海運業界ってどんな仕事?業界の特徴と職種を解説

このページのまとめ

  • 海運業界は、輸出入大国の日本で欠かせない業界
  • 海運業界では、貨物によってさまざまな船を使い分けている
  • 海運業界ではグローバルでスケールの大きい仕事ができる
  • 海上職は海技士免許が必要だが、入社後に取得を目指せることもある
  • 英語力、責任感がある人は海運業界に向いている

海運業界ってどんな仕事?業界の特徴と職種を解説のイメージ

海外と貿易をするなど、グローバルで大規模なイメージの海運業界。しかし、具体的な業務内容のイメージが湧かないという就活生も多いのではないでしょうか。このコラムでは、海運業界全体の特徴や職種、仕事内容を紹介しています。海運業界を志望する方だけでなく、貿易や海外とつながる仕事に興味がある方は、ぜひ一読して業界研究や志望動機の作成に活用してください。



 

海運業界とは

海運業界の事業は主に2種類あります。1つは、船で物資を運ぶ海上輸送サービスです。国内の輸送を「内航海運」、海外での輸送を「外航海運」といいます。もう1つは賃貸業で、所有している船を貸し出して利益を得る事業です。海運業界は、海に囲まれた輸出大国である日本には欠かせません。このコラムでは、海上輸送業をメインに解説していきます。

船の種類と貨物

海上輸送で使う船にはさまざまな種類があります。ここではその一部を紹介します。

コンテナ船

衣類や日用品、電化製品などが詰まったコンテナ(スチール製の巨大な箱)を輸送します。貨物はコンテナに入っているため、トラックや貨物列車への積み替えが容易です。貨物船の中では最速を誇ります。

タンカー

主に石油を運ぶ専用船です。もし事故が発生しても原油の流出を抑えるため、二重化構造になっています。

LNG船

マイナス162度に冷やして液化した天然ガスを運んでいます。温度を維持するためにさまざまな技術が駆使された船です。

穀物船

小麦など、穀物をそのままの状態で運ぶ船です。複数種類を運べる船もあります。

自動車専用船

名前のとおり、完成した自動車の輸送を専門にした船です。バスなどの大型車両も運べます。大型の船では8,000台もの車を積むことが可能です。

セメント専用船

工場でつくられた粉状のセメントを運ぶ専用船です。

木材専用船

木材を運びます。ほかの船は貨物室内に貨物を収めますが、木材は甲板上にも積まれます。

ケミカルタンカー

プラスチックや化学繊維の原料を運んでいます。貨物の腐食や汚染を防ぐため、特殊な材質造られた船です。



 

海運業界の特徴

海運業界の特徴は、シェアの約9割を大手3社が占めていることです。海運に関わる会社は多くありますが、大手3社以外では事業規模が小さいことは認識しておきましょう。
また、就職において採用人数が少ない傾向にあります。大企業であっても、新卒採用の定員は数十名です。狭き門のため、業界研究や企業研究などの選考対策が必要です。



 

海運業界に就職するメリットとデメリット

続いて、海運業界で働くメリットとデメリットをご紹介します。

海運業界に勤めるメリット

メリットの1つは、グローバルで大規模な活躍ができることです。世界を舞台に働きたいと思っている人には大きな魅力でしょう。日本の貿易規模は、重量ベース・金額ベースともに航空輸送よりも海上輸送のほうが大きいというデータもあります。
しかし、商社も「世界で活躍したい」「貿易に関わりたい」「スケールの大きな仕事をしたい」という憧れを実現できる仕事です。業界研究や志望動機を考える際は、商社と海運業界の違いにも着目してください。たとえば、海運業界のほうがより生活に密着した貨物を運べること、天気などの海運ならではのトラブルに対する達成感を得られることなどが挙げられます。

海運業界に勤めるデメリット

世界を股に掛ける仕事であるため、世界経済や政治の影響を受けやすいことはデメリットでしょう。海上輸送は貿易摩擦や環境問題を理由に規制がかけられやすく、今後も業界規模が急激に変わる可能性があります。

▼関連記事
商社とは?就活生が押さえておくべき仕事内容や事業をわかりやすくご紹介



 

海運業界の職種

海運業界で働くには、大きく2つの職種があります。

海上職

船の中で働く職種をまとめて海上職といいます。

船長

船の最高責任者です。針路の決定権をもち、ときには操船も行います。

航海士

操船をする航海士は、商船の場合3名乗船しています。1等航海士は荷物の積み下ろし、2等航海士はレーダーなどで海図を管理や整備が担当です。3等航海士は救命設備の整備や、書類記録などを行います。

機関長

エンジンなど、船の中の機械設備を管理する機関士の責任者です。

機関士

商船には3名の機関士が乗船します。エンジンやプロペラなどの船を動かす装置から、発電機やボイラー、冷蔵庫などを24時間管理します。

通信士

無線通信を用いて陸上と連絡をとる役割です。通信だけでなく、通信機器の整備も行います。

船員

航海士や機関士を支えるスタッフのような役割を船員といい、役割によって甲板部員、機関部員、事務部員の3つにわかれます。甲板部員は、航海士の指示の下舵取りや荷物の積み下ろしが仕事です。機関士の指示にしたがって機関の整備を行う船員を機関部員といいます。乗組員の食事を作るコックや、乗客サービスを行うスタッフ(客船のみ)も事務部員です。

陸上職

陸上から船を支える仕事は、大きく3つに分類されます。

事務職

航路の運営や運行管理を行います。港の管理や情報システム関連なども事務職の仕事です。

技術職

造船や船舶保守など、船の技術面を支える仕事です。

営業職

船に乗せる貨物を集めるため、メーカーなどに営業を掛ける仕事です。取引先に対して輸送プランを提案することもあります。



 

海運業界に就職するために求められるスキル

続いて、海運業界で働くうえで必要なスキルを解説します。

専門知識

海上職で働くためには、海技士免許が必要です。海技士免許を取得するため、以前は船員教育機関といわれる専門学校に通うパターンが一般的でしたが、最近は未経験の一般大卒から採用し、自社で海技士取得まで教育を行う会社もあります。どちらにしても、海技士試験に合格できるレベルの海や船、気象に関する知識が必要です。船員なら、海技士免許をもっていなくても採用されることもあります。
陸上職の場合は必須資格はありませんが、海運業界で働くならある程度の知識は身につけておきたいところです。

英語力

海上職・陸上職問わず、海外の人とやり取りをする機会が多い仕事ですので、英語力は重要です。正確にコミュニケーションがとれるレベルだと高評価につながるでしょう。日常会話というよりは、船にまつわる専門用語が中心のビジネス英語が必要になります。

責任感、遂行力

海運業界は少数精鋭になりやすいという特徴があります。特に海上職は、長期間船に乗り込んだままです。ひとつの仕事を最後までやり遂げられる責任者や遂行力がある人は、海運業界に適性があるといえるでしょう。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。