Uターン就活は有利?地方で就職したい方へ解説

このページのまとめ

  • Uターン就活は地元学生と差をつけることで有利になる
  • Uターン就活では都会での経験や知識をアピールすることで有利になる
  • Uターン就活を有利にするには、時間的余裕があることも大事
  • Uターン就活は愛着のある地元に戻れるメリットがある
  • 地方は採用人数が少ない傾向にあるため、Uターン就活は慎重に行う

Uターン就活とは、地方から都会へ進学した学生が地方に戻り就活をすることを指します。Uターン就活は地元学生と比べると不利なのでは?と思う方もいるでしょう。しかし、場合によっては、Uターン就活が有利に動くこともあります。このコラムでは、Uターン就活が有利なのかを解説し、また、Uターン就活をするメリットや注意点なども説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Uターン就活は有利?

地元学生に比べるとUターン学生は不利に思われがちですが、Uターン就活が有利になる場合もあります。Uターン就活を考えている方は有利にするためのポイントを押さえて、就活に臨みましょう。

Uターン就活が有利な理由

企業側が面接の際に注目しているのは人柄や能力であることから、地元学生とUターン学生とで評価に差をつけていない傾向があります。企業によっては、積極的にUターン学生を採用していることも。では、どのような理由でUターン就活が有利になるのでしょうか?

企業側にとって出身大学の偏りを減らせる

地元学生のみを採用すると出身大学に偏りが出てしまうことから、Uターン学生を積極的に採用する場合があります。多様な人材を採用したい企業側からすると、Uターン学生は魅力的であり、積極的に採用を行いたいと考えることが多いようです。

都会での経験や知識が強みになる

地方の生活では得られない経験や知識を持っていることで、企業に新しいアイデアを発信できる可能性があります。
また、1度都会で暮らしたことにより、地元に戻ってきた際に、今までは知らなかった故郷の魅力に気づくこともあるでしょう。地元の学生と異なった視点で物事を見られることは強みであり、採用担当者の目にも留まりやすくなります。

Uターン採用を行っている企業もある

都会に就職する学生が増えていることでで、地方は人材不足になっていることも。そのため、通常の採用枠とは別に「Uターン採用枠」を設けている企業もあります。なかには、就職活動にかかる交通費を支給するところも。
地域の活性化にもなりますし、地元とは異なる環境で暮らしてきた人材を採用することで、他の社員にとっても良い刺激となるでしょう。

Uターン就活が有利になる3つの条件

Uターン就活を有利にするには、条件も必要です。都会で暮らした経験があるだけでは、Uターン就活で有利になるのは難しいでしょう。都会の暮らしで得たものを明確にすることが大事です。

1.都会で身になる経験をしたか

地元学生がしていない経験を都会でしている学生は、企業側からすると新鮮に映ります。
地方から都会へ進学した場合、一人暮らしをする人も多いでしょう。一人暮らしの体験や苦労も、地方学生にはない貴重な経験としてアピールできます。

2.時間的な余裕があるか

時間的に余裕がない場合、Uターン就活は難しいでしょう。
Uターン就活をする場合、面接や選考会の際に地元に戻る必要があります。大学の授業がある場合、地方での面接や選考と被ってしまうこともあるでしょう。また、地元に戻る際には移動費はもちろんこと、人によっては宿泊費がかかる場合もあります。
帰省にかかる往復の時間を考えると、Uターン就活は時間的に余裕のある人が有利でしょう。

3.地元学生にない強みを持っているか

都会での生活で得た経験や知識は強みとなります。
都会の暮らしで得てきたことを志望する企業の業務に活かせれば、会社にとっても利益となります。
また、故郷から離れ都会で暮らしたことで、地元の良さに気づくこともあるでしょう。それは地元学生には経験できないことです。
地元学生との差をつけることは、企業へのアピールになるので、自分の強みは洗い出しておきましょう。

Uターン就職をするメリット

Uターン就職には多数のメリットがあります。この項目では、Uターン就活をするうえでのメリットをお伝えします。

地元に戻れる

Uターン就活なら愛着のある地元に戻れます。
都会での生活に慣れず、疲れてしまうこともあるでしょう。また、一人暮らしをしている場合、寂しさや心細さを感じている人もいるはず。家族や友人、親戚のいる環境で生活ができることは安心感にもつながります。

実家に住めば生活費を抑えられる

地元の実家に住めば、都会で一人暮らしをするよりも生活費が抑えられます。
都会は物価や家賃が高いため、生活をするだけで手一杯になってしまう可能性もあるでしょう。
地元で一人暮らしをする場合でも、地方は家賃が安いので生活費を抑えられます。

満員電車から解放される

地域にもよりますが、地方だと満員電車を避けられます。
都会は人が多い分、電車が混みます。特に通勤の時間帯は満員電車であることがほとんど。
毎日の通勤ラッシュにストレスを感じる方も多いでしょう。そのため、満員電車から解放されたいという思いで、Uターン就職を考える方もいるようです。
ここで1つ注意したいのは、Uターン先の地域で異なりますが、通勤に車が必要な場合もあります。
地方は電車やバスの本数が少なく、交通の面で不便さを感じるでしょう。Uターン先の交通状況は事前に調べておくことをおすすめします。

自分の時間を有効活用できる

業種にもよりますが、都会に比べて地方は長時間労働が少ない傾向にあるため、自分の時間が確保しやすいでしょう。
都会では顧客数が多いことなどの理由で休日出勤や残業をせざるを得ないことも多々ありますが、地方であれば慌ただしさが軽減され、自分の時間を充実させられるでしょう。

Uターン就活を考えている人へ4つの注意点

Uターン就活に大きなメリットを感じ、地元で就活をしたいと思う方も多いでしょう。しかし、メリットだけではないのも事実です。この項目では、Uターン就活の注意点を解説します。

1.企業が少ない

都会に比べて地方の企業は数が少ないため、希望する業種の求人が見つからないこともあるようです。自分の住んでいる場所から通える範囲や、希望の業種などを考えると選択肢はさらに限られてくるでしょう。
また、人気の企業だと志望者が殺到する場合もあります。希望する業種や条件がある場合は、事前に求人情報を調べておきましょう。

2.収入が低い可能性がある

地方は物価や家賃が安い観点から、都会よりも給料が低い傾向にあります。そのため、高収入を求める方にとっては、デメリットに感じるでしょう。
収入が少ないことに抵抗がある場合は、あらかじめ地元企業の給与状況の確認をすることをおすすめします。

3.娯楽が少ない

地域にもよりますが、地方は都会に比べてレジャー施設や飲食店などの遊べる場所が限られていることも少なくありません。
休日に遊べる場所が限られるので、都会での生活に慣れ親しんでいる場合は物足りなさを感じることも。
地方は娯楽が少なめですが、豊かな自然に溢れています。サーフィンやランニングなど、自然を楽しめる趣味を見つけるのも良いでしょう。

4.採用人数が少ない場合がある

地方は人口が少ないため、採用人数も少ない可能性が高いです。
少ない採用人数の中、内定をもらうのは難しいでしょう。そのため、採用してもらうための工夫が必要です。
より効果的なアピールをするためには、地元学生には書けないような志望動機を書くなど工夫が必要です。
「地元が好き」「地元で働きたい」といった志望動機だと、差をつけることはなかなか難しいでしょう。
前述のとおり、都会で得た知識や経験を面接の際にしっかりとアピールすることが重要です。
都会での経験を交えて志望動機を伝えることで、企業側へ好印象を与えられます。

▼関連記事
Uターン就職をするために心得ておくべきこととは?

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!