英検は就活で武器になる!アピールできるレベルと履歴書への書き方を解説

このページのまとめ

  • 英検2級以上は就活でのアピール材料になる
  • レベルの低い級は評価を下げるので就活の履歴書には書かないほうが無難
  • 履歴書に書くときは「実用英語技能検定」と正式名称で書く
  • 英検を取得した年、月を忘れずに書く
  • 就活では英検よりもTOEICのほうがアピール力が高い

就活生のなかには、「英検は履歴書に書ける?」と気になる人が多いと思います。
結論から言うと、英検は就活での武器になるので、履歴書に書けます。高い級は英語力のアピールになり、採用担当者に好印象を与えられるからです。
ただし、全ての企業に有効なわけではなく、英検の級によっては評価も下げかねません。履歴書に英検を書くときの正しいマナーや注意点を確認し、効果的に自分を売り込みましょう。

英検はレベルによっては就活での武器になる

英検はレベルによっては英語力の高さをアピールできるので、就活での武器になります。
現在はグローバル化を進める企業が多く、社内言語を英語に統一する企業も少なくありません。「英語力が高い学生」を求める企業にとって、英検を持つ就活生は優秀な人材に見えるでしょう。

履歴書に書けるのは英検2級以上

英検は英語力のアピールになりますが、履歴書に書けるのは英検2級以上です。
英検2級は高校卒業レベルで、社会生活に必要な英語が分かり、話せる力があるとされます。英検2級を持つ方は積極的に履歴書に書き、英語力の高さをアピールしましょう。

準1級はビジネス会話レベル

英検2級の上位である準1級は、大学中級レベルで、ビジネスの場で通用する英語力があるといえます。
高度な英語力を求める企業に対しては、「準1級=即戦力となる人材」という印象を与えられるでしょう。

レベルが低い級はイメージを下げるので書かないほうが無難

英検3級や4級といったレベルが低い級は、かえってイメージを下げるので履歴書に書かないほうが無難。
中学生レベルの英語力というアピールになるので、採用担当者に「努力が足りない」という印象を与えるからです。

履歴書に英検を書くときの正しいマナー

履歴書に英検を書くときは、マナーを守って書くことが重要です。
以下で、履歴書に英検を書くときの正しいマナーを確認しておきましょう。

資格名は正式名称で書く

履歴書に資格名を書くときは、正式名称で書くのがマナー。
英検の正式名称は「実用英語技能検定」なので、間違えないようご注意ください。

取得年月を書く

資格は取得年月とセットで書くのが履歴書の決まり。
空欄にすると虚偽を疑われる恐れがあるので、英検を取得した年・月も忘れずに書きましょう。


令和元年7月 実用英語技能検定2級 合格

取得年月は合格証明書で確認できる

英検の取得年月を忘れた方は、合格証明書に記載された資格認定日を確認しましょう。
合格証明書は、合格通知、合格証書(賞状)とセットで発行された書類のこと。紛失した場合は再発行できるので、英検の公式サイトから申し込みましょう。
ただし、発行手数料として1通につき1,100円(税・送料込み)かかるのでご注意ください。

履歴書に英検を書くときに知っておきたい4つの注意点

英検は履歴書に書けますが、書き方によっては評価につながらないので注意が必要です。
以下で、履歴書に英検を書くときに知っておきたい4つの注意点を見ていきましょう。

1.英検に有効期限はない

英検に有効期限はないため、過去に取得したものでも履歴書に書けます。英語力を証明するツールとして基本的に無期限で使えるので、取得しておいて損はありません。

2.取得年月が古いものは評価されない可能性がある

英検に有効期限はありませんが、取得年月が古いものは就活で評価されない可能性があります。
取得から何年も経っている場合、ブランクがあり英語力が落ちている恐れがあるからです。履歴書に書くときは大学入学後に取った英検を書き、それ以前のものは書かないほうが無難でしょう。

3.英検は自己PRの材料にするには弱い

英検は英語力の証明になりますが、自己PRの材料にするのは弱いといえます。
そもそも、採用担当者は学生の英語力だけでなく、性格や長所、入社への意欲などを総合的に評価するもの。英検だけを自己PRの材料にしても、あなたの魅力や熱意は伝わりません。
履歴書では、自分が得意なことや努力したこと、仕事への熱意を自分の言葉で具体的に述べることが重要です。
英検を自己PRに使う場合は、取得までの努力の過程や結果として学んだことを書き、あなたの人柄が伝わるように工夫しましょう。

4.企業の仕事内容によっては必ずしも評価されない

英検は英語力の証明になりますが、企業の仕事内容によっては必ずしも評価されないので注意が必要です。
グローバル化を進める企業は多いですが、すべての企業が英語力を求めるわけではありません。語学力が不要な企業に対して英語力をアピールしても、採用担当者には響かないでしょう。
就活は、「企業の求める人物像」と「自分の強み」がマッチすることが内定のカギです。企業研究を徹底して行い、応募先企業に合わせた効果的なアピールを考えてください。

英検とTOEICの違い

英検と似た資格としてTOEICがありますが、両者は似て非なるもの。英検とTOEICの主な違いは下記のとおりです。

TOEIC…世界約90カ国で実施されるテスト、英語を読む能力・書く能力をスコアで評価する、問題はビジネス英語が主
英検…日本国内で約370万人が受験するテスト、英語を読む・書く・聞く・話す(3級以上)能力を合否で判定する、問題は日常~ビジネス会話まで幅広い

TOEICは世界共通のテストで、ビジネス英語を問う問題が多いのが特徴。英検に比べて、ビジネスで使える実践的な英語力の証明になるといえます。

▼関連記事
就活で評価されるTOEICスコアは何点から?

TOEICのほうが就活ではアピール度が高い

TOEICの点数はビジネス英語力の高さを示すので、就活では英検よりもTOEICのほうがアピール度が高いです。実際、英語力を求める企業のなかには、採用基準としてTOEICの点数を設定するところも少なくありません。
履歴書に書けるのはTOEIC600点以上が一般的な基準。外資系や国際部門など高度な英語力を求める企業の場合、800点以上が基準になるようです。
TOEICは年10回試験が実施されるので、英語力をアピールしたい方は取得を目指すことをおすすめします。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする