MRに資格は必要?仕事内容やメリットについて

このページのまとめ

  • MRとは、医療関係者へ医薬品の情報を提供する人
  • MRが取り扱うのは、医療用医薬品
  • MR認定試験の受験を義務付けている企業が多い
  • 景気に左右されない、社会貢献度が高いなどがMRの魅力
  • 医薬品に関心があり対人スキルが高い人がMR向き

医療ドラマに登場することもあるMR。医薬品業界が景気に左右されない、社会貢献度が高いといった理由から、MRを志望する就活生は少なくありません。
そこで今回は、MRの実態についてまとめてみました。正しく理解し、職業や仕事についての理解を深めましょう。

MRとは?

MR(Medical Representatives)とは、医療機関の医師や薬局の薬剤師などに対し、自社で取り扱う医薬品をプロモーションする人を指します。
医薬情報担当者と呼ばれ、医療機関と製薬会社の架け橋となって病気やケガで苦しむ人を間接的に助けるお仕事です。

仕事内容

医薬品の効能や効果的な使用方法、副作用、使用するメリット、ほかの医薬品との違いなど、品質や有効性といった情報を正しく提供します。
提供した情報で自社の医薬品を選んでもらうのがMRの使命です。
また、病院への情報提供に限らず、病院からのフィードバッグを自社の開発部門へ伝達することも求められます。

取り扱う医薬品

製薬会社が取り扱う医薬品は、OTC医薬品と医療用医薬品の2種類に大別できます。
OTC医薬品とは風邪薬や目薬など、医師の処方なしでドラッグストアで購入できるものです。一方、医療用医薬品とは医師が処方を行うもの。
効果が高い分副作用に注意が必要であるため、患者の症状や体質に応じて最適な医薬品を処方します。
この2つのうち、MRが取り扱うのは医療用医薬品です。

MRができた背景

以前はMRという職種はなく、製薬会社のプロパーと呼ばれる営業担当者が今のMRのお仕事を担っていました。
しかしながら、プロパー全員が膨大な量の薬品に関する知識を正しく把握するのは難しく、知識不足により正しく情報提供ができないことも。
また、プロパーには価格交渉権があったこともあり、自社製品を売り込むべく医療関係者に対して過度な接待を行っていました。
接待中心に業務が進む中で、正しい医薬品の情報を提供することが疎かになった結果、重大な薬害事件に発展したこともあったようです。
この課題を解決すべく、医薬品の専門知識を持ち、正しく情報提供を行えるようにという背景からMRという職種が誕生しました。

▼関連記事
MRとは?業務内容と目指すために必要なスキルをご紹介

MRとして活躍するメリット

なぜMRのお仕事は就活生に人気が高いのでしょうか。こちらの項目では人気の理由について深掘りしていきたいと思います。

景気に左右されない

大企業が経営難だと報道される時代ですが、医薬品業界は常に安定している業界の1つです。超高齢社会の今ではますます重要視されており、医療や薬品が景気に左右されることはないでしょう。
医薬品市場で日本は上位に入ることが多く、景気による販売数の変動もほとんどありません。特に先発医薬品であれば、1つの製薬会社の独占販売です。
特許のある製薬の提供は患者さんの命に直接関わってくる大切なこと。製薬会社は安定して供給を行う義務があります。

高い給与水準

通常の商品であれば市場価値によって価格変動が生じるものの、薬は人々の生活の必需品。値段が上下することで国民の生活負担も左右されるため、厚生労働省が一括して薬価を定めています。
通常の商品とは異なり国が売値を保証しているからこそ、製薬会社はMRに安定して給与を提示し続けることが可能です。
また、企業によっては営業成績によってインセンティブが発生するところもあります。大きな給与アップが見込めることも給与水準が高いとされる理由の1つです。
医薬品に関する高い専門知識が求められる大変なお仕事ですが、自分のがんばりはしっかり数字となって還元されます。経験年数によっても給与アップを見込めるので、同年代のサラリーマンと比べると高収入を得られる職種の1つです。

社会貢献度が高い

医薬品の提供を通じて、病気やケガでお困りの患者さんを笑顔にすることができるのがMRのお仕事です。医師や看護師とはまた違った視点から、人の命を支えることができます。
強いやりがいと高い社会貢献が期待できるお仕事と言えるでしょう。

自分のペースで働ける

一般的な営業職同様、与えられた時間の中で病院や薬局へ訪問し、自社製品を案内するお仕事です。医師や薬剤師の休憩時間や患者さんが少ない時間帯にアポイントをとり、面会を行います。
1軒でも多くの医療機関に訪問し医薬品をたくさんの医師に知ってもらうのがお仕事ですが、基本的にスケジュールは自己管理です。
比較的自分のペースで働きやすいと言えるでしょう。

MRに資格は必要?

基本的には、MRとして働くために必要な資格はありません。MRという職種で製薬会社に採用されれば、MRの一員として働くことができます。
しかし、「MR認定試験」をパスし、「MR認定証」の取得を義務付けている企業は少なくありません。MR認定試験とは、厚生労働省が認可している公益財団法人MR認定センターが毎年実施している試験です。
試験の合格率は約80%と高め。専門用語が多いため覚えるのに苦労するかもしれませんが、試験対策用の書籍もたくさん販売されているため、しっかり勉強を行っていれば一度で合格することは十分に可能でしょう。
また、社員の合格をバックアップしている企業も多いので、薬学部出身でなくても、文系理系問わず未経験から安心して活躍できる職種と言えます。
MR認定証とは、MR認定試験をパスした上でMRとしてのキャリアを6ヶ月以上積むことで得られる証明証です。合格後すぐにはもらえないことを、頭に入れておきましょう。

基本的には、企業へ入社後に受験し取得するのが一般的です。入社前に独自に受験しておく必要なないでしょう。
ちなみに認定証は5年ごとに更新が必要です。更新するためには、所定の認定研修または補完教育の修了が求められます。

MRに向いている人

魅力の多いMRのお仕事。仕事内容から、どんな人に向いているのかを考察してみましょう。

医療業界に関心のある人

医薬品や医療機器、疾患などに関して専門的な知識を幅広く吸収することが求められます。覚えることが多いため、興味のある分野でないと苦労するでしょう。

コミュニケーションスキルの高い人

医師や薬剤師などの医療従事者とはもちろん、自社の開発部門とのコミュニケーションも必要です。医療機関と製薬会社との架け橋のような存在であるからこそ、人との触れ合いが好きで積極的にコミュニケーションを取ることができる人に向いていると言えます。

勉強が好きな人

医療業界同様、医薬品業界も日進月歩の世界です。新薬が登場する都度、薬品や疾患に関する知識の習得が求められる、学びに終わりのない環境のため継続的な学びが必要と言えます。

いかがでしたか?医学や薬学がどんどん高度化していく中、MRはますます活躍を期待される職種の1つでしょう。
魅力の多さから人気は高く、志望の製薬会社からの内定を勝ち取るにはライバルに差をつけることが大切です。
そこでおすすめしたいのは、就職エージェントの活用。キャリアチケットでは、新卒者を対象に、失敗しない就職活動をサポートしています。
マンツーマンによるカウンセリングや現地取材した優良企業の紹介、採用担当者に好印象を与えられるES・履歴書の書き方、あなたの魅力を引き出す面接対策など、提供しているサービスはさまざま。
相談やサービス利用は無料です。自分一人の就活に不安を感じたらぜひご利用ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!