新卒向け!志望動機の書き方で大切な3つのポイント

このページのまとめ

  • 新卒が志望動機を書く際には、応募企業にこだわる理由を記載する
  • 新卒の志望動機は、応募企業のニーズに沿った書き方を意識する
  • 志望動機の書き方は「結論→理由→今後の展望」が基本の構成となる


志望動機の作成に悩んでいる新卒学生の方もいるのではないでしょうか?志望動機は企業が応募者の入社意欲を確認する大切な項目です。ほとんどの企業で問われる質問ですから、相手の心をつかむような志望動機を作成することが理想だといえます。このコラムでは、志望動機の基本的な書き方を解説します。文章を作成するための要点を知り、内定につながる志望動機を書けるようになりましょう。
 

新卒学生が志望動機を書く時の3つのポイント

 

新卒学生が志望動機を書く際に心がけるべき3つのポイントを確認しましょう。

1.企業研究をする

志望動機を書く前に応募企業の研究を行うことは必須だといえます。業務や求人の要項に噛み合わない内容は、入社に対する真剣度が低い応募者だという印象を企業の担当者に与えるためです。応募企業の資料やWebサイトを読み込んだり、実際にインターンシップや会社説明会に参加してみるのも良いでしょう。企業を研究した上で志望しているとアピールすれば、信用度も増し、積極性も評価されやすくなります。

2.応募企業への就職にこだわる理由を説明する

企業は応募者が自社で働くことにこだわる理由を知りたいと思っているはずです。先にも述べたように、企業にとって自社への入社意欲の高さは重要なことだと考えられます。せっかく採用しても、すぐに辞められてしまったり、業務への主体性が見られないと困るためです。たとえ多くの企業に応募していたとしても、企業別に志望動機を作成するよう心がけましょう。なかなか志望理由が思いつかないという人は、まずは企業の特色や方針を知り、それらを自身が目指すことややりたいことと照らし合わせてみることをおすすめします。

3.入社後の展望を述べる

志望動機を書く際は、入社のための理由づけで終わらせず、入社後の展望も盛り込むと良いでしょう。応募者が主体性を持って働いているイメージを、企業が描きやすくなるためです。また、応募企業のニーズに合わせた展望を述べることで、自社に適した人材であることをアピールできます。
 

志望動機の書き方

 

志望動機の書き方には基本となる構成があります。その手順が、「結論→理由→今後の展望」です。
相手に分かりやすい文章にするため、まず最初に要点となる結論から書き始めましょう。次に、結論に至った理由を書いて説得力を出します。最後は、今後の展望をアピールして締めれば志望動機の完成です。

結論

まず最初に、結論として「なぜ応募企業で働きたいと思ったのか」を述べましょう。こうすることで、話の論点が相手に分かりやすくなります。また、結論は簡潔に伝えて、企業担当者が理解しやすいような文章を作成することが大切です。できる限り一言で説明できるよう心がけましょう。

理由

次に、結論に対する具体的な理由を伝え、リアリティを出しましょう。エピソードなども含みながら、相手に納得してもらえるような内容を意識してください。結論は既に書いているため、その主軸からズレない文章を作成するよう努めると良いでしょう。

入社後について

自分がどのように企業に貢献できるかを説明し、入社後のビジョンを伝えましょう。企業は自社の理念や業務に応募者が合っているかを確認したいと考えています。貴社でやりたいことがあると表明し、応募企業と自分とのつながりを明確に示すと良いでしょう。
 

志望動機の例文

 

志望動機の例文をご紹介します。

例文1

肌のトラブルに悩む方たちに、貴社の製品を知ってもらえるよう働きかける仕事に携わりたく、マーケティング部を志望いたしました。学生のころから貴社のスキンケア商品を使わせて頂いており、その効果を実感しているためです。また、貴社製品は自然の素材にこだわり、お客様が安心して使えるよう衛生管理を徹底している点も魅力です。私自身、気候やストレスの影響を受けやすい肌質が悩みでしたが、貴社製品を使い始めてからは、友人に肌を褒められることが増え、自分に自信が持てるようになりました。
この経験から、お客様の悩みを解消し、日常のストレス軽減に少しでも役立ちたいと考えております。学生時代は、アルバイトで化粧品の販売員をしておりましたので、相手のニーズに沿った提案は得意です。貴社製品の研究を欠かさず、顧客の拡大に貢献できるよう努めます。

【ポイント】
結論を最初に持ってきているため、読み手に伝わりやすい文章になっています。志望した理由も、自身のエピソードを交えていて具体的です。また、応募企業の魅力を語るだけでなく、自分のやりたいことについても触れているため、企業担当者が自社における応募者の将来像を描きやすいかと思います。効果的なアピールができている志望動機だといえるでしょう。

例文2

貴社を志望したのは、インターンシップで総務の方のお仕事を拝見し、感銘を受けたためです。
事務や顧客の応対だけでなく、社員の環境を改善する提案や社内イベントを主催し、それぞれの方が主体的に働かれていました。また、「社員の仕事の効率化やモチベーションを高めることが、結果的に企業の成長につながる」というお話を聞き、私も同じ現場で業務に携わりたいと思うようになったしだいです。
またパソコンはワードとエクセルを一通り使いこなせます。在学中に簿記3級とMOSの資格を取得いたしましたので、貴社の業務の効率化に活かせるのではと考えております。周りを積極的にサポートし、貴社の発展に貢献できるよう努めます。

【ポイント】
希望職種にこだわる理由が明確に示されていて、読み手が納得しやすいでしょう。インターンシップなどの具体的な経験を盛り込むと、説得力が増します。事務職において、パソコンスキルはアピールポイントになりやすいです。資格を取得したことを伝えれば、仕事への積極性にリアリティが出て、高評価につながりやすいでしょう。
 

評価されない新卒学生の志望動機

 

「一生懸命に作成したつもりなのに、なかなか結果につながらない」という新卒学生もいるでしょう。採用に至らない志望動機には共通点があります。

待遇や条件を中心とした内容にしている

企業の福利厚生や勤務条件は生活に関わる部分ですから、新卒学生にとっては重要でしょう。しかし、それを志望動機に挙げることはおすすめしません。仕事を後回しにしたり、自己中心的に物事を考える人なのではないかという印象を与える可能性があるためです。自社の業務自体に興味を示してくれる応募者にこそ、企業も安心して仕事を任せられるといえるでしょう。

企業の良さを述べているだけ

企業について知り、その良さを述べる姿勢に問題はありません。ただ、企業は自社を褒めて欲しくて応募者に志望動機を聞いている訳ではないはずです。どんな活躍をしてくれる応募者かという点に注目し、採用する上でのメリットを考えているといえます。応募企業の魅力を述べることに終始せず、自分はそこで何をしたいと思ったのかを論じて、自己アピールにつなげてください。

「理念に共感した」という志望動機

上の項目と考え方は同じです。企業は「応募者が自社で何をしてくれそうか」という点に着目していると考えられます。そのため「理念に共感した」と思いを伝えるだけでは、アピール不足だといえるでしょう。なぜ理念に共感したのか、その理念のもとで自分は何ができるのかを述べる必要があります。理由づけや自分の可能性を示して、企業担当者に納得してもらえるような文章を作成しましょう。

「貴社で学びたい」という志望動機

新卒学生が学ぶ姿勢を見せることは悪いことではありませんが、書き方には注意しましょう。「貴社は研修制度が充実しているので、自分の成長につながると感じた」といった内容は、自己本位な印象を与えてしまう恐れがあるためです。勉強が本分とされる学生とは違い、社会人として企業に勤めれば、利益を最大化させることが必須条件になります。「自分を成長させて企業の役に立ちたい」という趣旨の文章を付け足し、仕事ありきで自己の成長を考えている姿勢を示しましょう。企業側のメリットも想像させることができ、相手の共感を得やすいかと思います。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!