履歴書に書く名前や住所…基本情報欄の正しい書き方をご紹介!

このページのまとめ

  • 履歴書は、名前をはじめ自分の魅力や人柄をアピールする重要な書類
  • 名前や住所などの基本情報は、正確なものを記入する
  • 履歴書を書くときは、文章形式や用紙、文字の読みやすさなどを意識することが大切
  • 名前は、履歴書を見た採用担当者に覚えてもらいたい項目なので目立つように書く

履歴書は、企業に自分を紹介するための大切な書類です。しかし、「正しく履歴書の項目を書けているのか心配…」という方もいるのではないでしょうか。
自分の情報を正確に伝えるためにも、名前や住所などの基本項目はミスなく書くことが重要です。
このコラムでは、履歴書の基本事項の書き方や、履歴書を書く際のポイントを詳しくご紹介します。

 

24卒の就活について相談したい

 

履歴書の役割とはなにか?

 

履歴書は、応募者が企業に提出する公的な書類です。それでは、履歴書の重要性を具体的にみていきましょう。

自分の人柄や魅力をアピールするもの

履歴書は、企業に自分の価値や魅力をアピールできる重要な書類です。
名前や住所など基本事項のほかに「学歴」「自己PR」「志望動機」などの欄があります。これらの項目を丁寧に仕上げることで、自分の経歴や人柄、魅力を伝えられるでしょう。

企業にとっては選考の重要な判断材料

企業側にとっての履歴書は、選考を判断する重要な書類です。
その人の人柄や資質が自社にマッチするのか、応募者が自社で働いたらどのような活躍が期待されるか、といったことを考えながら履歴書を確認します。

丁寧にミスなく仕上げることで良い印象を与える

企業側により良い印象を与えるため、ミスのない履歴書に仕上げましょう。
そのためには、履歴書の基本的なマナーや注意点を押さえる必要があります。また、自分の情報を正確に伝えるため、履歴書の基本事項を正しく記載しましょう。

▼関連記事
履歴書の内容をまるごと全部解説!詳しい書き方や注意事項も
 

 

24卒の就活について相談したい

 

履歴書を書く際の事前確認

 

ミスがなく、好印象を与える履歴書を提出するためには、履歴書を書く際のマナーやルールを知っておく必要があります。下記の点をよく押さえておきましょう。

履歴書の一般的サイズはA4

就活用の履歴書として一般的なA4サイズを使用しましょう。
ほかにはB5サイズがありますが、自己PR欄や志望動機欄が広いA4サイズの方がより強みや意欲をアピールできるでしょう。

様式を選ぶ

履歴書は「JIS規格履歴書」が標準様式です。
記入欄の広いものや行数が多いものなどさまざまな種類がありますが、募集要項で「JIS規格の履歴書」と指定がある場合には、それに従って書きましょう。

手書きがパソコン作成かを決める

日本では長らく「履歴書は手書き」という文化が根づいていましたが、近年ではIT化やパソコンスキルの確認といった理由から、パソコン作成の履歴書を許容する企業も増えているようです。企業によっては手書き・パソコンのどちらかを指定している場合もあるので、求人票を十分に確認しましょう。パソコンの際は、Webサイトで無料の履歴書テンプレートをダウンロードし、各項目を埋めていきます。
なお、プリントアウトするときの用紙は上質紙や履歴書印刷専用紙などがおすすめ。文具店や家電量販店で簡単に購入できます。

▼関連記事
履歴書の余白って何割埋めるべき?基本マナーや書き方も解説

 

24卒の就活について相談したい

 

履歴書を書くうえで注意したい4つのポイント

 

書き方や形式など、履歴書を書くうえで注意したいことは多くありますが、なかでも特に注意したい4つについて説明します。

1.黒ボールペンで記入する

黒のボールペンか万年筆で書きましょう。シャープペンシルや鉛筆は使用できません。
また、履歴書は公的書類のため、消せるボールペンの使用もやめましょう。

2.修正液や修正テープは使用しない

履歴書の修正は原則として認められていません。そのため、修正液や修正テープを使用する修正も控えましょう。
万が一書き間違いをしてしまった場合は、余程時間がない場合を除いて、なるべく新しい履歴書に書き直します。
見本を参考に書いたり、鉛筆で下書きをしたりすると書き間違いが減らせるのでおすすめです。

3.年号や文章形式を統一する

文章形式は「です・ます」で統一しましょう。
年号は、履歴書内で統一されていれば西暦・和暦どちらでも問題ありません。
数字は算用数字を使用します。

4.誤字・脱字のチェックをする

記入後は、誤字・脱字チェックを忘れずに行いましょう。
せっかく丁寧に内容を仕上げても、誤字・脱字があるだけで印象が悪くなってしまいます。
また、自分で自分のミスに気づきにくいことから、家族や友人に見てもらうのがおすすめです。
 

 

24卒の就活について相談したい

 

採用担当者が注目するポイントは?

 

見る項目の多い履歴書ですが、実際に採用担当者はどこに注目しているのでしょうか。特に重要なポイントをご紹介します。

文字の読みやすさ

きちんと書かれた文字は非常に好印象をもたれます。意識して文字を書きましょう。
たとえ字に自信がなくても、一文字ずつゆっくり丁寧に書かれた文字から気持ちが伝わるはずです。
また、文字の大きさも読みやすさに影響します。見やすい大きさで、ほかの文字とのバランスを見ながら書き進めると良いでしょう。

履歴書の写真

証明写真機ではなく、なるべく写真はプロに撮影してもらうと良いでしょう。
写真から人物像を想像する担当者も多いことから、自分の第一印象となる重要な箇所です。
 

 

24卒の就活について相談したい

 

基本項目の書き方

 

履歴書を書く際の注意点が分かったところで、実際に基本事項を埋めていきましょう。

日付

基本的に提出日、または提出前日の日付を記入します。
郵送の場合は投函日、手渡しの場合は持っていく日にちを書きましょう。

名前

自分の名前を書く際は、名字と名前の間を少し開け、区別をつきやすくさせましょう。
名前は採用担当者に覚えてもらいたい大切な項目なので、他の項目の文字より少し大きく目立つように書くと良くなります。
また、戸籍に登録されている字体で記入するようにしましょう。普段は略字を使っているという方でも、戸籍に登録されている自体が旧字であればその通りに記載します。

年齢

「満◯◯歳」と記載がある場合は、記入した日にち時点での年齢ではなく、提出日または投函日時点(日付欄に記入した日にち)での年齢を記入しましょう。

写真

履歴書に貼る一般的な証明写真のサイズは横3cm、縦4cmです。
また、写真は必ず3ヶ月以内に撮影された正面向きのカラー写真を使用しましょう。
もし剥がれてしまっても、誰の写真か分かるよう写真の裏に「名前・大学名・撮影日」を書いてから貼り付けると良くなります。

<写真撮影のポイント>
証明写真は、第一印象を左右する非常に重要なポイントです。
そのため、町の証明写真機やコンビニのネットプリントを利用するのではなく、写真スタジオでプロのカメラマンに撮ってもらうことをおすすめします。
また、写真を撮影する際は髪の毛をすっきりと整え、前髪が目にかかる方は横に流して留めると良いでしょう。
服装は、必ずスーツを着用してください。男性はスーツにネクタイ姿、女性はジャケットに白シャツやブラウスといったみ合わせが好印象です。

住所

住所は、戸籍に記載されているものを記載しましょう。
都道府県やマンション名なども省略せず、正確に記入します。また、戸籍と現在住んでいる場所が異なる場合は、「連絡先」欄に現在住んでいる住所を記入しましょう。

電話番号

合否などの重要な連絡がくる場合があるので、日中連絡がつきやすい電話番号を記載しましょう。
自宅に固定電話がない場合は、携帯の電話番号のみでも問題ありません。

メールアドレス

メールアドレスは、いつでも確認できるよう携帯・パソコン両方から確認可能なものを選ぶのがおすすめです。
また、アドレスを表記する際、ハイフンやアンダーバーなどの記号ははっきりと違いが分かるように書くと良いでしょう。

 

24卒の就活について相談したい

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。