注目のIT業界を深掘り!志望動機はどう書くのが正解?

このページのまとめ

  • IT業界にはソフトウェア、ハードウェア、Web制作、情報処理サービスなどの分野がある
  • エンジニアにはWebエンジニア、ハードウェアエンジニア、インフラエンジニア、セールスエンジニアなどの種類がある
  • 新しいシステムは要求分析、要求定義、設計、プログラミング、テスト合格の過程を経てはじめてリリースされる
  • エンジニアには、プログラミングスキルに加え、論理的な思考力やコミュニケーション力などが求められる
  • 志望動機には「なぜIT業界のエンジニアを目指すのか」「どうして応募先企業でなければならないのか」を盛り込み、具体的なエピソードを交えて説明するのが重要

1990年代から急速に発展を遂げたと言われるIT業界。
現在も就活生に人気の同業界ですが、どんな産業かと聞かれると説明できない…という人も多いのではないでしょうか。
このコラムを読んで、IT業界に関する知識を得るとともに、志望動機の書き方についても学びましょう。

IT業界とは

IT業界とは、情報技術を活かした産業のことです。経済産業省による分類では、ソフトウェア業、情報処理・提供サービス業、インターネット付随サービス業などを含む情報サービス業に相当します。

具体的には次のような業界に細分化されているので、参考にしてください。

ソフトウェア業界

ソフトウェアとは、ハードウェアを稼働させるために作成されたプログラムのことを言います。
スマートフォンだけでなく、PCの分野でも広くカバーできる多様なオペレーティング・システムの需要が高まっており、新しいアプリケーションが日々開発され生み出されているのが特徴です。

ハードウェア業界

PCやPCの周辺機器だけでなく、スマートフォンやタブレットに代表されるモバイル端末もハードウェアの1種です。ハードウェア業界でも、スマートフォンの普及によりモバイル端末に関する業務量は増加し、人材の需要は拡大傾向にあります。

インターネット・Web業界

この業界では、企業の公式サイトの制作や運営、また他企業からの発注によるWeb制作を行っています。
同業界で成功するには、Webサイトを構築するスキルを身につけることは当然のこと、日々アップデートされる最新スキルを習得することも求められます。

情報処理サービス業界

対企業の情報システムや、Webサイト上で利用するサービスを開発・運用する企業を総称して情報処理サービス業界と言います。システムインテグレータとも呼ばれ、顧客企業が求めるコンピュータシステムの開発などを行うのが主な業務です。
具体的には、クレジットカードやネットショッピングの決済システム、市場調査などに活用されています。
システム開発だけではなく、顧客企業の組織や仕事の進め方を助言するコンサルティングサービスを提供している企業があることも特筆すべき点と言えるでしょう。

IT業界は、個人のWebサイト制作のようなものからコンピューターシステムなど社会の生活基盤に関わるものまで、幅広い業務を含んでいることがわかります。

エンジニアの種類

IT系の代業的な職種の1つにエンジニアが挙げられますが、その種類には次のようなものがあります。

Webエンジニア

スマホアプリに代表されるインターネット上のサービス提供など、Webアプリケーションの開発を行うのがWebエンジニアの仕事です。

ハードウェアエンジニア

ハードウェアエンジニアは、パソコンや周辺機器などの開発・設計が主な業務ですが、昨今ではエンベデッドエンジニアと呼ばれる組み込み型のシステム開発を行う職種も増えてきています。
スマートフォンや家電、自動車などにシステムを組み込むなど、コンピューター制御化されたさまざまな製品作りに携わっているのが特徴です。

インフラエンジニア

インフラエンジニアはネットワークを含むサーバーなど、ハードウェア全体の設計や運用、メンテナンスなどを行います。
クラウドやビックデータ、インフラ設備といったシステムの土台づくりを行う同職種には高い技術が必要とされるため、IT業界でのニーズが高いことも注目すべき点です。

セールスエンジニア

エンジニアとして営業と同行し顧客に対する技術的なフォローをするのが、この職種の主な業務です。
専門的な知識が豊富であること、人とのコミュニケーションを取ることが好きな人に向いている仕事だと言えます。

セールスエンジニアのように人と接する機会が多い職種もあれば、黙々と作業をする職種もあり、エンジニアが携わる業務は多彩です。

一般的なエンジニアの仕事の流れ

この項目では、システムエンジニアに代表される一般的なエンジニアの仕事の流れについてご紹介します。
主な作業は次の5つの過程に分かれます。

・要求分析
・要求定義
・設計
・プログラミング(プログラマーが担当することが多い)
・テストに合格すればリリースへ

まず、最初に顧客がどのようなシステムの構築を求めているかを調査します。これが要求分析です。
次の要求定義は、打ち合わせなどを通してシステムのおおまかな構想をまとめることを指します。
設計では基本設計・詳細設計に沿ってシステムの構成を考え、設計書の作成を行います。
ここまでの過程を終えて、はじめて着手できるのがプログラム作成(プログラミング)です。
プログラミングが終了すれば、システムが問題なく動作するかチェックを重ねます。

このようにいくつもの過程を経て、最終的にシステムが生み出されるのです。

エンジニアに求められる力

エンジニアに求められるスキルや資質とは何なのでしょうか。プログラミングなどの技術は身につけておくに越したことはありませんが、エンジニアに向く資質は他にもあります。エンジニアになりたいという方は、ぜひ以下を参考にしてください。

ITへの関心

スマホのアプリからショッピングサイトの決済システムまで、生活に欠かせない便利なサービスを次々と生み出すITの世界。
エンジニアとしてトレンドに敏感であることや、常に新しい分野を切り拓いていこうとするITへの強い関心が必要であると言えるでしょう。

コミュニケーション能力

サービスは提供する相手がいてはじめて成り立つもの。お客様がどのようなツールを求めているのか、どうすれば顧客企業の売上が上がるのかを考えることが大切です。相手のニーズを的確に把握し、望むものを提供できる高いコミュニケーションスキルも、エンジニアの資質として期待されています。

論理的思考力

顧客からの依頼1つを取っても、ただ言われた通りのものを提供するだけでは間に合わないと言われるのがエンジニアの仕事です。
課題を正確に捉え、一番良い解決策を出すためにどんなシステムを構築すれば良いのか答えを導き出すには、論理的な思考力が不可欠と言えます。
どのように役割を分担するか、問題が発生した場合はどうするか、と物事を多方面から見ることが求められているのも、この職業の特徴です。

エンジニアを目指す人の中には、「文系よりも理系の方が有利になりそう…」と不安に思う方もいるかもしれません。
確かに理系の大学では、在学中にすでにシステム開発に携わったり、専門用語に慣れていたりと文系の学生に比べると経験や知識の面では有利です。入社間もないころは理系が有利と感じる場合も多いでしょう。

しかし、経験を重ねるごとに文系・理系の差は減少すると言われています。表現力や文章力に長けた文系の能力が顧客とのやり取りで必要とされる場面も増え、勤務期間が長くなれば長くなるほど文系と理系の差は縮まっていく傾向にあるのです。

▼関連記事
目指すはIT業界!エンジニアの志望動機のポイント

志望動機のつくり方

志望動機には、次のような内容を盛り込むことが重要だとされています。

・IT業界、エンジニア、応募先企業を選んだ理由
・自分がどのように会社に貢献できるか
・入社後の抱負、将来に向けて現在取り組んでいること

内容についてはそれぞれ具体的に述べるのを心がけましょう。エピソードを交えて説明すると独自性が増し、採用担当者にも強い印象を残すことが可能です。

最後に志望動機の例文をご紹介します。IT業界に進みたい方は、参考にしてみみてください。

AI関連サービスに注力するIT企業の場合

私が貴社を志望した理由は、貴社のAIを活用したサービスに興味があるからです。
学生時代のサークルで、商店街活性化プロジェクトという企画を立ち上げ、チームで市場調査などを行い前年比30%のプラスの売上を上げたことがあり、コミュニケーション力と分析力には自信があります。
貴社の発表で、今後10年間でAI事業を拡大する計画があると知り、他社と比較しても同事業に大きく力を入れているところに注目しています。
現在はプログラミングの習得に努めながら、AIビジネスや関連企業について勉強しているところです。貴社でぜひ、サービス拡大に貢献する一員として活躍したいと思っています。

BtoB向けシステム開発を行う企業の場合

私とITとの出会いは学生時代です。Webサイト制作から始まり、最近はスマートフォンのアプリを開発してサイトに上げるようになりました。
ただ、Web制作のみ、ソフトウェアの開発だけということよりも、一貫したサービス提供に携わりたいのが私の希望です。
貴社は、上流フェーズに強く、システム開発だけでなく企画・提案にも優れていると高く評価されているため、ぜひ貴社で働かせていただきたいと考えております。
現在は◯◯の資格取得のため学習中です。今後も勉強を重ね、システムエンジニアとして1日も早く貢献できるよう努力してまいります。

以上が志望動機の例文です。
エンジニアになりたい、IT業界に進みたいと言っても、この業界は幅が広いため、どれか1つに絞るのは難しいかもしれません。

自分がどのような職種に向いているのかわからない、あるいは、進みたい分野は決まっているものの就活の進め方に不安を感じる、という方は就職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか?
キャリアチケットでは、就活アドバイザーがマンツーマンであなたの悩みに耳を傾けます。まずはお気軽にご相談ください。お待ちしています。

▼関連記事
IT業界の志望動機はどう書く?企業が評価するポイント

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!