就活生が11月まで内定なしだったら?今すぐに取り組むべき対応とは

このページのまとめ

  • 11月まで内定がない就活生は厳しい状況だといえる
  • 10月の内定式後は企業の募集が減る傾向にある
  • 秋採用には大手とはいえなくても優良企業が残っている場合も
  • 11月は就活の軸を決め、応募する企業の幅を広げる
  • 11月に内定がなければ就活エージェントの利用もおすすめ

11月の就活はどのように進めれば良いのでしょうか。この時期になっても内定がなく、焦っている就活生もいるでしょう。春・夏採用で内定を得られなかったことには原因があるはず。まずは自身の就活スタイルを振り返り、今後の軸を再構築しましょう。11月の就活にはメリットもあるため、諦めずに就活を継続する姿勢が大切です。
いま取り組むべき就活の対策を練り、何としてでも内定を獲得しましょう。

11月でも内定がないのは危ない?

就活のメインは、企業の情報が公開される3月から内定式が実施される10月までが一般的です。そのため、11月時点で内定がないということは、かなり厳しい状況だといえるでしょう。
とはいえ、この時期ならではのメリットもあります。まずは、11月の就活がどのような状況にあるのかを把握して、今までの就活のやり方を見直しましょう。

秋採用となる11月の就活事情

大学4年生の11月は、秋採用の終盤にあたります。内定を獲得するためにも、この時期の就活事情について知っておきましょう。

企業の募集が縮小し、採用枠が減る

11月における就活の特徴の1つとして、企業の採用枠が減少することが挙げられます。
一般的に就活は、3月に企業情報が解禁されると、春・夏にかけて本格化していきます。企業によっては、内定を正式に通知する式典が10月に実施されるため、そこをゴール地点とした募集が多いというのが実情です。この期間に採用枠を埋められなかった企業が追加募集をかけるケースもありますが、春・夏に比べて求人の数は少ないでしょう。

ほかの就活生の水準が高くなる可能性がある

企業のニーズを十分に満たすようなレベルの高い就活生の多くは、早々と内定を決めてしまいます。それでは、11月の就活生のレベルは下がるのかといえば、一概にそうとも限りません。すでに内定をもらっている就活生の中には、より条件の良い企業を求めて就活を継続している学生もいるためです。
ほかにも、公務員試験や資格試験、海外留学、部活動といった活動に時間を割き、就活をスタートさせられずにいた学生もいます。これらの学生が秋採用に参戦してくれば、ライバルとなる就活生の水準が高くなる可能性も大いに考えられるでしょう。

11月の就活におけるメリット

11月までに内定がないことを楽観視することはできませんが、この時期ならではのメリットもあります。

優良企業に採用枠が残っているケースがある

11月の求人は、大手企業に比べて知名度や集客力がないために、採用枠を埋められなかった企業が主になるでしょう。業界シェアがトップクラスであるにも関わらず、サービスが専門的であるがゆえに一般の認知度が低い企業も存在します。会社の規模は小さくても、法令を遵守し高待遇の優良企業は多いため、企業探しを徹底的に行うと良いでしょう。
また、大手のグループ会社が募集をかけているケースもあります。この場合、勤務条件や福利厚生は親会社に準じているため、掘り出し物の1つだといえるでしょう。

ほかにも、春・夏採用で内定を出した学生に辞退され追加募集を行う企業や、通年採用を取り入れている企業があります。特にベンチャー企業では多彩な人材を求めるため、時期を区切らず募集をかける所が多い傾向です。新しい事業の拡大に伴って大量募集しているケースもあり、11月まで内定がない就活生にとっては狙い目だといえます。

企業の採用基準が下がっている

企業の採用基準が下がるという点も、11月の就活のメリットといって良いでしょう。
先述したように、秋採用は募集人数を満たせなかった企業が求人を続けているケースがあります。必要人数を揃えられないと経営に響いてくる可能性もあるため、企業にとって人材の確保は非常に重要です。
春・夏は就活生の数も多く、企業側にも選ぶ余裕があるでしょう。しかし、秋以降になれば就活生の数が減ってくるため、企業側の選択の幅は狭まります。企業としては社員の人数が足りていないと困るため、求める人物像の条件を全て満たしていなくても良いという判断をせざるを得ないことも。「最低限の条件を満たしていれば採用しよう」と考える企業が増えると想定され、春・夏と比べて採用のハードルは低くなるでしょう。

11月だからこそ取り組むべき就活とは?

11月の就活事情やメリットを把握したうえで、今やるべき就活とは何でしょうか。以下を確認して、内定につながる就活を実践しましょう。

今までの就活のやり方を見直す

春・夏と精力的に就活を行ってきたにも関わらず、11月まで内定を得られなかったことには原因があるはずです。やみくもに就活を続けても、現状を打破できません。今までのやり方を徹底して振り返り、今後の就活にどう活かすかを考えましょう。
まずは、自分がどの時点で不採用になったかを把握することが重要です。書類選考から先に進めないのであれば、エントリーシートや履歴書の再考が必要でしょう。書類選考は通過するのに面接で毎回落とされるのであれば、面接の練習や対策が必須だと考えられます。

就活における自分の軸を再構築する

今までの就活を振り返ったら、次は自分の軸を定めましょう。軸とは、自分のできることややりたい仕事、譲れる条件は何かを浮き彫りにして、志望する業界や企業を明確化することです。
この軸が構築できているか否かは、自分とマッチする企業に出会えるかどうかにつながります。軸がないままだと、自分と合わない企業を受けてしまう可能性が高まり、結果的に内定が出づらくなるという悪循環に陥ることも。
卒業まであまり時間もありません。11月は就活の軸を再構し、いかに効率的な就活を行うかがポイントになるでしょう。

応募する業界や企業の幅を広げる

自分の軸が固まれば、応募する業界や企業も自ずと見えてくるでしょう。応募する業界や企業の範囲を自身の思い込みで狭めないよう心がけ、広い視野を持って求人に目を通してください。今までは考えもしなかった企業が、実は自分の適性にマッチしている可能性も十分に考えられます。
就活生の中には大手企業にこだわって就活を行う人もいますが、規模の大きさだけで企業の良し悪しを判断することは避けた方が良いでしょう。知名度が低くても、優良な中小企業や零細企業はあるためです。高みを目指すことは良いことですが、大手かどうかにこだわり過ぎると、自分にマッチした企業を見誤り、内定を遠ざけてしまう恐れがあります。自身の就職の可能性を狭めないためにも、視野を広げて求人に目を通すよう心がけましょう。

就活エージェントから紹介を受けるのもオススメ

就職に行き詰まったときには、就活エージェントに相談するのもおすすめです。
就活エージェントでは、プロのアドバイザーが1対1で就活のサポートにあたってくれます。就活に役立つセミナーを無料で受けられ、面接やグループディスカッションの対策が可能なため、就活スキルを向上させられる点も魅力です。履歴書やエントリーシートといった書類関連も、企業目線でチェックしてもらえます。「自分の就活の問題点が分からない」「効率良く就活をしたい」という人に適したサービスだといえるでしょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!