履歴書とエントリーシートは、内容が重複してもいい?

このページのまとめ

  • 履歴書は人事データとして長期保存される書類
  • エントリーシートは採用選考時のみ用いられる書類
  • 履歴書は丁寧に記載し志望動機は簡潔にまとめよう
  • エントリーシートは具体的なエピソードを盛り込み説得力を高めよう
  • 履歴書とエントリーシートの内容には一貫性を持たせよう

履歴書とエントリーシートは重複する項目がある応募書類ですが、2つは何が違うのでしょうか?
両方の提出を求められ、書き分けに苦労する人もいるでしょう。
今回はそんな就活生に向けて、それぞれの書類の意味合いや書き方のアドバイスを紹介します。
これから応募書類を作成する方にぜひ確認して欲しい内容です!

履歴書とエントリーシートの役割

ひと言で説明すると、履歴書が「人事データとして扱われる社内の公的な書類」である一方、エントリーシートは「採用選考でのみ用いられる書類」になります。
それぞれの詳しい特徴は以下をご覧ください。

履歴書の特徴

履歴書は入社後も長期に渡って保管され続け、従業員の氏名や生年月日、連絡先などを把握するために使われるのが特徴です。
履歴書の代表的な項目は以下のとおり。

・氏名
・現住所
・連絡先
・学歴、職歴
・免許、資格
・志望動機
・趣味、特技
・本人希望記入欄
・通勤にかかる時間
・配偶者の有無

履歴書は企業が用紙を用意することもありますが、市販の用紙や大学指定の用紙を使うことが大半です。

エントリーシート(ES)の特徴

エントリーシートは企業が独自に作成するため、企業ごとに設問内容が異なるのが特徴です。選考にあたって企業側が知りたい情報を引き出す項目が多く、住所や連絡先などの基本情報に加えて、学生が自分をアピールするためのスペースが多くとってあります。
ESでよくある設問の例をご紹介しましょう。

・自己PR
・志望動機
・長所、短所
・学生時代に力を入れたこと
・今までの挫折体験
・将来の目標

ESでは学生の人柄や資質を見極めるための質問が見られます。企業によっては「自分を漢字1文字で表現する」といったユニークな設問も珍しくありません。
履歴書が基本的な情報を記載する書類であるのに比べ、ESでは学生の個性や考え方、企業との相性がより深く評価されていることがわかります。
 

履歴書を書く時に気をつけること

履歴書を書く時は次のようなことに気をつけましょう。

経歴や保持資格を偽らない

履歴書は公的な書類にあたるので、学歴や職歴の詐称が「私文書偽造」として処分の対象となることがあります。浪人・留年をごまかして記載したり、取得していない資格を書いたりするのは絶対にやめましょう。

修正液を使わない

書き間違えた時は修正液を使わず、1から書き直しましょう。
どうしても用紙が用意できない場合は二重線を引き、訂正印を押して修正するのが正式な方法です。ただし、訂正印も数が多すぎると「仕事が雑」と思われるので、書き損じには充分注意してください。

消せるボールペンを使わない

履歴書は長期保存を前提とした書類なので、摩擦や熱で消える恐れのある「消せるボールペン」は使わないようにしましょう。

要点を簡潔にまとめる

履歴書の志望動機欄はエントリーシートに比べて狭いので、要点を絞って簡潔にまとめる必要があります。アピールしたいことが沢山あるからと、小さい字でびっしりと書き込んだ履歴書は「読み手のことを考えていない」とマイナス評価になりかねません。字の大きさや間隔、改行は、相手の見やすさを考慮するようにしてください。
 

エントリーシートを書く時のポイント

では、エントリーシートを書く時はどんなことに気をつければ良いのでしょうか。

質問の意図を汲み取る

エントリーシートの設問には必ず企業の意図があるため、回答に迷ったら「企業は何を知りたいのか」という視点で考えてみましょう。
例えば、「あなたを動物に例えると?」という質問は一見奇抜に思えますが、そこには「学生の性質を知りたい」「自分を客観的に捉える力があるか知りたい」といった意図があります。
なのでこの場合は、「私を動物に例えると亀です。なぜなら私は粘り強く物事を最後までやり遂げることができるからです」というように、自分の強みとイメージが近い動物を選んで、アピールにつなげるのが効果的です。
エントリーシートを書き終わったら、質問の意図と回答がずれていないか必ず見直しするようにしてください。

具体的なエピソードを入れる

エントリーシートの回答には主張を裏付けるエピソードを入れるのが鉄則。「私の強みは○○です」とだけ書いても説得力に欠けるので、必ず強みが発揮されたエピソードやその成果を入れましょう。エピソードは成功体験でなくても良く、「失敗からこのようなことを学んだ」という形でアピールしてもOKです。
「自分には特別な体験はない…」と自信を失う人がいますが、エピソードの題材はサークル活動やアルバイトなど身近なことで構いません。大切なのは、その中で工夫したことや感じたことを、しっかり自分の言葉でまとめること。自分なりの行動や考えを説明すれば、どんな題材もオリジナルな内容になるはずです。

文章は結論から書く

設問に対する回答はすべて結論から書き出しましょう。自己PRであれば、冒頭で「私の強みは○○です」と簡潔に結論を言い切り、その後強みを裏付ける具体的なエピソードを紹介します。最後は「この強みを活かして貴社に貢献していきたいです」という風にまとめの一文を入れましょう。
ESの設問は企業によって異なりますが、基本的には、「結論→詳しい説明(エピソード)→まとめ(結論の再提示)」という構成にすると読み手に分かりやすく伝わります。

企業が求める人物像を把握する

強みが複数あって何をアピールすれば良いか迷う時は、企業が求める人物像を考えましょう。企業側には採用にあたって「こんな人材が欲しい」というビジョンがあります。
企業のWebサイトや募集要項を読み込み、どんなマインドや資質を持った人材が求められているのかを推測しましょう。求める人物像と関連が強い要素を伝えることで、より企業に響くアピールになるはずです。
 

履歴書とエントリーシートはどう書き分ける?

基本的には、「履歴書に書いた内容をエントリーシートでさらに詳しく書く」という意識でOKです。履歴書の自己PRや志望動機欄はエントリーシートに比べて狭いので、エントリーシートに詳細な内容を書き、履歴書にはその要約を書くという形で良いでしょう。
履歴書とエントリーシート両方の提出を求める企業の場合、選考で重視されるのはエントリーシートです。エントリーシートは自分を売り込むための書類と考え、特に力を入れて書いてください。
ただし、提出書類が履歴書のみの場合は、履歴書で最大限のアピールができるよう内容を練りましょう。

履歴書とエントリーシートは内容が重複してもいい?

履歴書は人事データ保管のための書類、エントリーシートは選考のための種類というそれぞれ違った役割があるので、内容が重複していても問題ありません。
むしろ、履歴書とエントリーシートの内容に一貫性がないと、説得力がなくなるので注意が必要。多面性をアピールするために多少の変化を持たせるのは構いませんが、「志望動機が全く違う内容になっている」「履歴書では積極性をアピールしているのに、ESでは短所が引っ込み思案になっている」というようなことは避けてください。


履歴書やエントリーシートの書き方に不安がある人は、新卒支援のキャリアチケットをご利用ください。キャリアチケットではES・面接対策や業界研究、自己分析、グループディスカッションをテーマとした少人数形式の就活セミナーを開催中。人事目線のフィードバックで就活に必要な力が身につきます。
また、キャリアチケットでは専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたの価値観に合った企業をご提案。面接の日程調整といった企業とのやりとりは全てアドバイザーが代行するので、効率的に就活を進めることが可能です。
キャリアチケットを使った場合の選考通過率は、1人で対策した時の1.39倍。プロのサポートで、本当にあなたに合った企業を見つけませんか?

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!