MRの仕事とは?メリットや活躍するために必要な知識について詳しく解説!

このページのまとめ

  • MRとは医療関係者へ医薬品の情報を提供する人のことで、医療用薬品を取り扱う
  • MRの仕事は、医療用医薬品についての「情報提供と営業」「情報収集」
  • MRの仕事に資格は必須ではなく、学部を問わず目指すことができる
  • MRは社会に貢献できる仕事内容や、景気に左右されないため給与が高いことが魅力
  • MRには医療業界への関心や高いコミュニケーション能力、学び続ける努力が必須

MRの仕事とは?メリットや活躍するために必要な知識について詳しく解説!のイメージ

社会貢献度が高く、高収入も目指せるMRは人気の職種のひとつ。
興味を持っている就活生も多いでしょう。
このコラムでは、MRの具体的な仕事内容やメリット・デメリット、資格について解説。また、MRの仕事に学部は関係するのか、どんな人がMRに向いているのか、といった疑問にもお答えします。
気になる就職事情についても紹介しているので、参考にして就活を有利に進めましょう!



 

MRとは?

MR(Medical Representatives)とは、医療機関の医師や薬局の薬剤師などに対し、自社で取り扱う医薬品をプロモーションする人のこと。医薬情報担当者と呼ばれ、医療機関と製薬会社の架け橋となって病気やケガで苦しむ人を間接的に助ける仕事を担います。

取り扱う医薬品

MRが取り扱うのは医療用医薬品です。
製薬会社が取り扱う医薬品は、医療用医薬品とOTC医薬品の2種類に大別できます。
医療用医薬品は、医師が処方を行うもの。効果が高い分副作用に注意が必要なため、患者さんの症状や体質に応じて最適な医薬品を処方します。一方、OTC医薬品は風邪薬や目薬など、医師の処方なしでドラッグストアで購入できるもののことです。
MRが取り扱う医療用医薬品は、錠剤や粉薬といった内用薬から軟膏などの外用薬、点滴や注射で使う輸液など多種多様。医薬品の専門的な知識を持ち、幅広い情報を把握することが必要となります。

仕事内容

MRの仕事は、取り扱う医療用医薬品についての「情報提供と営業」「情報収集」です。それぞれの仕事内容について詳しく見ていきましょう。

情報提供と営業

医薬品の効能や効果的な使用方法、副作用、使用するメリット、ほかの医薬品との違いといった、品質や有効性に関する情報を正しく提供します。また、医師や看護師などの医療従事者と信頼関係を築き、自社の医薬品を選んでもらうこともMRの重要な仕事です。

情報収集

医療現場で、自社の医薬品を実際に使用して分かった効果や副作用、新たなニーズなどの情報を収集することもMRの大切な仕事です。収集した情報は、自社の開発部門にフィードバックし、製品の品質向上や新製品の開発に役立てます。

▼関連記事
MRとはどんな職業?仕事内容と目指すために必要なスキルを解説!



 

MRの1日の仕事の流れは?

MRの仕事は、大きな病院を担当する場合と開業医を担当する場合の2つに大別されますが、外勤が主になる点はどちらも一緒です。それぞれの場合の仕事内容や流れについて見ていきましょう。

病院を担当するMRの場合

大きな病院には診療科が複数あるため、ひとつの病院の中で担当する複数の診療科の医師を訪問し、面談して回ります。
先端医療を行う大学病院をはじめとした大病院の医師は、積極的に新しい情報を求める傾向が強いようです。そのため、MRもいち早く学術的な文献や資料を届け、医師が納得する情報を提供できるように務める必要があります。

<病院担当MRの1日の仕事例>
午前8時~ 病院訪問
午前10時~ 出社(メールチェック、訪問の準備)
午前11時~ 病院訪問
午後2時~ お昼(ランチミーティング)
午後3時~ 病院訪問
午後8時 帰宅

開業医を担当するMRの場合

開業医を担当するMRは、医薬品の卸会社を訪問した後、クリニックや診療機関を1日あたり6~8軒を目安に訪問します。
基本的には、医師の業務の邪魔にならないように診療時間後や休診時間帯にアポイントを取り、面談することが多いようです。また、薬の卸業者と同行訪問して営業活動をすることもあります。
毎日の訪問スケジュールは自分で考え、偏りがないように効率よく担当先を回ることが大切です。1日に1軒でも多くの医療機関を訪問し、医師や看護師、薬剤師などの医療従事者と継続的な人間関係を構築することが求められます。

<開業医担当MRの1日の仕事例>
午前8時~ 医薬品の卸会社を訪問
午前10時~ 出社(メールチェック、訪問準備)
午前11時30~ 担当医療機関を2~3軒訪問
午後2時~ お昼
午後3時~ 担当医療機関を4~5軒訪問
午後8時 帰宅



 

MRの仕事の4つのメリット

MRの仕事には多くのメリットがあるため、就活生にも人気がある職種です。
この項目では、MRの仕事のメリットについて詳しく解説します。

1.景気に左右されない

景気に左右されないのは、MRの仕事の大きな魅力です。
医薬品業界は常に安定している業界のひとつ。超高齢社会の日本ではますます重要視される傾向にあり、世界的に見ても医薬品市場で日本は上位に入ることが多いといわれます。
景気による医薬品販売数の変動もほとんどなく、先発医薬品であれば、1つの製薬会社の独占販売です。
医薬品業界で景気に左右されることなく、安定して仕事ができるのはMRの強みといえるでしょう。

2.高い給与水準

MRの給与は、一般的な仕事と比べて高い傾向にあります。
薬は人々の生活の必需品であり、値段が上下すると国民の生活負担が左右されてしまうことも。それを防ぐために国が売値を保証しており、製薬会社もMRに安定した給与を提示し続けることが可能になります。
また、MRの仕事には医薬品に関する高い専門知識が必要なことや、営業成績に応じたインセンティブがある企業が多いことも、給与水準が高いとされる理由です。さらに、経験年数によっても給与アップを見込めます。

3.社会貢献度が高い

医薬品の提供を通じて、病気やケガで困っている患者さんを笑顔にするMRは、社会貢献度が高い仕事といえるでしょう。
MRは、医師や看護師のように患者さんと直接向き合うことはありません。しかし、医薬品のスペシャリストとして医療を裏側から支えることで、人々の健康を守り、人生を豊かにできるため、強いやりがいを感じられます。

4.自分のペースで働ける

MRの仕事のスケジュールは、基本的に自己管理です。
限られた時間の中で1軒でも多くの医療機関を訪問し、たくさんの医師に自社の医薬品を知ってもらう必要があるため、大変な仕事ではありますが、自分のペースで働けるのは大きな魅力といえるでしょう。



 

MRの仕事のデメリットは?

MRの仕事には多くのメリットがありますが、一方で、体力や気力が必要なハードワークであったり、勤務時間が不規則になりやすかったりするデメリットも。
この項目では、MRの仕事のデメリットについても把握しておきましょう。

体力と気力が削られやすい

MRの仕事はとてもハードで、体力と気力を要します。
仕事は外回りが多く、日によっては1日に10軒以上の医療機関を訪問することも。徒歩で長時間かけなければ行かれない施設もあるため、体力は欠かせません。
また、自社製品を何度断られても、選んでもらえるようにその良さをプレゼンし続ける気力も必要です。
こうした通常業務に加え、医療業界や医薬品に関する勉強や学会の手伝いなどもあり、体力と気力が削られやすい点がMRのデメリットといえるでしょう。

勤務時間が不規則になりやすい

MRは訪問先となる医療機関の都合を優先しなければならず、勤務時間が不規則になりやすいというデメリットがあります。
医師によっては、診療時間前の早朝や夜診後の遅い時間での訪問を希望する場合も少なくないようです。また、アポイントをとっていても急な用で、訪問時間がずれ込んだり、変更になったりすることもしばしば。休日出勤が必要になることもあります。そのため、MRは勤務時間が不規則になりやすく、決まった休みを取るのもなかなか難しい職種といえるでしょう。



 

MRの仕事に資格は必要?

基本的には、MRとして働くために必要な資格はありません。MRという職種で製薬会社に採用されれば、MRの一員として働くことができます。
しかし、「MR認定試験」に合格し、「MR認定証」の取得を義務付けている企業は少なくありません。MR認定試験は、企業へ入社した後に受験するのが一般的です。入社前に独自に受験しておく必要なないでしょう。
「MR認定試験」と「MR認定証」については以下で確認しておきましょう。

MR認定試験

MR認定試験は、厚生労働省が認可している試験で、公益財団法人MR認定センターが毎年実施しています。専門用語が多いためしっかりとした勉強や対策は必要ですが、合格率は約80%と高い傾向にあり、一度で合格することも十分に可能でしょう。

MR認定証

MR認定証は、MR認定試験をパスした上で、MRとしてのキャリアを6ヶ月以上積むことで得られます。合格後すぐにはもらえないことを、頭に入れておきましょう。
また、MR認定証は5年ごとの更新が必要です。更新には、所定の認定研修または補完教育の修了が求められます。



 

MRの仕事に学部は関係あるの?

MRは医薬品の専門知識が求められますが、資格は必須ではなく、学部を問わず目指すことができます。文系だけどMRになりたいと考える人もいるでしょう。
この項目では、MRの仕事と学部の関係について解説します。

文系も活躍できる

MRは、文系出身者も多く活躍しているようです。
入社後に「MR認定試験」をパスし、「MR認定証」の取得を義務付けている企業も、多くの場合、合格をバックアップしてくれます。そのため、もともと薬学の知識がある医学部や薬学部出身者ではなくても目指すことができ、自分の頑張り次第で活躍や成長を期待できます。

医薬学部は有利

医薬学部出身者は、医薬に関する専門知識がある程度備わっている点や、MR認定試験の全3科目のうち2科目が免除になる点で、他学部出身者と比べ有利といえるでしょう。
多くの企業で、入社後にMR認定試験に合格することが義務付けられています。試験科目が一部免除される医薬学部出身者の場合、試験勉強の時間をほかの知識の習得などに当てることも可能です。さらに、他学部出身者が苦労する専門用語にもすでに馴染みがあるため、MRとして早い成長や活躍が期待できます。

▼関連記事
薬学部卒の就職先は?活躍できる職種や就活開始時期など詳しく紹介!



 

MRに向いている人とは?

MRには、医療業界への興味・関心はもちろん、高いコミュニケーションスキル、専門知識を学び続ける努力が求められます。求められる資質を理解し、自分がMRに向いているかを確認しましょう。

医療業界に関心のある人

医薬品のスペシャリストであるMRとして仕事をするには、医療業界への高い興味・関心が必要です。
MRには医薬品や医療機器、疾患などに関して専門的な知識を幅広く吸収することが求められます。覚えることも多いため、興味のある分野でないと成果を上げることは難しいでしょう。

コミュニケーションスキルの高い人

MRの仕事をするためには、高いコミュニケーションスキルが必須です。
伝える力、聞く力を発揮し、医師や薬剤師などの医療従事者と信頼関係を築くことはもちろん、自社の開発部門とも細かな情報のやりとりをしなければなりません。医療機関と製薬会社との架け橋のような存在であるため、人との触れ合いが好きで積極的にコミュニケーションを取ることができる人が求められます。

学ぶことが好きな人

MRには、学ぶことが好きな人が向いています。
医療業界同様、医薬品業界も日々進化している業界です。新薬が登場するたびに、薬品や疾患に関する知識の更新や習得が求められます。学びに終わりがないため、継続的に学ぶことが苦にならない人が向いているでしょう。

▼関連記事
自己分析のやり方は?簡単に行える方法をご紹介



 

MRの仕事の就職事情は?

就活生の人気が高いMRですが、今後はさらに就職の倍率や難易度が上がる可能性があります。
大きな要因は2つあり、ひとつはMRの数が増えたこと。もうひとつは、ジェネリック医薬品の増加により、新薬の開発に携わる製薬会社が減ってきていることです。このような背景から、MRの採用数は頭打ちになりつつあり、就職の倍率や難易度が上がることが考えられます。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。