世界で活躍できる海運業界!地上職・海上職の仕事とは?

このページのまとめ

  • 海運業界では、さまざまな船を使い分けて貨物を運んでいる
  • 海運業界は世界経済に左右されやすい
  • グローバルに活躍できる業界として人気が高い
  • 地上職は事務系と技術系、海上職は航海士と機関士が活躍している
  • 海運業界は採用人数が少ないため、応募書類の段階から気を抜かずに選考に臨もう

国内外への貨物の輸送を手がける海運業界。
グローバルな事業展開から憧れを持つ就活生は多いですが、具体的な職種や働き方はご存知ですか?
今回のコラムでは、事務職から航海士まで、海運業にかかわる仕事についてまとめました。
業界研究の一貫として、ぜひ内容をご確認ください。

 

海運業界とは?

海運会社はエネルギー会社やメーカーに対して、海上輸送を中心とするサービスを提供しています。船で物資を運ぶ海運業界は、輸出入大国の日本経済にとって欠かすことのできない存在
船は船主からレンタルすることもあれば、新規に造船することもあります。

海上輸送は、国内での輸送をする「内航海運」と、海外での輸送を行う「外航海軍」の2種類で、運ぶ物資によってさまざまな船を使い分けるのが特徴です。
代表的なのは、衣類や生活雑貨をはじめとする日用品など、多種多様な貨物を運ぶ「コンテナ船」。それから、石油などの液体を運ぶ「タンカー」はよく耳にするのではないでしょうか。天然ガスに特化した「LNG船」では、気体のままでは容積が大きいガスをマイナス162度まで冷却して液体化することで、効率的な輸送を可能にしました。
穀物や鉱石、塩などを梱包せずにそのまま船倉内に入れて輸送する船は、「バラ積み船(ドライバルク)」と呼ばれます。このほかにも、完成車を輸送する「自動車専用船」など、特定の貨物に特化した船があります。

 

海運業界の特徴

日本の海運業界の大きな特徴は、大手3社がほとんどのシェアを占めていること。いずれも長い歴史を持つ企業で、就活生には人気の応募先となっています。
ただ、本当に海運業界を目指す気持ちがあるなら、働く上でのリスクや苦労についても知っておくことが大切です。海運業界にはほかの業界と同じくやりがいと苦労があるので、そのどちらもを理解して自分と合っているかを考えてみましょう。
まず、海運業界は世界経済に影響されやすい弱点があり、リーマンショックの際は業界全体の業績が落ち込んだ過去があります。石油ガスなどの資源を運ぶため、石油価格や資源価格の高騰にも業績が左右されやすいでしょう。その他のリスクとしては、戦争や紛争、海賊の出現やテロといったことがあり、国内だけではなく国外の情勢にも敏感である必要があります。

やりがいとしては、グローバルに活躍できる点に魅力を感じる学生が多く、年収が他業界と比較して高い点も魅力となります。
「昔から船での仕事に憧れていた」と船員を希望する人もおり、海上で働く経験はほかの業界ではできません。
また、海上輸送は日本の輸出入の9割を占めるといわれ、仕事を通して日本の経済を支えている実感が得られるのではないでしょうか。

 

陸上職と海上職

海運会社での仕事は、大きく「陸上職」と「海上職」の2つにわかれます。

陸上職

陸上職は事務系と技術系にわかれ、事務系社員はオフィスワークを担当。業務内容としては、運航ルートやスピード、寄港地などを船長に指示する運行管理や、エネルギー会社やメーカーなどと運輸の契約をとりつける営業、船の持ち主から船を借りたり造船所に新しい船を発注したりする船の調達業務などがあります。
事務系の新卒採用では、文理を問わず全学部・全学科から募集を行う企業が多いようです。

技術系の仕事は、造船や新技術の導入、船の手入れなど。運航船から得た技術情報を分析して、船の保守や修繕に活かすこともあります。
技術系に採用されるのは、船舶工学、機械・電機系の学校を卒業した学生が多いようです。

海上職

海上職には、船に乗って働く「航海士」や「機関士」といった職種があります。
航海士は航海ルートを判断して針路を決める役割を持ち、無線計器の点検まで航海業務全般を担っています。また、貨物の荷役も航海士の仕事で、船上での保守も担当。
機関士は船内の機械の管理を行う職種で、機械の異常発見や整備を行い安全な航海を支える職種です。船には多種多様な機器があるためあらゆるトラブルに対応するのは大変ですが、必要があれば陸上と相談して仕事を進めます。
キャリアのルートとしては、航海士は船長を、機関士は機関長を目指す人が多いよう。海上職といっても営業サポートや船舶管理などで陸上勤務をすることもあり、少数精鋭の海運業界では職種にとらわれない多様な経験が積めるでしょう。
勤務スタイルは乗船する船によって違いますが、半年船に乗ってその後3~4ヶ月休暇をとるパターンもあるようです。普通の企業に比べるとかなり特殊な働き方になるので、海上職を目指す方はこの点を理解しておくと良いでしょう。
海上職は船員教育機関を卒業した人が多いですが、企業によっては船舶職員候補生として新卒採用した後、一定期間をかけて自社で養成するところもあります。
海運業界に興味を持った場合、早めに募集条件を確認するようにしてください。

 

海運業界では英語は必須?

世界を相手にする海運業界では海外とのやり取りが多く、ある程度の英語力が必要です。英語での会話はもちろん、メールや書類に英語が使われることもあるので、全般的な英語力が求められるでしょう。
海上職では乗組員に外国人船員がいることもあり、英語ができると円滑なコミュニケーションが可能になります。また、現地の作業員と英語でやり取りする機会もあり、地上職・海上職に限らず、語学を習得すると仕事がスムーズです。
このように海運業では英語が必須ですが、入社時にはそこまで高い英語力を求めないという企業もあり、就職後働きながら勉強する社員も少なくありません。
英語力に自信がない人は、就活中から勉強して向上心を示しましょう。

 

就活での効果的なアピール方法

海運業界は狭き門で、大手企業でも20名ほどしか募集しない年があります。グローバルに活躍できる海運業は人気の業界なので、最初の書類選考を突破するにはエントリーシートで熱意を伝えることが必要。空欄をつくらず、論理的で説得力のある自己PRや志望動機を作成しましょう。
海運会社は応募者をテストやグループワークで一気にふるい落とす傾向があります。どちらも一定の対策はできるので、必ず準備をしてから臨むようにしてください。
もし、TOEICのハイスコアや留学経験がある場合は、英語力や国際性をアピールできます。
少数精鋭の海運業界では業務をする上で個々の責任が大きいため、責任感や主体性も評価につながりやすいでしょう。
就活生の中には、商社やグローバルメーカーと海運会社を併願する人が多いですが、海運会社に合格するには「なぜ海運業界を選んだのか」を明確にできるかがポイント。
グローバルに活躍できる企業がほかにある中で、なぜ海運業を仕事にしたいのか、面接官が納得できる理由をまとめておきましょう。

「志望業界が定まらない」「面接がうまくいかない」といった悩みをお持ちの方は、新卒支援のキャリアチケットまでご相談ください。
キャリアチケットでは新卒就活に詳しいアドバイザーが一人ひとりにカウンセリングを行い、その方の希望や適性に合った求人をご提案しています。
当サービスでは求人提案だけではなく、応募書類の添削や面接対策の指導も実施。必要があれば自己分析や業界研究のサポートも行い、内定までを手厚くバックアップいたします!
サービスのご利用は全て無料なので、就活に不安を感じている方、プロのアドバイスを受けたい方は一度アドバイザーと話をしてみませんか?

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!