総合商社とはどのような会社?専門商社との違いも解説

このページのまとめ

  • 商社は国内の物資販売や輸出入貿易を中心事業とする企業であり、そのルーツは幕末期に遡れる
  • 商社には大きく分けて専門商社、総合商社という2種類の形態がある
  • 多様な経験を積んだり、大きな達成感を味わえたりするのが商社の魅力
  • 好奇心が強く、バイタリティのある人が商社に向いている
  • 商社ではアタッチ、ドラフトといった業界用語が使われる

商社とは、物資の販売や輸出入貿易などを主たる事業としている会社のこと。特定の分野に強みを持つ専門商社と、幅広い商品・サービスを扱う総合商社の2つの形態に分けられます。当コラムでは、2種類の商社の概要や商社の魅力、商社でよく使われる業界用語などについて見ていきましょう。
 

商社の概要

まずは、商社とはどのような会社なのかということについて確認していきます。

商社とは

商社とは、国内の物資販売や輸出入貿易の業務をメインの事業とする商業会社のことです。商社という名称は、幕末期の小栗忠順という人物がcompanyという英単語を商社と翻訳したことに端を発するとされています。
商社には、特定の分野に強みを持つ専門商社と、多種多様な商品またはサービスを扱う総合商社があります。海外では専門商社が多く、総合商社という形態は日本特有であるといわれているようです。

商社の歴史

商社の原型は、幕末の時代に作られました。坂本龍馬が長崎で設立した民間貿易会社「亀山社中」が、その原型であると考えられています。亀山社中は蒸気船や小銃などを購入と運搬を行い、倒幕の原動力となりました。

明治維新後、現在もよく知られているいくつかの商社の前身となる会社が作られることとなります。明治期において、商社はとりわけ製糸業の分野で大きな貢献を果たしました。第一次世界大戦中には軍需品の輸出が活発になり、商社はますます発展していきます。

▼関連記事
商社ってどんな業界?職種や将来性とは

専門商社とは

専門商社は、特定の分野の商品・サービスを専門的に取り扱っている商社のことを指します。売上の50%以上を特定の商品が占めている場合に、専門商社とみなされる傾向があるようです。海外の商社は、この形態が一般的とされています。

決まった分野・業種を扱っているため、独自のノウハウを構築しやすいのが専門商社のメリットです。事業はトレーディングが中心ですが、仲介以外に専門性を活かしたコンサルティング業務などを行う企業もあります。

総合商社とは

日本特有の形態である総合商社では、取り扱う商品・サービスの分野が多岐に渡ります。資源や鋼鉄、食品、アパレル、自動車などの商品に加え、コンビニや法人向け旅行代理店を経営するなど、事業領域の広さが特色。総合商社が時に「何でも屋」と称されるのも、納得できるでしょう。

近年は販売・貿易に留まらず、システム開発事業や人材派遣業を行うケースが多くなってきているようです。数多くの分野に進出することで事業リスクを分散させられるのが、総合商社という形態をとるメリットとなっています。

就職先としての商社の魅力

それでは就職先として見た時、商社にはどのような魅力があるのでしょうか。本項では、商社を選ぶメリットや商社に向いている人の傾向について解説します。

商社を選ぶメリット

商社を就職先として選ぶメリットとしては、次のようなことが挙げられます。

スキルアップに繋がる

商社では新規のプロジェクトが次々と発足するため、社内にいながらにして厚みのある経験を積むことができます。通常であれば他企業に転職しなければならないところ、同一企業内でスキルアップが望めるのが商社のメリットの一つです。

達成感がある

商社で働いていると、規模の大きなプロジェクトに参画できる可能性があります。大変な面もあるかもしれませんが、もしプロジェクトを成功させることができれば、充実感と喜びはひとしおです。大きな達成感を味わうことができるのがメリットであるといえるでしょう。

世界的な活躍が期待できる

商社に入ると、世界規模のビジネスに着手する場合もあります。自分が関わったプロジェクトで世界に良い影響を与える…そんな大きな夢を抱けるのが、商社で働く魅力です。

幅広い人脈に恵まれる

人と人との関わりが重視される商社の業務を通じ、幅広い人脈に恵まれるでしょう。たくさんの人達と接することで、良好な人間関係を構築するスキルが養われるのもメリットであるといえます。

商社に向いている人

商社に向いているのは、以下のような人です。

好奇心が強い

総合商社の場合は手がける分野や業種が多くなるため、好奇心が強い人に向いています。常に多方面にアンテナを張り、世の中のニーズや動向を把握する努力が求められると考えられるでしょう。

バイタリティがある

商社の社員は、日本国内はもとより、世界の国々を飛び回って仕事をすることがあります。時には、治安が悪い国に滞在するケースもあるでしょう。ビジネスの交渉が難航を極め、つらいと思うこともあるかもしれません。困難な環境・状況下でも前向きに仕事に取り組んでいけるバイタリティを持っている人が、商社に向いているといえそうです。

コミュニケーションに長けている

商社の仕事では日々大勢の人達と関わり、各人の立場を尊重しながらビジネスを成功させる必要があります。相手の要望を的確にヒアリングし、自社側の要望も過不足なく伝えながら交渉を進めるコミュニケーション力は、商社の社員にとって重要なスキルになり得るでしょう。

英語に抵抗感がない

商社では、電話やメールなどで毎日のように海外とやりとりを行う可能性も考えられます。たとえ語学が苦手でも、英語でのコミュニケーションを試みたり、自発的に英語を勉強しようとしたりする人が求められる傾向にあります。

商社に就職するポイント

商社への就職を目指すにあたっては、下記のポイントを意識しましょう。

インターンに参加する

インターンの機会があれば、積極的に参加するようにしましょう。インターン時の評価が選考に影響することも考えられるからです。もし評価が高ければ、その学生に内定を出すかどうかを決める際のポイントとなり得ます。

OB、OG訪問をする

OB・OG訪問の機会も利用してみましょう。インターン同様、こちらも選考への影響が考慮されます。
OB・OGは、服装をはじめとした身なりはもちろん、態度や言葉遣いなども細かく見ている可能性があります。もし好印象を与えることができれば、選考に良い影響を及ぼすことになるかもしれません。

語学を勉強する

商社では海外企業と取引する機会が多く、海外での生活経験や留学経験が豊富な社員が多数在籍していると考えられます。もし外国語が得意でなければ、今のうちに資格試験などを利用して英語を勉強しておくのが望ましいといえるでしょう。

▼関連記事
商社を目指す人へ!選考フローと就職に必要な条件

商社の業界用語

最後に、商社でよく使われている業界用語をいくつか紹介します。

アタッチ

添付することです。メール送信時にデータを添付する際に用いられます。

ドラフト

ドラフトとは、下書きのこと。ドラフトを上げるといえば、下書き段階の契約書などを確認のために見せることを意味します。

リスケ

リスケジュールの略称であり、スケジュールを調整し直す際に用いられます。例えば、会議の日程が変更される場合などです。

ネゴる

交渉するという意味で用いられる用語です。negotiation(交渉)という英単語がもとになっています。

CSR

Corporate Social Responsibilityの各単語の頭文字を取った言葉であり、企業の社会的責任という意味で使われる言葉です。企業が負う責任の対象を、利害関係者・地域社会へと広げて考えることを指しています。

キャリアチケットは、マンツーマンでのカウンセリングや個別面接対策などを通じて新卒生の就活をサポートするサービスです。これまでに年間3,000人以上の方々の相談に乗ってきた実績があり、優良企業の取扱数は170社以上。応募可能な企業の情報収集もできるので、ぜひお気軽にご利用ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!