中小企業と大企業の違いやメリット・デメリットを知ろう

このページのまとめ

  • 中小企業は「中小企業基本法」によって業種ごとに定義されている
  • 大企業は法律によって定義はされておらず、一般的には中小企業の基準を超えているところを指している
  • 中小企業は裁量権が大きく自分の意見が通りやすいが、業務の責任が大きいという負担がある
  • 大企業は給与も高く福利厚生が整っているが、人間関係を構築しにくいデメリットがある
  • どのような企業を選ぶかは自分の実現したい働き方にかかっている

就職活動の場では、「自分の求める条件に合った企業を見つけたい」と思う人も多いのではないでしょうか。
人によって「良い企業」と感じる定義は異なるため、必ずしも大企業が適しているとは限りません。
中には、大企業に就職しても思うように活躍できず中小企業に転職した人や、反対に中小企業の社風が合わず大企業で成果を出せた人もいます。
大企業と中小企業の違いを知り、それぞれのメリットとデメリットについて考えてみましょう。

大企業と中小企業の違い

中小企業は「中小企業基本法」によって定められており、その定義は業種によって異なります。
資本金または従業員数のいずれかが下記に該当するものは、中小企業と定義されるでしょう。

製造業、建設業、運輸業、その他

資本金および出資の総額が3億円以下、または常時使用する従業員の数が300人以下

卸売業

資本金および出資の総額が1億円以下、または常時使用する従業員の数が100人以下

小売業

資本金および出資の総額が5000万円以下、または常時使用する従業員の数が50人以下

サービス業

資本金および出資の総額が5000万円以下、または常時使用する従業員の数が100人以下

参考:中小企業庁 - FAQ「中小企業の定義について」 https://www.chusho.meti.go.jp/faq/faq/faq01_teigi.htm#q1

なお、大企業の場合は中小企業のように法律で定義されていません。
一般的には、中小企業の基準を超えているところを大企業と指しています。

中小企業と大企業の違いについて触れましたが、両者にはどのような特徴があるのでしょうか。
次の項目からは、それぞれのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

 

中小企業のメリット・デメリット

中小企業には、その規模ならではのメリットとデメリットがあります。

メリット

一人あたりの裁量権が大きいため、多岐にわたる分野に携わって経験を積むことが可能です。
任される案件も多いので、数をこなすことでスキルアップに繋がるでしょう。

また、中小企業は社員数が少ない分、ある程度アイディアや希望が通りやすいというメリットがあります。
一人ひとりとコミュニケーションが取りやすいため、円滑なチームワークを築くことができるでしょう。
上司や経営陣との距離も近いので、実力を発揮したい方に向いていると言えます。

社風が読み取りやすいことも中小企業の魅力の一つです。
自分の考え方と企業の社風がマッチすれば、業務への理解度や満足度も向上していけるでしょう。

▼関連記事
隠れ優良企業ってなに?その定義と見つけ方を解説

デメリット

裁量が大きく人員が少ないため、業務における責任は大きくなります。
社員数と業務量のバランスが崩壊すると、一人あたりの負担が大きくなり、労働時間が長くなってしまう可能性も。
さらに万が一にもトラブルが発生した場合、フォローできるメンバーが少ないと一人で対応しなくてはなりません。

給与は、同じ業務内容であっても大企業と比べると低くなる傾向にあります。
昇給やボーナスは会社の業績によって変化する場合もあるので、大きな期待はできないと考えている人もいるようです。
社員が働きやすい環境づくりに努めている中小企業もありますが、福利厚生や各種手当ての支給は少ない傾向にあります。
事業の規模が小さいと、予算が少なかったり機器や備品が古かったりする点もデメリットとして考えられるかもしれません。

大企業のメリット・デメリット

大企業に就職すれば安泰といったイメージがありますが、大企業にもメリットだけでなくデメリットがあります。

メリット

大企業に勤めていると、企業名を伝えるだけでどのような事業を行っているかをおおよそ把握してもらえます。
ネームバリューがあると取引先企業も安心できるため、社会的信用が得られると言えるでしょう。
さらに、転職の際も大企業の名前があれば有利にはたらくケースもあります。
国家プロジェクトや業界内の最先端事業など、規模の大きなプロジェクトに携われるのも大企業のメリットと言えるでしょう。

経営資源が豊富であるため、給与の水準は高い傾向にあります。
大きな事業に関わっていることから昇給やボーナスにも期待でき、将来性や安定性も高いと考えられるでしょう。

また、企業や業界にもよりますが、福利厚生は充実しているところが比較的多いです。
家賃補助や資格取得支援、保養施設の利用など、社員の生活を豊かにする制度が取り揃えられています。
大企業は基盤がしっかりとしているため、長く働ける環境が整えられていると言えるでしょう。

デメリット

大企業は取引先の数に比例して業務量も多くなります。
繁忙期には社員一人の負担が増えることが考えられ、休日出勤や残業時間が増える要因となる可能性もあるでしょう。
また、社員数の多さから、誰がどのような業務を行っているのかを把握できないこともあるようです。
社内競争の激しいところではライバルが多く、人間関係を構築にしくいケースもあります。

企業の規模が大きい場合、社風にマッチできないと反対意見を認めてもらえず、環境を変えるのが難しいかもしれません。
ネームバリューや規模だけで企業を選んでしまうと、入社後にやりがいを感じられなくなる可能性があります。
大企業であっても安定が約束されている訳ではないので、経営が傾く可能性があることも視野に入れておきましょう。

 

就職するなら大企業と中小企業どちらが良い?

前述の通り、大企業にも中小企業にもメリットとデメリットはあります。
一概にどちらが良いというわけではありません。
大企業に就職したとしても、活躍できるかは自分の努力にかかっています。

就職活動に取り組む際は、自分が今後どのような働き方を実現したいのかを考えてみましょう。
企業研究や自己分析などをしっかりと取り組んだ上で、理想の働き方に合った企業を絞り込みます。

企業選びでは、就職先に何を求めているかを取捨選択することが大切です。
自分が求める条件をすべてクリアする企業を見つけるのは難しいと言えます。
業務内容や給与、社風、福利厚生など、自分がどんな項目を重視しているかを把握しましょう。

企業選びに困っているなら、就職支援サービスを活用するのも一つの手です。
キャリアチケットなら、プロのアドバイザーがあなたのスキルや希望条件に沿っておすすめの求人を紹介します。
さらに、履歴書の書き方や面接対策、就活相談などにも対応。
アドバイザーに相談して情報を整理することで、自分の方向性を定めることができるかもしれません。
「まずは相談だけしたい」という方も、お気軽にお問い合わせください。

▼関連記事
企業選びに悩んだら読もう!就職先の決め方マニュアル

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする