商社ってどんな業界?職種や将来性とは

このページのまとめ

  • 商社とは輸出や輸入の貿易、国内の物資販売を中心に行う会社のこと
  • 多様な商品を扱う「総合商社」と特定の分野に特化した「専門商社」がある
  • 商社の主な事業内容はトレーディングと事業投資
  • 職種には営業や貿易事務などがあり、どちらも専門知識やコミュニケーションスキルが求められる

商社ってどんな業界?職種や将来性とはの画像

スケールが大きい事業内容がイメージでき、就活生にも人気な業界の1つである「商社」。こちらのコラムでは、商社の職種や業界用語、今後の動向について説明しています。

 

商社とは

輸出や輸入の貿易、国内の物資販売を中心に行う「商業を営む会社」のこと。
幅広い産業分野で需要者と供給者をマッチングさせ、売りたい相手と買いたい相手を結び付ける役割を担っています。
商社には2種類あり、1つ目はエネルギーや鉄鋼、自動車などさまざまな商品やサービスを扱う「総合商社」です。
特徴は、豊富な資金力によるビジネスサポートや高度なリスクマネジメントなどを行っていることでしょう。総合商社は国内だけではなく、海外にも展開している企業も多くあります。扱う品目が多様なので、自由度の高いビジネスが可能と言えるでしょう。
もう1つは、食料品や医療など特定の業種や分野に特化した「専門商社」。総合商社と比較すると事業規模は小さい企業が多いですが、特定の分野に特化していることで、「業界の動向を掴みやすい」「顧客と密接な関係を築ける」「会社独自のノウハウを持っている」などの強みがあります。

▼関連記事
商社とは?どういった仕事をしているのか解説します!

 

商社の事業内容

商社の事業内容の画像
主な事業内容は、「トレーディング」と「事業投資」の2つです。
トレーディングとは、中間の業者として原料やサービスなどさまざまな分野で、売り買いの相手を結び付け、取引を仲介すること。
売り手の販売チャンスの拡大、買い手のニーズに対応することの双方を実現するものです。
‌トレーディングでは、基本的に海外からの輸入や国内メーカーから仕入れた物質を国内小売業への販売、物流などを行います。
「商社の伝統的なビジネスモデル」と呼ばれていましたが、近年ではメーカーが自社で原料の調達や売買を行う機会が多くなり、商社を経由せずに直接取引する企業が増えました。
そこで発展してきたビジネスが、総合商社がメインで行う「事業投資」です。
事業投資は、資金を必要としている企業や、発展している分野に出資や融資などの投資を行うこと。原料の調達から加工、流通販売などの一連の事業に価値を提供し、バリューチェーンを構築するものです。
ただ仲介をするだけでなく人材や情報、資金、経営のノウハウなどの経営資源を投入し、長期的に事業経営をサポートすることで出資先の企業の価値を向上させることが目的です。
しかし近年では、マーケティングや商品企画などの機能により、輸出入や販売だけではなくプラスアルファの価値を求められるようになっているのが特徴です。

 

商社の職種

前項では商社の幅広い事業内容をお伝えしましたが、ここでは職種について説明しています。

営業

企業同士を結びつける役割の仕事です。取引先との契約交渉など、他社の担当者と関わりながら業務を進めることが業務の中心です。
「顧客の要望をメーカーに伝える」「メーカーの商品を顧客に売る」「メーカーの担当者と新しい商品を考える」など、企画力だけではなく高いコミュニケーションスキルが求められる職種です。また、自社で製品の開発を行う商社もあり、メーカーの営業のように他の企業へ売り込むこともあります。

貿易事務

輸出入に関する書類の作成や、手続きなどの業務を通して社員をサポートをする仕事です。海外との取引きは、言語や商文化の違いにより、長距離輸送や商品代金の支払いなどでリスクがつきものでしょう。貿易の最前線の中で円滑な取引きを実現するため、専門知識や語学力だけではなく、臨機応変な対応力も求められます。

プロダクトマネージャー

主に専門商社での職種で、取扱う商品の市場調査を行い、ビジネス戦略を考える「マーケティング」を担当するものです。
仕事内容は多岐に渡り、顧客の動向をキャッチし、類似商品や競合他社、広報などのプランを練り商品販売を促進します。
ウェブサイトやカタログ作成のサポートや各種メディアへの手配なども、プロダクトマネージャーの役割の1つです。

上記で商社の主な職種をご紹介しましたが、職種全体で重要視されるのは「語学力」でしょう。
部署にもよりますが、商社はグローバルなビジネス現場が多いのが特徴です。
たとえば、海外に商品を販売するのであれば、海外の市場調査が必要でしょう。国内への販売がメインであっても、海外の情報収集を行うことがあるからです。

 

商社の業界用語にはどんなのがある?

商社の業界用語にはどんなのがある?の画像
この項目では、商社で使われることが多い業界用語をいくつかご紹介します。

コーポレート・ガバナンス

日本語では「企業統治」と訳し、企業を統制することで、収益力の向上と不正行為の防止をはかるもの。企業が法令を遵守し、効率的に業務が執行されるようにコントロールや監視する仕組みのこと。

CSR

企業の社会的責任(corporate social responsibility)のこと。経営者は、「従業員や顧客、取引先などの利益を実現する責任」を負っていることを指します。

ドラフト

本書の前に作成する下書きのこと。ドラフトは、契約書などの作成、承認といった過程で上司や担当の部署への確認が必要なものです。

 

商社の今後

常に変化していく景気や社会情勢の中で、商社の動向はどのようなものでしょうか。
まず、総合商社については、転換期を迎えようとしています。長年支えてきた石油などの資源ビジネスが、近年は世界的に不振なのが原因の1つです。
そのため、総合商社業界は非資源分野へとビジネ分野の移行を行いながら、新たな市場を開拓していくことが、業界発展のカギを握っています。ビジネスのポートフォリオ(企業が手がけている事業を一覧化したもの)を変化させ、社会情勢に対してビジネスの形態を柔軟に合わせていくことが求められるでしょう
一方の専門商社は、決まった分野の商品に特化して貿易を行い日本の産業を支えているので全体的には安定してる業界ですが、扱う分野によっては業績に浮き沈みがあります。また、国内の人口減少により、将来的な大きな成長はのぞみにくい状況です。
そのため、今後は海外進出によって売り上げの拡大を目指す企業が増加していくでしょう

この項目では商社の将来性について説明しましたが、企業によって強みや特徴は異なるので、念入りに企業研究を行うことをおすすめします。
キャリアチケットでは、専任の就職アドバイザーがあなたの就活のお悩みをヒアリングします。
企業選びや自己分析のフォロー、面接対策などを幅広く行い、就職活動をサポート。
「一人で就活することに不安がある」という方は、ぜひお気軽にご相談下さい。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!