英語の履歴書にはルールがある!正しい書き方を教えます

このページのまとめ

  • 英文履歴書と日本語の履歴書は書き方が違う
  • 英文履歴書には仕事に関係ない情報は書かない
  • プロフィールと経歴、アピールポイントは必ず記載する
  • アピールしたいポイントにあわせて適宜項目を追加して書く
  • 提出する際はカバーレターを必ず添える

企業から英文履歴書を求められたときは、「英語で履歴書ってどう書くの?」と戸惑う方が多いでしょう。
英文履歴書の書き方は、日本語の履歴書とはまったく異なります。
そのため、日本語で書いた履歴書をそのまま英訳してはいけません。
英文履歴書には独自のルールがあるので、ルールにそって書くことが大切です。
英文履歴書の正しい書き方を把握し、採用担当者に自分の強みをアピールしましょう。

英語の履歴書と日本語の履歴書の違い 

そもそも、英語の履歴書と日本語の履歴書は書き方がまったく違います。
英文履歴書は、日本でいう履歴書と職務経歴書をあわせたものです。
履歴書1枚にプロフィールや職歴、スキルをおさめるため、日本語の履歴書に比べて要点を端的に書く必要があります。
そのため、日本語で書いた履歴書をそのまま英訳するのはおすすめできません。
日本語の履歴書は良く言えば丁寧、悪く言えば冗長なので、そのまま訳すと要点が定まらないぼやけた履歴書が出来上がるからです。

また、英文履歴書は、日本語の履歴書のように決まったフォーマットがありません。
市販品もないため、1から自分でフォーマットを作る必要があります。
そのぶん自分の好きなようにレイアウトできるので、日本語の履歴書に比べて個性が出しやすいと言えるでしょう。
ちなみに、日本語の履歴書は手書きが一般的ですが、英語の履歴書はパソコンで作成するのが決まりです。
英文履歴書を書くときは、必ずWordのようなワープロソフトを使ってパソコンで作成してください。

英文履歴書には不要な項目

日本語の履歴書では必須でも、英文履歴書には不要な項目があります。
不要な項目の主なものを、下記で確認しておきましょう。

・生年月日
・年齢
・性別
・顔写真
・家族構成
・通勤時間
・健康状態 

生年月日や年齢、性別といった情報は、仕事に関係のない情報です。
欧米には、仕事に関わりのない情報は履歴書に書かないという決まりがあります。
外見や年齢、性別といった個人情報をもとに、雇用差別が起きるのを防ぐためです。
英文履歴書には、仕事に関係のある情報のみを書き、採用担当者に仕事への適性の高さを伝えてください。

英文履歴書には3つの形式がある

英文履歴書には決まったフォーマットがありませんが、書き方には3つの形式があります。
いずれかの形式をつかって書けば、採用担当者が読みやすい履歴書を仕上げられるでしょう。
それぞれの形式は下記の通りです。

Chronological Resume(年代順)

職歴や学歴を新しいものから年代順に並べて記載するベーシックな形式。
現在では一般的ではありませんが、伝統的な形式のため保守的な印象を与えたいときに向いています。
現在では、公的機関や歴史が古い企業に応募する方がChronological Resumeを使う傾向があります。
時系列は逆になりますが、日本語の履歴書と書き方が似ているため、英文履歴書に不慣れな方におすすめの形式です。

Functional Resume(職務別)

スキルや専門知識、経験に重点を置いて書く形式。
自分のスキルを分野ごとに詳しく記述し、職務経歴については詳しく触れません。
Functional Resumeはアピールポイントを強調するのがむずかしいため、英文履歴書を書き慣れていない方にはおすすめできません。

Combination Resume(混合式)

Chronological ResumeとFunctional Resumeが合体した形式。
はじめにスキルや経験を書き、次に職歴や学歴を年代が新しい順に記載します。
自分のスキルを伝えたうえで経歴を書けるので、アピールポイントを目立たせやすいというメリットがあります。
現在主流の形式で、新卒の学生に最もおすすめの書き方です。

英文履歴書の基本的なルール

英文履歴書は、下記の基本的なルールを守って作成しましょう。

・Wordをつかってパソコンで作成する
・文字の色は黒一色のみ
・フォントはTimes New Romanを選ぶ
・本文のフォントのサイズは10.5~12ポイントで統一
・見出しのフォントサイズは本文のフォント+2にすると読みやすい
・数字は1,2,3のようなアラビア数字を使う 
・用紙のサイズはA4を選ぶ
・用紙の枚数は2枚以内におさめる
・主語(IやWe)は省略し動詞から書きはじめる
・印刷するときは厚手の上質紙を使う

ルールを守ったうえで要点をコンパクトにまとめれば、採用担当者が読みやすい履歴書が仕上がるでしょう。

英文履歴書の書き方

英文履歴書を書くときは、プロフィール・経歴・自分がアピールしたいポイントを必ず記載します。
アピールポイントは履歴書の上部に書き、採用担当者の目を引きましょう。
決まったフォーマットはないので、自分がアピールしたいことにあわせて項目を適宜追加します。
履歴書に記載したい主な項目を確認しておきましょう。

Personal Information(プロフィール)

履歴書の1番上にプロフィール(氏名・住所・電話番号・Eメールアドレス)を記載します。

例文

Hanako Careerticket
Address:〇〇Building 1-1-1,minato,minato-ku,Tokyo,Japan 000-0000
Tel:Home +81-3-××××-××××
  Mobile +81-90-××××-××××
Email:hanako-careerticket@careerticket.com

氏名のフォントは太字にし、サイズも大きくすれば見栄えがよくなりおすすめです。
住所は日本の書き方とは逆で、建物名→番地→市区町村名→都道府県名→国名→郵便番号の順番で書きます。
電話番号は、国番号「+81」を頭につけ、市外局番の最初の「0」を外して記載してください。
Eメールアドレスは「本名@~」のような社会人にふさわしいシンプルなアドレスを使用しましょう。

Objective(希望する職種・ポジション)

Objectiveには、希望する職種やポジションを書きます。
「なぜ希望するか」「どう貢献できるか」を加えて記載し、いかに自分が適任であるかをアピールしましょう。
ただし、希望する職種が定まっていないときは、明確な職種名を書く必要はありません。
「今まで自分が培ったスキルを活かせる職種」のように表現に幅を持たせて記載しましょう。

例文

To obtain a position that will enable me to use my language and communication skills and have more experience abroad

Education(学歴)

学歴は最終学歴のみを記載します。最終学歴が大学の人は大学のみ書き、大学以前の学歴を書く必要はありません。
書くときは、入学した年・卒業した年、学校名、所在地、専攻を記載してください。

例文

Apr 2015-current ×××University,Tokyo,Japan
Major: School of Business Administration

英文履歴書では、月は「Apr」のように略して書くのが一般的です。
現在も学校に在籍中の場合は、入学した年のあとにcurrentやPresentをつけましょう。
また、既に学位を取得している場合は、学位の名称を入れます。

例文

Apr 2015-Mar 2019 Bachelor of Economics University of ×××,Tokyo,Japan

Work Experience(職務経歴)

職務経歴がない学生は、Work Experienceにアルバイトの経験を書きます。
アルバイトした期間・勤務先・勤務地・業務内容を簡潔に書きましょう。

例文

Mar 2015-Jul 2017 Careerticket Gakuin,Tokyo,Japan
Cram School Teacher(part-time)
 Taught English to high school students
 Improved their English abilities to pass the entrance exams

Internship(インターンシップ)

インターンシップの経験がある方は、Work Experienceとは別にInternshipの項目を追加しましょう。
記載するのはインターンシップの期間・勤務先・勤務地・業務内容です。

例文

Feb2018-Mar2018
Careerticket Newspaper Co., Ltd.Tokyo,Japan
Interviewed and wrote articles on child guidance center

Qualifications(技能)

希望する職種に関係のある資格や免許があるときは、Qualificationsに記載します。

例文

Nisho Bookkeeping level 1 Certificate(日商簿記1級)
Junior High School Specialized Teacher’s Certificate (English)(中学教員専修免許(英語))

Volunteer(ボランティア)

ボランティア歴は、ボランティア期間・ボランティア先・業務内容を簡潔に書きましょう。

例文

2 Week,Kumamoto,Japan
Apr 2016
Helped clean the debris in the wake of the earthquake

Awards(賞)

これまで受賞した賞を、受賞した年とあわせて記載します。

例文

Awarded 2 position at All Japan university English Speech Contest in 2017

Skills(スキル)

Skillsには、資格や免許はなくても自分が持っているスキルについて記載します。
語学力やパソコンの能力のほか、自分が得意だと思うことを自信を持って書きましょう。

例文

Computer Skills
Microsoft Office: Word, Excel, Power Point (Beginner)
Adobe: Illustrator (Beginner)
Language Skills
Japanese:Native
English:Business level
Strong communication and interpersonal skills

Additional Information(その他情報)

課外活動などで自分の能力を示すエピソードがあるときは、Additional Informationに記載しましょう。

例文

Organized a charity event at university 

履歴書にはカバーレターを添えるのがマナー

英文履歴書を提出するときは、送付状であるカバーレターを添えるのがマナーです。
カバーレターは日本の送付状とは異なり、採用に影響する重要な書類です。
カバーレターの書き方を確認しておきましょう。

応募者の情報

まず最初に応募者の情報(氏名・住所・電話番号・Eメールアドレス)を記載します。
氏名のフォントは太字でサイズも大きくし、ひと目で名前がわかるようにしましょう。

応募先の情報

応募先の情報を、担当者名・部署名・会社名・住所の順番で記載します。
記載するときは担当者名にMr.またはMs.をつけるのを忘れないようにしましょう。

日付

応募先の情報の下に、書類を送付する日付と年を記載します。
カバーレターではAug 10,2020のように省略せず、August 10,2020と正式名称で書きましょう。

採用担当者の名前

本文に入る前に改めて採用担当者の名前を書きます。
名前の前にDear Mr.またはDear Ms.をつけ、誰宛ての文書かを明確にしましょう。
個人名がわからないときは、To Whom It May ConcernまたはDear Hiring Managerと書いて担当係宛てにしてください。

本文

本文には、希望職種・応募した経緯・自己PRを記載します。
詳細な情報は履歴書に記載するので、長々と説明する必要はありません。
2~3段落におさまるような文章量をこころがけ、自分を採用するメリットを自信を持って書いてください。

結びの言葉

本文を書き終わったら結びの言葉を書きます。
採用担当者に読んでくれたことへの感謝を伝え、Sincerely,で締めましょう。

英文履歴書を書くときには、自分のスキルを自信を持って売り込む姿勢が大切です。
そうはいっても、「自分のスキルがわからない」「自信なんて持てない」と困惑する方もいるでしょう。
スキルに自信がない方は、キャリアチケットを利用するのがおすすめです。
キャリアチケットとは、年間3,000人以上の就活生が利用する就活相談サービス。
就活アドバイザーが徹底的にカウンセリングし、プロの視点からあなたのアピールポイントを引き出します。
事実、キャリアチケットを利用した方は、利用しない場合にくらべて書類選考突破率が39%もアップしています。
自信を持って就活にのぞみたい方は、キャリアチケットにお気軽にご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00