ホテル業界の志望動機のポイントは?例文つきで紹介

このページのまとめ

  • ホテルの志望動機は、なぜそのホテルで働きたいのか理由を明確にしなければならない
  • ホテルの志望動機は、結論→具体例→理由→入社後のイメージの順番にまとめる
  • ホテルの志望動機は、特定の職種に限定せずにどの職種でも働けることをアピールする

ホテル業界の志望動機のポイントは?例文つきで紹介のイメージ

旅行をした経験があれば、ホテル業界は働くイメージが湧きやすい職種です。しかし、「接客業が好きだから」といった志望動機では、他業界でも当てはまってしまい採用担当者の印象に残りません。このコラムでは、ホテル業界を志望する就活生に向けた志望動機の書き方を解説します。ホテル業界の基本的な知識を学び、志望動機を練り上げましょう。



 

ホテル業界の志望動機に必要な3つの要素

ホテル業界で働きたいという気持ちを伝えるために、志望動機に盛り込むべき3つのポイントを紹介するので、何を書いたら良いのか迷っている方は参考にしてみてください。

1.接客業の中でなぜホテル業界なのか

接客をしたくてホテル業界を志望する人は多いようですが、ほかの接客業ではなくホテルが良い理由を明確に示す必要があります。ただ「人に喜んでもらうことがうれしい」「接客のアルバイトが好きであった」というだけではなぜホテル業界を選ぶのか、という十分な理由付けにならないからです。客の立場でホテルのサービスに感動したり、海外の旅行客をホテルに案内して喜んでもらったりした経験があると、具体的なエピソードで説得力が増します。

2.なぜ該当ホテルなのか

多数あるホテルの中で、なぜ該当企業に就職したいかをはっきり述べましょう。どのホテルでも良いのかという印象を与えないように、しっかりと下調べをしてそのホテルでなければならない理由を伝えると効果的です。各ホテルによって違った特色があり、就ける業務も異なる場合があります。ホテルには大まかに「シティホテル」「ビジネスホテル」「リゾートホテル」という分類があり、経営方式も次のような形態があるため、それぞれに合った志望動機を作りましょう。

所有直営式

土地や建物を保有する運営母体の会社が直接ホテル経営や運営に携わるものです。大企業に多く、格式の高いホテルが多いといえるでしょう。

リース式

土地所有者がホテルを建設し、運営会社がリース料を払ってホテルを経営する形態を取っています。経営が低迷していてもホテル所有者にリース料を支払う必要があるため、所有者にとっては安定した収入が得られる一方で、運営会社には支払うことが難しくなるケースも。ビジネスチェーンホテルに多く見られます。

運営委託(マネジメント・コントラクト)式

土地や建物を保有する運営母体の会社が、別会社に運営を委託したものです。経営は運営母体の会社が行い、運営会社は幹部社員を派遣するなどしてマネジメントに特化しています。元からの従業員がそのまま残っている場合もあり、効率的に社員教育を施せるというメリットも。フランチャイズ型、リファーラル型、アフィリエイト型に分類されます。

3.ホテルに貢献できるポイント

これまでの自身の経験や強みから、どのような仕事で貢献できるかを示します。お客さまとの関わりを重視したいのなら接客面、経営に貢献したいのなら営業面で、自分が実現できることを書きましょう。

接客面

ホテル運営で欠かせないのがリピーターの確保です。リピーター率向上のために自分に何ができるか、具体的にアピールしましょう。フロントやベルパーソン、ドアマン、コンシェルジュ、ハウスキーピング、レストラン関係、ルームサービスなどなどさまざまな職種があります。ただし、あまりにも一つの職種だけに固執したような印象を与える志望動機は効果的なアピールとは言えません。具体例を挙げつつ、どのような職種にも柔軟に対応できることを書くと良いでしょう。

営業面

ホテル運営では、利益率の確保も重要な課題です。直接お客さまの前に出なくとも、ホテル運営に貢献できる仕事はたくさんあります。セールス(対旅行代理店営業)、企画・マーケティング(宿泊プラン、ブライダルプラン立案)、広報など、さまざまな方向から自分が学生時代の経験を活かしてどのように活躍できそうかイメージを膨らませて、志望動機を書きましょう。

▼関連記事
ホテル業界とは?動向や仕事内容を知って就活に備えよう!



 

志望動機の作り方

ホテル業界に限らず、就活で話す志望動機は以下の構成で作ると、分かりやすく熱意が伝わります。ビジネス文書の基本は、結論(Point)→理由(Reason)→具体例(Example)→結論(Point)の順で書く、PREP(プレップ)法と呼ばれる書き方です。この機会に学びましょう。

1.結論

最初に、「なぜこのホテルで働きたいと思ったか」という理由を簡潔に述べましょう。「私は大学時代○○のアルバイトで接客が好きになりました。経済学部では○○を学びました」など、長々と時系列で書く方式では、採用担当者に最後まで読みたいという気を起こさせません。まず「○○なので、貴社を志望しました」と短く書き、次の具体例につなげましょう。

2.理由、根拠

次に、なぜ「そのホテルで働きたい」と思ったのかについての理由を述べます。最初に述べた志望動機について、読む人がなぜそう思ったのか、と感じた疑問をすぐに解決できるためです。上述したように、必ずその応募ホテルでなければならない理由が明確になるように書くと効果的。そのホテルを知ったきっかけや、大学で学んだ内容、インターンシップで得た刺激など、そのホテルならではの根拠を掘り下げてアピールしましょう。

3.具体例、エピソード

続いて、理由を説明付ける具体的なエピソードを話します。最初に述べた志望動機の具体的な数字や固有名詞などを盛り込むと、例文をコピー&ペーストではない、あなただけの志望動機となるため効果的です。

4.入社後のイメージ

入社できたら、仕事を通してどのようなことを実現したいかを説明しましょう。文章の中で一貫性をもたせるように、理由やエピソードと矛盾しないように気をつけます。繰り返し結論を述べることで、ほかのどのホテルでもなく、このホテルで働きたいというあなたの思いを伝えましょう。

▼関連記事
就活を乗り切る!志望動機の書き方と例文



 

ホテル業界の志望動機を作るときの注意点

ホテル業界の志望動機には、よくやりがちな注意点があります。すでに書き上げた人は、読み返して当てはまる点がないかチェックすることをおすすめします。これから書く人は、当てはまらないように心掛けてみてください。

特定の職種に限定していないか

「フロントで○○をしたいです」といった職種を限定した志望動機は、具体的ではありますがその職種だけに固執している印象を与え、マイナス評価になる可能性もあります。入社後どこの部署に配属されるかは分からないため、フロントで語学力を活かしたい、と思って入社しても営業に配属されることも。人事部が立てた人材育成プランと自分の希望が合わない場合にも、与えられた職場で努力できる人材であることをアピールする必要があります。

具体的なエピソードがなく、ありきたりになっている

どのホテルにも当てはまるような、具体性のない応募動機になっていないか注意するようにしてください。ただ「忘れ物をしたときのフロントの対応に感動した」「結婚式に参列したときの感動を与えられる側になりたい」だけでは、あなた自身がなぜ該当ホテルに就職したいと思ったのか伝わりません。そのホテルに関連する具体的なエピソードを交えて志望動機を書くと、効果的にアピールできるでしょう。

▼関連記事
例文あり!旅行会社の志望動機と作成のコツ



 

ホテル業界の志望動機例文

最後に、ホテル業界の志望動機の例を紹介します。こちらをそのまま使うことはせず、必ずあなた自身の経験や志望動機を入れることを心掛け、参考にしてみてください。

例文1


私は、多様化するニーズに応えるサービス業を極めたいと考え、貴社を志望いたしました。
私は大学で国際学部コミュニケーション学科に所属し、観光学を学んでいました。
その影響もあり、大学1、2年時には夏期アルバイトとして貴社提携のリゾートホテルに勤務いたしました。
接客経験があったため、担当はレストランのフロアスタッフとなりました。そのとき社員の方が言っていた「お客様の満足の形は、それぞれ違う。一人ひとり、きちんとコミュニケーションを取ることが大切」という言葉がとても印象に残っています。

実際、そのホテルには国内外問わずたくさんのお客様が訪れ、レストランでの食事にはさまざまなニーズがありました。
宗教上の理由であったり、体質であったり、また好みであったりと、お客様が求めるものは、本当にお一人お一人違います。2年連続でアルバイトをさせていただき、「すべてのお客様にご満足いただける時間を提供する」という貴社の経営方針を実感いたしました。

その後、海外のお客様とのコミュニケーションをさらにスムーズにしたいと考え、英会話を重点的に学びました。その成果もあり、2年時には短期ですがフロアスタッフリーダーを務めさせていただきました。

貴社に入社した際は、この経験と語学力を活かして、お客様にご満足いただけるサービスを提供できるよう努めてまいります。

例文2

私は貴社の「日本の美と心を世界に伝えたい」という理念に共感し、貴社を志望しております。

学生時代は国際教養学部のゼミで英語や中国語などの語学だけではなく、グローバリゼーションがもたらす価値観の変化と海外から見た日本について学びました。
その中で、日本の良さを海外に発信するためには、ダイバーシティの観点から見直す必要があることを実感しました。

また、幼いころから大阪の祖父母を訪ねる際に年に1回貴社直営の○○支店に宿泊していました。お客さまのほぼ半数が海外客を占める貴社の○○支店のロビーでは、時折海外客と接することもあり、彼らは一様に貴社のサービスに満足されていました。特に、数日滞在されていたウィーンからのお客さまが、ベッドメイキングや部屋の清掃が完璧なのにチップがいらないなんて、と話されていたのが印象的です。それらの経験を通して感じたことは、「日本のホテルのおもてなしがいかに世界の中で貴重であるか」ということです。外資系ホテルが増え、サービスがローコストになる中、貴社の人種を問わず誠心誠意尽くす「和」のおもてなしには将来性があると思いました。

また、美術館を併設されているところにも単なる宿泊場所というだけではない、日本の文化を海外客に伝える発信源であるという魅力を感じます。

私はゼミで学んだ現代比較文化学と語学を活かし、幼いころからの思い入れがある貴社で、ぜひ日本のおもてなしを海外のお客さまに提供したいと思います。

例文3

私は、貴社の宿泊に限らない需要を開拓するマーケティング戦略に共感し、志望しました。

私は経営学部でデジタルマーケティングを専攻し、戦略策定や効果について学び、その将来性を実感しました。その際ゼミで貴社の経営戦略について調べて発表し、評価いただいております。
貴社は全国○箇所のチェーンにおいてデジタルマーケティングによる顧客層拡大に成功していて、さらに近年需要の高まるリモートワーク用のデイユースプランも業界の中でいち早く手掛けていました。

私自身貴社の○○支店のリモートワークプランを利用させていただき、快適さを実感しました。デジタルマーケティングを活用しながら日中の稼働率を上げることで、利益率を確保する戦略は、今後も発展の余地があると思います。大学で学んだ経験とTOEIC800点の英語力を活かし、時代とともに変容する需要に対応しながら、貴社の全国海外合わせて○箇所のチェーン展開を支えてまいります。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。