英語を就活の武器に!使えるTOEICスコアの目安は?

このページのまとめ

  • 英語力が就活で役立つかは志望する業界や企業、職種による
  • 外資系企業では高い英語力が求められることが多い
  • 履歴書に書けるTOEICの目安は600点以上
  • 語学に自信があっても、それ以外の強みや人間性を伝えることが大切

今回は、英語力を武器に就職したいという人に向けたコラム。
就活で評価されるTOEICスコアの目安や、面接で語学力をアピールする際のポイントをお伝えします!

 

24卒の就活について相談したい

 

英語力は就職に役立つ?

英語力が就活に役立つかどうかは、志望する業界や企業、職種によって変わってくるでしょう。海外と取引している企業や英語を使う業務がある企業では、語学力はアピールポイントとなります。
特に外資系企業では英語力を選考の基準にしていることが多く、一定以上の英語力を求める企業は増加傾向にあるようです。
とはいっても、就活は英語力の高さだけで採用が決まるわけではありません。語学が完璧でも志望動機や自己PRが不十分であれば採用に至るのは難しいでしょう。
また、全ての企業が英語力を求めているわけではないので、語学を必要としない企業で英語力をアピールしても的外れになってしまいます。

語学力をアピールしたい場合、自分の志望先が英語力を必要としているかを考え、もし必要なのであればどの程度のレベルが求められるのかを調べてみましょう。

▼関連記事
就活で評価される英語レベルはどこから?語学力を効果的にアピールする方法
 

 

24卒の就活について相談したい

 

どの程度の英語力が必要なのか

英語力を証明する試験にはさまざまな種類がありますが、日本の採用現場で一般的なのはTOEICでしょう。
TOEICスコアと英語力の目安は以下の通りです。

400点

TOEICを初めて受験する人が目指したいスコア。まだ会話するのは難しいレベル。

500点

相手にゆっくり話してもらえば何とか会話ができるレベル。表現力は充分ではないが、短い文章でやり取りできる。

600点

レストランでの注文や道を尋ねるなど、海外旅行先での会話が成り立つレベル。

700点

ビジネスに必要な最低限の会話ができるレベル。最低限のビジネス英語ができるスコアといえる。

800点

ビジネスの場で本格的に役立つ英語レベル。発音や流暢さには個人差があるが、意思疎通に問題がない目安と考えられる。

900点

ネイティブと同等に会話ができるレベル。専門書などを理解でき、海外赴任しても支障がない。


一般に、履歴書に書けるTOEICのスコアの目安は600点以上。これより低いスコアはかえって「英語ができない」と思われる可能性があるので書かない方が良いでしょう。また、英語力を求める企業は「700点以上はあって当然」と考えていることがあるので、志望先によっても履歴書に書けるスコアの目安は異なってきます。

英語を使う仕事を目指すのであれば、できれば800点以上のスコアがあると理想。企業によっては選考時点のスコアはそれほど気にせず、入社までに求めるレベルに達していれば良いとする所もあります。
自分のスコアに不安がある人は、募集要項に「TOEICスコア〇点以上」「日常会話ができるレベル」など、採用基準となる条件の記載がないか確認してみましょう。
また、外資系企業は英語でのエントリーシート提出を求める、英語で面接を実施するケースがあるので、事前の対策が必須です。

▼関連記事
就活でTOEICに足切りはある?選考でアピールできるスコアを知ろう
 

 

24卒の就活について相談したい

 

語学力を生かして就職するなら

語学力を活かして就活するなら、今ご説明したように企業の募集要項によく目を通しましょう。
募集要項に英語に関する記述があったり、実際の仕事に英語を使う業務がある場合、英語力は強い武器になります。

ただし先ほども述べたように、英語力だけが採用の基準になるのではない点を忘れないでください。
スコアに自信があるという人は、「なぜ語学力を磨こうと考えたのか」「語学力を入社後どう生かしたいか」という点まで説明できるよう準備しましょう。
これはTOEICや語学以外の資格にもいえることで、ただ「就活で役立ちそうだから」勉強したという資格は、その人の人間性や目的意識を伝える材料にならず、評価されにくい傾向があります。
就活では語学力だけでなく、それ以外の人間性や強みを伝えることが大切になるので、その点を意識しておきましょう。

面接での正しいアピール方法を知りたいという方は、新卒支援のキャリアチケットで指導を受けてみませんか?
キャリアチケットでは専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、ご希望や適性に合った求人をご提案。その後も書類対策や面接指導などを行い、全面的にバックアップしていきます。
相談だけのご利用も歓迎しているので、まずはお気軽にご登録ください!

 

24卒の就活について相談したい

   

本記事の監修者

淺田真奈(あさだまな)

大学時代は接客のアルバイトを3つかけもちし、接客コンテストで全店1位になった経験をもつ。新卒では地方創生系の会社に入社をし、スイーツ専門店の立ち上げからマネジメントを経験。その後、レバレジーズへ中途入社。現在はキャリアチケットのアドバイザーとして、学生のキャリア支援で学生満足度年間1位と事業部のベストセールスを受賞し、リーダーとしてメンバーのマネジメントを行っている。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。