業界の志望理由の答え方とポイント徹底解説

このページのまとめ

  • 業界を役割別に分類すると「メーカー」「商社」「小売」「金融」「サービス」「ソフトウエア・通信」「マスコミ」「官公庁・公社・団体」の8つに分けられる
  • 志望業界を絞ることで、選択肢が多すぎてどの企業を受ければよいか決めきれないという状況を回避することができる
  • 志望業界はエントリーシートを提出する時期に絞るのがおすすめ
  • 興味のある業界に順位をつける方法で業界を絞っていく
  • 業界の志望理由のポイントは、結論から述べること、業界で何を成し遂げたいかや将来的にどのように活躍したいのかをアピールすること

就活において重要な業界研究。今回は業界研究の方法や、業界を絞るメリット、絞る時期についてご紹介します。自分に合った業界を知ることで就活を効率的に進めることができるようになるでしょう。
 


 

業界の分類


業界研究は就職活動の軸を決める上で重要な要素の1つです。業界研究をすることで自分に合った業界を知ることができます。「自分の志望している職種はどの業界にあるのか」、「大学で学んだことを活かせるのはどの業界なのか」という疑問をお持ちの方は、興味のある業界の知識を深めてみると良いかもしれません。

就職活動における「業界」とは、企業を産業や商業によって分類したものです。業界によって取り扱うサービスや商品は異なっており、メーカーが製造した商品を商社が仕入れて、小売が販売するといったように、それぞれの業界は密接な関わりを持っています。

業界を役割別に分類すると、「メーカー」「商社」「小売」「金融」「サービス」「ソフトウエア・通信」「マスコミ」「官公庁・公社・団体」の8つに大別が可能です。それぞれの業界が以下のような役割を果たし、社会を構成しているといえるでしょう。

▼関連記事
就活生が知っておきたい8つの業界とは?絞り方のコツも解説
 

 

各業界の特徴


ここからは、それぞれの業界の特徴についてご紹介します。

メーカー

原材料を加工することで製品を開発・生産し提供しているメーカー。パソコンや衣服、ボールペンも全てメーカーが製造したものです。さらに家や車もメーカーが製造していて、どれも生活していく上で必要な役割を果たしています。時代によって変化する消費者のニーズに対応した商品の開発が進められている業界です。

商社

主に、輸出入貿易で仕入れた商品を販売し、その仲介料で収益を上げている商社。機械から食品まで多種多様な商品を取り扱っている総合商社と、特定の分野に特化して取引を行っている専門商社の2つに分けられます。海外から仕入れた商品をメーカーに販売する業務も行っており、海外製の安い部品をメーカーに販売することで商品のコストダウンにも貢献している業界です。

小売

メーカーや卸売業者から仕入れた商品を消費者に販売しているのが小売業界。百貨店やスーパー、コンビニエンスストアが小売にあたります。業務の流れは商社と似ている部分がありますが、大きな違いは直接的に消費者とつながるB2C(BtoC)のスタイルであるということ。店舗の規模や取り扱う商品の範囲が多様なのが小売の特徴です。

金融

金融業界は、他の業界と密接な関わりを持ちながら経済を支えています。主な業務は、預金の取り扱いや融資、株券売買、証券、保険。他の業界と比べて、生命保険や損害保険を除いて商品を販売する機会が少ないことが特徴といえるでしょう。

サービス

サービス業界が社会に生み出している価値は、目には見えないものを提供すること。交通機関やフードサービス、医療機関といったように、生活を豊かにする効果を発揮しています。特徴は、取り扱う商品が無形商材であること。サービス業界では、知識やアイデア、経験を商品として販売しています。

ソフトウエア・通信

ソフトウェア・通信業界が社会に生み出している価値は、情報の処理とその運用による効果。インターネットはソフトウェア・通信業界の産物です。スマートフォンの中に入っているアプリケーションもソフトウェア・通信業界が制作しています。常に最新のテクノロジーに触れ、進化させる体験が可能な業界です。

マスコミ

マスコミ業界が社会に生み出している価値は、情報を人々に広く伝達すること。テレビ番組や広告、新聞といった馴染み深い商品を多く生み出しています。電車の中吊り広告を通して情報が入ってくるのはこの業界のおかげといえるでしょう。携わった作品が多くの人々の目に触れるのが特徴で、これによって大きな達成感が得られるかもしれません。

官公庁・公社・団体

官公庁・公社・団体が社会に生み出している価値は、民間ではできない公的な事業を行うこと。業務がそのまま国や自治体の信頼に関わるのが特徴で、きちんとしたビジネスマナーや責任感のある仕事ぶりが求められます。

▼関連記事
就活に役立つ業界一覧とその概要を紹介!情報収集のコツを学ぼう
 

志望業界は絞るべき?


就職活動で受ける企業を決める際に、受ける業界を絞ることから始める方もいるでしょう。「志望業界を絞ってしまうと自分に向いている業界と出会えなくなるのでは?」という不安を感じている方もいるかもしれません。
ここからは、志望業界を絞るメリットをご紹介していきます。絞る時期や絞る際の注意点についてご紹介しますので、参考にしてみてください。

業界を絞るメリット

効率的に就活を進めるためにも、ある程度志望業界を絞っておくことは大切です。志望業界を絞ることで、選択肢が多すぎてどの企業を受ければよいか決めきれないという状況を回避することができます。志望度の高い業界だけに絞って業界研究を行えば、深い部分まで掘り下げて業界研究を行うことができ、志望動機を作成する際にも役立つでしょう。

業界を絞る時期

インターンシップや説明会の時期から業界を絞る必要はありません。この時期に業界を絞るのは少し早すぎるでしょう。この時期は、企業をしっかりリサーチする時間にしてください。

インターンシップや説明会に参加したら、興味のある企業にエントリーシートを提出することになります。このエントリーシートを提出する時期に業界を絞るとよいでしょう。企業の採用担当者と話をするときも、業界を絞っていると伝えることで、業界のさらに深い情報を知ることができるかもしれません。

面接が始まるのは、エントリーシートを提出した後。この時期に業界を絞るのでは少し遅すぎるかもしれません。面接を受け始める時期は、企業ごとに面接の対策準備をしなけらばならないからです。面接対策は、就活の選考の中で最も時間を要する部分。この時期は、徹底的に面接対策ができる状態にしておく必要があります。
もちろん、業界を1つに絞らなければ就活が上手くいかないということはありません。 しかし面接準備の時期までに業界が決まっていないと大きな負担がかかると考えておいて良いでしょう。

絞り方

業界の種類や特徴を把握して理解が深まったら、興味のある業界に順位をつけてみて下さい。自分で何らかの基準を作って、優先順位をつけてみましょう。あくまでも業界を絞るのは自分の決心ができた時にするべきなので、焦って決断する必要はありません。就活を有利に進めたい、早く終わらせたいという理由だけで志望業界を決めてしまって将来後悔しないように、じっくり判断して下さい。

思い込みやイメージだけで志望業界を絞らないようにしましょう。しっかりと行動して情報を集めた上で業界を絞っていくことをおすすめします。
時間があれば、興味のなかった業界の説明会に参加してみてもよいでしょう。興味のない業界は、説明会に行くまでもなく候補から外してしまっているかもしれませんが、説明会に参加してみることで意外な適性を発見できる可能性があります。逆に、自分の志望業界への関心を確信して、志望業界を絞るきっかけになるかもしれません。

▼関連記事
就活で志望業界はどれくらい絞るべき?内定に繋がる選び方のコツも解説
 

 

業界の志望理由を聞かれることがある


就活では、業界への理解度を評価するために業界の志望理由を聞かれることもあるため、しっかり準備しておくことが大切です。

聞かれる理由

知名度の高い大手企業を志望しているけれども、実はどんな業界で、どんな業務があるのかを理解していないということもありえます。業界の仕事への興味や理解がなければ長く働き続けることは難しいでしょう。企業側は業界を志望する理由を聞いて、仕事への本気度を見ているとも考えられます。
しっかりと理由を説明できれば、目的意識を持って就活を進めていることが相手に伝わるでしょう。企業の志望理由と業界の志望理由は必ずリンクしているものなので、説得力のあるアピールをすれば好印象を与えることも可能です。

答え方のポイント

業界の志望理由を聞かれた際の答え方にはポイントがあります。まずは、最初に結論を述べること。その業界を志望した理由はもちろんですが、なぜ他の業界ではだめなのかを明らかにすることも大切です。他の業界を知った上で、その業界でなければならない理由を伝えましょう。
業界で働く中で何を成し遂げたいかを示すことも必要です。将来的にどのように活躍したいのかをアピールしましょう。

就活についてもっと詳しく知りたい方は、キャリアチケットを活用してみてはいかがでしょうか。経験豊富な就活アドバイザーがお一人おひとりに合った企業をご紹介しているこちらのサービスを、ぜひご活用下さい。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。