10月以降の就活は内定が出やすい?チャンスを掴むために今すべきこと

このページのまとめ

  • 10月以降の就活は内定が出やすい傾向にあり、就職のチャンスに溢れている
  • 10月は就活開始時よりも就活生の母数が減り、内定の確率が上がる傾向に
  • 企業も採用計画を達成させるため、必死になって募集をかけている時期
  • 10月時点で内定が決まっていない人は、大企業に絞って就活している可能性がある
  • 大切なのはその企業の規模や知名度ではなく、自分に合っているかどうか

10月になっても就活がうまくいかず、内定をもらえていないあなた。諦めるのはまだ早いでしょう。なぜなら就活において「10月」は内定が出やすい時期といわれているからです。
本コラムでは、10月に内定が出やすい理由や、10月からの就活方法を詳しくお伝えします。現在、10月時点で内定がもらえていない就活生の方は、ぜひご参考にしてください。
 

実は10月からの方が内定が出やすい?その理由とは?

企業のなかには10月から内定が出やすいところもあります。なぜ就活開始時ではなく10月の方が内定が出やすいのか…。以下、その理由を詳しく見ていきましょう。

3月の就活開始時より就活生が減っている

就活が始まる3月に比べ、選考が進んだ10月は企業にエントリーする就活生が減っています。早期に志望企業から内定をもらった就活生が就活を切り上げることが多いため、単純に就活生の母数が減り、内定が出やすい傾向になるといえるでしょう。

 企業が採用に必死になっている時期

また、内定辞退者が発生している時期でもあり、企業側が追加募集をかけていることがあります。
さらに、見込んでいた数の人材が集まらなければ、それだけ企業も必死になり、採用に熱が入るでしょう。
選考が始まった6月頃は、企業側も優秀な人材を見極めて採用を進めることが多いでしょう。しかし、10月ごろになると、早く内定者を決めないといけないという焦りが出てきます。この時期に募集をかけてる企業は、内定者数が採用計画に達していない可能性が高いので、就活生にとっても大きなチャンスとなるでしょう。

つまり、10月は優秀な就活生が少なくなっている反面、企業側は内定者辞退による追加募集をかけていたり、採用計画に到達させるため必死になっていたりするため、内定が出やすい傾向にあるといえます。
 

10月に内定がない3つの原因と対処法

次に、10月時点で内定が出ていない方の原因をあぶり出し、対策していきましょう。

1.難易度の高い企業(大手企業)ばかり受けている

倍率が高い大企業ばかり受けている場合、内定の難易度が高く、10月にはエントリー企業が全滅してしまうおそれもあるでしょう。どうしても大企業に入りたかったとしても、固執しすぎてしまっては得られるものも得られなくなってしまいます。

対処法:中小企業やベンチャーにも目を向けてみる

大企業にしぼって内定をもらえない人は、中小企業やベンチャーに目を向け、視野を広げてみましょう。
大企業は確かに「給料が良い」「安定している」といったイメージがありますが、だからといって自分に合う会社かは分かりません。その企業の規模や知名度だけでなく、自分の性格や能力に合っているか考えるところから始めましょう。
今まで目を向けていなかった中小企業やベンチャーの中に、自分と相性の良い会社が眠っていることもあるでしょう。

2.エントリーシート作成のコツがつかめていない

書類選考の段階で落ちてしまう人は、まだエントリーシートを書くコツがつかめていないおそれがあります。特に自己PRや志望動機の欄は、自分の資質や人柄を伝える大切なアピール項目です。そういった項目で自分の魅力を伝えきれていないと、なかなか書類選考から先に進むことができなくなってしまいます。

対処法:採用担当者に刺さる文章を考える

今まで書いてきたエントリーシートの内容をあらため、採用担当者にダイレクトに刺さる文章を考え直しましょう。どんな内容が刺さるかは、応募する企業の採用ニーズによっても異なります。企業の業種や特徴によってアプローチを変え、その企業にとって望ましい人物像と自分自身の資質を照らし合わせてアピールすることが大切です。
また、自分の書いたエントリーシートに自信が無い就活生は、友人や先輩、キャリアセンター、エージェントなどから添削してもらうと良いでしょう。

3.どの企業に対しても熱意をアピールしきれていない

内定をもらえない人の特徴として、企業に入社の熱意を伝えきれていないという点が挙げられます。せっかく面接に進めたとしても、自分の口で企業への想いを表さなければ採用者には刺さりません。それどころか、伝え方を誤れば「志望度が低い」「やる気がない」とみなされてしまうことも。

対処法:志望度や熱意を伝えるために企業の情報を漁る

熱意を伝えるために重要なのは、その企業についてよく知ることです。企業の特徴や競合他社との違いを熟知していなければ、「どうして他ではなくその企業なのか」を伝えることができません。まずは、ホームページや情報誌などでその企業の知識を深めましょう。そのうえで、自分が他企業ではなくこの企業を選んだ理由を導き出し、面接でしっかり伝えられるように練習することが大切です。

▼関連記事
内定が取れない原因と対策を解説!心が折れそうなときの持ち直し方とは
 

10月以降の就活でやるべき3つのこと

ここでは、10月以降の就活でやるべきアクションをご紹介します。10月時点で内定がなく焦っている就活生は、まず以下の項目にチャレンジしてみましょう。

1.エントリー企業数を増やす

エントリー企業の数が少なければ、1社不採用になっただけでも精神的な不安は募ります。そのような余裕の無い状況では、面接で最善のパフォーマンスを発揮するのは難しいでしょう。一方エントリー企業が十分ある状態であれば、心に余裕を持って就活を進めることができ、良いパフォーマンスへと繋がる相乗効果を生み出します。
エントリー企業の具体的な増やし方は以下を参考にしましょう。

・求人紹介サイトで検索する
・大学内の合同説明会に参加する
・大型の合同説明会に参加する
・口コミサイトを参考にして自分に合う企業に応募する
・スカウトサイトに登録し企業側からアプローチをもらう
・大学内のキャリアセンターで企業情報を得る

エントリー企業を探す際は、先述のとおりその企業の知名度や規模に固執せず、「自分に合った会社か」という指標を持つように心がけましょう。

2.中小企業の合同説明会に参加する

エントリー企業の増やし方に関連して、10月以降の就活として特におすすめなのが「中小規模の合同説明会」への参加です。
大規模な合同説明会でもたくさんの企業の情報を得ることができますが、大抵1社につき10~15分ほどの所有時間なので、得られる情報が限られてしまいます。
その点、中小企業の合同説明会では、数社で数十人の就活生というのが一般的な規模で、濃密な話を聞けるほか、採用担当者と直接話す機会に恵まれることも。より詳しい企業の生の声を聞きたい方は、ぜひ中小企業の合同説明会に参加してみましょう。

3.就活エージェントに相談する

10月以降の就活を優位に進めるため、就活エージェントの活用をおすすめします。就活エージェントは、就活を熟知した専任アドバイザーとの個別面談を通して、自分に合った企業を紹介してもらえる就活生のためのサービスです。10月に入るとどうしても募集求人が減り、自分だけでエントリー企業を探すのは難しいのが現状。そんな時こそ多くの就活生や企業を見てきた就活のプロに頼ってみてはいかがでしょう。
 

10月以降の秋・冬採用はスピードが重要に!


10月以降の秋・冬採用は、選考ステップが減ってよりスピーディーになります。そのため、他の就活生から遅れをとらないよう、しっかり準備して挑みましょう。

また、10月は志望企業に入れなかったなどの理由から来年の就活に仕切りなおす「就職浪人」が増える時期ともいえます。「どうしても入りたい企業にもう一度挑戦したい」「インターシップや留学などで経験を積んでから再び就活を始めたい」などの明確な理由があれば、就職浪人も悪い選択とはいえません。

ただし、「とりあえず今年は諦める」「自分に合う会社が分からないから考え直す」といった理由で就職浪人するのはなるべく避けましょう。
先述のとおり、10月は内定が出やすい時期であり、チャンスに溢れた環境で就活をしないのはもったいありません。ぜひ、もう一度自分の就活と向き合い、前向きにチャレンジしてみましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!