アパレル業界を志望する人へ!現状や職種まとめ

このページのまとめ

  • ファストファッション系企業がアパレル業界を台頭している
  • 昼夜問わず好きな時間に買い物できることから、ECサイトでの販売も成長を見せている
  • アパレル業界の業種には、アパレル企業やファッション小売企業などがある
  • アパレル業界の職種には、店員やデザイナー、バイヤーなどがある
  • アパレル業界の面接時には、ファッションセンスと清潔感を意識した服装が望ましい

華やかでオシャレなイメージのあるアパレル業界。志望業界の1つとして視野に入れる就活生は少なくありません。一口にアパレルと言っても、その業種や職種は多岐にわたります。
このコラムでは、アパレル業界の実態についてご紹介。アパレル業界に関する知識を身につけ、自身が本当にやりたいことを実現できる環境かどうか、業界を絞り込むためにもぜひご覧ください。

アパレル業界の現状

人口の減少や景気の悪化、消費者の低価格志向などにより、近年の市場規模は横ばいで推移しています。そんなアパレル業界をけん引しているのが、最新のトレンドを取り入れながらも低価格を実現するファストファッション系の企業です。
ユニクロやGUでお馴染みのファーストリテイリング、しまむら、良品計画が展開する無印良品などがファストファッション系企業の代表例と言えます。
また海外でも、H&MやZARA、Foever21、GAPなどの外資ファストファッションも、時代に即しアパレル業界を台頭するブランドと言えるでしょう。

このようなファストファッション系企業が好調である理由は、リーズナブルな価格帯に限ったことではありません。ファストファッション系企業の多くは、SPA(specialty store retailer of private label apparel:製造小売業)を取り入れており、商品の開発・製造から販売までを一括で行います。
SPAでは、商品の移り変わりが盛んで消費者を飽きさせない、最新のトレンドを即座に反応した商品展開により消費者のニーズに素早く対応することが可能。
価格面だけでなくデザイン面においても妥協を許さないことが人気の理由と言えるでしょう。

また、世界的に有名な高級ブランドの売上げも比較的安定しており、低価格帯と高価格帯の2極化が進んでいます。一方で、アッパーミドル(中流の上)の消費者層をターゲットにしてきた、アパレルメーカーは苦戦を強いられているようです。

IT化が進むアパレル業界

IT化の波が押し寄せている現代。アパレル業界も例外ではありません。インターネットの普及に伴い好調であるのが、ネット販売です。
ファッション通販サイトでは、24時間いつでもどこからでも気軽に買い物ができる、店員さんに気兼ねすることなくアイテムをじっくり吟味できる、実店舗に行く必要がない、荷物を持つ必要がないなど、多くのメリットを有します。
試着ができないという大きなウィークポイントがありながらも、そのほかの多くの利点でカバーし急成長を遂げているようです。
代表的なアパレルECモールは、ZOZOTOWNやマルイ、SHOPLIST、マガシークなどが挙げられます。

また、近年のアパレル業界ではオムニチャネル化が進んでいることも特徴として言えるでしょう。オムニチャネルとは、店舗やネット、カタログといったチャネルを問わずあらゆる場所において消費者との接点を持つ戦略のことです。
例えば、六本木にあるZARAのポップアップショップでは、試着用のサンプルのみを店舗に展示。アイテムを購入する際は、店舗またはECサイトで注文を行います。
実店舗とECサイト、両者の良い面を統合することで新しいショッピング体験を消費者に提供。集客アップを目指しています。

アパレル業界の仕事紹介

アパレル業界とは、商品の企画、製造、流通、販売すべてを指す言葉です。アパレル業界における業種や職種はさまざま。アパレル業界を目指す上で、自身がやりたいことが叶う場所はどこなのか見極めましょう。

業種

ファッション小売企業

アパレルやファッション雑貨などを消費者に販売。店舗運営や接客などを担う企業です。百貨店や量販店、ECサイトなどがファッション小売企業に該当します。

アパレル企業

アパレルアイテムの企画や製造を行い、ファッション小売企業へ販売する企業です。

OEM会社

Original Equipment Manufacturerの略称であり、他社から委託されたアイテムの生産を行う会社です。

ODM会社

Original Design Manufacturingの略称であり、他社から委託されたアイテムの生産だけでなく企画まで行う会社です。

テキスタイル企業

アパレルアイテムに使用される生地の企画や製造、卸売を担います。

PRエージェンシー、アタッシュドプレス

ブランドや企業、プロジェクトなどのPR業務を担います。

職種

ショップ店員

ブランドのコンセプトやデザイナーの思いを理解し、アイテムをお客さまに提案します。ブランドに対する理解や商品知識、コミュニケーション力などが求められるお仕事です。

SV(スーパーバイザー)

本社の考えを店舗に落とし込むのがSVの役割です。店舗と本社とのパイプとしての役割を担います。復数の店舗の運営管理を担うため、エリアマネージャーとも言われる存在です。
ブランド理解や商品知識はもちろんのこと、コミュニケーション能力やマネジメント力、指導力などが求められます。

EC(イーコマース)

自社のオンラインショップの運営を行います。在庫管理や商品発送、撮影、メールマガジンの送信などが主なお仕事です。WebやPCに関する知識が求められます。

デザイナー

アパレル商品の企画を行います。主な業務内容は、縫製仕様書作成や生地の選定など。デザイン力やアイデア力、生地の知識などが問われます。

パタンナー

デザイナーがデザインした商品をもとに型紙制作を行います。パターン技術やCAD、素材や生地の知識などが問われるお仕事です。

MD(マーチャンダイザー)

予算管理や販売計画、売上分析、市場調査などを担うお仕事です。ファッションに関する幅広い知識のほか、分析力も求められます。

バイヤー

MDが決定したディレクションをもとにアイテムの買い付けを行います。バイイングをメインに、納期管理や販売計画の立案などを行うお仕事です。
コーディネート力やトレンドを察知する能力などが求められます。

PR

会社やアイテム、ブランドをより多くの人に知ってもらうためのPR活動を行うお仕事です。雑誌とのタイアップやスタイリストへのアイテムの貸出、サンプル管理など業務は多岐にわたります。
マーケティング知識や提案力、豊富な人脈などが求められます。

アパレル業界の面接の注意

アパレル業界を志望企業とし面接を受ける際、1番に悩むのが服装ではないでしょうか。スーツ一択としている企業が多い中、アパレル業界では応募者のファッションセンスをチェックするため、私服を指定されることは珍しくありません。
「服装自由」「私服指定」といった指示があった場合は、スーツの着用は避けましょう。私服といっても、部屋着やカジュアルすぎる普段着とはまた違います。
意識すべきは、面接にふさわしい常識的で清潔感のある服装、応募ブランドのテイストにマッチした服装ができているかどうかです。
企業側は、TPOに合う服装ができているか、ブランドイメージに合うかなどをチェックします。応募ブランドで働いていても違和感のないスタイリングを目指しましょう。
面接時には、服装のポイントについて質問されることもあるため、答えられるよう準備しておくことをおすすめします。

ファッションやオシャレが好きな人にとって最適な職場環境であるアパレル業界。自分がやりたいことができるのか、業界研究はしっかり行いましょう。
業界研究が終わったら、次は企業研究や応募書類の作成、面接対策など、さまざまな作業が待っています。一人での就職活動はなかなか大変なもの。
そこで活用いただきたいのが、就職エージェントです。キャリアチケットでは、新卒者を対象に就活のサポートを行っています。相談やサービスの利用は無料です。ぜひお気軽にご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00