預金?融資?銀行の3大業務と銀行員の仕事内容

このページのまとめ

  • 銀行には都市銀行をはじめ、信用金庫や地方銀行、ネット銀行など多くの種類がある
  • どの銀行でも「預金業務」「為替業務」「融資業務」を行っている
  • 銀行員には一般職と総合職があり、一般職は主に窓口を、総合職は渉外などを担当している
  • ミスが許されない、ノルマが厳しい、学ぶことが多いというのが苦労する点
  • 数字に強くなる、責任感が大きい、地域経済に貢献できる点にやりがいを感じる方は多い

「安定性がある」「社会的信頼度が高い」「堅実」といったイメージを持つ方が多い銀行。
アルバイトの給与受け取りなどで日常的に利用している方が多いと思われますが、銀行の業務は預金だけではないことは知っていますか?
当コラムでは、銀行が行っている業務や銀行員の仕事内容、苦労とやりがいなどをまとめています。
行員に向いている人の特徴も記載しているので、銀行への就職を検討している方は参考にしてください。



 

銀行の種類を知ろう

一口に銀行と言っても多くの種類があり、それぞれ特徴や役割が異なります。

都市銀行

日本全国に支店を持っている、規模の大きな銀行のこと。
多くの企業や個人が利用しており、メガバンクとも呼ばれています。

地方銀行

日本各地で地元に密着し、地域経済の発展のために活躍している銀行のこと。
各都道府県には地域を代表する地方銀行が存在しています。

信託銀行

通常の銀行業務に加え、個人が所有する資産の運用を行っている銀行のこと。
信託業務として、主に不動産や有価証券の管理を行っています。

信用金庫

地域の利用者や会員が互いに助け合う「相互扶助」を目的としている銀行のこと。
信用金庫法に基づいた運営で、ほかの銀行に比べると公的要素が強いと言えるでしょう。

ネット銀行

店舗や窓口を持たずにWeb上で業務を行う銀行のこと。
わざわざ窓口に行く必要がない、提携しているATMなら自社以外でも利用できる、手持ちのパソコンやスマートフォンで取引を行えるといった手軽さから、利用者数が増えているようです。

ゆうちょ銀行

日本郵政公社の民営化に伴って設立された銀行のことで、全国各地に広がる郵便局ネットワークを活用したサービスが特徴です。
預金を「貯金」と呼んだり、貯金額に上限を設けたりと、ほかの銀行とは一線を画する運営を行っています。

▼関連記事
信用金庫と銀行…どんな違いがあるの?



 

銀行の3大業務

都市銀行をはじめ、信託銀行やネット銀行など複数の種類がある銀行。
ですが、いずれの銀行でも行っている業務内容は大差なく、それらは「銀行の3大業務」と呼ばれています。

預金業務

個人・法人を問わずに顧客から資金を預かる業務のこと。
普通預金や定期預金、当座預金といった銀行口座の管理が主な仕事で、最も馴染みのある業務と言えるでしょう。

為替業務

銀行口座を持っている顧客の依頼に合わせて振り込みや送金を行う業務のこと。
身近なものでは公共料金の口座振替が挙げられ、現金をやり取りしないで決済が完了するのが特徴です。
為替業務のなかでも人気が高いのが外国為替部門。
常に変動しているレートに合わせて各国の通貨を売買して利益を上げるもので、これを行うマネーディーラーは銀行員の中でも花形職種と呼ばれています。

融資業務

預金業務で預かった資金を、企業の開業資金や個人の住宅ローンなどで貸し付ける業務のこと。
銀行は、この融資によって発生した利息で利益を得ています。
貸し付けたにも関わらず資金回収ができなければ損害を受けてしまうため、貸付前には融資先の業績や信用将来性をしっかりと審査しているようです。

▼関連記事



 

銀行員の仕事

銀行員の働き方には総合職と一般職があります。
総合職とは、本人の希望に関わらず全国転勤や部署異動を行って幅広い業務を経験し、キャリアアップを経て幹部や管理職になる社員のこと。
一般職とは、決められた部署で決められた業務を中心に行う社員のことで、転勤や部署異動は本人の希望に合わせて行われ、転勤があっても自宅から通える距離であることも特徴です。

総合職、一般職が行っている主な仕事内容は以下のとおりです。

窓口

支店の窓口に立ち、お客様の要望に合わせたサービスを提供する業務。テラーとも呼ばれます。
預金や引き出し、振り込み、振替など多岐にわたる業務を担当しており、そのほとんどが一般職のようです。

渉外

一般企業でいう営業に当たるのが渉外で、総合職が主に担当。
担当エリアの顧客(個人や企業)を訪問し、金融商品や資産運用といった取扱商品を提案して販売します。

融資

融資対象となる企業や個人が返済能力を持っているかを調べ、融資決定を行うのが主な業務。
企業であれば財政状況を、個人であれば収入や勤務状況などをチェックして、融資額や期間の妥当性を確認していきます。

上記以外にも、前項で紹介した外国為替業務や貸し金庫の管理、国債や株式の売買業務、人事や広報といった総務に関わることなど、さまざまな仕事があります。



 

銀行員の苦労とやりがい

顧客の資産や預金を扱う銀行員は、責任が大きくミスが許されない仕事と言われています。
窓口業務であれば、支店閉店後の在高計算で1円でも計算が合わないと原因が分かるまで帰宅できないでしょう。
渉外担当だと、厳しいノルマが課せられているため激務になりやすいというケースも。
また、金融や経済に関する知識は必須で、銀行によっては多くの資格取得を求められることもあるようです。
業務と並行して勉強を行うことは珍しくなく、休日は勉強に当てている…という銀行員も多いでしょう。

その一方で、融資を行うことで顧客の夢をサポートしたり、地域経済の発展に寄与したりできる点がやりがいと言えます。
顧客のニーズに合わせた商品を提案して感謝される、数字に強くなる、金融知識が増えるというのも、銀行員ならではのやりがいです。

▼関連記事



 

銀行員に向いている人

銀行員として働く以上、どの業務担当であっても数字に関わるため、正確性が求められます。
書類や入力にミスがないか、ミスがあった場合に適切な判断ができるかなども重要。
そのため、几帳面な人や、丁寧に仕事ができる人は向いていると言えるでしょう。

また、融資業務においては財務諸表や業績を書類から読み取る必要があります。
専門的な内容になるため、経営や経済に関心のある人や、簿記の知識を持つ方が向いています。
コミュニケーション力や行動力、交渉力なども求められるかもしれません。

銀行員になるための資格は特にありませんが、簿記やファイナンシャルプランナーを取得する方は多いようです。
また、入行後には証券外務員や生命保険・損害保険取扱資格、内部管理責任者、宅地建物取引士などの資格取得が求められることも。
学ぶことが多いため、勉強や自己研鑽を苦に感じない方にもおすすめです。

いずれにしても、「責任感の強い人」「真面目な人」「相手に不快感を与えない人」が銀行員に向いていると言えるでしょう。

自分の強みや向いている仕事が分からない…という方は、就職のプロに判断してもらいませんか?
新卒専門の就職エージェント「キャリアチケット」では、プロによる就活サポートを行っています。
専任担当者による就職カウンセリングを通して、あなたの強みや正確を客観的にチェック。
その結果から、あなたの強みやアピールポイント、向いている仕事、業界などをお伝えしていきます。
さらに、面接で強みを最大限にアピールする方法や採用担当者に響く書類の書き方も指南。
なかなか選考に進めない、志望業界が定まらないといったお悩みをご相談ください。
年間3000人以上の相談実績から、あなたにぴったりの就活サポートを提供いたします。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。