資源をいかに有効活用し、企業を発展させるかを考える学問です。そのためには、企業の売り上げや成長性の違いにどんな要因があるのか、良い組織の共通点は何かを追及する研究が欠かせません。
企業はビジネスを成功させるために、事業のリスクや対応法、ターゲット、販売チャネル、価格などあらゆる面を考慮して戦略を立てますが、経営学部でもこのような観点から戦略を考え、実践的な経営に触れていきます。
組織としての戦略を立てるためには、経営学全般の知識はもちろん、簿記、会計、経済学、社会学、法学など関連する分野の知識も必要。マーケティングや人材マネジメントについて学ぶ機会もあり、経営学部では幅広い学問領域を学ぶことになるでしょう。
経営学部は文系に分類されますが、経営分析では統計学といった理系分野の手法を用います。科目によっては数学が必要なので、ある程度数字に抵抗がない人に向いているでしょう。

経営学を学ぶメリット

経営学では民間企業だけではなく、自治体やNPO団体といったあらゆる組織を対象とするため、どの就職先でも学んだ知識を役立てられます。
経営学を学ぶと経営者の視点が身につくため、事業目的や経営資源の配置、顧客の満足度や地域への貢献性など、幅広い領域について、経営者目線で考えられるようになるでしょう。

経済学との違い

経営学は、経営理論を学んで個々の組織の課題解決を考える学問。一方経済学では、社会全体の経済活動やその仕組み、経済の歴史や理論について学ぶ学問です。
経営学部と経済学部の就職先に大きな差はないので、どちらに進むか迷ったら自分が何を学びたいかで選ぶのが良いでしょう。

 

経営学部の進路

経営学部は幅広い分野で役立つ学問なので、特定の就職先が決まっているわけではありません。文系学部の中でも理系的な考え方を学んでいることが強みであり、比較的就職率は高いでしょう。
経営学部の就職先はさまざまですが、人気の就職先は銀行や保険、証券といった金融系、商社、公務員など。グローバルに働ける企業を志望する学生も多く、幅広い分野、企業での活躍が期待できます。在学中に公認会計士や税理士、中小企業診断士などの資格を取得し、就職でアピールする学生もいるようです。

就職以外の進路としては、ビジネススクール(経営学を教える大学院)に進み、MBA取得を目指す人も。MBAは「Master of Business Administration(経営学修士)」の略称で、修士課程を修了すると取得できます。
MBAは経営に関わる高度な知識を証明できる資格であり、企業内で高く評価されて経営幹部に選ばれる取得者も少なくありません。欧米の大手企業CEOの半数近くがMBA取得者とされることからも、企業で活躍するのに大変有利な資格といえるでしょう。
MBAは日本国内で取得できますが、欧米に質の高いビジネススクールが多いことから、留学して取得を目指す人も多いようです。

 

経営学部におすすめの資格

ここでは経営学部の学生に人気の資格をご紹介します。

公認会計士

会計に携わる資格の中で最も難易度が高い資格。医師、弁護士と並んで三大国家資格といわれ、監査業務は公認会計士のみが行える「独占業務」とされています。会計はあらゆる業種で必要なことから、ビジネスフィールドが幅広いのも魅力です。
公認会計士は給与水準が高いことでも知られ、経済面でのメリットもあります。公認会計士のスキルは勤務年数に応じて蓄積されるため、資格取得が早いほど収入面で有利になるでしょう。

税理士

税理士は個人や企業の代わりに税金の申告を行う税務代理をしたり、税務署に提出する税務書類の作成をしたりするのが仕事。そのほか、企業の経営コンサルティングを請け負う税理士も存在します。
税理士になるには、税理士試験に合格して2年以上の実務経験を積むか、弁護士・公認会計士の資格を取得するか、税務署で23年以上勤務するのが条件です。

簿記

簿記とは、企業の経営活動を記録、計算して財政状況を明らかにすること。簿記を取得すると会計の知識のほか、財務諸表を読み解くスキルやビジネスで大切なコスト感覚が身につきます。
簿記資格にはいくつか種類がありますが、その中で最もメジャーなのは日本商工会議所が主催する日商簿記検定。日商簿記検定には3級~1級があり、1級は公認会計士や税理士への登竜門といわれます。

中小企業診断士

経営コンサルタント分野唯一の国家資格で、日本版MBAともいわれています。試験範囲は販売、会計、マーケティングと経営学部で学ぶ領域とかぶるため、大学での勉強を活かせるでしょう。
日本国内の会社数に対して中小企業診断士は不足している状況なので、資格を取得すれば就職に有利になるのではないでしょうか。

 

なかなか就職先が決まらない時は…

経営学部に在籍しているのになかなか就職先が決まらない時は、エントリーする企業を絞り込みすぎていないか考えてください。大手企業や有名企業は倍率が高く、それだけを受けていると内定のハードルが高くなります。今まで目を向けていなかった企業にも、優良企業や自分に向いている企業があるかもしれません。自分に合った職場を見つけるためにも、就活では視野を狭めないことが大切です。

また、仕事探しの基準が曖昧だと、説得力のある志望動機を説明することができません。自己分析をして自分の強みを活かせる業界はどこか、自分がやりたいことは何かを明確にし、相性の良い業界や企業を探しましょう。志望動機はどの企業の面接でも聞かれる質問の1つですが、人事を納得させる志望動機を答えるには、その企業だからこそ入社したい理由を説明することが大切。事前に企業研究を行って企業独自の強みや他社との違いを理解し、応募先企業を選んだ理由をブラッシュアップしていきましょう。
面接では回答内容はもちろん、服装や姿勢、表情の印象も評価を左右します。スーツのシワや汚れ、髪型が適切か、暗い表情になっていないかを意識し、はきはきと聞き取りやすい声で話しましょう。

将来の進路に悩んでいる方は、新卒就職支援のキャリアチケットにご相談ください。キャリアチケットでは専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、これからの進路や就職先について一緒に考えていきます。
サービスのご利用はすべて無料ですので、第三者のアドバイスを受けながら今後について考えていきましょう。

▼関連記事
就職に失敗しそう!今すぐ逆転するための方法とは

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!