何をアピールする?新卒の志望動機の書き方

このページのまとめ

  • 志望動機は選考を左右する大事な項目の1つ
  • 採用担当者が望む人材像にマッチするよう意識する
  • 商品が好きな気持ちや経営理念への共感は志望動機として弱いこともある
  • 志望動機は結論を先にして内容をわかりやすくする

エントリーシートだけでなく、面接の質問でも聞かれることが多い志望動機。
書類選考、面接どちらにおいても、選考を左右する大事な項目の1つです。
志望動機は企業に志望した理由だけでなく、就業意欲をアピールするポイントにもなります。
特に書類選考では、多くの応募書類の中から選ばれるために、少ない情報でより強い印象を与えたいもの。
そのためにどうしたら良いかわからないという悩みを抱えている人もいるでしょう。
実際には、どんな志望動機が採用担当者の心を掴むのでしょうか。
こちらのコラムでは、そんな志望動機についてまとめました。

志望動機に盛り込む必須内容

志望動機といえば、企業や業界に興味を持った理由やきっかけについて書く人も多いでしょう。
しかし、きっかけや理由について長々と述べるだけでは、なぜその企業を選んだのかが伝わりません。
「業界に興味を持った」という理由だけだと、「じゃあ他の他社でも良いのでは?」と思われてしまうことも。
業界の中でも他社ではなく、自社を選んだ理由については、採用担当者が気になるポイントの1つでもあります。
志望動機を考える時には、説明会や資料、企業のwebサイトなどに目を通し、企業の強みや同業他社との違いをチェック。
「なぜその企業を選んだのか」が明確に伝わるよう意識して文章を組み立てると良いでしょう。

志望動機では、業務に活かせる資格やスキルについても触れましょう。
業務に関連する資格やスキルを持っていれば、入社後即戦力になる人材であることをアピールできます。
新卒の就職活動では、まだ資格やスキルを習得していない人もいるでしょう。
資格取得に向けて勉強中の人は、その旨を記載すると評価に繋がります。
また、入社後はどのような働きをしたいのか、どのような展望を持っているのかなど入社後の目標を盛り込みます。
採用担当者が、企業にとって有益な人材を採用したいと考えるのは当然のこと。
企業の求める人材像にマッチするにはどんなアピールをすれば良いのかを意識しましょう。

▼関連記事
就活生必見!新卒の志望動機・まとめ方と例文

採用担当に好まれない動機

「好き」という理由を志望動機に挙げる人は少なくありません。
例えば、「服が好きだから服屋になりたい」「ケーキが好きだからケーキ屋になりたい」といった理由です。
しかし、その企業に就職したいという人にとって「好き」というのは当たり前とも言えるでしょう。
熱意を伝えたい気持ちはわかりますが、ありきたりな理由だけでは採用担当者の印象には残りません。
また、好きという気持ちだけで入社すると嫌いになったからやめてしまうという可能性も。
採用担当者にとっては採用するメリットがあるかどうかがポイントになります。
好きな気持ちは大切なことですが、その気持ちと共に企業にどのような貢献ができるか、どのように働いていきたいかを述べるのが良いでしょう。

経営理念に共感したことを伝えたいと考える人もいるでしょう。
経営理念に触れること自体は悪くありませんが、内容によっては経営理念だけしか調べていないと思われてしまうことも。
業界、企業研究で得た情報をフルに活用し、事業や仕事の内容なども交えると説得力が増すでしょう。

社会貢献したいのも志望動機によくある理由の1つです。
社会貢献というのは人として素晴らしい考えですが、企業からしてみれば、社会ではなく会社に貢献してもらいたいもの。
採用担当者から「仕事ではなくボランティアをすれば良いのでは?」と思われてしまう可能性もあります。
またどんな企業や仕事であっても社会に貢献はしています。
採用担当者が知りたいのは、採用することで会社にどのようなメリットがあるかどうかということ。
社会貢献という理由だけでアピールするのは、効果的ではないと言えるでしょう。

▼関連記事
志望動機は「書き出し」で決まる!採用担当の目を引くコツ

志望動機を書くときのポイント

志望動機を書く際に一番気を配りたいのは、内容のわかりやすさです。
書類選考の場合は、何百という履歴書を確認して合否を決めています。
あまりにも長かったり、何を伝えたいのかわかなかったりすると最後まで読んでもらえないことも。
そのため、志望動機を書く際にはまずはじめに結論を伝えるのが良いでしょう。

志望理由は自分の経験を交えて書くと説得力が増します。
自己分析を入念に行い、志望理由と結びつく経験がないかじっくり考えてみましょう。
経験について書く場合には、どのような結果に繋がったかというのも大事なポイント。
しかし、何も思いつかないからと言って、嘘のエピソードを書くのはやめましょう。
面接などで詳しく聞かれた時にうまく答えられないなど、話に矛盾が生まれれば、不信感を与えることになります。

多くの就活生が、志望先を選ぶときに自分のメリットを考えるでしょう。
それと同じように、企業も企業のメリットを考えて選考します。
そのため、入社後にどのような働きをしてくれるかは重要なポイントです。
志望動機には入社後はどのように活躍したいか、将来のキャリアビジョンなどを書くと、採用担当者も採用後のプランが立てやすくなります。

▼関連記事
新卒の志望動機でやりがちなミスとは?書き方のポイント

例文

では実際に、志望動機はどのように書けば良いのでしょうか。
今までの項目を踏まえて、例文をいくつかまとめてみました。

<例1>

貴社の「信頼」というテーマに感動しました。貴社では、社内勉強会や資格取得支援サポートなど、個人の成長を促す取り組みが多いとOB訪問で聞きました。そして、その個々の力が会社を助けるという関係が、貴社と社員の信頼によって成り立っていると感じました。私は小学生の頃からバスケットボールをやっており、1つのことを長く続けること、チームプレーには自信があります。バスケットボールにとっても信頼関係は大切なものです。また個々の力がチーム全体に影響します。貴社に入社した暁にはチームの一員として、信頼関係を築き、貴社の力になれるよう尽力します。

<例2>

貴園の掲げる「個性を大切にする」という理念に共感し、貴園でなら自分の志す保育が実践できると思い、志望しました。さまざまな個性を持つ児童が集まった場所では、個性が強い子同士がぶつかることもあります。ですが、見学や実習で保育にあたる先輩方を拝見し、その対応力の高さにも感動しました。現在、○○大学保育科で保育士資格、幼稚園教諭の資格取得に向けて勉強中です。また、チャイルドマインダーの資格も取得しており、児童や保護者の方に寄り添った保育を提供していきたいです。


志望動機を書くためには、企業研究はもちろん自分をアピールするための自己分析も必要。
しかし、採用担当の心を掴む志望動機を自分で考える自信がないという人もいるでしょう。
そんな人は新卒向けの就職サポートを実施しているキャリアチケットを利用してみてはどうでしょうか。

キャリアチケットでは、業界研究や自己分析だけでなく、ES対策、面接対策などを学べる就活セミナーを実施。
少人数のセミナーで、今さら人には聞きづらいような就活の基礎についても知ることができます。
キャリアチケット利用者の方の内定率は、サービスを使わず就活した場合の1.39倍。
就活アドバイザーによる面談も実施しているため、一人では不安という方はぜひご相談ください。

▼関連記事
就活の要!志望動機の書き方・例文4つ

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする