就活に役立つ業界一覧とその概要を紹介!情報収集のコツを学ぼう

このページのまとめ

  • 就活における業界一覧とは、利益の出し方によって8種類に分けれられる
  • 就活の業界のうち代表的なものとしてメーカーや商社が挙げられる
  • 就活の志望先を選ぶには、まず業界一覧からそれぞれの特徴を把握することが大切

就活における座談会とは?質問や服装マナーのポイントを解説!の画像

業界一覧を確認し、その業界の分類や概要を理解することは、就活において重要な活動の1つです。さまざまな業界を知ることで、働きたいと思える業界や、自分が活躍できる業界を見つけられるようになるでしょう。このコラムでは、業界研究をする際のポイントや、業界を選ぶ際のコツを詳しくご紹介しています。業界について深く知ることで、今後の選考に活かせるようにしましょう。

就活における「業界」とは 

業界とは、「どのような商品、方法で利益を出しているか」という点から見た企業の分類です。大きく8つの業界に分けられます。

業界・業種・職種の違いは?

業界は「どのような商品・方法で利益を出しているかによって分類したもの」であることに対し、業種は「業界の分類のなかでさらに細分化された種類」です。
たとえば「メーカー」は業界の分類の1つになりますが、そのメーカーが取り扱う商品である「食品」「化粧品」「医薬品」などは「業種」の分類になります。
業界・業種が企業の分類であるのに対して、職種とは「職業の種類」です。たとえば「事務職」「営業職」「販売職」など、仕事内容で分類されたものが職種に該当します。

▼関連記事
就活の参考に!商社、メーカー…8つの業界一覧

業界一覧とその概要

業界を大きく分けると、その役割から「メーカー」「商社」「小売」「金融」「サービス」「通信」「マスコミ」「官公庁」の8つに分類できます。それぞれの業界がどのようなものを提供しているかを知っておきましょう。

1.メーカー

メーカーは「ものづくり」をする業界です。原材料を加工し、モノを製造します。モノの例を挙げると、食品や繊維、電子部品、自動車など。これらはほんの一例で、メーカーが製造するものは多岐に渡ります。
「ものづくりに興味がある」という方は、メーカーを視野に入れて企業研究を行ってみましょう。

2.商社

商社は「モノを動かす」業界です。メーカーから仕入れた商品を、小売店などに販売して利益を得ます。製品を売りたいメーカーと買いたい小売を結びつける、企業と企業の仲介役といえるでしょう。
仲介を行うのは国内に限りません。海外から商品を仕入れる企業も多数あります。グローバルに働きたい方は、商社業界を見てみると興味の持てる企業が見つかるでしょう。

3.小売

小売は「モノを消費者に売る」業界です。メーカーや商社から仕入れた商品を、消費者に販売します。百貨店やスーパーマーケット、コンビニエンスストアなどが例に挙げられます。誰もが利用していることから、身近な業界の1つといえるでしょう。
店舗に限らず、インターネットを通じて商品を販売をする、通信販売も小売に当たります。仕事内容は、販売のみというわけではありません。お店の経営をするのに必要な企画や経理、商品を買い付けるバイヤー、物流管理など多岐に渡ります。

4.金融

金融は「お金を動かす」業界です。例に挙げると、銀行・保険会社・信用金庫・証券会社などがあります。
預金の取り扱いや融資、株券売買などを行い、その利子や売上などで利益を得ます。さまざまな業界と密接な関わりを持ちながら経済を支える仕事です。

5.サービス

サービスは「かたちのないものを提供する」ことで利益を得る業界です。たとえば、旅行や教育、ホテル、テーマパークなどが挙げられます。知識やアイデア、経験を商品として提供していると考えると分かりやすいでしょう。
ほかにも、人材派遣や運送、建築のように、企業と個人どちらにもサービスを提供する企業もあります。
メーカー同様、幅広いサービスがありますので、サービス業に興味のある方は、自分がどのような分野で携わりたいかをしっかり考えましょう。

6.通信

通信は「情報を伝達する」業界です。例として挙げると、携帯電話の各キャリア、アプリケーションなどが通信にあたります。また、スマートフォンやパソコンなど、コンピューターの処理を行う内部プログラムである「ソフトウェア」もこの分類です。
最新のテクノロジーに触れることで、世の中の利便性向上を体感できる業界といえるでしょう。

7.マスコミ

マスコミとは「マスコミュニケーション」の略称で、「情報を伝達すること」が仕事の業界です。新聞社や出版社、広告代理店、放送局などが例に挙げられます。
「放送」では主に電波を通して音声・映像・文字などの情報を伝え、「新聞」では紙面によって情報を伝えます。また、雑誌や書籍などを発行する「出版」、CMなどメディアを通して商品を紹介する「広告」もこの分類です。
多くの人の目に触れる作品を作ることに携わりたい、という方には興味が持てる業界だといえるでしょう。

8.官公庁

官公庁は「国や地方公共団体の役所」などで働く業界です。勤務先は市役所、裁判所、警察など、いわゆる「公務員」がこの分類にあたります。
ほかにも、「公社・団体」といった、公立の学校や病院、営利を第一目的としない、農協や社団法人などもこの分類にあたります。
官公庁・公社・団体は会社が潰れるリスクが少なく、収入面の安定性を求めている方におすすめです。しかし、公務員として働くには、民間とは異なり「地方公務員・国家公務員試験」に合格しなければなりませんので、試験勉強が必須となります。

公社・団体は、公立の学校や病院、営利を第一目的としない、農協や社団法人などを指します。

▼関連記事
業界図鑑

業界研究とは

業界研究は自分に合った業界を知るためにも重要な活動の1つです。就活を始める際は始めの段階で「どのような業界があるのか」を知る必要があります。
業界研究をする目的や、意識すべきポイントを知り、効率よく希望業界を絞りましょう。

業界研究の目的

業界研究は、どのような業界が存在して、自分の関心がどこにあるのかを知るために行います。まずは、ざっくりとすべての業界の概要に目を通しましょう。
気になる業界が見つかったら、そこから詳しく掘り下げていきます。

業界の知識を得る

業界研究を行う理由の1つに、「業界の知識を得る」という点が挙げられます。何も知らなくては、就活のスタート地点に立つことさえできません。まずは自分のやりたいと思えることが、自分に合っているのか確認しましょう。
また、興味がある業界に合った自己PRや志望動機を書くためにも、その業界について詳しく知る必要があります。

志望する業界を絞る

就活は限られた時間のなかで行われるため、すべての業界の企業にエントリーすることは難しいです。そのため、いくらさまざまな業界に興味があったとしても、ある程度の絞り込みが必要になります。その取捨選択を行うという点でも、業界研究が有効です。

業界研究のポイント

企業研究をする際のポイントをチェックして、どのような視点で見ていくべきかを知り、効率よく企業研究ができるようになりましょう。

各業界のイメージを捉える

まずは業界一覧を通して各業界がどのようなものなのかを知りましょう。このとき、具体的な企業名を見るとイメージが湧きやすいのでおすすめです。さまざまな業界を理解することで、企業選びにおける選択の幅を広げられます。

各業界の特徴を把握する

選考のなかで、業界に関する質問をされるケースもあるため、希望業界の特徴は念入りに調べる必要があります。「どのような商品やサービスを取り扱うのか」「顧客は企業なのか、個人の消費者なのか」など、業界を理解するうえで重要なポイントです。
さらに、市場での規模や代表的な企業、業界の置かれている状況なども理解しておくと面接時に「同業他社との差別化」について聞かれたときに困りません。

▼関連記事
業界分析をしよう!効率よく進めるコツとポイントとは
就活生なら知っておこう!業界研究について解説します
業界研究のやり方を詳しく解説!就活における重要性は?

志望業界を選ぶときのコツ

業界はそれぞれに魅力があるため、志望業界を選ぶのも一苦労です。しかし、本当に興味のある業界に的を絞り込んでしっかり力を注ぐためにも、業界研究をする必要があります。

興味のある業界の情報を意識する

興味のある業界が見つかったら、日々の生活のなかでその業界の動向を意識してみましょう。テレビやネットのニュース、経済新聞などで業界の事情を意識しておくと、業界選びだけでなく選考のなかで役立つケースがあります。ニュースなどで話題に上っていることは面接や小論文で質問される場合もあるので、気にしておくようにしましょう。

動向や将来性も確認する

希望する業界が見つかっても、その業界で安定して長期的に働くためには動向や将来性も見極めておく必要があります。不況により倒産してしまうような企業では、せっかくの努力が水の泡になってしまいます。今後、自分がどのようなキャリアプラン・ライフプランを考えているのかに合わせ、希望の業界と企業の成長性・安定性を調べましょう。
一般的に、業界が若いと成長性があり、業界の売上が高いほど安定性がある、という傾向にあります。具体的に調べるべき点は、業界内での各企業の違いや、企業間の資本関係・提携関係などです。業界全体の業績推移などから成長の見込みを確認しておきましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!