エントリーシートの志望動機、効果的に書く方法は?

このページのまとめ

  • 志望動機では「価値観のマッチング」「その企業を選んだ理由」「入社後のモチベーション」を見極められる
  • 書く前に「自己分析」「軸の明確化」「企業研究」をしておく
  • 基本の構成は、冒頭で簡潔に述べる→根拠を明確にする→具体的に記述する→展望を述べる
  • 作成が終わったら第三者に添削してもらう

エントリーシートを書く際に、「志望動機」欄でどうしてもつまづいてしまいがち。そんな人は、まず志望動機を尋ねることで企業は何を引き出したいのかを知っておきましょう。

その上で、評価される志望動機の「構成の骨格」を覚えます。この2点を押さえておけば、どんな業界、職種を志望するときにも迷わないでしょう。このコラムでは、上記の2点を中心に、効果的な志望動機の書き方について紹介しています。

企業側が志望動機を聞く理由


業界や職種を問わず、就活の際に「志望動機」は必ず聞かれます。特にエントリーシートにおいては、選考を左右する重要な要素です。まずは企業が「志望動機」からどんな情報を引き出したいのかを知っておきましょう。

価値観のマッチング

企業は自社の価値観や方向性とマッチングしている人材を求めています。とは言え面接と異なり、エントリーシートの段階では会話から相手の人となりを探ることはできません。

そういったときに役立つのが「志望動機」です。志望動機は「何を基準に企業を選んでいるのか」という学生の価値観が浮き彫りになります。
エントリーシートにおいて、企業と学生の相性を見極めるために、「志望動機」が重要な役割を担っています。

自社を選んだ理由を知るため

企業は志望動機から、入社意欲の高さを測っています。「第一志望」の人と「すべり止め」として考えている人では、志望動機の仕上がりにも差が出ます。

当然、企業は自社を第一志望と考えている人に好感を持つでしょう。数ある企業の中で、その会社を選んだ理由が明確な就活生は、志望度が高いと評価されます。

入社後のモチベーションを知る

また、企業は入社後に活躍・貢献してくれる人を採用したいと考えています。そのため、企業の仕事に興味を持っているか、内容をきちんと理解できているかなどは、重要なポイントとなります。

取り組みたい仕事、成し遂げたい目標や具体的なイメージを持っている就活生は、入社後のモチベーションが高いと評価されるでしょう。

志望動機を書く前に


前項で紹介した企業の意図を満たすためには、きちんと前準備をしておくことが大切です。ポイントとなる要素を下記にまとめました。

自己分析を行う

志望動機を書く前に自己分析を行い、「仕事を通じて成し遂げたいこと」や「働く上での目標」を掘り下げましょう。

仕事に対するモチベーションは「新たな分野でテクノロジーの開発に携わりたい」「お客様を笑顔にする仕事したい」など、人によってさまざまです。

こういった背景やビジョンをはっきりさせることで、企業を選ぶ理由もクリアになります。

仕事を選ぶ際の軸を明確にする

次に、仕事選びの軸を明確にします。当然、自分のモチベーションを満たす企業だと判断した上で志望しているはずですが、その中でも特に「決め手」となった部分を具体化しましょう。それが仕事選びの「軸」となります。

「環境」「業務内容」「評価制度」など、どういった軸を持つかはその人によります。会社説明会やセミナー、インターンなどに積極的に参加し、企業への理解を深めておきましょう。

業界、企業研究を行う

モチベーションや仕事の軸に即した志望動機となっているかは、業界と企業研究が鍵となります。当然ながら、志望理由と企業の体質に齟齬が合った場合、説得力が落ちます。業界の中でもなぜその企業なのか、「強み」「社風」「業務内容」などに着目し、同業比較をしておきましょう。

▼関連記事
ESで差がつく!志望動機のポイント&構成を紹介

伝わりやすく魅力的な志望動機のフレームワーク


志望動機には基本となるフレームワークがあります。いわば、分かりやすく魅力的に伝えるための「構成の決まり」です。業界や職種に関係なく活用できるので、下記の構成をしっかり覚えておきましょう。

1.冒頭で志望理由を簡潔に伝える

まず最初に、冒頭で志望動機を簡潔に述べます。「私は貴社の◯◯という企業理念に惹かれ、志望致しました」「貴社が運営する△△というサービスに魅力を感じ、志望致しました」など、一文でシンプルにまとめましょう。

結論を先に記述しておくことで話の概要が伝わり、その後に続く内容を相手が理解しやすくなります。志望動機の基盤となる要素は、下記を参考にしてください。

・業務内容
・キャリアプラン
・叶えたい目標
・企業理念
・インターンやセミナーでの経験

こういった要素を簡潔にまとめるように意識しましょう。

2.志望動機の根拠を述べる

次に、「なぜそう思ったのか」という志望動機の理由やきっかけを記載します。ここが志望動機の「根拠」となる部分です。
根拠は人によって様々ですが、下記に挙げたものは、志望動機の根拠としてよく用いられます。

・実体験や達成感
・価値観や性格
・特技や資格など、スキル

「自分に基づく要素」をクリアにしておくことで、説得力が生まれます。

3.志望動機をさらに掘り下げる

根拠が明確になったところで、冒頭の志望動機を掘り下げましょう。「こういった理由から、□□をターゲットとした◯◯の開発に従事したいと考えております」などのように、取り組みたい仕事などを記述します。

ここでは、数ある業界において「その企業で無くてはならない理由」を含めることが大切です。「それは他社でもできることでは?」と採用担当に思われてしまわないように、企業の強みや個性をきちんと研究しておくことをおすすめします。

4.入社後の展望を述べる

最後に、入社後の展望について記述します。ここでは「入社意欲」よりも「仕事への適性」や「活躍できるスキル」などをアピールすると良いでしょう。

「この人に面接で会ってみたい」と採用担当に興味を持ってもらうためには、抽象的な表現よりも「新卒入社の中で売上1位を目指します」などのように、現実的かつ具体的な内容が効果的です。

作成が終わったら添削してもらおう


志望動機の作成が終わったら、エントリーシートに記述する前に、第三者に添削してもらうことをおすすめします。誤字脱字を防ぐだけではなく、客観的な視点が入ることでより分かりやすく、魅力的な内容に仕上げられる可能性があります。

チェックしてもらう人は、すでに内定を獲得した友人や、OB・OGの先輩が最適でしょう。また、就職支援を担当している大学のキャリアセンターなどを利用するのもひとつの手段です。キャリアセンターは就活が盛んな時期は混雑が予想されるので、スケジュールを確認しておきましょう。

まだ志望動機の書き方に不安が残る方は、ぜひこの機会にキャリアチケットをご利用ください。書類の添削を始め、求人の紹介はもちろん、面接対策や自己分析など就活におけるさまざまな悩みを解決へ導きます。プロ視点の正確なアドバイスで、あなたの就職活動を丁寧にサポートします。

▼関連記事
ほしいのは客観的なアドバイス!ESは添削してもらおう

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00