薬学部生が活躍できる就職先をご紹介

このページのまとめ

  • 6年制薬学部を卒業すると、薬剤師国家試験の受験資格が得られる
  • 薬剤師の有資格者は、医療関係機関に就職する人が多い
  • 調剤業務に限らず、新薬研究に携わることもできる
  • 公務員試験に合格すれば、公務員薬剤師として公的機関で勤務できる

薬学部に在籍中の学生さんの中には「どこそこに就職したい」という確固たる目標を持つ方もいれば、「薬剤師の資格を活かせる職場って病院や薬局の他にどんなところがあるのかな」と模索中の方もいることでしょう。
今回このコラムでは、薬学部を卒業した後どのような業界や職場で活躍できるのかをご紹介します。
あなたの知識や人間性を発揮して活躍できるフィールドをぜひ見つけてください。

薬学部卒で多い就職先は?

6年制薬学部を卒業すると(卒業見込み者も含む)、薬剤師国家試験の受験資格が得られます。晴れて資格を取得した場合、どのような就職先が望めるのでしょうか。実際に、多くの薬学部卒業生が就職している先を紹介します。

医療機関

薬剤師の資格を活かし、病院薬剤師として活躍できます。処方箋の通りに薬を調剤するだけではなく、薬剤アレルギーや飲み合わせの可否も確認。また、病棟へ赴き、患者さまと信頼関係を築きながら病状確認や服薬説明を行います。病院薬剤師の大きな特徴は、患者さまに直接関わるということでしょう。

ドラッグストア

薬や日用品、食品などさまざまな商品を取りそろえ販売しているドラッグストアにも薬剤師がいます。薬を購入するお客様に効能や使用方法をアドバイスしたり、レジ会計をしたりとフレキシブルに活躍。コミュニケーション能力が高い方にピッタリです。

調剤薬局

医療機関で発行された処方箋に基づき、調剤業務を行います。多くの調剤薬局は医療機関の近くに立地。診療科にそった薬品を揃えているので、より専門的な知識が身につけられるでしょう。

製薬会社

民間の製薬会社に研究職として入社する方が多くいます。新薬の開発に取り組んでいる製薬会社において、薬剤師の存在は大きいものでしょう。また、開発に携わるというのは、勤務する方にとってもモチベーションがあがりそうです。

薬学部を卒業している方は、やはり医療関係機関に就職する人が多いようです。知識を活かして存分に活躍できることでしょう。
 

 

薬学部卒にはこんな職業も!

薬学部を卒業した後は、医療関係機関だけではなく以下のような職に就くことも可能です。

学校薬剤師

大学除く、全ての学校に配置するよう学校保健安全法で定められています。任命を受けたものは勤務先となる学校にて、業務を遂行。学校の環境衛生の維持及び改善、医薬品および毒物の管理に関する指導や助言を行います。

MR

MRとは、医療品メーカーの医薬情報担当者(メディカル・リプレゼンタティブ)の略称です。薬剤師資格は不要ですが、薬学の知識が必要なため、薬学部の卒業生が多く活躍しています。

国家公務員薬剤師

各省庁にて、医薬品、食品、麻薬などにかかわる国民の安全を守ります。業務は医薬品の承認や審査、新薬の開発促進、副作用対策、食品や添加物の基準策定、麻薬取り締まりなど多岐に渡っています。

地方公務員薬剤師

主な勤務先は、都道府県庁、保健所、地方衛生研究所、公立病院です。
都道府県庁では、医療や環境衛生に関わる業務を遂行。国との連絡調整の役割も担っています。保健所では、薬事、環境、食品、動物衛生に関する業務を遂行。市町村民の安全と健康維持のために啓発活動や指導を行っています。
地方衛生研究所は、主に食品や農薬の検査や分析を行う公的な研究機関です。研究を通し、保健対策の推進や公衆衛生の向上に邁進しています。公立病院に勤務する薬剤師の業務は、民間の病院薬剤師とほぼ同様です。

薬剤師の資格を有していると、さまざまなフィールドで活躍できます。しかし、なるべくならば就職後のミスマッチは避けたいものでしょう。就活するうえで志望先の選択に迷っている方や自分に合う職場が分からない方は、ぜひ「キャリアチケット」にご相談ください。経験豊富なエージェントが、志望先の絞込みから履歴書や面接対策まで親身に対応いたします。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!