大学卒でゲーム会社に就職できる?求められるスキルやおすすめの資格を紹介

このページのまとめ

  • ゲーム会社の就職にはスキルがないと難しい
  • ゲーム会社の就職には「意欲の高さ」や「コミュニケーション能力」などが求められる
  • ゲーム会社には「応用情報技術者」「基本情報技術者」の資格が就職に有利になる

大学卒でゲーム会社に就職できる?求められるスキルやおすすめの資格を紹介のイメージ

専門学校を出ていなくてもゲーム会社に就職できるのか気になる人はいませんか?ゲーム業界全体の倍率が高かったり、業務量が多かったりするため厳しい業界といえます。このコラムでは新卒でもゲーム会社にアピールできるスキルやおすすめの資格を紹介。また、ゲーム会社の主な職種についてもまとめているので、気になる仕事があるかチェックしてみましょう!



 

大学卒でゲーム会社に就職できる?

専門学校を卒業していなくても、職種によってはゲーム会社に就職することができます。中小企業は専門学校の卒業を条件としている傾向にありますが、大企業では、プログラマーなどの開発職のほかに、広報やマーケティングなどの総合職の応募も可能です。専門的な知識やスキルがない場合、大手企業のほうが就職のチャンスがあるといえるでしょう。

ゲーム会社の代表的な職種

以下はゲーム会社の代表的な職種です。ゲーム会社といっても、職種によって求められるスキルや経験はさまざま。自身の希望する仕事の内容や求められるスキルをチェックしておきましょう。

プロデューサー

プロデューサーはゲーム全体を統括する総監督のようは役割です。ゲーム内容の方向性を決めるため、創造力やマーケティング力などの多方面のスキルが必要とされます。

ディレクター

ディレクターは実際にゲームを作る際の現場監督のような役割です。プロデューサーが決めたゲームの方向性に沿って、より具体的な企画を立てます。またスケジュール管理も行うため、マネジメント力を問われることも。

プランナー

プランナーはディレクターが立てた企画をもとに、さまざまな役職の人に指示を出す仕事です。プロデューサーやディレクターの考えた企画を実行に移すため、具現化するアイデア力とコミュニケーションを円滑に取れる人が適しています。

デザイナー

デザイナーはゲームの背景や登場するキャラクターを作る仕事です。またこの仕事にはUIデザイナー・UXデザイナーと呼ばれるものもあり、ゲームの操作性に関わるデザインを扱う仕事もあります。

プログラマー

プログラマーはゲームを作るためのソフトウェアの開発や品質の管理など範囲の広い仕事です。バグが起きた場合の修復も行うため、プログラミングのスキルが重要とされます。

サウンド

サウンドはゲームの挿入曲や効果音を作成する役割です。音声の収録や編集が必要なため、経験と知識が求められます。外部に委託することも多い仕事ですが、ゲームのクオリティを高くするには欠かせない仕事です。

▼関連記事
【IT業界徹底解説Part1】IT業界で働くための基礎知識



 

ゲーム会社に就職する難易度

ゲーム会社への就職は難しいといわれているのは、業界が厳しいことや倍率が高いことなどのさまざまな背景があります。ゲーム会社の特徴やゲーム業界の状況がどのようなものか確認しておきましょう。

ゲーム業界全体として難易度が高い

ゲーム会社への就職が厳しいのは、そもそもゲーム業界が厳しい状況にあることが要因の1つです。現在では世界各国で盛んにゲームが制作されたり、求められるゲームのクオリティが上がったりすることから、日本のゲーム会社は売上を伸ばすことに苦労しています。
さらに、トレンドに沿って常に変化を求められるのがゲーム業界です。その変化とともに成長していける素質の高い人材が求められるため、採用の難易度が上がっています。

大企業は倍率が高い

よく耳にする大企業は、非常に倍率が高いことで有名です。倍率が高いとなれば、新卒であっても、高学歴であり高いスキルを持った人が優先的に選ばれます。熱意があったとしても、それだけでは選考に突破するのは非常に困難です。

中小企業は実力重視

中小企業は採用で実力重視のため、新卒にとっては厳しいでしょう。大企業に比べて募集の倍率は低いですが、入社後には即戦力とみなされるため、未経験では選考のときにアピールできるポイントが限られてしまいます。

就職できても業務量が多い

ゲーム会社の難易度は採用だけでなく、入社後の業務の多さも影響しています。ゲーム業界は会社問わず、残業が多い傾向です。この背景には、ゲーム発売までのスケジュールがタイトである場合や、ビジュアルのきれいさを求められ作業量が多い場合など、さまざまな要因があります。



 

新卒でゲーム会社に求められるスキル

新卒では専門的な知識以外にも、意欲の高さやトレンドキャッチ能力といったスキルが求められます。どんなスキルがどのように活用できるのかを確認し、自己アピールに役立てましょう。

ゲーム作りへの意欲の高さ

未経験であれば、ゲーム作りへの意欲の高さがとても重要です。ゲーム業界は「少し興味がある」という程度で働くには厳しいところ。タイトなスケジュールや膨大な業務をこなすためには、ゲーム作りに対しての大きな熱意がなければ乗り越えられないからです。

トレンドに敏感

ゲーム会社にとって、トレンドに敏感であるというのは重宝されるスキルです。ゲーム業界がユーザーの需要に応えるために、常に変化し続けます。そのため、最先端のトレンドを早く入手できるという強みはどこのゲーム会社でも求められる人材です。

コミュニケーション能力

ゲーム会社にはコミュニケーション能力も大切なスキルです。会社に入ってゲームを作る場合、プロデューサーやディレクター、デザイナーなどさまざまな役職の人と企画を進めなければいけません。多方面の人と円滑にコミュニケーションが取れることは業務を進める上で大きなメリットになります。

プログラミングスキル

目指す役職によって異なりますが、ゲーム会社の就職を希望するなら、プログラミングスキルがあって損することはありません。特にゲーム業界は即戦力として採用する傾向が強いため、プログラミングに対するある程度の知識があることは、選考で大切なアピールポイントになります。

▼関連記事
PG(プログラマー)について深掘り!種類や内容など幅広く解説



 

ゲーム会社就職のチャンスを掴むおすすめの資格

ゲーム会社に就職するにあたり、持っておくと面接でアピールできるおすすめの資格を紹介します。大学生として時間に余裕がある人は、資格取得に挑戦してみましょう。

応用情報技術者

専門性は高くなりますが、高揚情報技術者という資格は持っていると注目される資格です。エンジニア向けの資格なのでプログラマーを目指している人には向いているでしょう。この資格を取得している学生は多くないため、大企業の選考でも大きなアピールポイントになるはずです。

基本情報技術者

IT関係の知識が身につく基本情報技術者の資格もおすすめ。この資格は学生でも取得しやすい難易度です。ゲームに対する専門的な知識がなくても、この資格があれば企業から「知識を付けることに対して意欲的である」という印象に繋げることが可能です。

TOIEC600点以上のスコア

ゲーム作成には英語が大きく関わるため、TOEICの点数が高ければ充分スキルとしてアピールできるでしょう。ゲームに必要なプログラミング自体が英語を使うため、英語力が高いことは高評価を得られます。またTOEICは毎月1回試験が実施され、挑戦しやすいおすすめの資格です。

▼関連記事
ゲーム業界の特徴とは?職種や求められる能力をご紹介!



 

海外のゲーム会社は即戦力となるスキルが必要

海外のゲーム会社に就職する場合、日本以上にスキルが必要とされると想定しておきましょう。面接は現地で受ける場合と、日本支社があれば支社で受ける場合があります。現地の言語が使えることは前提条件となるため気をつけてください。
学歴は重視されませんが、何ができるかというスキルがとても重要です。履歴書やポートフォリオの内容は、明確に成果とスキルがアピールできるようにしましょう。



 

ゲーム会社以外の就職先も視野にいれる

ゲーム会社に就きたいと考えている人は、一度ゲーム会社以外の就職先を視野に入れることもおすすめです。専門学校を出ていないとなかなかアピールできるスキルがないため、選考突破は困難でしょう。エンジニアなどゲーム関係に必要なスキルが身につく仕事に就いて、後々そのスキルを武器にゲーム会社に就職するという道もあります。
また社会人で働きながら通えるプログラミングスクールもあるため、自身の状況に合わせて、就職先の視野を広げてみましょう。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。