総合商社の仕事内容を紹介!「商社マン」って何しているの?

このページのまとめ

  • 商社は、総合商社と専門商社に分けられる
  • 総合商社は、商材を限定しないトレードと大規模な事業投資を主な事業とする
  • 総合商社の総合職の仕事内容は、トレードに伴う営業
  • 総合商社の一般職の仕事内容は、総合職のサポートや取引先とのやり取り
  • 総合商社では、語学力、コミュニケーション能力、体力が求められる

就職人気が高く、難関ともいわれる総合商社。しかし、仕事内容については、「テレビでしか見たことがない」「忙しそうだけど何をやっているかは知らない」という人もいるのではないでしょうか。
このコラムでは、仕事内容を中心に、商社とはどんなものかを就活生向けに紹介しました。

商社の種類

商社とは、商材を仕入れてメーカーや卸売業者、小売業者などに販売する「トレード」を事業とする業態です。
商社は、総合商社と専門商社の2つに分類されます。

総合商社

総合商社とは、商材を限定せずに取り扱う商社のこと。具体的には、身近な食品や衣料品から、金属資源や石油・石炭などのエネルギーまで幅広く扱います。海外との取り引きも頻繁に行われるため、世界中に拠点を持っている企業がほとんどです。
総合商社には大企業が多く、平均年収も高め。就活生に人気がある業界です。

代表的な総合商社には、以下の5社が挙げられます。

・三菱商事
・伊藤忠商事
・三井物産
・住友商事
・丸紅

上記5社は「五大商社」と呼ばれています。

専門商社

専門商社は、決まった商材だけを扱う商社です。たとえば、鉄鋼商社や食品商社、アパレル商社などが挙げられます。
すでに関わりたい分野が決まっている人は、専門商社を選ぶと良いでしょう。
 

総合商社の事業内容

総合商社の主な事業は、トレードと事業投資です。

トレード

商社の代表的な事業であるトレード。商社は、商材の買価と売価の差(利ざや)や、仲介手数料で利益を得ています。
この説明だけを見ると、「間に立っているだけなら、取引先は仲介手数料を払ってまで商社を通す必要はないのでは?」と思うかもしれません。しかし、商社は商材に付加価値を付けて、「少々高くても商社から買った方が効率が良い」と判断してもらえるよう努力しています。
付加価値とは、国内外のネットワークによる商材の安定供給、豊富な商品知識や取り扱いのノウハウなど。購入代金の立替えや、輸送経路の確保なども行います。
総合商社は商材を限定しないため、利益が出ると見込んだ分野のトレードには意欲的に参入していくのが特徴です。

事業投資

事業投資は、成長が見込める企業に投資をして市場を拡大し、長期的に利益を出していく業務です。
代表的な例は、海外での油田や鉄道などの大規模開発。たとえば、三井物産がアメリカで天然ガスの開発に関わる「キャメロンLNGプロジェクト」、住友商事がタイ国鉄と進める「バンコクレッドラインプロジェクト」などが挙げられます。
また近年は小売業者への事業投資を強化する商社も多数。伊藤忠商事は2018年にファミリーマートを、三菱商事は2016年にローソンを子会社化しています。

かつて、商社のメイン事業といえばトレードでした。しかし、情報網の発達により、自ら商材を調達する企業が増加。トレード以外の分野で利益を得ようと、事業投資に力を入れる商社が増えているようです。
 

総合商社の仕事内容

総合商社での働き方は、大きく分けて総合職と一般職の2つ。それぞれ仕事内容を見ていきましょう。

総合職

総合職の多くは、トレードを行う営業を担当します。「商社マン」と呼ばれる営業職は、商材を調達し、取引先に卸すのが役目です。
メーカーの営業であれば自社製品を販売しますが、商社は他社から仕入れた商材を扱うのが大きな特徴。商社の営業は、「取引先がどんな商材を求めているか」を聞き取り、「どこからどのように希望の商材を手に入れるか」を考えます。
このほか、日本にはない商材の新規販路開拓や、メーカーの希望どおりに資材を加工するルートの確保なども営業の仕事。販売以外の業務が発生するのも、総合商社の営業ならではといえるでしょう。

やりがい

やりがいとしては、仕事のスケールが大きいことが挙げられます。海外との取り引きも多いため、グローバルな経験も期待できるでしょう。
高給であるという点も魅力の1つ。五大商社はいずれも平均年収1,000万円を超えているため、仕事のハードさに見合った給与を得られる職種といえます。

一般職

一般職の代表的な職種は、事務職。事務職の仕事内容は、総合職のサポートや取引先とのやり取り、来客対応などです。
総合商社では、事業規模の大きさに比例して一般職の担う業務も幅広いのが特徴。海外の取引先と英語で交渉したり、「船のトラブルで海外からの輸入が間に合わない」というような事態に対応したりと、他の業界にはあまりない仕事が経験できます。
一般職は、総合職よりも採用枠が小さくなっています。「総合職はきつそうだから」というような消極的な理由では、総合商社の一般職になるのは難しいでしょう。

やりがい

自分のバックアップで営業の仕事が上手くいったときには、大きな手応えを感じられます。
一般職には転勤を伴う異動がないので、ライフワークバランスを取って働ける点も仕事のやりがいに繋がるでしょう。
 

総合商社で求められる能力

総合商社の人材には、グローバルに活躍するためのスキルやハードな仕事に耐えるための能力が求められます。

語学力

総合商社では、海外とのやり取りが多いため、高い語学力が必要です。
普段から英語の資料を読んだり作成したりするので、特に英語力は欠かせません。TOEICを受験して、選考でスコアをアピールできるとベターです。
語学力と併せて、世界で仕事をするためのグローバルな感覚も鍛えておきましょう。総合商社の志望者には、留学や長期旅行などで現地の言語や文化を学ぶ人が多いようです。

コミュニケーション能力

自社製品を持たない総合商社は、ビジネスにおいてモノよりも人とのやり取りを重視する傾向にあります。特に、来客対応がある一般職には高いコミュニケーション能力が求められるでしょう。
また、国内ばかりではなく、国外の取引先とビジネスをする力も必要です。語学力とグローバル感覚を下地に、国際的なコミュニケーション能力を磨いておくと強みになります。

体力

総合商社の仕事には、体力が重要です。国内外を問わず直接足を運んで商材を見たり人と交渉したりするため、ハードワークになることが多い総合商社。海外駐在も珍しいことではありません。慣れない環境で働く体力や、ストレス耐性が要求されるでしょう。
また、「◆総合商社の仕事内容」で説明したとおり、一人ひとりが幅広い業務を担当するため、行動力も欠かせません。常に新しいビジネスを追求していく業界ですから、チャレンジ精神も重視されます。
選考では、スポーツ経験や体力を使う趣味があれば積極的にアピールすると良いでしょう。


総合商社での仕事内容は、トレードや事業投資に関わるやり取りがメイン。海外とのビジネスや高い給与など、魅力的な面も多くあります。
しかし、就活では仕事への適性や企業とのマッチングも重要です。もし自分に向いている企業が知りたいと思ったら、ぜひキャリアチケットに相談してください。
キャリアチケットでは、マンツーマンで丁寧なヒアリングを行い、直接取材した170社以上からあなたに合った企業をご紹介しています。就活に悩んでいるなら、まずはお気軽にご連絡ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!