物流業界の仕事にはどんなものがある?やりがいや求められるスキルを解説

このページのまとめ

  • 物流業界の仕事は輸送だけでなく保管や包装、流通加工などもある
  • 物流の重要度は増しているものの、業界全体で人手が不足しているのが現状
  • 物流業界で働くメリットは「やりがいの大きさ」や「仕事がなくならない」ことがある
  • 志望動機では体力や責任感、コミュニケーション能力をアピールするのがおすすめ

物流業界の仕事にはどんなものがある?やりがいや求められるスキルを解説のイメージ

物流業界は、輸送サービスだけでなく、保管や梱包などさまざまな業務を行っています。しかし、ドライバー業務以外の仕事のイメージが沸かない方も多いのではないでしょうか。このコラムでは、物流業界が輸送以外に行っている業務や、業界の動向、課題などを詳しく解説しています。また、志望動機や有利なスキルなど、就活のポイントもまとめました。物流業界が気になる方は、ぜひ参考にしてください。



 

物流業界の主な6つの仕事

この項目では、物流業界における主な6つの仕事を紹介します。物流業界の仕事といえば、多くの方が宅配といった輸送をイメージするでしょう。しかし、実際には「荷物を運ぶ」という仕事以外にも、適切な環境で荷物を保管したり、流通のための加工をしたりと、多くの業務があります。下記で詳しくみていきましょう。

1.輸送

業界外の方からも見えやすい仕事。自動車や鉄道、飛行機、船など、輸送する品物や配送先に合わせて物を運ぶのが主な業務です。

2.保管

送り主から依頼された荷物を適切な条件で輸送するために、自社や提携業者の倉庫に保管するのも物流会社の業務の1つです。冷蔵や冷凍など、商品に対して適切な保管方法を実施して品質を保つことが求められます。 

3.荷役

荷物の積み込み・積み下ろしや保管倉庫への入出庫を行います。商品が輸出入品の場合、通関手続きをするのも荷役の業務です。

4.包装

輸送する製品を、梱包材や包装材で包む作業。近年ではリサイクル素材や繰り返し使用できる包装材料を使用する企業が多いようです。 

5.流通加工

製品のラベル貼りや値札付け、商品のセット組など、送り主からの依頼に応じて製品を加工すること。加工業務が多い際は、倉庫や物流センター内の一角を加工工場として稼動させる場合も見受けられます。 

6.情報管理

IT技術を用いて、「荷物がどこにあるのか」といった追跡や、経路や温度、湿度といった運送状況の確認・記録をデータ化。蓄積されたデータは、より効率の良い運送ルートや運送環境の策定に活用されます。



 

物流業界の主な6つの職種

この項目では、物流業界の主な6つの職種を紹介します。ただし、企業によって職種の呼び方が違うこともあるので注意しましょう。 

1.ドライバー

実際に荷物を運ぶ役目。多くの場合で陸運のトラックドライバーを指します。担当エリアが決まっている場合も多く、近年では自転車や台車などで配達・集荷を行うことも増えているようです。 

2.物流管理

預かった荷物の入荷と保管、出荷といった管理業務を行います。送り主や受け主の要望に沿った配達手配、配送スケジュールや人員配置の管理なども業務の1つです。 

3.人事

採用計画や新卒者、中途採用者の採用、人事政策の実行や人材育成、人事評価などを行います。 

4.総務

庶務や法務、経営管理といった一般事務を担当しています。 

5.物流コンサルタント

物流にまつわる多種多様な問題の解決策を考え、生産地から消費地までの効率的な物流のシステムを設計します。現場から経営戦略の改善まで幅広い仕事があるのが特徴です。取り扱うものによって保管や輸送方法は異なってくるため、関わる業界や規模感で求められるスキルも異なります。また、既存顧客のフォローや新規顧客の開拓などを行うことも。 

6.システム開発

物流の最適化のため、効率的な物流システムの開発を行います。 



 

物流業界の今

この項目では、物流業界の現状について解説します。

物流の重要度は増している

インターネットショッピングの拡大や、購買できる場所が多様になったことにより、物流の重要度は増しています。物流の仕組みは消費者だけでなく、小売業者のような販売者にとっても大切なものです。消費者の「速く届けてもらいたい」「数ある選択肢の中から商品を選びたい」といったニーズに応えられれば、他社と差別化ができ、売上にも影響してくるでしょう。物流の仕組みは経営戦略を立てるうえでも重要視されています。

3PLと呼ばれる新しい物流の形が広がる

3PLとは「サードパーティロジスティクス」の略で、企業活動に関わる物流を専門業者に一括して任せる仕組みです。製造工場から倉庫までの輸送や保管倉庫などそれぞれ別々の企業に委託していたものを、3PLを活用した企業に一括委託すれば、輸送から保管にかかるコストや期間を大幅に減らせるというメリットがあります。しかし、中には陸運に特化している運送会社に空輸や船舶を利用する3PLが委託されることも。こういった事態を想定し、運送会社は複数の企業とアライアンス(提携)を組んでいます。自社に足りない部分を補い、より質の高いサービスを提供できるよう、アライアンスは盛んに行われているようです。



 

物流業界が抱える主な3つの課題

人手不足や環境問題、生産性向上への取り組みなど、物流業界にはさまざまな課題もあります。

1.人手不足

全体として人手不足の傾向が強い物流業界。特に、配達ドライバーが不足しているといわれています。インターネットショッピングの普及で宅配便の取扱個数が増加しており、需要が高まっていることも一因でしょう。顧客もtoBからtoCへの需要が増し、小口の物品に多くのコストをかけて運ぶ機会が増えました。
また、働き方改革により残業時間に制限がかかり、ドライバーの残業時間の削減が求められていることも問題の一つです。残業時間が大幅に減ると、ドライバーの給料も減ってしまうため、退職者が増加し、さらなる人手不足が懸念されます。荷主へ運賃値上げを依頼し、ドライバーの待遇を改善することが物流業界の急務です。

2.環境問題への配慮

トラックをはじめとした自動車による配送はCO2の排出量が多いため、環境問題へ配慮も大切です。自動車から、環境負荷の少ない鉄道や船舶での輸送に転換する「モーダルシフト」に力を入れることも必要でしょう。モーダルシフトにはCO2の削減だけではなく、道路混雑の解消や、交通事故防止の効果も期待できます。しかし、コンテナサイズに合わせた荷造りが必要なことや、品質的なリスクがあることはデメリットです。 

3.生産性向上への取り組み

収益の増加やドライバーの負担軽減を目指すために、生産性向上への取り組みは大きな課題です。AIやロボット、ドローンなどの、IT機器を使用した物流システム(スマートロジスティクス)の開発や活用なども必要になるでしょう。また、国際的な3PLの体制を整えることも大切です。国ごとのルールやインフラの整備状況の違いに対応できるようにする必要があります。 



 

物流業界で働く3つのメリット

物流業界で働くメリットとして、「やりがいが大きいこと」や「仕事がなくならないこと」などが挙げられます。下記で詳しくみていきましょう。 

1.やりがいが大きい

物流は社会に欠かせない役割を担っているため、大きなやりがいを感じられます。消費者が欲しいものを欲しいときに購入できるのは、物流制度が整っているためです。物の流通を通して「社会を支えている」と実感できます。 

2.仕事がなくならない

運ぶ荷物がある限り、仕事がなくなることはありません。物流の重要度や需要は大きいため、仕事に困ることはまずないといっても良いでしょう。 

3.自分のペースで仕事ができる

検品作業や仕分け作業などの倉庫内での仕事は、自分のペースで進められることが魅力です。黙々と作業することが好きな方にとっては、最適な環境といえるでしょう。



 

物流業界で働く3つのデメリット

就職する企業や職種にもよりますが、下記のデメリットが発生する場合もあります。

1.体力面や精神面で負担がかかる

人によっては、体力面や精神面で負担を感じる場合もあるでしょう。特にドライバー職の場合は、1日何時間も運転するだけでなく、荷物をトラックに積み込む作業を行うこともあります。運ぶ荷物も、軽いものから重いものまでさまざま。ものによっては細やかな気配りも必要です。

2.ノルマが厳しいこともある

企業によってはノルマが設定されている場合があり、プレッシャーを感じる方もいるでしょう。特に、クリスマスや正月がある12月や1月の繁忙期は、時間との戦いになることも。物事をスピーディーに進めるのが苦手な方は、ストレスを感じてしまう恐れがあります。 

3.アクシデントで計画どおりに進まないこともある

デメリットとして、業務内容が天候に左右されやすいことも挙げられます。大切な荷物が雨に濡れないよう注意をしながら配達するだけでなく、道路渋滞なども考慮しなければなりません。さらに、台風などの影響で航空機が飛ばない、道路が封鎖されていて配達できないといった事態も考えられるでしょう。また、1つの配達スケジュールがずれると、その後の配送すべてに影響が出てしまい、それを修正する作業も大変です。 



 

物流業界を志望する方におすすめのスキル

免許や資格があることで、就職に有利になる場合があります。下記におすすめのスキルをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

1.運転技術 

フォークリフトの運転技術や、準中型免許をお持ちの方は、物流業界の就職において有利になる場合があります。即戦力として頼られたり、場合によっては手当がついたりすることもあるでしょう。 

2.貿易関連の知識

海外からの荷物を扱う企業で働きたいとお考えの方は、貿易関連の知識を身につけておくと良いでしょう。「通関士」や「物流管理士」などの資格があれば、収入が上がる場合もあります。また、合わせて英会話も学んでおくと、海外の方とのやりとりがスムーズです。
 
▼参考記事
物流業の志望動機はどう作る?求められる人物像と作成のコツ



 

志望動機のヒント

物流業界への就職を目指す場合は、下記の2つを意識して志望動機を作成しましょう。

なぜ物流業界を選んだのかを明確に伝える

なぜ物流業界を選んだのか、なぜその企業を選んだのかを明確に伝えましょう。そうすることで説得力が生まれ、入社意欲が伝わりやすくなります。

求められる人物像に沿ってアピールする

体力やコミュニケーション能力の高さなど、入社後に活用できそうな能力をアピールするのも良いでしょう。特に、ドライバー職のような運輸に直接関わる職種の場合、体力は十分なアピールポイントになり得ます。また、コミュニケーション能力はどの職種でも必須。さらに、「しっかりと荷物を届ける」といった責任感も、評価の対象になるでしょう。

▼参考記事
物流業界の志望動機の書き方例



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。