「とりあえず受ける」就活はOK?効率良く進める方法を解説!

このページのまとめ

  • 「とりあえず受ける」就活は初期段階ではある程度有効
  • 少しでも興味がある企業には積極的にエントリーしよう
  • 就活が解禁になったら学業との兼ね合いも考えて企業数を絞ったほうが良い
  • 就活の軸を見つけておくと企業選びや面接で困らない
  • 自己分析や業界・職種研究をして就活の軸を洗い出そう

就活で「色々な企業をとりあえず受ける」というやり方に不安を抱いていませんか?企業に興味を示す段階のエントリーであれば「とりあえず」でも問題はありませんが、それ以降は受ける企業を絞り込んでいく必要があります。このコラムでは、エントリー時の就活方法や、就活の軸を洗い出す方法をご紹介。「どこでも良いから受ける」とやみくもになることを防ぐため、コラムを通して就活の効率的な進め方を知っておきましょう。

就活で「とりあえず受ける」のはアリ?

自分がやりたいことを明確にできず、「とりあえずいろいろな企業を受けてみたい」と考えている就活生もいるのではないでしょうか。
就活の初期段階であれば、選り好みせずに「とりあえず受けてみる」ことをおすすめします。
その理由を下記で詳しく解説しているので、参考にしてください。

興味がある企業にどんどんエントリーしよう

まずは興味がある企業にどんどんエントリーしましょう。「待遇が良い」「仕事が面白そう」「興味がある業界」など、些細なことで構いません。
就活解禁後は筆記試験や書類選考などがあり、必ずしもすべての応募企業の面接まで進めるとは限らないからです。エントリーの段階で企業を絞りすぎてしまうと、持ち駒がすぐに尽きてしまいます。
また、エントリーした企業は必ず選考を受けなくてはいけないということはありません。エントリーはあくまで「企業に興味がある」という意思表示であり、説明会の日程や選考スケジュールなどの必要な情報を知るための段階です。
後々の選択肢を狭めないためにも、エントリーは積極的に行いましょう。

▼関連記事
就活の第一歩!エントリーとは何をすればいいのか
 

 

エントリー後は受ける企業を絞っていこう

エントリー後は徐々に受ける企業を絞っていきましょう。
説明会、エントリーシートの作成・提出、面接など、1つの企業だけでもやらなければいけないことが多々あります。そのような中で多くの企業を受けすぎると、1社に対する準備が中途半端になってしまう可能性も。さらに学業との兼ね合いも考えなくてはいけないため、選考を受ける企業数は自身のスケジュール管理に無理のない範囲で留めるのが賢明です。
また、選考を受けている企業に統一性がないと、他社の選考状況を確認された際に「どこでも良いのか」と悪印象を抱かれてしまう恐れがあります。
上記のような理由から、「とにかく何社も受ける」というやみくもな就活は避けましょう。

やみくも就活を防ぐために「就活の軸」を明確にしよう

就活の軸は、企業や仕事を選ぶ際に基準となる自分の希望や考え方のことを指します。
就活の軸が明確になっていれば、企業選びがスムーズになるうえ、面接でキャリアビジョンについて質問された際も困ることはありません。
今後の就活を有利に進めるためにも、以下の方法で就活の軸を洗い出しましょう。

「就活の軸」を見つける方法

就活の軸を見つけるためには、下記の方法を実践しましょう。

自己分析

自己分析が十分でない場合は改めて行い、自分のことを知っておきましょう。
まずは自分の過去を振り返り、頑張ったことや達成したこと、苦難を乗り越えた経験などを思い出せる限りノートに書き起こしていきます。一生懸命取り組んだことであれば、どんな小さなことでもかまいません。
思い出したエピソード1つひとつを「なぜこれをやろうと思ったのか」「どの部分に達成感があったか」と自問自答形式で深堀りしていけば、自分の強みや根本的な希望が見えてくるでしょう。

業界・職種研究

自己分析が終わったら、業界・職種研究を行います。
まずは就職関連の情報を扱っているWebサイトや書籍などを見て、どのような業界や職種があるのか把握しましょう。その中から自分が興味を持てるものや、自己分析の結果と合いそうなものをいくつかピックアップし、主要企業や業態など、大まかな特徴を調べていきます。新聞やニュースサイトで業界に関連するニュースを探し、現状や今後の動向なども知っておくと良いでしょう。

就活のプロの力を借りるのも有効な手段

上記で紹介した方法を試してみてもやりたいことが分からない、自信がないという場合は、就活のプロに力を借りるのも有効です。
相談先としては、所属大学のキャリアセンター(学務課)や、就職エージェントがおすすめ。カウンセリングや応募書類の添削、面接対策など、就活関連のサポートが充実しています。
就活で分からないことや悩み事がある場合は、小さなことでも一人で抱え込まずに相談しましょう。

▼関連記事
「就活の軸」の重要性と定め方とは?効果的なアピール方法もご紹介
 

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする