企業への最初のアプローチ!ESとはどんな書類?

このページのまとめ

  • 履歴書は、学生の学歴や能力などの基本情報を確認する市販の書類
  • ESは企業が作成する独自の書類のため、ESから企業が重視している点や知りたい点を把握することができる
  • ESでは、学生の人柄や個性を確認したいと考えている企業が多い
  • 履歴書とESでは質問が重複することもあるが、履歴書では簡潔に、ESでは深掘りした内容を書くのが基本
  • 具体的なエピソードを添える、結論から簡潔に書くなどのポイントを押さえて書くと、効果的なアピールができる

就活で、企業へ応募する際に提出を求められることが多いES(エントリーシート)。履歴書と似通った内容を書くこともあるため、どう書き分ければいいか分からないという人も少なくないようです。
このコラムでは、ESと履歴書の違いやESの書き方などを解説しています。
企業への最初のアプローチとなるES。時間をかけてしっかり書きあげていきましょう。

ES(エントリーシート)とは

ESについてご説明する前に、履歴書とはどんなものか簡単に確認しておきましょう。

履歴書には、コンビニや100円ショップなどで手に入る市販のもの、大学で販売している大学指定のものなどがあります。
どれを選ぶかは学生の自由ですが、自己PR欄などが広く取られている新卒向けのものを選ぶのが一般的。
企業側は、名前や学歴、能力やスキルなど、学生の基本情報を確認する書類として履歴書を使用しています。

一方のES(エントリーシート)は、企業が作成し配布している企業独自の書類です。
つまり、ESに記載されている設問を見れば、企業が知りたいことや重視している点が分かるということ。
ESに書かれた内容は、会社とマッチする人物か、入社後の配属先はどこがいいかなどの判断材料にされることもあります。

履歴書では応募者の基本情報を、ESでは人柄や個性を確認したいと考えている企業が多いため、ほかの就活生と同じような内容では企業の目に止まりにくいでしょう。数多くのESの中から興味を持ってもらうには、企業が望む人物像を理解しつつ、回答の中にオリジナリティ(自分の個性)を出して、しっかりと自分を表現する必要があります。
そのため、より一層の企業研究と自己分析が必要になり、他の企業と併用できるような内容でないことが大前提となるでしょう。

履歴書と比べても記入に時間がかかるため、ぎりぎりにならないよう早めに書き始めることが大切です。

ESを手に入れる方法は企業によって異なります。ネットからダウンロード可能な場合もありますし、学生に直接手渡しをしている企業も。
手渡しの企業では、説明会に参加しないと受け取れないケースもあるので、志望度の高い企業はきちんと調べておく必要があるでしょう。

▼関連記事
履歴書と違うの?エントリーシートの書き方を知ろう
 

ESでよくある項目

企業独自の設問がされるESですが、それでも多くの企業で問われる共通の項目は存在します。
なかには、履歴書に記載する項目と重なるものもありますが、そういった場合は、履歴書では簡潔に記入し、ESではより深掘りした内容を書くようにしましょう。

志望動機

ほとんどの企業のESで問われますし、履歴書でも必ず記入することになる項目です。
先述したように、ESに書く際は、履歴書の内容を深掘りしたものを書くようにしましょう。
履歴書に書いたものと矛盾があったり、それぞれに異なる志望動機を書いてしまうと、企業はどちらが本当の志望動機か分からなくなってしまいます。
一貫性のない人、もしくは書類に不備があると思われる可能性もあるため、各内容は必ず一致させるよう心がけてください。

▼関連記事
エントリーシートの志望動機、効果的に書く方法は?

自己PR

この項目も履歴書と重なることの多い質問です。
ESでは、自分にどんな個性があって、どんな考え方をするのかといった点を、根拠となるエピソードを添えて書くことで説得力を加えましょう。
また、企業がこの欄を見た時に、入社後に一緒に働きたいと思えるかどうかが重要なポイント。
自分らしさが伝わる内容にすることと、自分のどんな部分が仕事に活かせるのかを明確にするなど、入社後のイメージが湧くような書き方を心がけると好印象です。

▼関連記事
就活成功への第一歩!ESの自己PR欄作成のコツとは

学生時代に力を入れたこと

ESでこういった質問を設定する企業は多いでしょう。
学業や課外活動など、学生生活で自分が頑張ったことを書く項目ですが、ただ頑張ったことを書くだけであれば、学生時代の思い出のような内容になってしまいます。
その頑張りや行動を経て、どんなことを得たのか、学んだことや身につけたスキルなどを、どのように仕事に活かそうと考えているのかを書きましょう。

趣味

質問の趣旨が分からず迷う方もいるかも知れませんが、こういった質問をする企業は、回答から学生の個性を知りたいと考えているようです。
「趣味」を問われているからといって、単純に「読書」など一言で終わらせてしまってはアピールになりません。
その趣味にどうして興味を持ったのか、どんなふうに行っているのかなど、エピソードを添えて書くようにしましょう。
自分がどんな人物なのか、どんな価値観をもっているのかという点が伝わるようにまとめるのがポイントです。

そのほか、以下のような企業独自のユニークな項目が用意されていることも。

「自分らしさが出ている写真を貼る」
「1万円の臨時収入があったら何に使うか」
「今までで一番面白かったエピソード」
「指定の単語をつかってエッセイを書く」

どれも自分自身を理解していることと、発想力などが問われています。

また、企業によっては自由記述欄が設定されていることもあるようです。自由に自分をアピールできる欄ではありますが、何を記入すればいいのか迷う人がほとんどではないでしょうか。作成に時間がかかることが予想されますので、できるだけ余裕を持ってとりかかりましょう。

▼関連記事
エントリーシートの趣味欄…何を書いたら好印象?
 

ESを書く時のポイント

どんなに良い内容でも、書き方によっては相手に伝わりづらくなる場合もあります。
ESに書く内容が決まったら、下記にある書き方のポイントを確認しておきましょう。

エピソードは具体的に書く

前項でも触れましたが、エピソードを添えることで、自分のアピールポイントを相手にイメージしてもらいやすくなります。
ふんわりしたエピソードではなく、具体的に書くことで伝えたいアピールポイントに説得力をもたせることができるため、書く前にきちんと自分の体験を整理しておきましょう。

結論から簡潔にわかりやすく書く

アピールしたい点を相手に伝えるには、まずは根拠となる結論から書くのがおすすめ。
たとえば、志望動機であれば「私が貴社を志望している理由は」と書き始めます。
「結論」を書いたら、その根拠となる「理由」を続けて書き、最後にもう一度「結論」で締めましょう。

また、文章を書く際のポイントとして、一文を長くしすぎないという点もあげられます。
「私は…で、…のため、…をしており、…といった点があり、…です。」と、句点を打つまでが長いと、文章の趣旨が分かりづらくなってしまいます。
一文一文を短く簡潔に書くことを心がけると、伝わりやすいアピール文が書けるようになるでしょう。

アピールするポイントを絞る

人によっては、アピールしたいポイントを複数持っている場合もあるのではないでしょうか。
しかし、その全てを書いていしまうと要点がぼやけ、結局なにをアピールしたいのか分からない…というような文章になってしまう恐れがあります。
アピールポイントを選べない場合は、応募企業を研究しなおしましょう。その企業がどんな人物を望んでいるのかを把握することで、伝えるべき点を判断できるようになり、効果的なアピールが可能となるのではないでしょうか。

▼関連記事
伝わる・評価される!エントリーシートの書き方
 

ESを書く時に気をつけること

最後に、ES記入の際に気をつけることをまとめました。
どれも社会人としては当然のものですので、就活の前に知っておくと良いのではないでしょうか。

読みやすさを意識する

字の大きさは、大きすぎても小さすぎても見づらい印象を受けます。また、文字と文字の感覚が開きすぎていたり逆に詰まりすぎていたり、バラバラだったりすると読みづらさを感じるでしょう。
そのほか文章が塊になっていると見た目が良くないため、適度の改行を入れるように意識すると親切です。

読みやすいESの作成には筆記用具の選び方も重要。
インクの濃さや線の太さなど、自分が書く文字に合っているものを選びましょう。
近年では消えるタイプのボールペンを使用する人も増えていますが、ESのような応募書類には使用できませんので気をつけてください。

誤字・脱字に注意

どんなに気をつけて書いても誤字や脱字といったミスは起こります。
大切なのは書いた後に必ずチェックすること。このチェックを怠って誤字脱字のあるESを送ってしまうと、注意力に欠ける人という印象を与えかねません。
一度だけでなく、可能であれば第三者にチェックしてもらうと安心です。

空欄をつくらない

全くの空欄はもちろん、大きな枠に対して2~3行しか書かれていないなど書類に空白が見えると、意欲のない人と捉えられる可能性があります。
特にESは企業が作成している書類ですので、設問に対してこれくらいの回答が欲しいと考えて枠を設定していると考えられるでしょう。
与えられた枠に対して文字の大きさや行間など、読みやすく書くにはどうすればいいかという点まで考えると、やはりESの作成には時間がかかるということが分かります。


今回は就活のES(エントリーシート)についてまとめましたが、いかがでしたか?
応募書類の作成は、時間と労力がかかる大変な作業。なにから始めればいいか分からない、どう書けばいいか分からないと悩んでいる人も少なくないのではないでしょうか。
就職支援サービスのキャリアチケットは新卒に特化した就活サポートを行っています。
書類作成の方法や企業の選び方など、マンツーマンのカウンセリングで不安な就活をバックアップ。
新卒に特化しているサービスだからこその充実のサポートで、選考突破率39%アップを実現しています。
ぜひキャリアチケットにご相談ください!

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする