TOEIC750点!就活に役立つスコアはいくつから?

このページのまとめ

  • 英語スキルが有利になるのは商社や外資系企業などが多いが、近年では英語力を重視する企業が増加しているため多くの企業でアピール材料となる
  • 就活で履歴書に書けるTOEICの点数は600点以上とされ、それ以下の場合はマイナス評価になる可能性があるため書かないのが一般的
  • ビジネスレベルとして評価の対象にするのは750点以上の企業が多いが、外資系など高い英語力を求める企業であれば800点以上のスコアが必要とされる
  • 就活に必要な英語力をつけるためには、日々勉強を続けることが大切

就活でアピールできる資格といえば、簿記やMOSなどさまざまですが、TOEICを挙げる人も少なくないのではないでしょうか。
しかし、実際に応募書類や面接でアピールになるかどうかは、TOEICの点数によって異なり、スコアによっては書くことが逆効果になる場合もあるようです。
このコラムでは、就活で有利になるTOEICについてご紹介しています。
英語スキルをアピールしたい方、就活に向けて英語を勉強したい方は、ぜひ参考にしてください。

就活でTOEICはアピールできる?


一般的に英語力がアピールできるとされている業界は、当然ですが海外とのやりとりが発生する商社や外資系企業が挙げられます。
また、海外展開やグローバルな人材を育てたいと考える大手企業でも、英語スキルがあれば評価が高くなるでしょう。
こういった企業では、採用時だけでなく入社後もTOEICのスコアが昇進などの基準となっている場合もあるため、英語力を向上させるための勉強や努力が継続的に必要となります。

グローバル化の進む近年では、英語力を重視する企業は増加しているため、上記のような企業以外でも就活でTOEICの点数が有利になるケースは多いでしょう。
また、業務で英語を使わない場合でも、資格取得のための努力やスキルアップへの向上心が認められる可能性もあるため、TOEICに挑戦することは就活のアピールになるといえます。

TOEIC750点は就活で有利?


では、就活でアピールできるTOEICの点数はどれくらいなのでしょうか?

就活で求められる英語スキルは、目安としてTOEIC600点といわれています。しかし、この点数はあくまでも目安ですので、応募する企業によっては有利とはならない可能性があるでしょう。
また、目安の600点を下回るスコアは英語力がないと判断されるケースもありますので、就活では書かない方が無難です。

応募者にビジネスレベルの英語力があると評価する点数として、多くの企業が基準としているのは750点以上。外資系企業であれば、さらに高得点の800点以上を求められることもあります。
こういったTOEICの点数を基準に選考の足切りをしている企業もありますので、自分の志望する企業や業界がどの程度の英語力を求めているのかを把握しておく必要があるでしょう。

スコア別のイメージ


点数だけでは、各スコアがどの程度のレベルなのか分かりづらいという方もいるのではないでしょうか。ここでは、スコア別にレベルのイメージと就活でアピールする際の注意点をご紹介します。

600点以下

英検3級~準2級レベル。
英語を必要とする企業ではマイナスな印象になってしまうこともあるなど、就活の英語スキルとしては基本評価されませんが、努力や学ぶ意欲として評価されることはあるでしょう。
600点以下の人は、現在の点数には触れず「TOEIC〇〇点以上を目指して勉強中」などと書いておくと、英語スキルとしてではなく向上心のある人として捉えてもらえるのではないでしょうか。

600点

英検準2級~2級レベル。
日常会話などでコミュニケーションがとれるとされ、就活では評価の対象となる履歴書に記載できるレベルです。ただし、高い英語力を求める企業ではマイナス評価になる可能性もあるため、応募の際は注意が必要となります。

700点

英検2級~準1級レベル。
700点以上であれば、ビジネス上の会話が可能だと判断されるため、大手企業でも評価されるレベルです。しかし、より高度な英語が必要とされる外資系企業では最低基準と考えたほうが良いでしょう。

800点

英検準1級レベル。
英語での情報収集や、ネイティブの人との打ち合わせ、ディスカッションも可能となるため、英語力を武器にできるレベルといえるでしょう。言い換えれば、高度な英語力が求められる企業への就職を希望する場合は、このレベルのスコアが必要ということになります。

900点

英検1級レベル。
TOEICの満点は990点ですから、9割の問題に正解しなければこのスコアは出せません。自分が専攻する分野の専門書の読解や、ネイティブの人との高度なディスカッションも流暢に行えるレベルとされているため、どんな企業でも高く評価されるでしょう。

就活で英語をアピールするために


前項でそれぞれのスコアのイメージをお伝えしましたが、就活で英語スキルをアピールするのであれば、TOEICのより高いスコアが必要になります。
TOEICのスコアが就活に有利になるレベルに達していない人は、まずは今のレベルを少しでも上げられるよう日々勉強することが大切です。
語学は一夜漬けでは身になりませんから、毎日時間を決めて取り組みましょう。初めから長時間の勉強を毎日してしまうと体力的にも疲れてしまいますので、まずは1日2時間を目安に始め、自分で集中して勉強できるリズムを見つけてください。

勉強をする際は、基礎を固めることから行いましょう。
さまざまな参考書が出ていますが、解説が分かりづらいもの、途中でくじけてしまいそうなものでは、あまり意味がありません。まずは読んでみて意欲が湧くもの、取り組みやすそうなものなど、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。
英語力を上げるには、問題を解く中で分からなかった単語や文法は必ず調べて覚えること。なぜ解けなかったのかを理解すること。そして苦手分野を見つけたら、繰り返し問題に取り組むことが大切です。

勉強すればその分身につくのが語学ですので、少しでも就活に役立てたいという場合は、まずは就活で履歴書に書くことができる、目安の600点を目指して日々の勉強でレベルを上げていきましょう。
ただし、TOEICの点数だけではなく、実際に英語を使って働く場合はコミュニケーション能力も必須です。
日本語でのコミュニケーションも同様ですが、相手の言葉を理解する力、伝える力も同じように大切なのではないでしょうか。
英語だけでなく、働く上で必要なそのほかのスキルも合わせて向上させていきましょう。

このコラムでは、就活で役立つTOEICの点数についてお伝えしました。
就活で志望企業を選ぶ際は、英語を活かしたいという点だけではなく、どんな仕事をしたいのか、その企業で自分の望む働き方ができるのかといった点も意識することが大切です。
一点からの目線で企業を選んでしまうと、効果的な志望動機や自己PRの作成に苦労する可能性もありますし、入社後のミスマッチが起きることも考えられます。
自分の望む働き方、企業のポイントを何点か挙げて、総合的に判断して選ぶようにしましょう。

企業の選び方、自分をアピールする方法が分からないという方は、新卒に特化した就職エージェント、キャリアチケットにご相談ください。
経験豊富なキャアリアアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、一人ひとりの個性や考え方に合った企業をご紹介します。
何度も繰り返し受けることができる面接対策や企業とのやり取りの代行など、ご利用のメリットも多いキャリアチケット。一人での就活に不安を感じている方は、ぜひご利用ください。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

就活のプロがマンツーマンで、即日内定サポート

19卒の無料就活サポート詳細はこちら