エントリーシートと履歴書の違いは?それぞれの書き方や項目について解説

このページのまとめ

  • エントリーシートは採用選考のみ、履歴書は入社後も使用される点で違いがある
  • エントリーシートでは企業独自の質問項目を設けるケースが多い
  • 履歴書は氏名や住所など、基本的な情報が求められる

エントリーシートと履歴書の違いは?それぞれの書き方や項目について解説のイメージ

「エントリーシートと履歴書ではどのような違いがあるの?」「書き方に違いはある?」などと悩む就活生もいるでしょう。採用担当者に評価されるためには、エントリーシートと履歴書の違いを把握し、それぞれに応じた回答をするのがコツです。

この記事では、エントリーシートと履歴書の記載項目や、書き方の違いについて解説します。どの企業でも必要になる書類なので、事前準備を入念にしておきましょう。

応募書類について相談してみる

   
目 次

エントリーシートと履歴書の違いを解説

エントリーシートは「採用選考でのみ用いられる書類」、履歴書は「人事データとして扱われる社内の公的な書類」の点で異なっています。どちらも就活で使用する書類ですが、用途や質問内容が違います。

エントリーシートと履歴書の違いについて、詳しく解説します。

エントリーシートの特徴

エントリーシートは、企業が独自に作成する書類です。企業が質問したい内容や知りたい内容に沿って作成される傾向があります。

たとえば、「学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)」は、エントリーシートによくある質問内容です。ほかには、住所などの基本情報に加えて、学生がアピールするための質問項目が多くなっています。

企業によっては、「自分を漢字一文字で表すと」のように、ユニークな質問内容もあるようです。エントリーシートでは個性のアピールが重視されるので、採用担当者に印象を残せる答え方を意識してみてください。

履歴書の特徴

履歴書は、従業員の氏名や生年月日、連絡先などを把握するために使われる書類です。入社後も保管されるので、正確な情報を記載しましょう。内容の誇張や虚偽は避けてください。

また、履歴書は市販されており、質問項目もある程度決まっています。エントリー条件を満たしているかどうかを判断するためにも使われるので、覚えておきましょう。

履歴書に記載する内容については、「履歴書の内容をまるごと全部解説!詳しい書き方や注意事項も」で解説しています。ほとんどの企業で提出が必要なので、内容を把握しておきましょう。

エントリーシートと履歴書は両方提出する場合もある

エントリーシートと履歴書は、両方とも提出を求められるケースがあります。企業の指示に従い、提出するようにしましょう。

提出タイミングは、企業によって違います。一緒に提出する場合もあれば、エントリー時に履歴書を提出し、一次面接のタイミングでエントリーシートを提出する場合もあるようです。

応募書類について相談してみる

 

エントリーシートと履歴書に記載する項目の違い

エントリーシートと履歴書では、必要な内容が変わるので覚えておきましょう。項目の違いについて解説するので、内容の書き分けを意識してください。

エントリーシートに記載する項目

エントリーシートには、次のような内容を記載するのが一般的です。

・基本情報(氏名、住所など)
・学歴
・自己PR
・志望動機
・長所、短所
・ガクチカ

エントリーシートは、学生の個性や考え方、企業との相性を評価するために使用されます。質問内容は企業によって違いがあるので、あくまで一例と考えておきましょう。

エントリーシートの項目や書き方については、「エントリーシートとは?選考を突破する書き方のコツを例文付きで解説」の記事でも解説しています。

履歴書に記載する項目

履歴書では、次のような内容を記載するのが一般的です。

・氏名
・現住所
・連絡先
・学歴
・免許、資格
・趣味、特技
・志望動機

履歴書の場合、就活生の基本的な情報を記載します。内容はJIS規格(日本工業規格)を基準にしている履歴書が多く、大きな違いはありません。

ただし、履歴書によって記入欄の大きさが変わります。就活生の場合、志望動機や趣味特技など、アピールにつながる項目が大きい履歴書を選びましょう。転職用やアルバイト用など、職歴を多く書ける履歴書を選んでも、アピールにつながりにくくなってしまいます。

もし、迷った場合は、JIS規格の履歴書か大学指定の履歴書を選べば問題ありません。

就活で使用する履歴書の種類については、「就活の履歴書は何を書けば良い?履歴書の選び方から書き方まで解説します」で詳しく紹介しています。

応募書類について相談してみる

 

エントリーシートを書く際の3つのポイント

エントリーシートを書く際は、企業の意図を読み取り、印象に残るアピールを行うのが大切です。ここでは、エントリーシートを書く際に意識すべきポイントを解説します。

1.質問の意図を汲み取って回答する

エントリーシートを書く際は、企業が何を求めているかを考えて回答しましょう。質問内容は企業が独自に決めており、求めている人物像に合っているかどうかが見られています。

たとえば、「あなたを動物に例えると」という質問をされたら、「何を知りたいのだろう」と思うかもしれません。しかし、そこには「学生の性質を知りたい」「自分を客観的に捉える力があるか知りたい」などの意図があります。

このような質問の場合は、「私を動物に例えると亀です。なぜなら、粘り強く物事を最後までやり遂げることができるからです」のように、自分の強みとイメージが近い動物を選んでアピールにつなげるのが効果的です。

エントリーシートでは、質問の意図と回答がずれていないか見直すようにしてください。

2.具体的なエピソードでアピールする

自己PRや志望動機などでは、具体的なエピソードを交えましょう。エピソードがあると説得力が増し、オリジナルの回答を作成できます。

伝えるエピソードについては、特別な経験や成果は必要ありません。サークルやアルバイトなど、身近な経験から探してみましょう。

また、失敗経験を通して、「△△について学んだ」とアピールする方法もあります。結果だけではなく過程に注目してエピソードを伝えられると、良い印象を与えられるでしょう。

就活でのエピソードの伝え方は、「就活で自分のエピソードはどう伝える?伝え方のコツや注意点を解説」で解説しています。面接の受け答えが苦手だと感じる方は、こちらも参考にしてみてください。

3.企業が求める人物像を意識する

企業が求める人物像を調べておき、人物像に合った回答を心掛けましょう。求める人物像に沿ったアピールができれば、評価が上がります。

求める人物像を確認するために、企業研究を行いましょう。Webサイトを確認したり、企業説明会に参加したりすれば、どのような能力や個性が求められているかが確認できます。

企業研究の方法については、「企業研究とは?目的や手順を解説!ポイントを押さえて就職成功を目指そう!」の記事もおすすめです。企業研究はミスマッチを防ぐためにも必要なので、必ず行いましょう。

応募書類について相談してみる

 

履歴書を書く際の3つのポイント

履歴書を書く場合は、内容を簡潔にまとめ、間違いのないようにすることが大切です。どのような履歴書であれば印象が良いか解説するので、参考にしてください。

1.分かりやすく簡潔にまとめる

採用担当者が読みやすいように、簡潔にまとめましょう。採用担当者は多くの履歴書を読んでおり、分かりにくい内容は飛ばされてしまう可能性もあります。

また、履歴書では記入欄が限られています。文章量が多いと小さい文字になり、読みにくくなってしまうでしょう。小さい文字で多くの情報を詰め込むと、「文字が読めない」「伝えたい内容が分からない」などと評価されてしまいます。
履歴書も第一印象が大事なので、読みやすさを意識してくださいね。

2.経歴や資格は正式名称で書く

経歴や資格については、略さずに書きましょう。特に、資格は略称を使いがちなので気をつけてください。

たとえば、「英検」ではなく、「実用英語技能検定」です。運転免許は、「普通自動車免許」「普通自動二輪車免許」などが正式名称になります。

また、履歴書は公的な書類にあたるため、間違えずに正しく書くのも重要です。内容を詐称すると、「私文書偽造」に該当してしまいます。処分の対象になる場合もあるので気をつけましょう。

たとえば、浪人や留年を隠したり、取得していない資格を書いたりするのも避けてください。「間違えた」では済まされないので注意しましょう。

学歴や経歴の書き方については、「就活における履歴書の学歴欄の書き方とは?例文と一緒にご紹介!」を、資格の書き方については、「どう書く?履歴書の資格欄!効果的に資格をアピールする方法」をチェックしてみてください。

3.空欄がないようにする

履歴書の記入欄は、すべて埋めましょう。空欄のまま置いておくと、記入忘れと思われてしまうからです。

たとえば、職歴のように経験がなかったり、記入できなかったりする箇所には、「なし」と書きます。

そのほかにも、帰省中の住所欄がない場合には「同上」、本人希望欄に希望がなければ「貴社規定に従います」のように書くなど、項目に応じて記入してください。

応募書類について相談してみる

 

エントリーシートと履歴書の両方で意識するポイント

エントリーシートと履歴書には、共通して意識したいポイントがあります。どちらも選考に関わる書類なので、チェックしておきましょう。

結論から書く

エントリーシートも履歴書も、結論から書きましょう。結論から書くと、話の内容が伝わりやすくなります。

たとえば、自己PRでは「私の強みは△△です」と長所から伝えます。志望動機であれば「私が貴社を志望する理由は△△です」のように、志望する理由から伝えてください。

多くの質問は、「結論→詳しい説明(エピソード)→まとめ」の順番で回答すれば、伝わりやすくなります。

修正液や修正テープは使用しない

間違えてしまった場合は、最初から書き直しましょう。修正液や修正テープは、使用しないのがルールです。

どうしても用紙が用意できない場合は、二重線を引いて訂正印を押し、書き直す方法もあります。ただし、訂正印が多過ぎると「ミスが多い」「雑な仕事をする」などの印象を与えるので気をつけてください。

エントリーシートや履歴書を書き間違えた場合の対応は、「履歴書は二重線で修正して良い?正しい訂正方法を詳しく解説!」で詳しく解説しています。応募書類の印象が悪くならないよう、あらかじめ確認しておきましょう。

消せるボールペンやシャーペンは使わない

エントリーシートや履歴書などの書類では、消せるボールペンは使わないようにしましょう。摩擦や熱で消える恐れがあるためです。また、シャーペンも消えてしまう可能性があるので、使わないでください。内容の書き換えができてしまいます。

もし、名前や住所などが消えてしまった場合、エントリーに支障が出る場合もあります。万が一のことがないように、消えないボールペンを使いましょう。

エントリーシートと履歴書の内容は同じ部分があっても良い

エントリーシートと履歴書の内容は、重複する部分があっても問題ありません。同じ内容を聞かれた場合、別の内容を考える必要はないので安心してください。

もし、内容が大きく違う場合、どちらのアピール内容が正しいのか分かりません。「志望動機の内容が違う」「アピールする長所が変わっている」などのように、混乱させないようにしましょう。

また、文章は少し変えておくのがおすすめです。エントリーシートには内容を盛り込み、履歴書にはその要約を書くと良いでしょう。

応募書類について相談してみる

 

エントリーシートと履歴書の違いなど就活知識を学びたいあなたへ

就活の書類選考ではエントリーシートと履歴書の2つの書類があり、それぞれ準備するのが大変ですよね。どのように違うのか、同じ内容を書いても良いのかなど、悩むこともあるでしょう。

もし、就活での悩みが出てきた際には、ぜひキャリアチケットにご相談ください。

就活エージェントのキャリアチケットでは、エントリーシートと履歴書の違いを説明したり、それぞれの書き方を指導したりと、就活生の悩みを解決しています。就活のプロであるアドバイザーが、マンツーマンでサポートするので安心してください。志望企業の内定獲得を実現するために、キャリアチケットを活用してみましょう。

応募書類について相談してみる

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。