証券会社の仕事内容と魅力について徹底リサーチ

このページのまとめ

  • 証券会社では、株や有価証券の売買取次および引受業務などを行っている
  • 株式市場は、国内外の経済や政治の動向に左右されやすい
  • 株の売買で利益を生むには、細やかなリサーチが大切
  • コンサルティング業務では、顧客との信頼関係の構築が重要

依然として、就活生に人気がある金融業界。その中でも、証券会社に対して、大きな憧れを抱いている学生は多いようです。
やり甲斐のある仕事、高給取り、国内外で活躍可能…といった華やかさに目が行きがちですが、実際の業務について知っている人は多くないと思われます。
そこで、このコラムでは、証券会社における仕事内容について詳しくご紹介。憧れと現実をうまく繋ぎ合わせ、就活へのパワーをチャージしましょう。

証券会社の仕組み

まず前提として、証券会社では株式などの有価証券の売買取次や引受業務を行っています。売買や引受といった業務において、社員は具体的にどのようなことをするのでしょうか。以下、詳しく見ていきます。

ブローカー業務/ディーラー業務

株式を「買いたい」または「売りたい」という注文を人から受け、それを証券取引所に伝えることをブローカー業務といいます。簡潔に言うと、株式を買ったり売ったりするときの仲介役的な仕事、ということです。

この仕事と似ているものに、ディーラー業務というものがありますが、双方には大きな違いがあります。
ブローカー業務が他者の為替や株式が行き来するのを手助けするのに対し、ディーラー業務は、証券会社自体が自社の資金を使って、為替や株式、債券などを売買。これは、自社の資金を使うというリスクを負う反面、売買により大きな利益を得ることも可能です。

しかし、証券会社が大規模な自己売買を行うと、相場に大きな影響を与えかねません。そこで、健全な相場を保つため、ディーラー業務には一定の制限が設けられています。
このように、ディーラー業務には、株式市場の一翼を担っているという責任感と面白みがあるようです。

アンダーライティング業務/セリング業務

企業が新たに株式や債券を発行したり売り出したりする際、一旦、証券会社が全部または一部を買い取る場合があります。
証券会社では、これを「引き受け」といい、その後投資家に販売することを「売り出し」と表現。この一連の流れをアンダーライティング業務といいます。

アンダーライターは、当該企業の株式や債券を投資家へ売らなければなりません。もし、売れ残った場合は、証券会社がそのまま引き受ける必要があります。これは、証券会社にとってなるべく避けたいことでしょう。
つまり、アンダーライティング業務は、売り出すものをいかに投資家へ広め購入に導くか、という手腕が試せる仕事といえます。

次に、アンダーライティングによく似た「セリング業務」について見ていきましょう。これは「引き受け」をせず、「募集」という名目で企業の新規株式や債券を募り、投資家へ売り出す業務です。アンダーライティングとの大きな違いは、株や債権が売れ残っても証券会社が買い取る必要はない、ということです。

しかしながら、売れ残ってしまうことは証券社員にとって不本意かもしれません。そこで、知識や経験を積みつつ世間の動向を見極めて売り出せるよう、多くの証券社員が日々自己成長に励んでいます。
 

 

証券会社の営業職

証券会社の営業部門は、リテール、リサーチ、インベストメントバンキング(IB)と大きく3つに分けることができます。就活生にとっては馴染みがない言葉でしょうが、証券会社ではエントリーの段階から部門ごとに採用窓口が分かれていることが多々あるようです。
そこで、この3つについて詳しく見ていきましょう。

リテール

リテールでは、対個人の顧客を担当します。代表的な業務は以下の通りです。

口座開設

新規に自社の証券会社口座を作ってもらうよう、開拓営業を行います。その際、どのような人でも良いわけではなく、株の売買を行ってくれそうな人物にお願いすることが大切です。
つまり、投資するだけの余裕を持っている、社会的な地位がある、今後成功しそう、安定した収入がある、といった人が適しているでしょう。

株式売買のコンサルティング

口座を開設した顧客に対し、株の売り買いについてレクチャーしたり、売買に適した企業を提案したりします。
どこの企業の株を提案するのかは、各社員の裁量に一任。自由度があるものの、顧客の資産を増やすことを目的としているため大きな責任も伴うでしょう。
しかし、株価が上がり、顧客から感謝されたときの喜びはひときわとのこと。顧客との信頼関係を築きながら、相場の動きをしっかりキャッチしていくことが大切です。

リサーチ

株式売買で利益を生み出すには、事前のリサーチがとても大切です。しかし、ただ闇雲に情報を得ようとするのではなく、ポイントとなりそうな箇所を抑えることが効率的かつ効果的だといわれています。

金融経済に関するリサーチ

‌株価の変動は、経済や政治の動きに大きく影響されます。そこで、仕事としてしっかりと金融経済をリサーチすることが重要です。
このリサーチ結果は、基本的に社内外問わず発信されます。新聞紙面や経済誌、ネットなどに、アナリストリサーチというものが掲載されているので、証券会社を志望している方は目を通しておくと良いでしょう。
また、国内外問わず、普段から経済の状況や動向に興味をもち、株価変動との関連を気にかけておくことも大切です。ポイントを押さえて調査と分析を繰り返すことで、ある程度のルールが見えてくる‌と思われます。

株式に関するリサーチ

「株式に関する」というのは、経済や企業の動向をリサーチしたうえで、具体的に株価の予想をすることを指しています。
株価の予想は1週間程度の短期であったり、月単位や年単位の場合もあるとのこと。あくまで予想ではありますが、多くの投資家が参考にするかも…と思うと、やり甲斐や面白みが感じられるでしょう。

インベストメントバンキング(IB)

これは、法人企業に対して、コンサルティングを行うことです。そのなかでも、次のような業務が主として挙げられます。

M&Aのサポート

M&Aとは、企業間で合併や買収を行うことです。しかし、企業のみの判断で合併や買収を決定するのは難しいでしょう。
そこで必要とされるのが、証券会社の社員のアドバイスです。
豊富な知識と経験をもとに、合併する側へもされる側へも適切なサポートを提供します。

IPOのサポート

IPOとは株式公開を意味している言葉です。
公開することで一般の人が株を購入しやすくなり、企業側にとっても資金調達が容易になるというメリットがあります。その株式公開のサポートをするのが証券会社のIB部門です。

クライアントの規模が大きいと、サポートする側は不安になるかもしれません。しかし、日々の勉強と信頼関係の構築を丁寧に行っていれば、恐れることは無いでしょう。
懸命に磨いた知性と身につけた知識を生かして、しっかりとサポートを行ってください。

▼関連記事
証券会社の仕事内容は?就職する前に知っておきたいこと
 

証券会社の仕事にはどんな魅力がある?

どのような仕事でも、何らかの魅力がなければ続けづらいものです。その魅力に惹かれて志望する人もいれば、仕事をとおして気がついていく人もいるでしょう。
証券会社への勤務は、一般的に次のような印象を持たれます。

・ハードだけどスケールの大きい仕事ができる
・自分の成果が分かりやすくインセンティブも高め
・キャリアの選択肢が広がりやすい

肌に合うか否かは、実際に働いてみないことには分からないでしょう。しかし、マイナス面に目を向けるのではなく、やり甲斐や魅力を積極的に見つけるという姿勢が、もしかすると仕事を続けるポイントかもしれません。

キャリアチケットでは、経験豊かな就活アドバイザーが、あなたの専任担当としてサポートします。
就活に対する不安や悩み、志望する業界や勤務地など、遠慮なくお聞かせください。仕事への魅力を感じながら、いきいきとした社会人生活が過ごせるよう、あなたに最適な企業を一緒に開拓していきましょう。
 

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする