志望動機が書けない!悩んでいるあなたにコツをご紹介

このページのまとめ

  • 履歴書を書く前に企業やその業界について研究しよう
  • 同時に自己分析を行い、企業とのマッチングを図ってみよう
  • 志望動機のコツ、NGポイントはしっかり頭に入れて書こう
  • それでも不安な時は第三者に見てもらうのがオススメ

就活を始める時、まず悩むのが履歴書の書き方ではないでしょうか。様々な項目があり、何処に何をどんな風に書いていいのか分からず、つい「書けない!」と手が止まってしまうことも。そんな時にしておきたい履歴書のスムーズな書き方&避けたい書き方をまとめました。参考にしてみてください。
 

志望動機、一体何からはじめたらいい?

いざ就職活動をはじめて思うこと。
「志望動機、一体何を書いたらいいんだ…」と思う人もいるでしょう。
志望動機がなかなか書けない時、まずは下記のことをはじめてみてください。
 

企業研究

まずは企業を知ることからはじめるといいでしょう。企業を研究することで、その企業の特色、ビジョン、取り組みなどが見えてきます。企業の強みを知り、自身の強みと結びつけていくとスムーズに書き進められます。
 

業界研究

気になる企業があれば、その業界への興味、理解を持つことも大切です。業界の知識を得ることでより広い視野で企業研究ができます。
自身が興味を持つ業界の研究をしている中で、興味が出てくる企業との出会いがあるかもしれません。
 

自己分析

自分についての理解を深めることで、企業とマッチングしやすい傾向にあります。
自身が持つ強みを知れるだけでなく、入社後の目標なども明確に捉えられるチャンスです。
それを明文化できると、志望動機のクオリティは向上するでしょう。

自身が興味のあることについてしっかり研究し、知ることが大切。余裕があれば、インターンシップに参加するのがおすすめです。インターンシップでは、実際にその企業を体感できるチャンスがあります。
きっとそこで、自身とのマッチングを図る方は多いでしょう。

▼関連記事
新卒向け!志望動機の書き方で大切な3つのポイント
 

志望動機のコツまとめ

志望動機の流れ、書き方のコツを掴んで担当者の目を引く志望動機を書きましょう。
 

話の流れ

・最初に志望理由を簡潔に書く
(続けて、業界/企業のどこに魅力を感じたのかなどをより具体的に書く)
・過去の経験に基づいた自身の強みを書く
・入社後どんな風に活躍できるか、目標やビジョンを交えて書く
 

長すぎず短すぎず

伝えたいことは企業に入りたいと思った理由。企業側に、自身の応募理由を明確に理解してもらうことが大切です。だからといって、長々とした文章だと大事な部分がボヤケてしまう可能性があります。逆に短文でも、「え?それだけ?」といった印象を持たれてしまうことも。大体150~250文字を目安として書いてみましょう
 

企業目線を意識

企業側がどんな人材を求めているのかを意識すれば、企業側の目に留まるような内容に近づけられるでしょう。
さらに、自身が何故この企業に魅力を感じるのかをじっくり考えてみると、話の流れよりを作りやすくなります。
企業側が納得できる志望動機にするには、企業の特色や強みと自身の強みがマッチングするとよりスムーズに書き進められる
 

企業/業界のことをとにかく学ぶ

この項目では、どれだけ企業のことを知っているかをアピールできます。企業についてしっかり学び、理解した上で書くと企業側に熱意が伝わるでしょう。

▼関連記事
志望動機書とは?就活生が押さえたい志望動機の基本ルールと書き方のコツ
 

どんな志望動機はNG?

志望動機は、企業側へアピールできる項目なので、しっかりとまとめて、伝わる内容にしたいところです。
そこで、避けておきたい書き方や内容をまとめましたので、参考にしてみてください。

・ファン視点/企業への憧れだけを述べる
・競合企業にも使い回せそうな内容
入社意欲が伝わらない内容(休日や給与面、勤務地が近いからなどの利便性)
・自分のやりたいことだけを述べる(企業の求める人物像を理解していない)
・自身の成長を企業側に委ねるような言い方
・過去の経歴を簡潔に終わらせる(肝心な実績、何故それを始めたかが記されていない)
・退職が前提にある(結婚や出産、独立など)
・企業研究が浅い

▼関連記事
面接官を惹き付ける志望動機とは?回答例とNG例を合わせて紹介
 

志望動機が思いつかない人は、キャリアチケットへ

志望動機は長文ではないため、ポイントをおさえて書いていけば、きっと中身の詰まった文章になるでしょう。
しかしながら、実際に書き進めると「本当にこれでいいのか」「もう少し書き足したほうが印象が良いのでは」と考えてしまうことも。そんな時に第三者からのアドバイスを聞けると心強いはずです。
キャリアチケットでは、就活について様々なアドバイスやサポートを行なっています。経験、知識が方な就活アドバイザーが個々に応じた進め方を提案。就活に自信がない、不安を抱えている方でも前向きに取り組めるポイントをお教えします。
1人で悩んでいる方がいらっしゃれば、ぜひご相談してください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!