就職を目指すなら知っておきたいTOEICのこと

このページのまとめ

  • TOEICは英語を使ったコミュニケーション能力を証明できるテスト
  • 履歴書に書けるTOEICのスコアは600点以上が目安
  • TOEICの学習方法は、目標スコアによってちがってくる
  • 履歴書に記載するTOEICスコアは自己申告だが、虚偽の記載は絶対にやめよう

就活アピールに効くのは英語だとよく言われますが、英語力証明のためにいま取っておくべき資格が何かご存知でしょうか。今回は上場企業の約7割が採用時の評価基準として利用しているTOEICについて、就活生が知っておくべきポイントをまとめました。

参照元:IIBC公式データ「上場企業における英語活用実態調査 2013年」http://www.iibc-global.org/library/redirect_only/library/toeic_data/toeic/pdf/data/katsuyo_2013.pdf



 

TOEICスコアは何点から履歴書に書ける?

TOEICは英検のような合否を判定するテストではありません。受験者は誰でも獲得したスコアによって自分の英語力を証明することができます。

そもそもTOEICとは

TOEICは、英語を母国語としない人を対象に、主にビジネスシーンを想定した英語のコミュニケーション能力を評価するためのテストです。世界中で実施されており、年間700万人以上の人が受験しています。

4種類あるTOEICテストのなかで採用時の評価基準に用いられることが多いのは、TOEIC Listening & Reading Test。リスニングとリーディングの2パートで構成されるマークシート選択式のテストで、990点満点で英語のコミュニケーション能力が評価されます。

近年では、就職活動時に英語力をどの程度持っているかの基準としてTOEICスコアを参考にする企業が大企業だけでなく、中小企業でも増えています。

履歴書に記載するなら600点以上がベター

一般的に就活アピールとしてTOEICスコアを履歴書に記載するなら、2年以内に取得した600点以上のスコアが望ましいとされていますが、企業や業種によって求められるスコアはさまざまです。

たとえば、英語を日常的に使う職種や業界なら750点以上は必須。外資系企業では900点以上のハイスコアが求められることもあるようです。

しかし、500点以上のスコアであれば努力している姿勢や意欲を示すために使えることも。
求められるスコアは企業のウェブサイトや求人要項に記載されているケースも多いので、まずはそちらをチェックしてみましょう。

ちなみに、500点以下のスコアは英語が苦手と判断されてしまう可能性があるので記載は控えます。

▼関連記事
TOEICスコアの履歴書への書き方は?スコアの基準や注意点も紹介
 



 

高得点を目指す前にスコアの目安を知っておこう

TOEICは初学者、熟練者に関わりなく同じテストを受けるため、難易度の異なる問題が混在しています。高得点を目指す前に、まずはそれぞれのスコア獲得のために必要な英語力の目安を確認しておきましょう。

500点以上(短く簡単な質問を理解できる)

必要な語彙数は2500~3000語、英検3級(中学卒業程度)~準2級(高校中級程度)レベルに相当します。

600点以上(ゆっくり話してもらえれば日常会話ができる)

必要な語彙数は4000~5000語、英検2級(高校卒業程度)レベルに相当します。

700点以上(日常業務のやりとりを英語で支障なくこなせる)

必要な語彙数は5500~7000語、英検2級~準1級(大学中級程度)レベルに相当します。

800点以上(打ち合わせなどのディスカッションができる)

必要な語彙数は8000~9000語、英検準1級レベルに相当します。

900点以上(ネイティブに近いレベルで会話ができる)

必要な語彙数は1万語以上、英検1級(大学上級程度)レベルに相当します。

TOEICは目指すスコアによって、使うべきテキストも学習方法も変わってきます。まずは無理なく狙えるスコアを目標にして学習をスタートしましょう。

▼関連記事
就活で評価されるTOEICスコアは何点から?
 



 

スコアの虚偽申告はバレる

履歴書に記載するTOEICのスコアは基本的には自己申告です。そのため、就活生のなかには水増しして申告しようと考える人もいるようです。

しかし、企業によっては内定後にTOEICスコア認定書の提出を求められることも。
履歴書は採用の可否を判断する上で重要な書類ですから、虚偽の記載がバレた場合は内定取り消しも十分あり得ます。

「スコアが600点にあと少しだけ足りない」、「あと少しだけ足せば履歴書に書けるのに」という場合でも、本当のスコアを申告しましょう。

▼関連記事
就活生がTOEICのスコアで嘘をつくとばれる?その理由やリスクを解説

就活に関する疑問はキャリアチケットで解決!「就活のアピールに使える資格を取りたいけど、どんな資格がいいかわからない」「自分の持っている資格が就活アピールに使えるか不安」などのお悩みは、キャリアチケットに相談してみませんか。

キャリアチケットは、新卒向けの就職支援サービス。就活生の就活に関するさまざまなお悩みにプロの就職アドバイザーがマンツーマンで対応しています。就活が本格化するまでの時間を有効に使いたい、第三者の客観的なアドバイスがほしいという方、相談料無料のキャリアチケットまでぜひお気軽にお問い合わせください。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。